学習指導要領

2020年の学習指導要領と『生きる力』について

学習指導要領とは,社会的な実状を踏まえながら大体10年ごとに改定されますが,教科書や時間割内容を左右する大切なものです。 2020年から順次,小学校→中学校→高等学校の順で新しい学習指導要領がスタートしますので,本記事で簡単に理解しておきましょう。 学習指導要領の改訂スケジュール 内容についてみていく前に,今回の学習指導要領がどのような感じで実施されるのか,スケジュールを押さえていきましょう。 2017年に中教審答申(中央教育審議会という文部科学省にある委員会で,文部科学大臣などのお偉いさまに意見を述べた ...

外国の教育改革事情

本記事では,1940年代から現在にいたるまでの各国の教育改革に関する歴史を振り返ると共に,21世紀に求められる学力とその実現に影響するEdTechについてまとめています。 2020年の我が国における教育改革も,先進諸国が行う政策となんら変わりがないことを理解し,未来の教育が進むべき方向性について考えてみましょう! 各国の教育に関する歴史的背景 thelester / Pixabay 各国の教育を考えていく上では,多くの国が一斉に復興を始めた終戦直後の時期からみていくのが基本となります。 ここではAA諸国と ...

Society(ソサエティ)5.0に向けた学校での「学び」

教育改革・入試改革にまつわるニュースは,なんだか大変なことばかりで,「面倒くさそう」だとか「大丈夫かなぁ」と不安になってしまうかもしれませんが,そんなときはその先に待つ未来について少し妄想してみるのがおすすめです。 今回は,政府が『Society5.0』と呼ぶ社会について思いを馳せてみると同時に,将来役立つ能力を身に付けるために学校が果たす役割についてみてみたいと思います。 Society(ソサエティ)5.0について 『Society(ソサエティ)5.0』は2018年の6月5日に公表された政策ビジョンです ...

都立高校入試でスピーキングテスト!気になる実施内容まとめ!

2020年の高大接続改革として,センター入試に変わる大学入学共通テストが注目されていますが,大学受験の前段階である高校入試においても,改革の準備は同様に進行中です。 その例として,今回取り上げる都立高校入試では,英語試験にスピーキングテストが導入されることになり,2022年度の入試で実際に活用される予定です。 今回はそのスピーキングテストの内容や導入スケジュール,さらにはどのような出題になるのかについて,試験的に実施されたテスト例をもとにみていくことにしましょう。 基本データ まずはスピーキングテストの基 ...

高校生のための学びの基礎診断とは

高校生のための学びの基礎診断&認定されたツールについて

毎年10~11月に文部科学省の方から,来年度の高校生のための学びの基礎診断ツールが公表されます。 教育改革では「多面的に評価できるようにすること」がその課題の1つとして挙げられていますが,上記の測定ツールを組み合わせて活用することで,教員側の指導をより適切なものへと改善していけるようになるわけです。 今回の記事では,そもそも学びの基礎診断ツールとは何なのかから始まり,これまでにどのようなツールが認定されたのか,具体例も交えながら詳しくみていくことにしましょう。     高校生のための学 ...

師匠から学ぶ!『弟子・藤井聡太の学び方』レビュー

今回は、今を時めく棋士、藤井聡太さんの師匠である杉本昌隆さんが書かれた、 『弟子・藤井聡太の学び方(PHP出版)』 という本のレビューを通して、将棋界で活躍でする天才に備わっている資質や能力、また周りの大人たちの接し方から、未来に生きる子どもたちへの接し方などについても勉強してみたいと思います。 藤井聡太さんに備わる能力や資質 努力不要の完全に先天的な能力なのか、それとも後からその資質が目覚めたのかはわかりませんが、藤井聡太さんには、師匠が目を留めた才能の片鱗があったのは確かです。 それは彼が小学3年生の ...

プログラミング義務教育化への備え!子ども向け必読本!

2020年,小学校でプログラミングが義務教育化されるにあたって,積極的にロボットやソフトウェアに触れる体験も必要になりますが,その2つ以外に『アンプラグド』と呼ばれる教材を用いることで,実際の授業にスッと入っていけるようになります。 今回は,そんなプログラミングの世界に触れられる方法について学べる,「ルビィのぼうけん」という絵本を例に,アンプラグドの効果について学んでいきましょう。     プログラミングとアンプラグド まずは『アンプラグド』という手法について説明しますが,これは英語で ...

2020年の小学校プログラミング必修化で使われる教材!

2020年に小学校でプログラミングが必修化になりますが,その際に使用される教材については,いくつかの有名ソフトウェアと基板・ロボットが候補として考えられています。 それらについて軽く頭に知識として持っておくだけで,いざ授業が開始になっても焦らずに済みますし,実際に使われる教材名を頼りに,例えば仮にロボット教室に通おうと思った際にも,「○○(教材名)が習える教室を探そう。」と有利に事を運べるはずです。 今回は,プログラミング教材を開発する各社公式サイトを訪問し,どういった教材がどのような意図で提供されている ...

プログラミング教育必修化の狙いとは?

2020年度から小学校においてプログラミング教育が必修化されます。 とはいえ,高度なプログラムを組む(パソコンで難しい英数字を打ち込む)ような内容ではなく,予めほとんど出来上がっている簡単な命令を並べる(右に〇歩動いて左に〇度曲がるといった)ことをそのように呼んでいるだけのことにすぎませんので,必要以上に身構えないことが大切です。 今回は,どのような経緯で小学校にプログラミング教育が導入されることになったのか,また,授業を通してどのような能力の育成が期待され,小学生の親の立場としては一体どのような対策がで ...

アメリカの教育改革におけるSTEAM教育とPersonalized Learning

今後AIがますます発達することで,「人間にしかできない職業とは何か」について,考えさせられることが多くなってきた昨今ですが,そういった危機感は,別に日本固有のものではありません。 世界中の国々も,将来の産業競争力を見据えた教育改革を実行しつつあります。 今回はその中から,『アメリカにおける教育』について,近年どのような取り組みが行われているのか,みていくことにしましょう。     アメリカが抱える,教育に対する課題 mpewny / Pixabay 世界中に大きな影響力を及ぼしているア ...

東京都英語村(TGG)の利用法!2018年9月オープン!

東京都教育委員会は2018年9月に東京都英語村(TOKYO GLOBAL GATEWAY:TGG)を開設しますが,それはどのようなものなのでしょうか。 今回は,TGG設立の目的やコースなどの利用法について解説します。     東京都英語村とは 2020年以降に社会で活躍する人が生きるのは,グローバルな社会です。 そこでは,共通語である英語スキルが重用されることが大いに予想されますが,まだまだ日本の学生の英語力では太刀打ちできないところも多いのが現状です。 特に『英語の発信力』の育成に関 ...

これが2030年「未来の教室」!EdTechの活用がポイント!

前回の記事で,『課題を発見し解決する力』が今後の社会では必要になり,それを伸ばすための教育では,学習効率を最大に上げて,真に重要な能力開発に時間を割く余裕を作る必要があると述べました。 『50センチ革命』×『越境』×『試行錯誤』が今後の教育に必要   今回は,経済産業省が発表した『「未来の教室」とEdTech研究会の第1次提言』を再び題材に,2030年頃の「未来の教室」について,学んでみることにしましょう!     「未来の教室」に必要な4つの要素 Free-Photos / ...

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.