学習指導要領

これが2030年「未来の教室」!EdTechの活用がポイント!

前回の記事で,『課題を発見し解決する力』が今後の社会では必要になり,それを伸ばすための教育では,学習効率を最大に上げて,真に重要な能力開発に時間を割く余裕を作る必要があると述べました。 『50センチ革 ...

経済産業省が考える,現在の教育の問題点

2018年6月25日に,経済産業省がHPで公表した, 「未来の教室」とEdTech研究会の第1次提言 ですが,現在の日本の教育界が抱える問題点に加え,今後未来の教育がどのように変わっていくかについての ...

頭が良い中高生は「読む」力が高い件について

最近はコンビニやスーパーも無人化に近づきつつあり,将来ロボットが人間の仕事を取っていく時代の到来をより一層意識するようになりました。 そのような社会で,各自が能力を発揮して,必要とされる人間になるため ...

巣鴨中学高校の教育方針に学ぶ,2020年に必要な能力と資質

中高一貫校である巣鴨中学・高等学校は,御三家に次ぐ名門男子校の1つですが,『硬教育』という教育理念に基づいて生徒を育てていくようです。 今回はそんな巣鴨の建学の理念について学びながら,2020年に生き ...

大学生必見!駒場東邦に学ぶ一流の大学生像とは?

いわゆる中高一貫校では,12歳から18歳という,成長に影響が大きな時期を過ごす生徒たちを,各々の指導理念のもとで指導しています。 そんな一貫校に対し,公立中学に通う生徒の場合は,高校受験があるため,学 ...

都のグローバル人材育成目標に学ぶ2020年に向けた中高生の英語環境

最近の中高生は『2020年度教育改革』の名の下,グローバル化に対応できる能力を身に付けるよう日々指導されていますが,この改革の余波は教える側の教師にも同様に及んでいます。 すぐ2年後の2020年にはオ ...

中学・高校教師の英語力はどのくらい?現状と理想について

中学卒業時に英検3級,高校卒業時には英検準2級を取得するのが,日本の英語教育における1つの目安となっていますが,それはあくまで学生側の話です。 それでは一体,中学や高校の教員の英語力の現実と理想はどれ ...

教育現場でのICT環境の現状

昨年の12月末,文部科学省のHPで,『学校における教育の情報化の実態に関する調査結果』が発表になりました。 教育現場におけるICT(情報通信技術:Information and Communicati ...

CEFRとは?英語4技能のレベル比較と教育改革におけるメリット

これからの大学入試では,英語の4技能をバランスよく伸ばすことができると,他人よりも有利な条件で勝負に臨むことができます。 ですが,自分の4技能の実力をどうやって知ることができるのでしょうか。 今回は, ...

小中高生の自己肯定感(自尊心)を高める方法とは?

「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」という新垣結衣さん主演のドラマが放送されてから数年が経ちましたが,今回の記事では,そんな「逃げ恥」で触れられていた 自己肯定感(セルフ・エスティーム;自尊心) につ ...

2020年に向けてアクティブ・ラーニングを体験しよう!

2020年が近づくにつれて,さまざまな学習法の名前を聞くようになりました。その中でもアクティブ・ラーニングというのは,社会人になってからも役立つスキル(というかむしろ一生役立つスキル)である,「自ら学 ...

【藤井聡太の高校】SGHから学ぶ『教育改革に必要な能力と資質』

将棋の藤井聡太さんの活躍ですが,29連勝を達成した後も少しも陰りを見せず,毎局本当に楽しく見ています。 今回はそんな彼の学び舎「名古屋大学教育学部付属中学校・高等学校」も指定校とされている, スーパー ...

Copyright© スタディサイト , 2020 All Rights Reserved.