教育サービス

ディアロオンラインのサービス内容と料金のまとめ!

大学受験Dialo(ディアロ)は都内に通う受験生を中心に,Z会の良質な教材に栄光の個別指導力が加わったサービスを2016年から展開してきましたが,2018年にはオンラインによる提供を始めました。

その名も「Dialo online(ディアロオンライン)」です。

これにより,遠くで通うことができなかった学生も自宅で「対話式指導」を受けることができるようになりました。

なお,非常に紛らわしいのですが,2020年7月にはディアロの「オンライン校」というものが新規開校となり,そちらの方では,通塾形式のディアロの対話式トレーニングがオプション扱いになっていません↓↓

Dialoのオンラインサービス

今回の記事では,前者のDialo online独自のサービス内容や料金を中心にまとめていきましょう。

Dialo onlineのサービス内容

ディアロオンラインのトップページ

ディアロオンラインの基盤となるのは,通塾型の「ディアロ」という学習塾です。

そちらの強みについては,すでに記事にしていますが,今後教育改革の影響により,大きく混乱するであろう教育界において,従来の指導とは異なるサービスを提供し,不意な変更にも対応しやすい点がこの塾の強みであるという結論は今でも変わりません↓↓

開始年度には早速東大合格者も出せたようですし,今後教育改革の影響が実際の入試に反映されればされるほど,この塾の独自性は価値を持ってくるように感じています。

ちなみにこのDialo onlineのサービス内容は,Z会の映像と合格指導の2つです。

前者は単品でも提供されているものと同じで,質の高い映像授業になります。

詳細については以下の記事をご確認ください↓↓

後者は,PCのスカイプを用いた合格トレーナーとの個別指導となり,内容は学習計画や進路指導です。

ホワイトボードを使って,予習した内容をトレーナーに説明する「対話式トレーニング」は含まれないのでご注意ください。

学習の流れですが,以下の通り↓↓

  1. Z会の映像を受講する
  2. 課題に取り組む
  3. スカイプで質問する
  4. 合格指導を受ける

Z会の映像でどこを学ぶのかについては,きちんとトレーナーから範囲を指定されるので,自分であれこれ考える必要はありません。

大体1章が1時間~2時間の内容ですが,スマホでも見られるので外出先でも学習できます。

Z会の映像では課題をしっかり解くことが大切ですが,Dialo onloneでは解答をスカイプを通じてトレーナーに提出するので,適当に行うわけにはいきません。

ゆえに,ただ聞き流すようなことにはならないので安心です。

とはいえ中々に手ごわい問題もありますから,途中で疑問点が出てくることと思います。

「鉄は熱いうちに打て」ではないですが,その都度,質問しましょう。

このとき,スカイプによるチャットが利用できますが,質問はおまけ的なサービスではなく,一つのトレーニングとしてみなされている感じがあるので,積極的に行うようにしましょう。

質問の回数で料金が変わってくるようなことはありませんが,返答には最大2営業日かかることもあります。

最後の合格指導ですが,毎週20分の対面での指導となり,Z会の映像はどうだったかの振り返りと,志望校に向けた勉強目的の確認や,次週に行う内容について再確認を行うのが目的です。

 

合格指導と対話式トレーニングの違い

これまでの内容は,上記動画にまとめられていますが,「月に4回,20分間のスカイプ」というのが,Dialo onlineが出した結論です(実は通常のディアロで行っているような「対話式トレーニング」もオプションで付けることができるのですが,その話は後に取っておきましょう)。

こちらでは「対話式の合格指導」を行うということで,その内容は大きく異なっています。

つまりDialo onlineで得られるものは,毎週トレーナーと学習計画について話し合い,合格目標に向かって自立できる力を身に付けることとなるわけです。

ホワイトボードを用いて,理解した内容を相手に説明する時間はないですが,一人ひとりに合わせてカスタマイズした指導の存在と,オンラインながら生徒と講師の双方向のコミュニケーションがあるという2点で,個別指導の最も大切な条件+αを満たしています。

オンラインながら,1週間に1度,強制的に面談が入るような形になるので,出された課題であったり,現時点での悩み相談ができる上,各自の学習進度に合わせた内容を作成してもらえるわけです。

映像を見るとわかりますが,自分の言葉で説明していくことで当事者意識が高まり,やるべきことが明確になります↓↓

blank

勉強上の焦りはこのような形で解消されるわけでしょうし,コミュニケーション能力も身につくでしょう。

また,棚からぼたもち的な恩恵として,保護者としては,子どもと講師のやり取りを少し覗き見ることで,どのような指導が行われているのか,自分の子供がどのような考えをもとに頑張っているのかをうかがい知ることができるので,精神的に安心できると思います。

あとの違いとしては料金体系がわかりやすいことでしょう。

次章で詳しく説明しますが,Dialo onlineは「月7,800円/科目」と明示されているのに対し,オンライン校の方では,体験してみて初めて決まります。

「あれもこれもと勧められて予想以上に高くなってしまった。」という話も聞きますので,予算に応じて取捨選択する必要も出てくるでしょう。

もちろん,通常のディアロの方も,悪意があってたくさん取らせようとしているわけではありませんが,対話式トレーニングにはやはりお金がかかるものです。

ちなみに最近,その対話式トレーニングを追加した講座も選べるようになりました。

料金は1科目につき11,200円程度高くなります。

 

Dialo onlineの料金

Dialo onlineの料金

通塾形態を取っているところだと数万円かかるであろう入会金ですが,オンライン形式だとかからないのが普通です。

Dialo onlineももちろんその例外ではなく,初回登録料という名目で3,000円だけ別にかかってしまいますが,変に入会金の割引キャンペーンなどとしないだけ良心的でしょう。

加えて教材費や交通費などもすべて無料です。

保護者の方も,送り迎えする必要もありません。

なお,これらの通常の講座に加えて,最近では以下のような講座も出てきています↓↓

  • 1:1対話式トレーニング@online
  • atama+@online
  • 学校推薦型・総合型選抜対策講座

一番上のものは,通常のサービスに対話式トレーニングを追加したものです。

また,2つ目のatama+は高速学習を可能にするAI教材で科目は英数物化の4つに限られます。

3つ目は,志望理由書対策編と面接対策編がそれぞれ4回×40分です。

これらの料金をすべてまとめると以下のようになります↓↓

  • 初回登録料:3,000円
  • 通常(Z会の映像+合格指導):1科目7,800円,2科目15,000円(1科目ごとに約7,000円プラス)
  • 通常+対話式トレーニング:1科目20,000円
  • atama+:4教科学び放題で20,000円
  • 学校推薦型・総合型選抜対策:20,000円(面接対策だけのような場合は12,000円)

塾の中には料金が確認できないところも多い中,このように大変わかりやすい料金体系を明示しているところに好感が持てます(公式サイトに行くと,より詳しいモデルプランが確認できます)。

対象は高校生以上。

小論文を含む大体の教科に対応しています。

 

まとめ

Dialo onlineのロゴ

以上,大学受験Dialo online(ディアロオンライン)の紹介でした。

私も昔からオンライン教材は好きで,それこそサテラインによるビデオ教材の時代から,はたまた趣味の音楽における楽曲分析の講座まで幅広く受講してきました。

最近は大手が優秀な人材を引き抜いて,他社の追従を許さないほどの驚くほど良質な教材(映像はクリアで値段も安い)を作り上げてきており,実際にそのサービスの数も増えてきています。

さらに,オンラインの弱点を補うための工夫が各社の腕の見せ所になっており,今後,今回紹介したような,オンライン教材+コーチングの形が今後は主流となってくるのでしょう。

10年前においても,まったく塾に通わず東大にすら入れてしまう人が周りにいましたし,塾に通っていたとしても,それは1科目(例えば英語)だけだったりもしました。

「塾に通って生身の人間の指導を受けることこそが絶対だ」と考えている人ほど,「塾に通っている」という事実だけで安心てしまい,実際の現場でどのような指導が行われ,通塾前と後で生徒自身にどれだけの変化があったのか考えなくなっている気がします。

試すだけなら明日にでも可能ですし,合わなければやめればよいだけのことです。

もっとも,学問の領域では王道を行くZ会の方針と個別指導のノウハウに優れる栄光によるサービスですので,過去の実績からみても大博打になることはありません。

Dialo onlineでも通常のディアロでも構いませんので,ぜひ試してみてはいかがでしょう↓↓

blank

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-教育サービス

© 2020 スタディサイト