おすすめの塾

ディアロオンラインの指導内容と料金についてまとめ!

大学受験Dialo(ディアロ)は都内に通う受験生を中心に,Z会の良質な教材に栄光の指導力が加わったサービスを2016年から展開してきましたが,2018年にはオンラインによる提供を始めました。

その名も,Dialo online(ディアロオンライン)

これにより,遠くで通うことができなかった学生も自宅で「対話式指導」を受けることができます。

今回の記事では,そんなディアロオンライン独自の形態についてまとめた上で,どのような学生に向いているのか考えてみることにしましょう!

ディアロオンラインの特長

ディアロオンラインの基盤となるのは,通塾型の『ディアロ』という学習塾です。

その強みについては,すでに記事にしていますので以下を参照していただきたいのですが,

大学入試改革に向けた受験対策は早めが吉!都会の塾でおすすめは?

今後教育改革の影響により,多少混沌となるであろう現場において,従来の指導とは異なるものを提供し,不意な変更にも対応しやすい点がこの塾の強みであると結論付けたのは今でも変わっていません。

2018年度には早速東大合格者も出せたようですし,今後教育改革の影響が実際の入試に反映されればされるほどに,この塾の独自性は価値を持ってくるように感じています。

特に異彩を放つ『対話式トレーニング』では,生徒がホワイトボードを用いながら自分の考えや解き方に至る根拠を講師(トレーナーと呼ばれる)に発表することで,自分の理解力を深められることはもちろん,相手に自分の言いたいことを伝える貴重なトレーニングの場となるのが特長でした。

とはいえ,Dialoが塾を開いているのは都内が中心ですので,遠方の中高生は,困難という理由で通塾するのを断念してしまったことでしょう。

しかし,このディアロオンラインは,オンラインである強みを生かし,上記のディアロ流指導を全国どこでも受けることが可能です。

とはいえ,実際にホワイトボードを使って生の人間を相手にしたトレーニングではなく,PCでのスカイプによる指導ということで,ディアロのそれとはやや異なります

それでは次章でもう少し,詳しくその指導についてみていくことにしましょう!

 

 

オンラインでの対話式合格指導について

「月に4回,20分間のスカイプ」

というのが,ディアロオンラインの出した結論です。

名前も『対話式トレーニング』ではなく,『対話式合格指導』ということで,その内容は大きく異なっています。

つまりディアロオンラインの対話指導で受けられるものは,

毎週トレーナーと学習計画について話し合い,合格目標に向かって自立できる力を身に付ける

ことになるため,この点には注意が必要です。

 

ホワイトボードを用いて理解した内容を相手に説明することはできなくなりますが,そこは一つマイナスポイントです。

ですが,上記に明言されているように,一人ひとりに合わせてカスタマイズした指導の存在と,オンラインながら生徒と講師の双方向のコミュニケーションがあるという2点で,個別指導の最も大切な条件+αを満たしているのは事実です。

1週間に1度,強制的に面談が入るような形になるので,出された課題であったり,現時点での悩み相談などにはしっかり乗ってもらえる上,次週以降のカリキュラム(各自学習進度に合わせた内容)を作成してもらえるわけですから。

 

映像を見るとわかりますが,自分の言葉で説明していくことで,しっかりと整理づけることができます。

勉強上での焦りはこのような形で解消されます。

もちろんコミュニケーション能力も身につきますね。

また,棚からぼたもち的な恩恵として,保護者の立場としては,子どもと講師のやり取りを少し覗き見ることで,どのような指導が行われているのか,自分の子供がどのような考えをもとに頑張っているのかが明確になり,精神的にとても安心できると思います。

 

学習の流れですが,以下の通り。

  1. Z会の映像を受講する
  2. 課題に取り組む
  3. 対話式合格指導を受ける

質問に関しては,スカイプによるチャットが利用できます(質問はおまけ的な位置づけではなく,一つのトレーニングとしてみなされている感じが上記映像から伝わってきます)。

 

 

ディアロオンラインの料金

通塾形態を取っているところだと数万円かかるであろう入会金は,オンラインではかかりません。

ディアロオンラインももちろん例外でありません(初回登録料という名目で3000円だけ別にかかってしまいますが)。

加えて教材費や交通費などもすべて無料です。

保護者の方も,送り迎えする必要もありません

大変わかりやすい料金体系と言えるでしょう(通学形態の塾の場合,料金が確認できないところも多いです)。

 

 

まとめ

以上,大学受験Dialo online(ディアロオンライン)の紹介でした。

 

私も昔からオンライン教材は好きで,それこそサテラインによるビデオ教材の時代から,はたまた趣味の音楽における楽曲分析の講座まで幅広く受講してきました。

最近は大手が優秀な人材を引き抜いて,他社の追従を許さないほどの驚くほど良質な教材(映像はクリアで値段も安い)を作り上げてきており,実際にそのサービスの数も増えてきています。

さらに,オンラインの弱点を補うための工夫が各社の腕の見せ所になっており,今後,今回紹介したような,

オンライン教材+コーチング

の形が主流となってくるのでしょう。

 

10年前においても,まったく塾に通わず,東大にすら入れてしまう人が周りに意外と多くいましたし,塾に通っていたとしても,それは1科目(例えば英語だけ)であったりしました。

「塾に通って生身の人間の指導を受けることこそが絶対だ」と考えている人ほど,『塾に通っている』という事実だけで安心し,実際の現場でどのような指導が行われ,通塾前と後で生徒自身にどれだけの変化があったのかについて深く考えなくなっている気がします。

 

試すだけなら明日にでも可能ですし,合わなければやめれば良いだけのことです。

学問では王道を行くZ会の方針と個別指導のノウハウに優れる栄光によるサービスですので,過去の実績からみても大博打になるはずもありません(笑)

ぜひ試してみてはいかがでしょう↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

通常のディアロに関しては,以下の記事をお読みください↓↓

塾 ディアロ Dialo のコース紹介と気になる料金・月謝について

  • この記事を書いた人

スタディサイト管理人

都内で塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで,英数を中心に学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をまとめています。すぐに実践できる勉強法やオンライン教育サービスを利用した学習戦略も意欲的に掲載。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。

-おすすめの塾

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.