スタディサプリENGLISH

ビジネス英語コースと新日常英会話コースの違いについて

スタディサプリENGLISHの有料コースの中でも,「ビジネス英語コース」と「新日常英会話コース」は大変似通っていますが,それでも細かいところにいくつか違いがあります

もちろん両方とも使って試すこともできますが,無料体験期間内に気づけないことや,決定の最終段階になって見落としてしまうこともあるかもしれません。

英会話を学びたいけれど,どちらのコースがいいのか決めかねている方は特に参考にしていただければ幸いです。

ストーリー内容の違い

ビジネス英語コースの会話例

ビジネス英語コースのストーリーは基本的にアメリカと日本におけるビジネスシーンが多めです。

上の画像は会話の一例ですが,社内における同僚,上司,そして取引先との会話が中心となっているのが伝わりますでしょうか。

脚本は犯罪物を得意とする稲葉一広さんによるもので,ケンカや盗難といった身近な問題から,事業部の売却やフェイクニュースといった会社の存続を危ぶませるような内容まで,厚みのあるストーリーが展開されるのが特徴です。

毎日レッスンしていると,1つの話がどんどん広がっていく傾向にある感じがします。

一方,新日常英会話コースの方の脚本は,学園ドラマや男女の描写などが明らかに得意そうな江頭美知留さんが担当し,舞台であるニューヨークを中心に,仕事後の日常パートも多く登場するのが特徴です↓↓

新日常英会話コースの会話例

別の出来事が次々に起こるため,場面や絡む相手がその都度変わるので,飽きにくいでしょう。

男性と女性による脚本の違いもありますが,シナリオの違いはそのまま身につく英語表現にも直結するので,やはり,ビジネス英語を身に付けたいのであればビジネス英語コースになるでしょうし,仕事以外の日常的な話題にも興味がある方は,新日常英会話コースの方がおすすめです。

とはいえ,日常パートに関しては,どちらも無料特典で「日常英会話コース」も付いてくるわけですので,そちらも併用すると考えた場合,対応できる場面の広さではビジネス英語コースの方に分があります。

 

学習内容の違い

ビジネス英語コースと新日常英会話コースの学習内容の違い

続けて,両コースにおける日々のコンテンツやトレーニングといった学習内容の違いについてみていきましょう。

シャドーイング

スタディサプリENGLISHのコンテンツは,複数のトレーニングからなるメインレッスンと,それ以外のサブ的な学習コンテンツに分けられますが,メインレッスンでは「シャドーイング」がビジネス英語コースにのみ存在します↓↓

ビジネス英語コースのシャドーイング

音声が流れるので,それに続けて自分でも同じように声に出すというトレーニングですが,影のように遅れずについていくことが大切で,このときの自分の声を録音することができます。

実際はイヤホンをしながら行うので,お手本の声は録音されずに自分の声だけが残り,最後に以下のような感じでお手本と聞き比べながら自己評価できるのが特徴です↓↓

シャドーイングの自己評価

その他7つのトレーニングは両コースで共通ですが,中でもシャドーイングは量的に充実しており,例えば上のトレーニングだと,1回あたり28問も用意があるのがわかります。

シャドーイングはリスニング力を高めるだけでなく,正しい発音やイントネーションといったスピーキング能力も上げられる優れたトレーニングなので,これがビジネス英語コースの魅力の1つであるのは明らかでしょう(他にTOEIC対策コースのパーフェクト講義などでもシャドーイングはできます)。

ビジネス英単語

その他,「ビジネス英単語」というコンテンツはビジネス英語コースにしか存在しません。

こちらは全部で2,200語以上の単語を学ぶための副教材として利用することができ,例文にはメインレッスンのストーリーから引用したものが多く含まれます↓↓

ビジネス英単語のトレーニング画面

キーフレーズチェック

多くの学習者にとって毎日の楽しみになるのが,このキーフレーズチェックのトレーニングでしょう。

ネイティブ講師がその日のキーフレーズを動画で解説してくれるものです。

ですが,その担当講師が両コースで異なっています。

ビジネス英単語コースの場合は元ベルリッツのマシュー先生であり,新日常英会話コースはNHKラジオ講座でおなじみのソレイシィ先生です↓↓

スタディサプリENGLISHの担当講師

人によってはどちらかの講師にお世話になった方もいらっしゃるかもしれません。

これらの動画を観るのは非常に楽しいものですので,好きな講師を基準に選ぶのもよいと思います。

本章で紹介したコンテンツについて詳しくは,以下の記事で確認してください↓↓

 

利用料金の違い

ビジネス英語コースと新日常英会話コースの料金比較

両コースの利用料金についても違いがあるのでまとめてみましょう。

基本的には以下の通りです(すべて税抜)↓↓

  • ビジネス英語コース:月額2,980円,6ヶ月16,680円,12ヶ月29,760円
  • 新日常英会話コース:月額1,980円,6ヶ月10,680円,12ヶ月18,960円

一番わかりやすいのが月額料金で考えてみることで,ビジネス英語コースの方が月あたり1,000円高くなっています。

6ヶ月払いや12ヶ月払いを選択すると,両コースともに月払いに比べて数千円の割引となりますが,その差が埋まることはありません。

とはいえ,不定期で行われるキャンペーン特典の内容も異なっており,ビジネス英語コースの方がキャッシュバックの額が大きくなる傾向にあります。

例えば以下は2020年の9月に開始となったものですが,その内容には結構な差がありました↓↓

  • ビジネス英語コース:最大9,600円のキャッシュバック
  • 新日常英会話コース:最大3,600円のキャッシュバック

もちろんタイミングによってこれらの額は変動するため,逆転も見られることもありますので,たえずビジネス英語コースの方がお得になるわけではありません

とはいえ,このようなキャンペーンの存在も,学習を長く続けるためのモチベーションに関係してきますので,是非とも判断材料の1つに加えてください。

最新のものについては,以下の記事でまとめています↓↓

 

まとめ

次回予告

以上,ビジネス英語コースと新日常英会話コースの違いについてまとめてきましたが,いかがだったでしょうか。

相違点ばかりを述べてきましたが,同じスタディサプリENGLISHで両者とも英会話を扱うコースである以上,基本的な部分は類似しています

ゆえに,絶対にこのコースでなければならないということはありません。

例えば,対象者の英語力として,下はTOEIC400点から上は860点までの4つのレベルから選ぶことができるのは共通ですし,レッスン量も各レベルに240レッスンあり,全部学ぼうと思ったら約3年かかるボリュームです。

加えて,上で述べなかった学習コンテンツ,例えば基礎講座や1分クイズ,さらにはオートリスニングやオンライン英会話に使えるレッスン教材も両コース同様に利用できます。

メインとなるレッスンも,先に述べたシャドーイング以外は同じトレーニングが利用でき,使い勝手も変わりません。

結局のところ,

  • ストーリー内容の違いにより身に付けられる英語表現が違う
  • ビジネス英単語とシャドーイングの有無

の2点と月額1,000円の差をどう捉えるかでしょう。

使える表現が増えていくほど,うまく会話できる場面は増えますが,その分,料金差も大きくなっていき,長く続けにくくなります

どちらを優先するか,自分の環境を中心に考えてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-スタディサプリENGLISH

© 2020 スタディサイト