オマケだなんて思わない!英単語補充編と英語超入門

今回はスタディサプリの高校英語講座から「英単語補充編」と「超入門」を紹介します。

これらはメインではなく,あくまで短期間で完結するオマケ的な講座にはなりますが,だからといって受講しないで済ませてしまうのは非常にもったいないです。

英単語補充編であれば高3の夏か冬休みに,そして超入門は学年問わず,スタディサプリの英語講座を開始する前の一番最初の時期に観てください。

前者は講習感が出て,良い息抜きにもなりますし,後者は英語に対するやる気を高め,その後を占う初期段階での学習速度をぐっと上げてくれるはずです。

スタディサプリの英単語補充編

英単語補充編の講義一覧

まず紹介するのが「高3ハイ&スタンダードレベル英語<英単語補充編>」で,こちらはいくつかの単語についての理解を深められる講座となっています。

難易度については,トップ校を受験する人は受講する必要がないかと言えばそうでもなく,スタンダードレベル以上,つまり誰でも役立つ知識が得られるという意味で設定されているのでしょう。

テキストは全39ページで3講義と大変コンパクトな講座です。

なお,この英単語補充編を受講する前に,関正生先生の文法講座は終えておくことが望ましいとされます↓↓

というのも,説明の中に「endowはprovide型の動詞なんですよ。」といった話が出てくるからで,講座のガイダンス動画においても,関先生自身の口から上の文法講座について言及がありました。

とはいえ必須とまではいかないので,すぐにでも観たい気持ちを押し殺してまで文法講座からわざわざ始める必要はありません。

が,高3の夏休みまでに文法講座を終えていないのであればスケジュール的には遅れているので,集中的に文法をやる必要があることはお忘れなく!

さて,本講座で扱う内容は以下の通りです↓↓

  1. 文化背景から攻める表現
  2. 因果表現
  3. 肝心な意味が無視されている表現

最初の講義は,日本人と英語圏の人の文化的な違いを解説したもので,大変関先生らしい授業が行われます。

以下の画像は"be cut out for~"という熟語についての講義ですが,人の姿に合わせて神様が魂を切り出す様子を解説したものです↓↓

スタサプ高3英単語補充編の講義

授業後しばらくは,この表現の意味が出てこないと悩む心配はなくなりますが,こういった英米人との視点の違いについては,次章の超入門でも語られており,どちらも大変興味深く聞ける内容でしょう。

講義の2つ目では因果表現を扱います。

論理展開は最近の入試では特によく出題されるものなので,英単語補充編で学ぶ内容に限らず,譲歩や逆説なども含めて他講座でしっかり学んでおきましょう。

具体的には肘井学先生の読解編で学ぶことになります。

第3講はまさに多義語の授業で,「重要な」という意味の単語に限っても,"crucial, essential, significant, principal, fundamental, indispensable…"などの11個をまとめて覚えることが可能です。

人によってはこの講座を通して100語近く語彙力が増えるのではないでしょうか。

まさに特別感満載の,講習向きの講座です。

なお,予習は30~40分かけて行いますが,以下のような問題(1講義当たり7~15問)を解くとともに,知らない単語は辞書を引きます↓↓

英単語補充編の問題例

復習はテキストの指示通り全部で5回行いますが,5日連続で行うわけではなく,模試前であったり,長期休みの前後などのちょっとしたタイミングで行えばOKです。

 

英語超入門について

スタサプ英語超入門

次に紹介する「英語超入門」は全2講義とさらにコンパクトです。

対象となる学年は高校1年生でも受講可能であり,講義タイトルが「ガイダンス」となっていることからも,スタディサプリのあらゆる英語講座の中で真っ先に受講して欲しい講座となっています。

この講座の目的は,受験英語に対する偏見めいた考え方をひっくり返し,苦手意識を払しょくするとともに,基本的な知識を授けることです。

予習は不要でノートを取る必要もなく,気楽に授業を受けるだけでOKというところが勉強のハードルを下げることに貢献していますが,「丸暗記英語を強いた教師に問題があるだけなんです!」とキッパリ言い切る関先生が何より頼もしい存在に映るでしょう↓↓

英語超入門の講義

第1講は「英語を勉強することに何の意味があるんですか。日本で生きるから必要ないでしょ。」的な,学生からの純粋な疑問に答えるような講座です。

そして第2講は「効率的な勉強をするための基礎知識」として,関先生が言うところの「核心」についてfireやpartyなどの多義語を使って説明し,その後,品詞と語順についての基礎的な講義が行われます。

テキストは14ページと少ないですが,授業を受けて終わりにはせずに何度も見返すだけの価値がある内容でしょう↓↓

英語超入門のテキスト例

意外なものが現状突破に繋がることがありますので,是非受講してみてください。

 

まとめ

講義後の評価

以上,スタディサプリの高校英語から,英単語補充編と超入門の2つの講座について紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

前者については夏期講習などで,多義語のみを扱った特別講座が開講されることがありますが,まさにそういった位置づけだと思ってください。

1つの講義自体は60分弱で終わり,3つの講義で完結するちょっとした講座です。

加えて,印刷可能なテキストも付録のようなものが数十ページにわたって収録されているわけではありませんが,それでももしこの内容を予備校で受講しようと思ったら1万円くらいかかってしまうでしょう。

それだけの内容が見放題の月額料金で観られてしまうわけですから,本当,スタディサプリには恐れ入ります。

また,後者の超入門ですが,こちらは春期講習前に各予備校で行われるガイダンス的な内容になっていました。

この授業を受けると,ほとんどの学生は「なんだか,やる気がしてきた。」とか「この先生の話だったら聞いてみたい。」などといった気持ちになるはずです。

その気持ちを大切に勉強の入り部分の集中力を高めては,これまでの自分とは違うぞという意識を持って,若いゆえの活力で勉強に励んでください

同じ勉強時間でも,短期集中またはやる気がある状態で学ぶのとそうでないのとでは雲泥の差です。

すぐに結果に表れるわけではないですが,3ヶ月も頑張れば確実に実感できます。

その日を楽しみに頑張ってくださいね!

なお,これからスタディサプリに申し込まれるという方は,是非以下の記事をお読みください↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

-高校生向け講座

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイトの管理人

都内の塾運営にかかわり,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで幅広く教えています。最近の関心事は教育改革で,塾に入ってくる情報に加え,信頼のおける情報をまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです! twitterLINE

おすすめ!令和の学び

学校の校舎 1

ここでは,スタディサイトがおすすめする教育サービスをランキング形式でまとめています。 そもそも当サイトで紹介しているサービスは,どれもが何かしらの魅力を備えていることは確かです。 しかし,その中には万人におすすめしやすい ...

スタディサプリと英検対策本 2

スタディサプリは「小学生から高校生までの授業内容を学べるもの」と,英会話やTOEIC対策に特化した「スタディサプリENGLISH」と呼ばれるサービスの2つに大きく分けられます。 ここで1つ質問ですが,もし身近に実用英語技 ...

blank 3

社会的に「ビジネスエリート」と呼ばれる人には,そう称されるに値するだけの教養が備わっています。 また,それほどまでではないにせよ,外国人と会話する中で自国の歴史について尋ねられた際,何かしらのちゃんとした意見が言えるよう ...

blank 4

Z会は自分が高校生だったときに,大変お世話になりました。 増進会出版の参考書(速読英単語や漢文道場など)はもちろん,通信教育(東大生物やセンター対策講座)から東大マスターコース(現在の東大進学教室)まで,大体のサービスは ...

プログラミング講座のコース紹介 5

今回は,キットやツールを用いたZ会プログラミングシリーズの口コミと料金を中心にまとめてみたいと思います。 LEGO,Scratch,ソニーのKOOVといった有名どころを擁し,通学する必要がない通信教育の形態で学べるところ ...

駿台や河合塾の模試 6

昨今,入試改革やコロナで混乱続きの教育界ですから,誰もができれば現役合格をしたいと思っていることでしょう。 ですが,大学入試においてどうしても妥協できない気持ち,負けたままで終われるものかという情熱に突き動かされては浪人 ...

コナンゼミのトップページ 7

今回は小学館集英社プロダクションの「名探偵コナンゼミ」について取り上げ,そのカリキュラムと料金についてみていくことにします。 通信教育の対象となるのは小学生ですが,中学生や大人でも楽しめるオリジナルアニメや推理ゲームとい ...

ブンブンドリムの教材一覧 8

今回は「ブンブンどりむ」という通信教育を取り上げ,評判と思われる理由について分析してみました。 誰もが感じているとは思いますが,作文をメインに扱った教材というのは非常に珍しいものです。 私自身,作文を習ったのはいつだった ...