初級公務員試験はスタディサプリで!消防士・警察官対策にも!

投稿日:

高卒で公務員を目指す人は,各種試験を受けて合格する必要があります。

その試験の内容は,実施団体によって多少異なりますが,大体は教養試験,適正試験,作文,面接といったところでしょう。

今回はそんな教養試験の突破を目指す講座,つまり公務員を志望する高校生におすすめできる,

スタディサプリの公務員試験対策講座

について紹介したいと思います。

中上級の公務員試験対策の足掛かりにもなりますし,一般教養を身に付け直したい大人の方も,十分に役立つ内容ですよ!

 

 

スタディサプリに用意された4つの講座!

スタディサプリの公務員試験対策講座は全部で4つあります。

その内容は教養試験の対策になるものがほとんどで,

  1. 政治
  2. 経済
  3. 数的推理
  4. 判断推理

の4講座です。

 

前半の2つはいわゆる文系的な内容で,社会の仕組みについて学ぶ講座になっています。

詳しい内容は次章以降でみていきますが,日本国憲法や国会の仕組みを始め,景気や国際経済など,中学3年生で習ったようなものがテーマとなっています。

こういった内容を学んでおくことで,ニュースを観たり,新聞を読むときの理解度が大きく変わってきますし,何より公務員は国に尽くすことが1つの使命なわけですから,是非とも身に付けておきたい内容です。

 

そして残りの2つは主に理数的なもので,算数的な内容,論理的な思考が習得できるものとなっています。

濃度の計算や旅人算など小学生のときに塾で習うような内容を始め,総当たり戦や図形の展開図・道順など算数的なアプローチを学ぶことができます。

それでは早速,これら4つの講座について詳しく見ていくことにしましょう。

 

 

スタンダードレベル政治経済<政治編>

公務員試験対策講座の『スタンダードレベル政治経済の政治編』では,政治経済の政治分野について,中心的かつ基本的な内容を扱います。

公務員試験に出やすいところで,応用が効きやすい内容を厳選しているとのことで,初級公務員試験を受ける受験生としては,本試験レベルにまで対応できるのが嬉しいですよね。

説明する際に,具体例が多く出てくるのでイメージが湧きやすいですし,丸暗記ではなく理解することを念頭に講義が行われるので,記憶に残りやすいのが本講座の特徴でしょうか。

 

講義数は全部で5つ。

大体が1時間程度なので,5時間で観終えることができます。

テキストページは22ページ程度であり,別途購入する必要はありません。

 

講座内容は,

  1. 日本国憲法の基本的性格
  2. 基本的人権1
  3. 基本的人権2
  4. 統治機構 三権分立・国会
  5. 統治機構 内閣・裁判所

となっています。

上記画像に示した内容を見て,「なんか昔やったけれど,もうさっぱり覚えていない」という方は,是非この動画をみて完璧にしておきましょう。

試験で間違いやすいポイント(弾劾裁判の『劾』という漢字についてまで)を説明してくれるのも親切だなぁと感じました。

 

なお,講師の方は麻生公務員専門学校の福岡校で政治経済を教えていらっしゃる蓑原睦先生です。

各講座にその分野のスペシャリストが配置されている安心感に加え,変わりゆく時事内容がしっかりと更新されている(この講座は2018年の7月2日に更新されました)のも,さすがは大手リクルートによる有料サービスだと言えるでしょう。

 

テキストは穴埋め式で,過去問もちょくちょく出てきます↓↓

本試験の際は,書き込んだこのテキストを持っていけばOKです。

 

 

スタンダードレベル政治経済<経済編>

政治編に続きまして,今度は『スタンダードレベル政治経済の経済編』についてのレビューです。

こちらも先ほどと同じく蓑原先生が担当し,経済の基礎を学べる講座になっています。

講座数は政治編と同じく5つで,5時間弱で視聴できます。

テキストも22ページと同数になっていますが,その内容は,

  1. 需要と供給,市場,景気
  2. 金融
  3. 財政
  4. 日本経済
  5. 国際経済

となっています。

上記画像にみるような,需要供給曲線は大学の授業でも扱う大切な内容ですし,後半の講義内容は,かなり深くまで掘り下げて国内外の経済状況について学べるものです↓↓

恥ずかしながら,初めて気うような内容も多くありました。

 

テキストもしっかりしており,国家III種の過去問など,かなり解きごたえのある問題ではないでしょうか↓↓

商売に携わる社会人も是非学び直したい内容ですし,単純に教養としても面白いですよ。

 

 

スタンダードレベル数的推理

続いては『スタンダードレベル数的推理』という,いわば理数系の学問領域に入っていきます。

公務員試験や消防士・警察官採用試験における教養試験で問われるのは,文章理解・判断推理・政治経済に加えて,この数的推理からの出題が目立ちます。

初級公務員試験の対策としては苦手科目を作らないのが勝利の方程式となっており,本講座では技法の習得を通して即効性のある内容が学べるので,大幅な得点アップが期待できる講座になっていると言えるでしょう。

 

10にも及ぶ豊富な講義数の詳細は,

  1. 濃度
  2. 旅人算
  3. 通過算
  4. 流水算
  5. 仕事算
  6. ニュートン算
  7. 売買損益
  8. 魔法陣
  9. 図形 平行線と角
  10. 図形 円

のようになっており,麻生公務員専門学校から郷原義史講師が担当します。

中学受験を経験した方の中には,上記の『○○算』というものに見覚えがあると思いますが,そうでない方も,受験技法の習得で,かなり容易に公務員試験を突破できるようになるでしょう。

特に濃度の説明においては,『数直線法』というかなり真新しい考え方を学べました(私はこれまで,塩の量と食塩水の重さに注目するやり方しかしてこなかったので)。

 

パズル感覚で楽しんでやれるのが算数の良いところですが,その楽しさに気づくきっかけになるかもしれません。

もちろん中学数学の文字を使った方程式的なものも出てきますので,内容としてはなかなかに難しく,できるようになったときの達成感はかなりのものがあるでしょう。

 

テキストのページ数は全部で35,ひたすらに問題を解いていくスタイルで頑張りましょう!

こういう問題が解ける人と解けない人では,やはりどこかしらで仕事の質が変わってくるように思いませんか?

 

 

スタンダードレベル判断推理

公務員試験対策講座最後の4つ目は,『スタンダードレベル判断推理』の講座です。

高校卒業程度の公務員試験を始め,警察官や消防士の採用試験については,難易度的にぴったりの講座になっていて,試験で特に出やすい分野が取り上げられています。

上記の数的推理より,さらにパズル的な要素が強まり,こちらの方が楽しいと思える方が多いかもしれません。

本講座で扱う内容は多岐に渡り,

  1. 暗号
  2. 対応関係
  3. 試合
  4. 順序関係
  5. 位置関係
  6. 展開図
  7. 軌跡
  8. 道順

というふうに,タイトルからは内容をイメージしにくい問題が多いですね。

例えば以下は『暗号』問題のテキストと問題の1例ですが,

何やら,クイズ的な出題が続きます。

こういうものは,普通に生活しててはあまり習えない,貴重な内容だと言えるでしょう。

 

担当は専門学校で判断推理を教えていらっしゃる若山祐紀憲先生で,全部で8講義は,8時間弱で終わる内容です。

テキストとしては36ページからなっており,こちらも別途購入の必要はありません。

 

 

まとめ

以上,スタディサプリの公務員試験対策講座から,政治経済,数的・判断推理の講座のレビューでした。

高校を卒業して公務員や消防士・警察官を目指す方にはもちろん,大学を卒業して公務員試験を目指す方やいわゆる教養を身に付けたい大人の方にも大変に役立つ講座内容ではなかったでしょうか。

入社試験を受ける際にも役立ちそうな印象です。

 

上記講座で学べる内容の大半は,自分自身が小学校から高校までの間に学んできたはずのもので,学校の教科書を復習すれば良い話かもしれませんが,それでは時間がかかりすぎてしまいます。

勉強以外にもやることが多くて大変な毎日ですから,効率良く,できれば楽しく勉強していきたいものですね。

といったわけで,スタディサプリの公務員試験対策講座の魅力としては,そんな膨大な試験範囲をわずか28講義(約28時間)で復習できるようにしたところだと思います。

重要事項だけしっかり押さえ,残った時間は他のことに費やしましょう!

 

最後にまとめとして一言。

TVなどで良い年をした大人が小学校でやるような内容の問題を解けないシーンを目にしますが,勉強をやっている現役の学生ならともかく,ほとんどの大人はそんなものです。

笑ってみている両親でさえも,例えば文系出身の両親に食塩水の濃度の問題をやらせてみたり,理系出身の親に内閣の権限など聞いてみると意外とできないわけで,こういったものは,やるべきときに短期間で詰め込んでしまえば後で忘れてしまってもそれでいいと考えてください。

肝心なのは,今目の前にある壁をしっかりと乗り越えることです。

目標に向かって頑張りましょう!

 

今回紹介したスタディサプリの公務員試験対策講座ですが,以下の公式サイトから申し込めます。

無料体験期間もありますので,是非やってみてください↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました!

-スタディサプリ
-,

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.