勉強法

基礎英語を小中学生の教材に選ぶメリットと注意点!

今回は,中学生の語学学習のお供として有名かつ歴史のある「基礎英語」について,その内容をレビューするとともに,基礎英語で学習するメリットやデメリットについて詳しくみていこうと思います。

最近は小学生のための講座も登場し,より楽しく学習できるようになりました。

基礎英語について

古くは1926年からラジオ放送されている基礎英語ですが,戦後,中学校の英語教育の補助目的で再出発し,現在においては小学生から大人までが広く使える教材となっています。

私も中学生だったときに,基礎英語を毎日聴くよう学校側から指示され,定期テストにおいてはテキスト内容からの出題もありました。

テープとCDの時代でしたが,今はラジオストリーミングがあるので,開始時間に合わせて早起きせずに聞くこともできるため,部活や塾の時間帯と被って聞けないなどのリスクがありません。

ストリーミングページ

現在シリーズ化されている基礎英語の講座としては,

  • 基礎英語0
  • 基礎英語1
  • 基礎英語2
  • 基礎英語3

の4つが知られています。

ちなみに最初の「基礎英語0」というのは,2018年度から新しく始まった小学生向けの講座であり,新学習指導要領にも対応したカリキュラムです。

「基礎英語1~3」は,中学1~3年生の学年にざっくりと対応していますが,レベル分けの目安として,最近の基礎英語ではCEFR(セファール)によるものも利用できます。

ちなみに先に挙げた基礎英語0の右下のレベル欄を見てみると「A0」となっています。

同様にみていくと,基礎英語1と2は「A1」,基礎英語3に関しては「A2」レベルです。

参考までに,実践ビジネス英語は「C1」,高校生からはじめる現代英語のように「B1」と「B2」の2つにまたがっているものもあります。

管理人より

続けてレッスン内容についてみてきたいと思いますが,毎年テキストの構成は変わりますので,あくまで参考程度にとどめ,詳しくは店頭などで確認するようにしてください。

 

基礎英語0で学べる内容

CEFRで「A0」レベルといったら,英検では5級以下,TOEICのL&Rでは120点未満レベルを意味します。

そのため基礎英語0をおすすめするのは,アルファベットや英語の音そのものに馴染みをもったり,簡単な英会話ができるようになりたい方になるでしょう。

内容について詳細にみていきますと,レッスンごとにおすすめの英語表現が一つピックアップされます。

例えば以下のレッスンでは,4コマ表現とともに自己紹介のときに使える表現が出てきました↓↓

上記のようなカラーページで楽しく学んだ後は,書き込み形式で演習しましょう!

また,テレビとも連動したミッションもあり,小学生の興味を引き出させるようなコンテンツになっているのがわかります↓↓

ラジオ放送に限らず,毎週1回10分のTV番組もネット上で24時間視聴することができるのは便利です。

視覚を用いた楽しい内容ばかりなので,純粋に英語への興味関心が引き出されることでしょう↓↓

音読するコーナーもありますし,最近は小学生と電話したり,タレントさんのキャラクターを前面に出した展開も好評です。

 

基礎英語123の内容紹介

基礎英語の123では,各月ごとのテーマが共通で設定されています。

2016年度から始まった取り組みですが,2020年度においても継続中です。

例えば4月では,どの講座においても「自己紹介」がテーマであることに変わりありません。

もっとも,扱う英語表現においては差がついていて,段階的に深く学んでいけるところが特徴です↓↓

「I'm from New York.(基礎英語1)」とようやく話せるレベルから始まり,「I am planning to study hotel management in America.(基礎英語3)」まで2年かけてステップアップできます。

週に全5回(1回あたり15分)のレッスンで,月~木の通常授業では英文と和訳,さらにはストーリーに出てきた単語やフレーズに加え,Can-Doで目標とされている表現を練習しましょう。

また,金曜日は復習日となっていて,その週の通常授業で行ったことを違う角度から学び直します↓↓

昔は英文法中心の基礎英語でしたが,英語4技能の重要性が騒がれる今ですから,コミュニケーションを意識した構成です。

Can-Doリストについては,教育改革では明示されるべき事柄なので,今後色々なところで目にする機会も増えてくることでしょう。

レベルとしてはA1~A2に収まるので,英検では5級から準2級レベル,TOEICでは120点から500点程度となるので,中学の英語を身に付けたい学生や社会人のやり直しに対応できます。

 

基礎英語の受講料金

基礎英語の受講にかかる料金としては,

  • テキスト代

のみです。

月額料金(税込)をまとめますと,カラー印刷の多い「基礎英語0」に限っては770円,「基礎英語123」は495円(1752円)がかかります。

※カッコ内の価格はCD付テキストを買った場合の料金です。

夏休みなどで値段が上下することもありますが,上の料金で1年間続けたとすると,大体6000~10000円(21000円)程度かかる計算になりますね。

毎月5時間として年間60時間のコンテンツになりますから,金銭的にも無理なく取り入れられそうです。

ストリーミングで聴けるので,CD付きを買う魅力はあまりありません。

それよりも,浮いたお金(1257円)で別のリスニング教材を利用する方が良いように感じます。

 

基礎英語で学ぶメリットとデメリット

最後に基礎英語で学ぶメリットとデメリットについて考えてみましょう!

先述した通り,安く学べるところが大きな魅力です。

最低限テキストは購入する必要がありますが,それだけしかかからないので,1回のレッスンあたり数十円で受けられることになります。

スマホでもストリーミングが聴けるので,時間的にも場所的にも制約を受けません

とはいえ1週間分しか保持されないので,その期間を過ぎてしまうと,それ以降は聴けなくなってしまうことには注意が必要です。

ラジオ英語は形としてはほぼ完全にでき上がっているため,内容については安心して聴くことができますが,その一方で,真新しさに欠ける部分もあります。

英語とその解説を聴き,最後に声に出して文を読んで英作して終わるので,形態としては学校の授業に近いでしょうか。

総合力が付くと言える反面,学生の立場でみると,普段の授業とメリハリが出ないところがデメリットでしょうか。

また,どうしても講師による日本語が入ってきてしまうので,15分の授業でも実際に英語を聴いている時間というのは「5分~10分くらい」と決して多くはありません。

今やオンライン教育も盛んになってきており,自分の声を録音したり,スマホでフリック入力してディクテーションなどが行えるものも出てきています。

もしも,保護者の方で,ビジネス英語やTOEICなどに興味がある方でしたら,以下の有料コースの無料特典である「日常英会話コース」を使わせてみるのも面白いのではないでしょうか↓↓

スタディサプリの公式HP

 

まとめ

以上,NHKの「基礎英語」に関するレビューとメリットや料金についてのまとめでした。

基礎英語0をラインナップに加え,CEFR表記やCan Doリストなどを備えた基礎英語は,英語4技能を明確に意識した学習コンテンツとなっています。

魅力としては,先ほど加えたコスパの良さが光りますし,内容も非常に良いのですが,周りを見渡すと以外と続かない子が多くいるのが不思議です。

まずは様子見で1ヶ月,夏休みなどの長期休暇のみ利用するのもありかと思います。

最後までお読みいただき,ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-勉強法

© 2020 スタディサイト