LITALICOワンダーでプログラミング!口コミから料金まで

プログラミングを学べるスクールとして,東京都を中心とした地域にお住いの方におすすめなのが「LITALICOワンダー」です。

小学校においてプログラミング教育を行う目的として,まもなく訪れるSociety5.0を生き抜くための力を子どもたちに早い段階で身に付けさせるということが1つ挙げられます。

ですが,様々な理由により学校で十分な教育が受けられない場合もあるでしょう。

かといって,自宅で親が簡単に教えられないのがプログラミング教育の難しさでもあります。

そんなときはLITALICOワンダーのようなスクールに一任してしまうのがおすすめで,特徴あるコースと親身な指導は子どもの潜在能力をしっかりと引き出してくれるはずです。

今回は寄せられた口コミの紹介を中心に,料金についてもまとめていきましょう!

LITALICOワンダーの口コミ

LITALICOワンダーの秋葉原教室の様子

LITALICOワンダーに寄せられている口コミですが,主に以下の3つです↓↓

  1. 独自のカリキュラムとコース
  2. 将来に役立つ能力が身に付く
  3. 親身なサービスを受けられる

当スクールのカリキュラムに関しては「オーダーメイドカリキュラム」というものが知られており,子どもの興味や性格に合わせて,個人ごとに作成してくれます。

加えて,「プログラミング・ロボット・デジタルファブリケーション」の3つのコースがあるため,IT(Information Technology)からものづくりまで,各自の興味に合わせたカリキュラムで学べるところも強みでしょう。

新しい技術というのは新鮮味があって楽しいもので,触れているだけで自然とスキルが身に付いていきますし,ものづくりを通して主体的に取り組む力であったり,アイディアを形にしては試行錯誤して改善するといった経験を積むことができます。

LITALICOワンダーで得られる経験や能力というのは,

  • 生きる力
  • 自尊感情
  • 創造力
  • 問題解決能力
  • 成功体験

といった従来のスクールでは得がたいものです。

もちろん,これら能力は学校のプログラミングの授業を通して身に付けられることにはなっているものの,教員側がまだまだ不慣れな状況はしばらく続きますし,集団授業という性質を持つため,子どもひとりひとりに目を向ける余裕がありません。

最近は特定の生徒に干渉しすぎるとすぐ贔屓などと非難されてしまったり,働き改革の導入により,大量の熱意を注ぎにくい勤務時間になってしまっていますから,子どもが不満を感じた場合,独自に対策することは十分考えられます。

LITALICOワンダーは,そもそも学習障害や発達障害を抱えている子の教育支援に関するサービスを展開してきた会社ですから,そこで培ったノウハウを生かし「難しい時期にある子どもでも安心して通える」という口コミもありました。

学校の先生や親と違うタイプの人と触れ合うことも,子どもにとって良い刺激となるはずです。

それでは次に,どのようなコースがあるのかみてみましょう!

 

LITALICOワンダーのコース紹介

LITALICOワンダーが扱う対象は大きく分けて,

  1. ゲーム&アプリ
  2. ロボット
  3. デジタルファブリケーション

の3つになりますが,1は「プログラミングコース」と「エキスパートコース」,2は「クリエイトコース」と「テクニカルコース」の2つにさらに細かく分けることができるので,全部で5つのコースが受講可能です。

なお,実際選択するにあたってはスタッフの方と相談して決めることができるので,そこまで明確に決めていなくても全く問題はありません。

ゲーム&アプリプログラミングコース

ゲーム&アプリプログラミングコースの教材例

プログラミングコースでは,多くの小学校で使用するScratchを始めとした各種ツールを教材として使用します。

特にUnityは,エキスパートコースにもつながる内容です。

パソコンやスマホでゲームやアプリを作ることで,自然とプログラミング的思考が身に付くとされ,対象年齢はひらがなが読める年長さんからOKで,大がかりなキットを使用しないのでオンライン受講もできます。

ゲーム&アプリエキスパートコース

ゲーム&アプリのエキスパートコースの教材

エキスパートコースでは小学3年生~高校生を対象とし,Unityを使って3DやVRのゲームを作ったり,HTML,CSS,Javascriptを使ってWebページの制作方法について学ぶことができます。

コース専任のスタッフやプロのクリエイターからアドバイスが受けられる機会が設けられるので,第一線級のかなり深い知識まで得られてしまうでしょう。

Unityを使う場合,オンライン受講も可能です。

ロボットクリエイトコース

続いてロボットを使ったコースを紹介しますが,教育版LEGOであるWeDo 2.0を使って学ぶのがクリエイトコースです。

お馴染みのブロックに加えて,モーターやセンサーを使ったキットなので,完成させてからアプリを使って命令することができます。

対象者は年長さん~小3までで,こちらもオンライン対応です(WeDo 2.0自体は小学校高学年でも使える内容です)。

ロボット製作ではただキットを組み立てて終わりではなく,子どもの行った工夫に気づき,その過程を正しく評価することこそが重要であり,それができるかできないかで子どもが受ける印象は大きく変わってしまうでしょう。

そのためにも近くで見守ってくれる人の存在が大切になります。

ロボットテクニカルコース

LITALICOワンダーで使うロボットコースの教材

LITALICOワンダーのロボットコースでは,小学3年生以上となると,テクニカルコースでマインドストームEV3を扱った学びが可能です。

こちらはより,多種多様なセンサーを扱う分,プログラミングもより複雑になり,ロボットの制御について理解を深めましょう。

学習指導要領だと中学生レベルの内容ですが,ここまでくれば学校のカリキュラムに合わせる必要はありません

本コースで使うキットは高校生まで長く使える本格仕様で,よりリアルなオリジナルロボットが作れますし,将来的にはチームを組んでロボットコンテストに出場することもできるでしょう。

このレベルの指導はオンラインではできないので,教室受講のみです。

デジタルファブリケーションコース

デジタルファブリケーションコースの教材

最後はデジタルファブリケーションコースについて説明しますが,名前を聞いてもイメージがパッと浮かばないかもしれません。

中には「3Dプリンタ」という単語を聞いた方がいるかもしれませんが,このプリンタは溶かしたプラスチックを下から積み重ねていくことができるので,例えば中が空洞のボールを作成することができる優れものです。

以前観たニュースでは,7m以上の長さのボートをこの3Dプリンタで作っていて,それがギネスになりましたし,つい最近だと,アメリカで3Dプリンタを使ってレゴブロックのように家を作ってはそれを65万ドル程度で販売したという話がありました。

私と同年代の方であれば「電子工作」といえばピンとくるでしょうか。

小学○年生などの雑誌の巻末によく広告が載っていたような気がしていますが,あれは予め作るものが決まっていましたが,デジタルファブリックコースではゼロからデザインすることで,創造力の育成に繋がるという点で大きく異なります。

大掛かりな道具が必要になる上,人が近くで見ていないといけないので,オンライン受講はできません。

 

LITALICOワンダーの料金

日本円と受話器

ここではLITALICOワンダーの利用料金についてまとめてみましょう。

入塾金は16,500円です。

続けて授業料ですが,同じコースであっても受講回数で異なりますし,キットを別途購入する場合もあると思うので,以下の料金はあくまで目安とするにとどめ,詳細は後述する体験授業の際に確認するようにしてください。

なお,受講回数については月に4回以上の受講が必要ですが,以下では標準的な月8回として計算しています。

ゲーム&アプリプログラミングコース

教室受講は1回90分,オンライン受講は60分となります。

月8回受講する場合,教室料金は46,200円,オンライン料金は35,200円です。

月4回だとその半分よりもやや高くなります。

ゲーム&アプリエキスパートコース

こちらも受講時間や回数についてはプログラミングコースと同じです。

ただし,内容がかなり難しくなる分,受講料はLITALICOワンダーにあるコース中最高となり,月8回の場合,教室受講は55,000円,オンライン受講は44,000円がかかります。

ロボットクリエイトコース

対象年齢が同じだからでしょう。

授業料金は上のプログラミングコースと全く同じで,月8回の場合,教室受講は46,200円,オンライン受講は35,200円です。

とはいえ,こちらは教育用LEGOを購入することになるでしょうから,キット代は別に3万円程度必要になると考えておきましょう。

ロボットテクニカルコース

最高の教育が受けられるということですが,教室受講のみの提供で,月8回で46,200円がかかります。

とはいえ,こちらもマインドストリームを購入することになると思うので,キット代は別途かかることに注意してください。

デジタルファブリケーションコース

教室受講のみで月8回の受講料金は46,200円となります。

90分の授業時間は,余裕を持って生徒の様子に目を配れる時間です。

「1人の講師に対し最大4人の生徒」というのは個別指導に分類され,やや授業料は高めに設定されているものの,安かろう悪かろうサービスでは話になりませんので適当だと言えます。

もちろん体験授業をしっかり受け,子どもの様子を見て最終的な判断をするようにしてください。

 

無料体験授業について

LITALICOワンダーの無料体験授業について

これまでに,LITALICOワンダーの口コミからコースの内容,そして料金までみてきたわけですがいかがだったでしょうか。

対象年齢は小学生から高校生を中心に幅広く対応しているため,基本的には子どもが興味を持ったものを気軽に始めてみるという考えでいて構いません。

というのも,最初ロボットのコースで入った子が,授業をする過程でプログラミングの才能を見出され,複雑なプログラミングを通してロボットの制御をするような事例が結構あるからです。

もちろん,実際に子どもがどう感じたかを第一に,スタッフの判断を仰ぎながら検討してもらえるので心配は要りません。

カリキュラムや料金について十分に納得して入塾するためにも,体験授業を受けることは必須レベルでしょう(オンラインも教室受講のどちらも可能です)。

教室で体験授業を受ける場合の流れは以下のようになります↓↓

  1. 子どもの性格などを記入する
  2. 担当スタッフと自己紹介をする
  3. 希望する体験授業を受ける

子どもが体験授業を受けている間,保護者は疑問点を聞いたり,カリキュラムについて詳しい説明を受けますが,その際,子どもの様子を外から確認させてもらえるはずです。

是非以下の点に注意してみてください↓↓

  • 子どもをよく観察してくれているかどうか
  • 満足の行く答えやカリキュラムを提示してくれたかどうか

中には別途費用がかかる3Dプリンタのようなものもありますが,基本的に体験授業は無料です。

日程についてはすぐ後に紹介する申し込みページで確認するようにしてください。

公式HPによると満足度は90%以上あるとのことですし,2018年12月には「年末年始の子どもの習い事アンケート」で2019年の話題の習い事ランキング1位を獲得しています。

体験授業の結果,通塾しないことを決めたとしても,目新しい技術に触れられた子どもは良い経験をしたと感じるはずです。

小学校でプログラミング教育が始まるタイミングや,本格的なプログラミングを学びたいと思う中高生は,是非LITALICOワンダーを検討してみてください↓↓

申し込みページはこちら

 

最後までお読みいただき,ありがとうございました。

-教育サービス

  • この記事を書いた人

スタディサイトの管理人

都内の塾運営にかかわり,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで幅広く教えています。最近の関心事は教育改革で,塾に入ってくる情報に加え,信頼のおける情報をまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです! twitterLINE