おすすめの塾

LITALICOワンダーでプログラミング!口コミから料金まで!

プログラミングを学べるスクールとして,東京と神奈川在住の方におすすめなのが

LITALICOワンダー

です。

小学校においてプログラミング教育を行う目的は,まもなく訪れるSociety5.0を生き抜くための力を子どもたちに早い段階で身に付けさせることです。

とはいえ様々な理由により学校で十分な教育が受けられない場合もあるでしょうし,かといって,自宅で親が簡単に教えられないのがプログラミング教育の難しさでもあります。

そんなときはLITALICOワンダーのようなスクールに一任してしまいましょう!

特徴あるコースと親身なサービスは子どもの潜在能力をしっかりと引き出してくれます。

まずは本スクールに寄せられた口コミから学んでいきましょう!

 

 

LITALICOワンダーの口コミ

LITALICOワンダーの特徴

※写真は秋葉原教室の様子

LITALICOワンダーに寄せられている口コミは主に以下の3つです↓↓

  1. 柔軟なカリキュラムと豊富なコース設定
  2. 将来に役立つ能力が身に付く
  3. 親身なサービスを受けられる

カリキュラムに関しては「オーダーメイドカリキュラム」というものが知られており,子どもの興味や性格に合わせて,個人ごとにカリキュラムを提供しています。

さらにプログラミングやロボット,デジタルファブリケーションのコースがあるため,IT(Information Technology)からものづくりまで,各自の興味の幅に合わせたカリキュラム設定が可能なところも強みと呼べるでしょう。

新しい技術というのはそれだけで楽しく,触れているだけで自然とスキルが身に付いていきますし,ものづくりを通して主体的に取り組む力であったり,アイディアを形にし,試行錯誤して改善するといった経験を積むことができます。

そこで得られる経験や能力というのは,

  • 生きる力
  • 自尊心
  • 創造力
  • 試行錯誤
  • 成功体験

といった従来のスクールでは得られないものです。

もちろん学校のプログラミングの授業を通して身に付けるのが目標にはなっていますが,教員側も不慣れな状態ですし,集団授業という性質を持つため,子ども一人ひとりに目を向ける余裕はありません。

加えて,特定の生徒に干渉しすぎるとすぐ贔屓であると非難されてしまったり,働き改革で熱意を注ぎにくくなっている現在ですから,不満を感じた際はこちら側で独自に対策することも十分に考えられます。

LITALICOワンダーには,学習障害や発達障害を抱えている子の教育支援に関するノウハウがあるため,難しい段階にある子どもであっても安心して通えるという口コミもありました。

それでは続けて,どのようなコースがあるのかみてみましょう!

 

 

コース紹介

コースについて

LITALICOワンダーのコースは大きく分けて,

  1. ゲーム&アプリ
  2. ロボット
  3. デジタルファブリケーション

の3つになりますが,1は「プログラミング」と「エキスパート」,2は「クリエイト」と「テクニカル」の2つに細かく分けられており,全部で5つのコースが受講可能です。

1についてですが,「プログラミングコース」では,上記画像で示したように,多くの小学校で使用するScratchを始めとして,ViscuitやUnityをツールとして使用します。

なお,対象年齢はひらがなが読める年長からOKです。

ゲーム&アプリのエキスパートコース

「エキスパートコース」では小3~高校生を対象とし,Unityを使って3DやVRゲームの製作や,HTML/CSS/JavaによるHPが作成できます。

プロのクリエイターからアドバイスがもらえるイベントがあるところも良いですね。

 

ロボットコース

2つ目ですが,通信講座であるZ会のプログラミング講座でも取り扱いのあるレゴWeDo2.0を使った「クリエイトコース」から始まり,小3以上では「テクニカルコース」でマインドストームEV3を学ぶことも可能です。

特に後者のキットは長く使える本格仕様で,かなり凝ったオリジナルロボットが製作できますし,将来的にはチームを組んでロボットコンテストに出場することもできます。

ロボット製作ではただ作って終わりではなく,子どもの行った工夫に気づきそれを正しく評価することが必要であり,それができるかによって子どもが受ける印象は大きく変わってしまうもの。

身近で見守ってくれる存在が必要です。

 

デジタルファブリケーションコース

最後の「デジタルファブリケーション」というのはあまり聞かないかもしれませんが,「3Dプリンター」は名前を知っている方もいるかと思います。

このプリンターは普通,溶かしたプラスチックを下から積み重ねていくことで,例えば中が空洞のボールを作成したりできるのがすごいですね(つい先日のニュースでは,7m以上のボートがギネスになりました)。

私と同年代の方であれば「電子工作」といえばピンとくるでしょうか。

こういった道具を扱って,アイディアを形にする技術を学びます。

 

 

料金

料金

happylism / Pixabay

それではLITALICOワンダーの料金についてまとめてみましょう(以下税抜き表示)。

  • 入塾金:15000円
  • 授業料:12000円 or 20000円
  • 教材費:1000円 or 2000円
  • 運営費:2000円

授業料や教材費についてですが,カリキュラムが柔軟なため,コースごとに指定料金といった感じではなく,あくまで月の授業回数によって決まります(上のまとめにおいて,授業料と教材費では月2回の料金を左側に,月4回のものを右側に示しました)。

90分の授業時間は余裕を持って生徒の様子に目を配れる時間です。

1人の講師に対し最大4人の生徒人数は個別よりのスクールだと言えますし,やや授業料は高めに設定されているものの,安かろう悪かろうサービスもありますので,実際は子どもの様子を見て最終的な判断をするようにしてください。

私的には,料金をしっかりと明示してくれるスクールは信頼できる場合が多いと感じています。

 

 

体験授業のすすめ

無料体験授業について

LITALICOワンダーについて口コミからコース設定,そして最後に料金をみてきたわけですが,いかがだったでしょうか。

対象年齢は,ひらがなが読める年中さんから高校3年生まで幅広く対応しているため,基本は自分の興味があるものを気軽に始めてみるというスタンスでよいでしょう。

もっとも,最初ロボット製作で入った子が,授業をする過程でプログラミングの才能を見出され,複雑なプログラミングを通してロボット制御をするようになった例もあります。

また初印象がすべてではないですが,やはり実際に子どもがどう感じたかを第一に考えたいですし,スタッフの判断を仰いでみるのもよいと思います。

その際は,

  • 個性を大切にし,子どもをよく観察してくれているかどうか
  • 満足の行く答えやカリキュラムを提示してくれたかどうか

などに注意するとよいでしょう。

ちなみにLITALICOワンダーでは,60分の体験授業を2コマまで無料で受けることができます。

実際の満足度も90%以上あるとのことですが,結果として通塾しない場合であっても目新しい技術に触れることは,子どもにとって良い経験になるはずです。

是非,以下の公式ページから申し込んでみてください↓↓

LITALICOワンダーの無料体験授業ページ

  • この記事を書いた人

スタディサイト管理人

都内で塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで,英数を中心に学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をまとめています。すぐに実践できる勉強法やオンライン教育サービスを利用した学習戦略も意欲的に掲載。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。

-おすすめの塾

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.