入試改革 教育改革

『2020年大学入試改革丸わかりBOOK』のレビュー

今回はマンガ入りの書籍で、2020年の大学入試改革について小中学生の対策を学べる、

2020年大学入試改革丸わかりBOOK

という本のレビューをしていきます。

教育改革関連のニュースとして、普段は文部科学省のHPから直接情報を仕入れている私ですが、このような市販本をたまに読むのもいいですね!

今回の記事の構成としては、まず本書の特徴について触れた後、内容として大体どのようなことが書かれているかまとめ、最後に読み終わってみて私なりに思ったことを書いてみたいと思います。

本書の特徴

タイトル:マンガで一発回答2020年大学入試改革丸わかりBOOK

著者:松永暢史

初版:2017年4月25日

出版社:ワニプラス

定価:1300円+税

タイトルにあるように、2020年の教育改革に向けて、現在小学生や中学生のお子さんをお持ちの方が抱くことの多い疑問に対して、筆者なりの答えを提示していく形式です。

読み始めて早速感じたのは、読みやすさですね。

1つ1つのテーマについて、このようにマンガで主婦の何気ない悩みが提示されるため、堅い話になりがちな話題がすっと導入されてくる工夫がなされています↓↓

 

さらにそれに続くのは会話形式での解説ですので、実際に著者と会話をしているかのような雰囲気で大学入試に対する理解を深められるのが、読みやすさの原因なのでしょう↓↓

 

最後の補足部分のみ、いわゆる普通の文章の形を取りますが、導入と会話形式で理解を深めてからの数ページなので、そこまで苦も無く読み切ることができるはずです。

 

本記事はすでに読み終えてから書いていますが、日数としては2日、時間的には数時間で読めてしまったので、ちょっとした時間に気楽に読むのに向いた本だと言えるでしょう。

それでは次章で、内容についてどのようなことが書かれているのか、ネタバレにならない程度に概要を見ていきましょう。

 

 

あらすじ

本書のコンセプトは「2020年問題」・「高大接続システム改革」といった言葉の意味を理解し、親が子に対する教育をどのような視点で取り組むべきか示すことで、構成は以下の通りとなっています↓↓

~目次~

第1章 2020年「大学入試改革」の基礎知識

第2章 これからの受験対策は何をすればいいのか

第3章 本当に「デキる子」に育てるために家庭でできること

全部で224ページほどありますが、大体各章70ページちょっとあるので、内容はバランスよく3分割されています。

 

第1章の概要について

第1章では、大学入試改革で大きく変わることや求められる資質や能力といったところが述べられています。

  • 基礎学力テストと共通テストについての説明
  • 内容面で詰め込み型学習からの脱却

について、主に語られていました。

「子供たちが思考力・判断力・表現力を高めるためにどうすべきか」という点は、教師側だけでなく、親側もこれからの時代はしっかり考えなければならない問題ですね。

それに対する筆者の答えは「文章力・表現力・読解力を磨くことが大事だ」ということです。

確かに、AIの台頭によって機械ができてしまう仕事にわざわざ人間を雇っう必要はありませんので、人間にしかできないこと(機械が苦手とすること)をできる人材にならなければいけませんね。

実施時期についての一覧は参考になりましたし、AO入試と推薦入試の違いなどについても書かれています。

 

第2章の概要

丸暗記しただけの知識ではなく、使える形の知識として覚えることの大切さを強調する章です。

最低限の道具をもとに、自分の頭でしっかりものを考えていく姿勢は応用力も効きますし、何より忘れにくくなるので大切だと感じます。

  • 年号の暗記と異なり漢字を覚えることは重要
  • 作文対策には良い文章を音読する

特に漢字の覚え方であったり、後者のメソッドについては普段から著者がそうやって教えていることをまとめたものでしょう。

良い日本語を音読するのは大切で、私の塾においても小学生の指導において、日本の名著(例えば宮沢賢治の作品)などを音読させることも多いのですが、本書では古今和歌歌集の勧めています。

さらに作文を得意(好き)にさせる方法として、『子供に原稿料を払う』というものが提示されていますので、だいぶ、筆者が書きたいように書いた章ですね。

東大にいたころ、後輩が何かで1番になるたびに親から賞金をもらって、入学時に貯金が100万円以上あったと言っていたのを覚えていますが、テストで一番はおろか、水泳や将棋で県代表になるなどいちいちハイスペックでしたけれど、やはり現金がもらえるのは嬉しかったようです。

 

その他、教育改革における英会話教室や塾の必要性、付属校や学び始める時期についても議論されています。

 

第3章の概要

一流大学に入って一流企業に入るのがすべてではないのは全くその通りですが、これからの時代に合った能力はたゆまぬ努力で身に着ける必要はあります。

そして「勉強ができる」ようになるためには、日本語での理解力(これは「読む」力などと同等だとみなしました)が必要で、好奇心を持ち、自学する習慣を持った子供にすべきだといった内容です。

そのためには子供を正しく導く存在が必要で、まさに親自身がそれになるのが必要なのが本書で何度も語られていることですので、共働きの方は考えさせられる内容かもしれません。

さらには親自身がスマホを使わない、テレビを見ない、習い事も嫌なものはやらせない、といった親の意識革命に加え、どのような言い方をするかについても言及があります。

 

 

感想まとめ

以上、『マンガで一発回答2020年大学入試改革丸わかりBOOK』のレビューでした。

丸わかりというほどの内容は書いてなかったように思いますが、大きな方針として使える知識を授けてくれる本だと思います。

 

内容についてはやはり、著者がこれまでの人生で信じてきたことをベースに議論していますので、合う合わないが出てきますが(著者は慶應大学で文学を専攻していたということで、「バルザックやマークトウェインを読んだ体験がまったくない人生は豊かな人生とはいえない」などという物言いも出てきています)、それも一つの問題提起と考えれば、この一冊でなかなか楽しめるはずです。

 

例えば、

「小学生のうちから塾に通わせて勉強させることは悪で、遊ばせることが重要」

という筆者の主張について、私の脳裏に浮かんだのは麻布中学に入ったK君と理三の親を持った小学生のS君の2人です。

K君は小学4年生から毎日3時間以上勉強していましたが、その勉強時間は合わせて5000時間に達しました。

この頃の子どもというのは記憶力が抜群なので、特に理社の一般常識を身に着けることは、何かを判断する際の引き出しの多さにつながったように思います。

現にそれだけ勉強すると、そこらの高3の学生よりも知的レベルは高くなっていました。

逆にS君は「塾で厳しく勉強させてくれ」という方針で、毎日習い事か塾で自由時間といったら移動中の車の中でやるゲームくらいでした。

結局塾で泣いてしまうくらいにまで追い詰められ、塾も辞めてしまいましたね。

 

結論として言えるのは、極端は良くない、といったところでしょうか。

塾に通って読書もしつつ、遊びもできれば最高です。

もちろん、子供が好きなことを一生懸命やっていたら(特に自然相手であったり、読書であれば)、親はそれを応援してあげるといった点については異論の余地はありません。

ただし、現行のテストで高得点取れる人=発想力を失った子だとは限りませんし、テストの点も良く、発想力も良い子供になることを目指してほしいですね。

子供が興味や疑問を持ったとき、親がすぐその子をどこか連れて行ってあげられることは確かに大事なことでしょう。

『センス・オブ・ワンダー』という本の中で、レイチェル・カーソンは、「台風の日に傘もささずに子供と出かけてごらんなさい」とアドバイスするのですが、どうですかね、今の日本でこういったことができる親はどれだけいるでしょうか。

また田舎だと自然が身近ですので、川を子供とシュノーケルを使いながら流れ下りたり、山菜取りなどにすぐ出かけられますが都会だとそうはいきません。

そんな時は本書の最後に紹介されていたキャンプの利用も考えたいものです。

本書を通して、入試改革は大人の意識改革でもあるという気持ちが一段と強くなった、そんな読書体験になりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-入試改革, 教育改革
-

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.