小学生のプログラミング教育が必修化された理由

2020年度から小学生の段階からプログラミング教育が必修化されました。

なかなか複雑そうなことを行うように聞こえるかもしれませんが,高度なプログラムを組む(パソコンで難しい英数字を打ち込む)ような内容ではありません。

実際は,マウスやタッチ操作を中心とし,あらかじめ命令が書かれたブロック(右に〇歩動いて左に〇度曲がるといった内容のもの)を並び替えるだけでOKですので,必要以上に身構えないことが大切です。

今回は,どのような経緯で小学校にプログラミング教育が導入されることになったのか,また,授業を通してどのような能力の育成が期待されており,小学生の親の立場としては一体どのような対策ができるかについて考えてみることにしましょう。

小学生がプログラミングを行うべき理由

アイディアを書き出す様子

そもそも,どうして小学生の段階からプログラミング教育が必修化されたのでしょうか。

Society5.0や未来の教室に代表される今後の社会では,コンピュータを上手に利用することはますます必須のスキルとなり,その教育は早くからする方がよいわけです。

もっとも諸外国においては初等教育の段階からすでにプログラミングが取り入れられており,日本における今回の動きが特殊なわけではありません。

もっと言えば,国内においても中学高校ではすでに必修となっていますので,「これまで中高生に教えていたものを小学生の段階から教えることで,今後につながる教育を早期に施そう」という,英語のときと大体同じ流れだと考えましょう。

結局,中高での授業内容がこれまで以上に充実したものにできるわけですから,高大接続の流れはむしろ歓迎できるものです。

情報活用能力の育成

新学習指導要領においては「言語能力」というのが「学習の基盤となる資質・能力」の1つとみなされており,読む力の重要性については別の記事に書きましたが,それ以外に「情報活用能力」が必須能力の1つとして考えられるようになりました。

そして,情報活用能力の育成に有効とされるのがプログラミング教育だというわけです。

さて,この能力には以下の3つが含まれます↓↓

  1. 思考力・判断力・表現力
  2. 知識・技能
  3. 学びに向かう力・人間性

1に挙げた3つの力は「プログラミング的思考」の中に見出すことができ,その場合,「自分がやりたいことを実現するには,どういった動きを組み合わせればよいのかについて論理的に考えていく能力」のことです。

例えば「ロボットが歩く」という単純な動きを考えてみても,それを命令するとなれば「片足を上げる→その足を前に踏み出す→重心を前にずらす→残った方の足を上げる」などと小さな動きの連続に分け,それらをすべてプログラミングしなければ,ロボットは歩くことができません。

このとき,どういった動きをどういった順序で行えばよいのかについて考える必要がありますし,前提条件として,自分がロボットに何をさせたいかという意図を明確にすることも重要です。

より具体的かつ効率的な動作を考え,実際に試行して判明した失敗点をもとに改良を加えていくという思考のプロセスは,あらゆる人間活動に応用できる役立つ能力でしょう↓↓

プログラミング的思考とは

上で書かれている,「必要な動きを分けて考えること・動きに対応した命令にすること・組み合わせること・必要に応じて継続的に改善すること」がまさにそれです。

上の2と3で挙げた能力については,「コンピュータを身近に感じ,問題解決には一連の手順が必要であることを知り,培った能力をよりよい人生や社会のために役立てようとしてもらう」ことを目標としています。

あくまで中学高校でのプログラミング教育を円滑に進めるための準備段階だということですので,小学生のうちに,ささいな気づきや態度の変化を経験させることは十分目標になり得るわけです。

以下は小学生から高校生までのプログラミング教育の目的の抜粋になります↓↓

小学校から高校までのプログラミング教育の目標

各教科の理解を深める

さて,こういったプログラミング教育で扱うものとしては身近なテーマが望ましく,国語や算数,総合学習で扱う単元のものを題材にすれば各教科の理解も深まって一石二鳥ですよね。

例えばモーターを取り上げ,その仕組みを題材としてプログラミング教育を行えば,それは理科の学習を兼ねることになりますし,三角形や六角形をプログラミングして書くことになれば,それは算数の授業の一環になるでしょう↓↓

算数におけるプログラミング教育の指導例

上で確認できる「スタートボタンがクリックされたとき」,「ペンを下ろす」,「長さ○○進む」,「右に○○度曲がる」といった命令は種類ごとに色分けされており,すでにプログラムが書かれたブロックです。

これを「ビジュアル型プログラミング言語」と呼び,特定言語によるテキスト型のもの(C言語とかPythonとか)とは区別します。

マウスやタッチ操作で簡単に扱え,書く場合も数字を入力するだけです。

とはいえ,上の左の例で「正三角形」だからと深く考えずに60度と入力してしまえばうまくいかず,補角(この場合120度)の存在に気づく必要があります。

このように,プログラミング教育を通して既存の教科についてより深く学ぶことも必修化の目的です。

もちろん,教育課程外の学習であっても,児童の興味や関心を惹起するので望ましいとされ,特に楽しさや達成感を与えることを目的として行われます。

テレビゲームのようなものを作ったり,はたまた企業からロボットを借りてはプログラミングして動かすようなことも学校によっては行われるでしょう。

とはいえ,これらはすべて各学校の裁量にゆだねられるため,それは後述するような差となって表れてきます。

次章ではどのような問題があるのか考えてみることにしましょう。

 

プログラミング教育必修化における問題点

ICT機器の例

プログラミング教育必修化を成功させるには,小学校にしっかりとした学習環境が整備されることが必要です。

それはずばり,

  1. こと

の3つとなります。

まず1つ目の「人」についてですが,現在の教師たちは,プログラミング教育を受けた経験がない方も多く,どのように子どもたちに教えたらよいのかがわからないということです。

もちろんICTに明るい支援員を要請したり,または予算の都合でボランティアの方が来るかもしれませんが,そういった制度の他,知識を増やすために教師の勉強会が催されたりもしますが,結局は教師がリーダーシップを取らなければなりません。

ですが,子どもは正直です。

もしも指導する教師の能力に疑問を持つようであれば,家庭で別にプログラミング教育を施す必要があります。

なお,教師側に言われることとして,「まずはやって慣れてみましょう」ということです。

以下の記事にて,実際に使うことになるプログラミング教材を紹介しているので参考にしてください↓↓

2つ目の「物」レベルでの問題点としては,ICT環境が充実していない学校があるということです。

電子黒板や無線LANが校内で使えるように予算を計上することはもちろん,せめて授業中はパソコンまたはタブレットを1人1台使えるように整備するのを,今後は当然のことだと思わなければなりません。

こと

最後は「こと」についてです。

先にも少し触れましたが,具体的にどのようなプログラミング教育を行うか(どのような資質・能力を育むか)については各学校の判断にゆだねられています。

プログラミングの働きや良さ,そして情報社会がいかにICTに支えられているかということに気づいたり,問題解決やよりよい社会づくりにICTを使う態度を身に付けるための活動に,学校によって差が出てくるでしょう。

必要に応じて企業団体や専門家と連携する必要もあり,予算や立地条件で不利な学校はどうしてもでてきてしまうはずです。

また,プログラミング教育を実践して初めて反省点や良かった点がみえてくることも多いでしょうが,そういった実施例のデータを学内はもちろん,学校間においても共有する必要があります。

現在,小学校を中心としたプログラミング教育ポータルというHPで,そういった事例に関する情報を共有しているので,興味がある方はアクセスして,小学校でどのような授業が行われることになるのか具体的に確認してみてください。

参考までに,先に示した正三角形のような例はA分類,ゲーム作りなどの各学校の腕の見せどころになるものはC分類,そして学外の活動はEやF分類になります。

 

家庭でできるプログラミング教育

自宅でコンピュータを使う女性

先ほど,教師のプログラミングに関する知識を増やす対策が行われていると言いましたが,「さぁ,まずは教師の我々がプログラミングを体験してみましょう!」,「どうです?思ったより難しくないでしょう」的なレベルです。

そこでプログラミングの奥深さに気づき「自分の授業でこのようにやったらうまくいきそうだ」と妙案が浮かぶような教師であれば,生徒たちは実りある経験を積めることとなりましょう。

しかしそうならない先生もいるはずですし,独自性の強いアイディアを実際の授業で実践するというのはただでさえ失敗のリスクと隣り合わせになるわけですから,そうおいそれと実行できるものでもありません

そうなると,上手くいくことが予めわかっているものを慎重にただ遂行していくだけの授業になりかねません。

しかし,子どもは誰しも飽きっぽいのですぐに限界はきてしまいます。

さらには意外なほどに教師のことをよく観察している子ども相手ですから,教師自身が楽しんでプログラミング授業を行えなければ,子どもの「楽しい!面白い!できた!」という感情や「もっと学びたい」という意欲を引き出すなんて土台無理な話でしょう。

教員側としては,自分が楽しいと思える領域に落とし込んでプログラミング教育が実践できているかどうかをしっかり確認することが必要だと言われています↓↓

プログラミング教育の準備と実践について

プログラミング教育が始まったばかりの段階であれば,少なからず現場は混乱することになります。

そういった背景があるため,保護者目線で「自分の子どもが満足に論理的な思考力を身に付けられそうにない」と判断できるような場合は,どこかプログラミング教育を学べる教室を利用することも考えなければなりません。

これはプログラミング教育に限らず,英語の必修化などによる影響で,従来の勉強においてはスケジュール的に可能だった知識の獲得が時間的に厳しくなっている現状を踏まえると,2020年の教育改革では各自が家で勉強する時間がより増えることが予想されます。

特にプログラミング教育の成功のカギとなるのが,楽しさや達成感を与える「体験と試行錯誤」です。

しかし集団でそれを行うとどうしても1人が体験できる時間は限られてしまいますし,試行錯誤には失敗をすることが多く含まれますが,わざわざ学校で失敗について事細かく教えることはありません。

クラブ活動などでコンピュータを扱う部活に入るなどすれば話は別ですが,そうでなければこれまで敬遠していた方も多かった通信教育なども積極的に利用し,空き時間があればちょこちょこ勉強時間を積み重ねては効率良く学習していく工夫が必要になってくるでしょう。

多くはありませんが,以下のページにもいくつかまとめているので,参考にしてください↓↓

 

まとめ

以上,小学生のプログラミング教育が必修化された理由を中心にその問題点と対策についてまとめてきました。

将来の予測を行うのが難しくなり,まもなくAIにいくつかの職業を奪われてしまう時代が訪れるでしょうが,そんな時代だからこそ逆に,人にしかできないことが,より重要視されるようになってくるはずです。

そんな時代で生き残るためには,コンピューターの仕組みを知り,AIは何が得意で何が得意でないのかを理解していることが必要で,「社会が今,何を必要としているのか」という気づきを可能にするプログラミング教育が,その重要性を増しています。

そもそもあらゆるコンピューターの行動は,どこかの誰か(人間)がプログラミングして制御しているわけですから,AIを利用できるところは積極的に利用し,創造性が必要な部分だけを人間が行っていく姿勢が大切です。

もちろんこんなことを小学生は考えて生活するわけではないのですが,今後の社会を担う子どもたちを導いてやるために教育が担っている責任は大きいと思います。

未来を見通せる我々大人たちが子どものために何ができるか考えるためにも,教育改革の進歩状況には今後も注意を払っていきましょう!

プログラミング教育に関する最新資料については,文部科学省の公表内容を参考にしてください。

-教育改革

  • この記事を書いた人

スタディサイトの管理人

都内の塾運営にかかわり,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで幅広く教えています。最近の関心事は教育改革で,塾に入ってくる情報に加え,信頼のおける情報をまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです! twitterLINE