高校生

オンラインで総合・学校推薦型選抜を対策するならスタディサプリ!

今や私大受験生の2人に1人以上が利用しているいわゆる「推薦入試」ですが,みなさまは「総合型選抜」や「学校推薦型選抜」という新しい名称にもそろそろ慣れてきましたでしょうか。

内申点や学外での業績が必要な上,「この大学で学びたい」という決意が固まるまでにはオープンキャンパスやワークキャンプなどに参加することもあるため,ある程度の見通しが立つ頃には結構な時期になってしまいます。

いざという時は一般選抜という道は残されているものの,試験を受ける以上,対策はしないと落ち付かないでしょう。

もっとも,最近ではそのような一般選抜以外の需要の増加に伴って,総合型選抜の対策を主に扱う予備校も頻繁に目にするようになりました。

もちろんいきなりそういった塾の門戸を叩くのもよいのでしょうが,ある程度の知識を付けてからの方が,有意義な時間を過ごせることが往々にしてあるものです。

ここではオンラインの教育サービスから「スタディサプリ」を取り上げ,各種推薦入試にどのような対策が可能なのか紹介してみたいと思います。

スタディサプリの推薦対策講座の使い方

スタディサプリのAO・推薦対策講座

「総合型選抜・学校推薦型選抜」は元々「AO・推薦入試」と呼ばれており,以下の記事で個別入学者選抜改革についてはすでにまとめました。

とはいえ,名称含めて多少の変更はあったものの,何を対策すべきかについてはこれまでとほとんど変わりありません。

例えば,令和3年度の大学入学者選抜における文科省からの通知(令和2年5月のもの)でも,実施案の中に,面接やプレゼンテーション,さらには模擬授業への参加や,報告書の作成を取り入れた選抜方法が示されています。

もっともこれらを「ICTを活用したオンライン」で行うというのはこれまでにない試みになるでしょうが,試験で問われる内容自体はこれまでと基本同じわけです

その証拠に,上で示したスタディサプリの「AO・推薦対策講座」の授業内容をみてください。

名前こそ旧式のままですが,まさに選抜試験で実施されるであろう内容そのものになっていることが確認できるかと思います↓↓

志望理由書ガイド,自己アピール文・活動報告書ガイド・研究計画追加,模擬授業ガイド,ディベート・ディスカッションガイド,面接・プレゼンテーションガイド

もっとも,現在スタディサプリでは教育改革に合わせて,各種名称や講座内容をアップデートしている最中ですので,本講座の名称(や場合によっては内容)もあと数ヶ月後にはより適切なものへと変わっているかもしれません。

なお,「スタサプ一本で対策としては十分だ」と言う気は毛頭ないので,誤解のないようにお願いします。

実際に私の生徒が本年度のAO入試で合格を決めましたが,1次では不合格になってしまい,2次までの間に報告書を練り直し,面接試験で話す内容を修正することになったのですが,そのような個別対応はスタディサプリでは決してできないことです。

2次で見事に合格したわけですが,彼ほどの輝かしい業績があったとしても,決して余裕ではないことを身をもって知りました。

さて,そこでスタディサプリの立ち位置なのですが,そういった予備校に通う(または高校の先生に相談する)前に一通り学んでみてはいかがですかと問うてみたいわけです。

そうすることで,相手からすれば基本事項から説明する必要がなくなり,より深い内容から教えられるため,時間が有意義に使えます。

加えて,本講座で自分について見つめ直すことは,より良い報告書であったり発言内容を引き出してくれることにも繋がるわけです。

スタディサプリの対策講座は1ヶ月も集中すれば十分に終わる内容ですから,費用も時間もほとんどかからずに済みます。

それについては次章で詳しくみていきましょう。

 

スタディサプリの推薦講座の魅力

速習が可能

スタディサプリの推薦対策講座ですが,オンラインの強みを生かして「速習」できるのが魅力です。

第1講志望理由書ガイド

約1時間程度で1つの講義が終わるので,全部の講義を視聴するのに,5時間程度しかかかりません。

もちろん実際は自分の考えをまとめる時間も必要なので,時間はもっとかかるでしょう↓↓

スタサプAO・推薦入試対策講座のテキスト内容

ですがそれでも,まとまった期間に集中して取り組めば時間はそこまでかかりません。

なお,総合型選抜に付き物の「小論文」についての授業も別にあるので,時間に余裕があればそちらも受けてみることをおすすめします↓↓

料金が安い

スタディサプリの料金比較表

スタディサプリの受講料金ですが,月額1980円で利用できてしまいます。

他の講座の場合,テキストを購入することもありますが,本講座で全85ページあるテキストは,必要なページだけをダウンロードする程度で十分ですし,そもそもテキストは販売されていません。

推薦型入試の対策に限れば1ヶ月もあれば十分でしょう。

場合によっては各種対策講座(共通テスト対策や英検対策なども含む)も追加料金なしで受講できますし,他の塾や予備校に通うのと違って数万円は取られるであろう入会金もかかりません。

内容は詳しく使いやすい

本講座を担当する小柴先生は普段Z会やロールスクール予備校で教えていますから,内容はとことん実践的です。

また,本講座は自己チェックがしやすいように工夫されていると感じました。

セルフチェックしやすいテキスト

このようなチェックリストが出てきたり,実際に自分で書いて埋める作業が多いので,飛ばさず1つずつやっていくことで,しっかり授業の恩恵を受けることができるでしょう。

それに,まだ何も知らない状態で受講しているのであれば,教わる内容のほとんどが目から鱗状態で,新鮮な気持ちで視聴できると思います↓↓

面接のポイント

大学生になって就職活動する際に自己分析シートを作ったりもしますが,その時にもきっと役立つ内容なので,無駄にはならない知識です。

 

まとめ

これから総合型選抜または学校推薦型選抜を利用して大学入学を考えている方に,その対策の第一歩としてのスタディサプリの紹介でした。

このオンライン教育サービスであれば,速く学べるだけでなく,料金も低価格で利用でき,もちろんその内容は予備校の講義さながらの大変充実したものであることが伝わったようでしたら幸いです。

なお,私自身は学校の教師の言うことに懐疑的で,口ではうまいことを言っていても,実は裏で生徒を差別することもあると思っています。

実際,同じ内申点の生徒が2人いて,どちらも同じ大学の学部(定員1名)を志望していたとして,片方は模試の成績も良くA判定が出ていて,逆にもう1人は一般選抜は絶望的だった場合,後者が選ばれることの方が多いわけです。

高校としては合格者数を宣伝したいわけですし(教師のボーナスにも影響しますから),できる子をあえて推薦せずに,一般選抜で受かってもらえば2人の合格者を出せることになります。

もっとも,総合型選抜に関してはそういったことはないのでしょうが,自分の一生にかかわることを他人に任せっきりにするのは怖いものです。

スタディサプリは一例にすぎませんが,自分で考える時間を十分に取るようにしていただきたいと思います。

興味のある方は是非試してみてください↓↓

無料体験はこちらから

 

長期利用される場合には,キャンペーンコードなどの特典が利用できる場合もあります↓↓

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-高校生

© 2020 スタディサイト