スタディサプリ

スタディサプリはTOEIC®対策にも使えると評判です!

今回お話させていただくのは,通常のスタディサプリ(小学・中学・高校・大学受験講座)でTOEIC®対策ができる件についてです。

「一体それのどこが,記事にするほどの内容だというのか」

と思われた方,よく見てください!スタディサプリENGLISHのことではありません。

あちらは月額2980円でTOEIC(英語)の対策しかできませんが,通常のものを使えば月額980円でTOEIC®も含めた対策ができると聞けば,みなさん意外と驚くのではないでしょうか。

とはいえ,TOEIC®対策だけに絞って考えたとき,やはりそれに特化したTOEIC対策講座の方に分があるのは間違いありません。

ですが,今回の記事を読めば,通常のスタディサプリで受けられるTOEIC講義にもそれ相当の価値があり,この講義の恩恵を受けられる方も多くいることを納得していただけるかと思います。

残念なことに,2019年2月28日をもって本記事で紹介した全講座の公開が終了してしまいました。

今後はスタディサプリENGLISHにおいてのみTOEIC対策は可能になります↓↓

スタディサプリENGLISH(イングリッシュ)TOEIC対策コースの評判

 

 

スタディサプリのTOEIC®講座の視聴方法は簡単

まず,スタディサプリでのTOEIC®講座の視聴方法について解説します。

といっても,動画を探すのはとにかく簡単で,必要なステップは以下の2つ。

 

① 全講義から,『資格対策講座』を選択↓↓

 

② 3つの講義が出てきますので,後は選んで視聴するだけです↓↓

講義動画は,全部で3種類ありますが,名前をみるとすべてが『〇〇点突破リーディング』となっています。

これは,通常のスタディサプリでは,TOEIC®L&R対策のうちリスニング問題の対策(つまりPart1~4対策)ができないことを意味しています。

その他にも,新形式に対応していないことで,多少不満な気持ちを含む口コミもありましたが,その分を差し引いても,スタディサプリはTOEIC®対策に役立つという評判はほとんど揺らぎません。

では,そんな高い評判を支えている理由はなんでしょうか。

 

 

TOEIC講義の内容は,汎用的だから評判

Free-Photos / Pixabay

2016年の5月からTOEIC®は新形式に変わり,問題内容や問題形式の一部が変更されました。

例えば,リーディングのパート(Part5~7)についてですと,Part5の短文の穴埋め問題が40門から30問に減り,その分,Part6の長文の穴埋めが12問から16問に増えました。

また,Part7も複数の文書を読ませる問題が追加されました。

とにかく全体的に英語を読む量が増えたと考えましょう。

 

ですが,特にそのように変わったところで,TOEIC700点程度までの受験者への影響はありません

そもそも,最初からわからない問題が,もっと難しくなっただけにすぎないからです。

そんな新形式のTOEICにおいても,取りやすい問題を確実に素早く得点していくためのヒントは,スタディサプリの旧型式の対策講座からでも,十分に学び取ることができます↓↓

例えば上記は,『TOEICTEST 500点突破リーディング』の講座テキストの一部ですが,Part5の対策では,品詞問題に着目すること自体は,新形式においても変わっていません

 

それこそ「TOEIC対策は,この講座程度にとどめ,それ以上に,汎用的な文法力や読解力を身に付ける方が大切」だと言い放ってしまってもよいくらいです。

そして,そういった一般的な英語力を深めるための講座は,スタディサプリの十八番だということに繋がるのですね↓↓

 

受講にかかる費用も,スタディサプリENGLISHが月額2980円するのに対して,通常のスタディサプリは980円です。

ほとんどの中高生が長期間にわたってTOEIC対策だけし続けることは考えられませんし,学校の定期テスト対策もできるスタディサプリの方を支持するのは納得できるでしょう。

 

この章の内容をまとめると,中高生のTOEIC®戦略は,

スタディサプリのTOEIC対策講座で,確実に取れる問題だけを押さえるだけにとどめ,その他通常の英語講義を視聴して,根本的な読解力や文法力(土台)を鍛えていくこと

が大切です。

その結果として,TOEIC®スコア500点を突破できれば,最低限の英語力はあると言えますし,700点を超えられたなら,大学(ひいては社会)においても評価される存在の仲間入りをしたと胸を張れるでしょう。

 

 

スコア別のTOEIC動画はわかりやすいと評判

最後に,講座内容別の評判と目標とすべきスコアについてまとめておきましょう。

TOEIC®TEST 500点突破リーディング

英語に力を入れている中堅高校の平均TOEICスコアは550点でしたので,TOEIC500点は最低限超えておきたい壁の一つです。

このレベルを目指す受験生にとっては,Part6の対策は必要ありません。

また,もしそういった対策まで望む場合は,次の650点リーディングに進みましょう。

 

TOEIC®TEST 650点突破リーディング

高3で英検準1級を持っている生徒は,大体は良い大学に入ることに困りませんが,その時にTOEICを受けると700点ちょっとです。

それよりちょっと低いぐらいですので,MARCH以上の大学に合格したい高校生は,是非目指しましょう。

なお,実際の講義内容としては,基本的にTOEIC500点リーディングで扱った内容を前提に話が進みますので,時間に余裕がある場合は,どちらも観るようにしてください(大体1講座が1時間弱の内容です)。

Part5でイディオムが追加され,語法もより発展した内容を扱います。

さらにPart6の対策が加わり,Part7ではより実戦的な内容になってきました。

 

TOEIC®TEST 850点突破リーディング

TOEIC850点ともなれば,オンライン教育で到達できる最高レベルです(なお,スタディサプリENGLISHのパーソナルコーチプランでは受講を断られるレベルです(笑))。

TOEIC700点狙いの人が,敢えて目標スコアよりも高めの問題にも挑戦し,加圧気味に対策しておくことで,実際の問題が簡単にみえるという評判もありました。

 

 

評判のまとめ

以上が,スタディサプリが近年,中高生の間で評判になっている理由です。

 

今回の記事内容をまとめると,スタディサプリのTOEIC対策講座では,

  • リスニングの対策はできない
  • 新形式の傾向には対応していない

という2点で評判をやや下げるものの,

 

  • TOEICスコア500~700点の対策に未だに役立つ
  • TOEICにとらわれず,文法も読解の実力も高められる
  • 圧倒的に低コスト

だという点も加味して,高評価となっています。

 

スタディサプリは,スタディENGLISH以上に,各自の使い方が問われるのがポイントです。

できない問題に直面したときは,「自分は何ができないか」がわかる大きなチャンスが来たと喜んでください。

できないものをできるようにする

今日の自分が昨日の自分より少し賢くなる

その積み重ねで,人は成長していきます。

スタディサプリを通してそういった態度を身に付け,将来直面するあらゆる人間社会の問題にそれを応用できる有能な人になってください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

スタディサイト管理人

都内で塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで,英数を中心に学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最終学歴は東京大学。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をまとめています。すぐに実践できる勉強法やオンライン教育サービスを利用した学習戦略も意欲的に掲載。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。

-スタディサプリ

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.