スタディサプリで英作文!1週間もあれば入試対策可能です!

今回はスタディサプリの高3生向けの講座から「英作文」の授業を紹介したいと思います。

わずか7講義の内容で,添削などのサービスはありませんが,正確な知識を得るだけでも英作文の点数は伸びるもので,特に初中級者はまずはこの講座で英作文の型めいたものを身に付けましょう。

「はじめに」でも書いてあるように,英作文の対策を疎かにしてしまう受験生も多いので,夏の時間があるときにとりあえず一通り観ておきたいものです。

ある程度の英語が書けるようになって初めて,Z会の添削を利用してみてもいいですし,高校の先生に頼んでみてもらうのもよいでしょう。

一般的な英作文の学習法については以下の記事をどうぞ↓↓

スタディサプリの英作文講座について

スタディサプリ英作文講座の授業風景

英作文には日本語を英語に直す「和文英訳」と呼ばれるタイプの他に,あるテーマについて意見を述べる「自由英作文」の2種類があります。

スタディサプリにおいてもこの2つを扱いますが,全7講義なので分量的にすぐ終えられるにもかかわらず(1講義1時間程度),その内容は効率面を重視してよく考えられたものです。

学ぶ内容は文法であったり背景知識であったり,似たような単語の使い分けについても授業内で説明があります。

例えば上記画像はstudyとlearnの違いについて解説しているシーンですが,

(誤)I learned English, but I can't speak it.

の英文がおかしいことに気づけない方は,是非英作文編で学んでみてください。

そしてこの英作文編を担当するのは,読解編や長文演習編でおなじみの肘井学先生。

なお,高3講座はレベルによって複数に分かれているのが普通ですが,この英作文講座は「高3トップ&ハイレベル英語<英作文編>」一択となっています。

英作文が出題されるのはほとんどがMARCH以上の大学に限られますから,スタンダードレベルが存在しないのはそういった理由からでしょう。

なお,予習や復習についてですが,どちらかと言えば復習重視で,授業内容を理解して,扱った表現が英語ですぐに出てくる状態になればOKです。

自由英作文では,何度も書き直して模範解答レベルの答案が書けるようになりましょう。

次章からは,スタディサプリの英作文編で扱う「和文英訳編(前半3講義)」と「自由英作文編(後半4講義)」について詳しくみていきたいと思います。

 

和文英訳編

最初の「和文英訳編」では,各講義ごとに設けられた文法項目を学んでいく構成です↓↓

和文英訳編で扱う内容

第1講:比較,関係詞・強調・文型,接続詞・否定

第2講:~な名詞,~な名詞・応用,~な人々,~な固有名詞

第3講:~なのは…こと,~がある,文の終わりに気を付ける

例えば第1講の「比較」の項目だけ取ってみても,6つの英文を通して,「~すればするほど」「~ほど…ない」「~の特徴の1つは…である」などの頻出表現が出てきます。

以下はテキスト内容からの引用ですが,左は予習段階の和文となり,右がその解答です↓↓

英作文編第1講のテキスト内容

通常の参考書で学ぶ場合,これに解説が書かれていますが,スタディサプリではこれを講師が動画内で行います。

適宜自分で書き込みをして,自分なりの参考書を作り上げていく形ですね。

例えば上の3番の問題では,

この表現には原級の否定形を使ってください。時制ですが最初の文は過去形でいいですよね。「過去」とメモっておいてください。続いて「期待していた」の部分は過去より手前の話になるので「過去完了」を使ってあげなければいけません(参考:第1講の解説動画)。

などといった解説となります。

和文英訳を出題する大学側の意図として「日本語のこの表現は,英語だとどのように言うか知っていますか」といったものが1つ挙げられますので,和文英訳編で扱う頻出表現については,日本語を聞いたらすぐに反応できるように練習しておきましょう。

英作文を行うことで,これまで学んだ文法知識が深まることも嬉しい副作用ですよね!

 

自由英作文編

早慶や国公立の2次試験ではほぼ確実に出るのが,この「自由英作文編」で扱う内容となります。

英語4技能において「書く」のウエイトが高まった2020年以降,ますます多くの大学で出題が予想されているので,今後はどのレベルの大学でも遅かれ早かれ出題されるようになるかもしれません。

スタディサプリで扱う内容は以下の4つです↓↓

自由英作文編で扱う内容

第4講:序章,社会論

第5講:言語論

第6講:教育論

第7講:文化論

各内容はさらに細かく分けられ,例えば教育論では以下の4つのテーマについて論じます↓↓

自由英作文編で扱うテーマ例

「これこれ!こういった内容を書けるようにしておきたいんだよね!」と思った方が多いでしょうが,それもそのはず。

スタディサプリの自由英作文編では,過去に複数大学で出題があった内容のみを扱っています。

確かにこういった頻出テーマに対して,自分なりの答えのあらかじめ用意しておくことができれば,ただでさえ時間がない大学入試においては有利に働くことでしょう。

上の【1】の出題を例に出しますが,テキストでは賛成反対意見やメリットデメリットなどの根拠がまとめられ,ネイティブチェックを受けた解答もきちんと提示されています↓↓

スタサプ自由英作文編のヒントと解答

先にも言いましたが,テキスト中の英語をしっかり書けるようにしておくだけでも,本番で応用できる表現が身に付けられるでしょう。

復習を重視し,何度も書いては練習してみてください!

その他,自由英作文のコツについては以下の記事でまとめているので宜しければどうぞ↓↓

 

まとめ

スタディサプリ英作文編の復習テスト

上で紹介できませんでしたが,スタディサプリの英作文編には,講義内で出てきた単語や表現を確認するための「復習テスト」も毎回用意があります。

毎日1講義頑張れば,1週間で終えられてしまうコンパクトな内容でありながら,和文英訳から自由英作文まで幅広く学べてしまうのが本講座の魅力でした。

添削こそないものの,英作文について満足に対策することなく本番に挑む受験生もいるわけですから,「たった1週間で学べる内容をどうしてやらなかったの」と聞きたいくらいです。

きっとスタディサプリの英作文の存在を知らなかったという方が大半でしょうから,当記事にたどり着いたみなさんは,「知っているのにやらなかった」という愚を犯すことのないよう注意してください。

これから申し込まれる方でしたら,以下の記事から最新の新規入会特典を確認していただき,あとは存分に大学受験勉強に励んでいただけたらと思います↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

-高校生向け講座

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイトの管理人

都内の塾運営にかかわり,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで幅広く教えています。最近の関心事は教育改革で,塾に入ってくる情報に加え,信頼のおける情報をまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです! twitterLINE

おすすめ!令和の学び

学校の校舎 1

ここでは,スタディサイトがおすすめする教育サービスをランキング形式でまとめています。 そもそも当サイトで紹介しているサービスは,どれもが何かしらの魅力を備えていることは確かです。 しかし,その中には万人におすすめしやすい ...

スタディサプリと英検対策本 2

スタディサプリは「小学生から高校生までの授業内容を学べるもの」と,英会話やTOEIC対策に特化した「スタディサプリENGLISH」と呼ばれるサービスの2つに大きく分けられます。 ここで1つ質問ですが,もし身近に実用英語技 ...

blank 3

社会的に「ビジネスエリート」と呼ばれる人には,そう称されるに値するだけの教養が備わっています。 また,それほどまでではないにせよ,外国人と会話する中で自国の歴史について尋ねられた際,何かしらのちゃんとした意見が言えるよう ...

blank 4

Z会は自分が高校生だったときに,大変お世話になりました。 増進会出版の参考書(速読英単語や漢文道場など)はもちろん,通信教育(東大生物やセンター対策講座)から東大マスターコース(現在の東大進学教室)まで,大体のサービスは ...

プログラミング講座のコース紹介 5

今回は,キットやツールを用いたZ会プログラミングシリーズの口コミと料金を中心にまとめてみたいと思います。 LEGO,Scratch,ソニーのKOOVといった有名どころを擁し,通学する必要がない通信教育の形態で学べるところ ...

駿台や河合塾の模試 6

昨今,入試改革やコロナで混乱続きの教育界ですから,誰もができれば現役合格をしたいと思っていることでしょう。 ですが,大学入試においてどうしても妥協できない気持ち,負けたままで終われるものかという情熱に突き動かされては浪人 ...

コナンゼミのトップページ 7

今回は小学館集英社プロダクションの「名探偵コナンゼミ」について取り上げ,そのカリキュラムと料金についてみていくことにします。 通信教育の対象となるのは小学生ですが,中学生や大人でも楽しめるオリジナルアニメや推理ゲームとい ...

ブンブンドリムの教材一覧 8

今回は「ブンブンどりむ」という通信教育を取り上げ,評判と思われる理由について分析してみました。 誰もが感じているとは思いますが,作文をメインに扱った教材というのは非常に珍しいものです。 私自身,作文を習ったのはいつだった ...