学校推薦型選抜と総合型選抜が生まれた経緯と内容について

大学入試改革というと,やはり大学入学共通テストが目立ちますが,各大学が実施する個別入試の方も改革されることを忘れてはいけません(実際,「個別入学者選抜改革」などという名称も付いています)。

そこで今回の記事では,現在すでに私立大学入学者の約半数が利用している学校推薦型選抜と総合型選抜(かつての推薦入試とAO入試)がどのように変わったのかについてまとめてみましょう。

かつての個別入試の問題点とは

大学の校舎

2020年の教育改革により,かつてのセンター試験は共通テストに生まれ変わりました。

記述式問題こそ初年度の導入は見送りとなったものの,判断力と思考力,表現力を問う問題はテストの随所に登場し,内容としては思った以上に良いものでした。

「共通」という文字によく表れていますが,上のテストにおいては全受験生が同じ能力を,つまりどんな大学であっても新入生に期待するであろう能力を評価されることになります。

そして,それ以外で各大学が評価したい力について問うのが個別入試となるわけです。

ちなみに大学が入学試験で採用している方式は主に3つあり,かつては以下のように呼ばれていました↓↓

  1. 一般入試
  2. 推薦入試
  3. AO入試

AOとは「アドミッションオフィス(admissions office)」のことで,和訳すると「入学事務局;入試担当事務局」などとなります。

なお,これらの入学選抜方式のうち2つ目と3つ目のいずれかを利用して入学した生徒がどれだけいたかご存知でしょうか。

2017年度のデータによれば,推薦入試を利用して入学した学生は国立大学で12.2%,公立大学で24.4%,私立大学では40.5%です。

AO入試はそれより少なくなるものの,国立で3.3%,公立2.4%,私立で10.7%を占めています。

私立大学に限れば,実に半数以上の新入生が一般入試以外で合格していたわけです。

それだけ受験で大きなウエイトを占めるこれらの入試方式ですが,以前から以下のような問題点が挙げられていました↓↓

  • 極端な能力しか問われず,一部の受験生が楽に受かってしまう
  • 推薦で決まった生徒が早期に勉強の情熱を失い悪影響を与える

確かに英語だけが異様に得意だったり,スポーツが優秀ないわゆる「一芸」を持っている人は特に受験勉強をせずに合格し,その発表時期も早かったため,一般の生徒が勉強している横で推薦組が遊んだり免許を取る計画を立てているような状況は20年前の入試でもありました。

もちろん誰もがそうであったわけではないですし,多くの高校は生徒がそうならないような工夫を施していたのも事実ですが,2020年の大学入試改革ではこれらの点も含めて見直しが行われたわけです。

次章では具体的にどのような変更がなされたのかまとめてみましょう。

 

推薦とAO入試はどう変わったか

ユニークな入試問題

実際,各大学は「本校に望ましい能力を高いレベルで保有する受験生を高く評価する。」というアドミッションポリシーを明確に掲げていますが,入試で評価した能力が,入学後に学問を行う上で大いに役立つものでなければなりません。

高校生は入試問題を解くために3年間必死で頑張るわけですが,それだけの労力に見合っただけの結果が得られないようであれば,「不要な知識を学ぶ必要があるのだろうか?」と学習意欲が低下してしまいます。

極端な話,書道や音楽の授業内容すら入試に役立つものでなければならないのです。

加えて,合格発表が早すぎるようでは,そこから大学に入学するまでの空白期間が生まれてしまいこれも良いことではありません。

まったく得るものがないようであれば学校に行く意味はありませんし,周りとの温度差でマイナスに働くことがあれば最悪です。

さて,そういったものについて国が見直した結果はどうなったでしょうか。

以下で,変更された点についてまとめましょう。

名称の変更

先ほど示した3つの試験の名称ですが,特にAO入試が分かりづらかったと思います。

その名前からは一体どのような試験を行うのかのイメージが付きづらかったわけで,特性をより明確にするために名称が変更されました↓↓

  1. 一般選抜(旧一般入試)
  2. 総合型選抜(旧AO入試)
  3. 学校推薦型選抜(旧推薦入試)

「入試」という言葉すら曖昧だということで「選抜」に変わり,例のAO入試も総合的な受験者の能力を評価するといった意味の「総合型選抜」へと名前を変え,わかりやすくなったと思います。

内容面の改善

かつてのAO入試と推薦入試は,出題科目が少なかったり特殊だったりということで,英語では4技能を総合的に評価されていないことなどが問題視されていました。

もっとも,かつての実施要項においても「知識・技能の修得状況に過度に重点をおいた選抜とせず(AO入試)」などと注意書きがされていたのですが,今回「原則として学力検査を免除し(推薦入試)」という記載とともに削除されたわけです。

その代わりに「調査書などの出願書類だけでなく,各大学が実施する評価方法など,または大学入学共通テストのうち少なくともいずれか一つの活用を必須化する」と明確化されました。

なお,下線を引いた評価方法の例としては,小論文,プレゼンテーション,口頭試問,実技,資格検定試験の成績などが挙げられています。

もちろんこの文面だけで何かが大きく変わることはないですが,全体の意識が総合的な能力の方に向いたのは確かです。

実施面での改善

発表時期が早すぎると生徒自身のモチベーションに悪影響を与えるのであれば,なるべく遅い時期(正確には,教育課程に基づく学習を終える時期にできるだけ近い時期)に出願や合格発表が行われることが適当でしょう。

そこで総合型選抜はこのように改善されました↓↓

  • 出願時期は9月以降とする
  • 合格発表は11月以降とする

かつてのAO入試では出願は8月以降となっていましたし,合格発表は約4割の大学が10月以前に発表していたことを踏まえると,しっかりと問題に対応してきたことがわかります。

一方の学校推薦型選抜は,以下の通りです↓↓

  • 出願時期は11月以降とする(変化なし)
  • 合格発表時期は12月以降とする

こちらも推薦入試と呼ばれていたときは,約4割の大学が11月以降に合格発表を行っていました。

その他,入学前教育については今以上に積極的かつ適切な指導をするような指示や,調査書や提出書類の改善についても記載されていました。

気になる方は,以下の文書に一度目を通しておいてください↓↓

 

まとめ

討論する公務員

以上,かつての推薦入試とAO入試が,それぞれ「学校推薦型選抜」と「総合型選抜」に名称が変わった経緯についてまとめてきました。

名称の変更にとどまらず,テストの内容自体も改善され,評価される能力や実施時期,さらには合格発表の日時も改善されたことがわかっていただけたかと思います。

国公立では3割,私立では5割以上の入学者数を選抜するこれら試験ですが,そこで選抜されてきた受験生が,真に各大学が希望する価値を備えた人材であるかどうかを,その後の生活をモニターして分析しなければならないでしょう。

そしてそこでわかったことを踏まえて,再度選抜内容を見直しながらさらに質を高めていくことが今後求められます。

一般選抜では一般選抜ならではの,そして学校推薦型選抜や総合型選抜においても,別々の魅力を持った人材が判別されるよう,各大学がより趣向を凝らした選抜制度を行っていく必要があるということです。

大学側が「高大接続」という,より俯瞰できる目線で受験勉強を捉えては,今後の受験生が安心して普段の勉強に取り組めるようになることを期待します。

受験生の側としては,これまで通り,こうした選抜試験の利用を考えてください。

単純に試験機会が増えることは,入試に有利に働くはずです。

そして,より総合的な能力を発揮できるよう,かつ一般選抜の勉強とも並行できるよう,対策自体も時代に合わせたものを採用しましょう↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

-入試改革

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイトの管理人

都内の塾運営にかかわり,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで幅広く教えています。最近の関心事は教育改革で,塾に入ってくる情報に加え,信頼のおける情報をまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです! twitterLINE

おすすめ!令和の学び

学校の校舎 1

ここでは,スタディサイトがおすすめする教育サービスをランキング形式でまとめています。 そもそも当サイトで紹介しているサービスは,どれもが何かしらの魅力を備えていることは確かです。 しかしその中でも万人におすすめしやすいも ...

スタディサプリと英検対策本 2

スタディサプリは「小学生から高校生までの授業内容を学べるもの」と,英会話やTOEIC対策に特化した「スタディサプリENGLISH」と呼ばれるサービスの2つに大きく分けられます。 ここで1つ質問ですが,もし身近に実用英語技 ...

blank 3

「ビジネスエリート」と呼ばれる人には,そう呼ばれるにふさわしい教養が備わっています。 また,そこまででなくても,外国人との英会話で日本の歴史について尋ねられたときも何か答えられる人ではありたいものです。 ちょっとした知識 ...

blank 4

Z会は自分が高校生だったときに,大変お世話になりました。 増進会出版の参考書(速読英単語や漢文道場など)はもちろん,通信教育(東大生物やセンター対策講座)から東大マスターコース(現在の東大進学教室)まで,大体のサービスは ...

プログラミング講座のコース紹介 5

今回は,キットやツールを用いたZ会プログラミング講座の口コミと料金を中心にまとめてみましょう。 LEGO,Scratch,Sonyといった有名どころを網羅し,通学する必要なしの通信教育で学べるところが大きな魅力ですが,最 ...

駿台や河合塾の模試 6

昨今,入試改革やコロナで混乱続きの教育界ですから,誰もができれば現役合格をしたいと思っていることでしょう。 ですが,大学入試においてどうしても妥協できない気持ち,負けたままで終われるものかという情熱に突き動かされては浪人 ...

コナンゼミのトップページ 7

今回は小学館集英社プロダクションの「名探偵コナンゼミ」について取り上げ,そのカリキュラムと料金についてみていくことにします。 通信教育の対象となるのは小学生ですが,中学生や大人でも楽しめるオリジナルアニメや推理ゲームとい ...

ブンブンドリムの教材一覧 8

今回は「ブンブンどりむ」という通信教育を取り上げ,評判と思われる理由について分析してみました。 誰もが感じているとは思いますが,作文をメインに扱った教材というのは非常に珍しいものです。 私自身,作文を習ったのはいつだった ...

© 2021 スタディサイト