AD/PR

小1~小3生がスタディサプリを使うときの注意点

当記事では,小学校低学年(小1~小3)の子どもがスタディサプリを使うときの注意点についてまとめてみることにしました。

小4以上の高学年については以下の記事にまとめています↓

結論としては「多少なりとも親のサポートは必須」という一言に尽きるのですが,以下ではまず小1~小3という時期の特徴やスタサプ小学講座の概要から始めて,続いて教科ごとの注意点をみていくことにしましょう。

管理人
管理人
なお,当記事はスタディサプリ小1~小3講座の案内ガイド的な役割も果たしているので,より詳しい記事に飛ぶことも可能です。

小1~小3という時期の特徴とスタディサプリ

運動会に臨む小学校低学年の子どもたち

基本的に小学校低学年(小1~小3)という時期は,小学校高学年(小4~小6)の勉強につなげるための準備期間だと考えられています。

いわゆる「読み書きそろばん(最近はこれに情報も加わる)」に代表される基礎的な学力を身に付ける他,勉強の楽しさに気づいたり学習習慣が身に付いたりといった意識改革も含まれるので,この時期は大学入試の結果を左右するくらいには重要です。

難関大に合格した人が周りにいればその人の小学生時代の成績について尋ねてみてください。

多くは「良い成績を修めていた」と答えるでしょうし,そうでなくても何か特殊な才覚を発揮していたことでしょう。

とはいえその原因に関しては,小学校6年間で学ぶ内容を小4あたりの1年間を費やして早回しですべて学んだからかもしれませんし,完全に才能任せでやってきたからかもしれません。

いずれにせよ,これらを可能にするためには姿勢を含めた勉強の基本能力が必須であり,それは数学や社会といった教科に限らず,ゲームであったりスポーツであったり,はたまた人間生活全般におけるその人のパフォーマンスを左右するものです。

ゆえに,どの道に進むとしても小1~小3生に勉強をさせることは必須ですし,最近はAIによる個別最適化であったりICTに触れる経験を早期段階からできるだけ設けておきたかったりすることから,スタディサプリに代表されるオンライン教材を積極的に使っていくべきだと考えています。

ちなみに中学校受験をする子の場合,小4から塾に通い始めることが多いのですが,低学年の授業内容と高学年の授業内容は大きく性質が異なるというのが特徴です。

高学年の授業は現代においても知識詰め込み重視型で,頭の柔らかさを問う問題すら,「柔軟な思考力を養う方法」的なものを詰め込み方式で学ぶことで対応していきます。

遊ぶ時間を犠牲にしてまで勉強することが100%良いことだとは到底思いませんが,それでも難関中学校に合格する力のある小6生の学力はそこらの中3生を凌駕してしまい,場合によっては高3生をも超える学力を身に付けてしまうことすらあるわけです。

実際塾に来ている生徒から判断するに,全体の3割くらいの中高生は負けてしまっているように見受けられます。

思えば,大学生くらいからひたすらに学力は低下する一方の大人も多く存在するわけですから,学生レベルでそうなっていても何ら不思議な話ではないでしょう(私は祖父を尊敬していますが,彼は90歳近くで亡くなるまでずっと勉強して自身の能力を高め続けていました)。

さて,スタディサプリの小学講座に話を戻すと,細々と長く使っていく方法がおすすめです。

というのも,小学講座は2023年の9月にリニューアルを行ない,ミッションの追加により小1生でも独学しやすい仕様になったからで,タブレットが必須となったものの,1日15分を目安に学習を簡単に習慣化することができます↓

小1算数の今週のミッション例

従来のものだとどうしても親のチェックが必須となる関係上,当サイトとしては学年が変わるタイミングであったり,長期休暇での総復習,はたまたテスト前の期間だけだったりの短期間での利用を勧めざるを得ませんでしたが,今やそうではありません。

管理人
管理人
小3講座まで完全にリニューアルされるのは2024年以降となります。

1ヶ月でも毎日スタディサプリで学ぶようにすれば,勉強の習慣(どういうふうに毎日勉強すればよいのか)がわかってくるでしょう。

とはいえ,親のサポートが全く要らないかと言われれば決してそのようなことはありません。

次章で,親のチェックについてまとめてみましょう!

 

 

スタディサプリ小1~小3講座と親のサポート

スタディサプリの小1~小3講座は学校の復習用途として使うことがメインとして想定されていて,特にリニューアル後のものは独学しやすくなりました。

とはいえ,決められたペースで学習ができているかやちゃんと理解できているかについては親の方で確認しておきたいところです。

完璧にできていたときでも褒めることができますし,どこを学んでいるか把握しておけば食卓などで話題に出しやすくなります(後述)。

わが子が気を良くして自己肯定感が高まれば勉強が好きになるかもしれませんし,少なくともやる気は高まるはずです↓

毎日でなくてよいので,週刊まなレポ(月曜日に送られてきます)をみて出来と学習範囲を確認しておきましょう↓

週刊まなレポの例

これにより,「毎日勉強しているの?」などと子どもを疑わずに済みます。

なお,継続できているようであれば,まずはそれを褒めるようにしてください。

褒めて誘導する。

これがポイントです。

もちろん,スタディサプリを予習代わりに使う場合や,そもそも学校の授業がわからなくて導入する場合は言うまでもなく,親はできるだけ時間を作って干渉するようにします。

正答率が悪いものがあれば,再度子どもと一緒にやってみるのが一番です。

特に問題がなさそうでも,復習ドリルやまとめ用のものを抜き打ちテスト的に使ってみるのも良いでしょう。

特に算数や国語は知識の抜けがあると非効率なので,使い始めの頃やその日のレッスンの一番最後のレッスンを親の前で解いてもらうのも良いと思います(以下はリニューアル前の講座)↓

3年生のまとめ(算数)の例

できればそのとき,子どもに「これこれはこうだからこうなる」などと説明してもらうようにすると伝達力も高まって一石二鳥です。

特に子どもが苦手なものが明確であれば,親が一緒になって解決しましょう!

例えば漢字の問題であれば,子どもが間違えたものを書き留めておいて後でまとめて出題してあげるだけでも十分に有意義な復習となります。

時計の問題で躓いていれば,今何時などと積極的に声掛けできる他,身近にある玩具を使って実演して見せるのも良いですし,ネットで探して良さそうな動画を見せることもできるでしょう。

理科や社会絡みで週末に動物園に出かけるとか,スーパーに出かけたときに話題に出すなど,他にもやれることはたくさんあるはずです。

頻度は劣りますが,スタディサプリに関係していないところにおいて,旅行や博物館や工場を訪れるなど,好奇心を刺激することも大切にしてください。

なお,声掛けの例として考えられるものとして,スタサプの運営が話していた内容を基にすると以下のようなものが挙げられます↓

  • ミッション1つだけならすぐできるからやってみよう
  • アニメ開始まであと15分あるからもう1つやってみない
  • 今日のレッスンが終わったら一緒にゲームしよう
  • 何問間違えてもOK。勉強で大事なのは解き直しだからね

目標であれはできるだけ具体的に,そしてルールを決めたのであれば子どもの目の届くところに貼っておくことが重要です。

しばらく試してみてダメそうであれば修正しますが,勉強時間よりも量の方が良く(15分勉強しろよりも1レッスン終わらせようの方が良く),毎日決まってしていることの前後いずれかに勉強時間を設けることでより習慣化しやすくなります。

次章からは,教科ごとの注意点をみていきましょう。

 

 

スタディサプリの小1~小3国語を使うときの注意点

小1国語の平仮名のドリル
スタディサプリの小1~小3国語!文字と言葉を中心に学ぼう

スタディサプリの「小1~小3国語」では文字と言葉を中心に学ぶことができます。 各学年で覚えるべきとされる平仮名や漢字の他,文章を読む際に大切な句読点の処理だったり,言葉の持つ意味や役割だったりの理解を深めることが可能です ...

続きを見る

スタディサプリの小1~小3国語ですが,説明いらずで繰り返し学ぶことができますが,最初は親が一緒に解くようにして,2回目から子ども1人でやらせる方が良いでしょう。

上の記事で詳しく説明しましたが,文章を読むことはありません。

加えて,テキストに文字を書くこともないので,書くのは学校の勉強に一任するなどと割り切ってください。

管理人
管理人
リニューアル後のものにおいて,一部文字を書く作業が加わりました。

ノートを使う場合は間違えた漢字だけ10回書かせるなどと決めておくと,長期休暇や週末などにこれまでに間違えた漢字(ノートを見ればわかります)を口頭で質問して書かせてみることができるようになります。

さらに言えば,以下の記事で述べたような方法を使うことで言葉に対する意識が変わってくるでしょうし,漢字検定も小1から受けられますので挑戦させてみるのも手です↓

マンガ
小学生に漢字を教える方法!好きなマンガを教材にしよう

今回は,漢字が苦手な小学生に役立つ「マンガを使った勉強法」を紹介してみたいと思います。 とはいえ,「マンガで学ぶ漢字」などといったタイトルの参考書を購入するわけではありません。 あくまで,娯楽として読むマンガを教材に使う ...

続きを見る

 

 

スタディサプリの小1~小3算数を使うときの注意点

スタディサプリの小3算数からまとめ問題の例
スタディサプリの小1~小3算数!今後につながる学力を育てよう

2022年3月に新しくスタディサプリの仲間入りをし,2023年9月から2024年5月にかけて一部講座のリニューアルが行われた小学校低学年向け講座ですが,中でも算数は一段と充実した内容となっています。 今回は「小1・小2・ ...

続きを見る

次に小1~小3算数講座の注意点についてみていきますが,スタディサプリの小学校低学年向け講座が最も力を入れているのが算数で,レベル別に2つに分かれている他,教科として唯一動画(アニメーション)が存在します。

基本的には手を動かす必要はなく,学校の方で普段書くドリルをやらされているでしょうから,家では楽に学ぶという方針で構いません。

ただし,内容的には計算や単位を扱うため,ここで正確に理解しておくことは今後の学習を考えた上でも重要です。

なお,算数が得意な小学生は,どんどん上の学年の講座に進んでしまって構いません。

算数検定も是非検討してみてください↓

頭の良い生徒
数学検定とその受検目的について

今回は,日本数学検定協会が実施する「数学検定」について,その概要と受検する目的を中心にまとめていこうと思います。 数学はSociety5.0の時代において,よりその重要性を増し,たとえ文系の大学に進もうと考えていても,最 ...

続きを見る

 

 

スタディサプリの小3理社を使うときの注意点

スタディサプリ小3社会から地図記号の出題例
スタディサプリの小3社会で町と暮らしについて理解しよう

普段通っている小学校において,2年生までは生活科として学んでいた事柄が,3年生になると社会や理科となって再登場してくるわけですが,5年生になるまでは基礎固めという位置づけです。 国語や算数と比べれば,その重要性が劣るのは ...

続きを見る

スタディサプリ小3理科に出てくるアゲハチョウの問題
スタディサプリの小3理科は興味深いドリルが魅力!操作も簡単

2022年3月,スタディサプリに「小3理科」が追加されました。 既にある小学校高学年向けの理科と比べると,本講座が扱う内容は当然ながら浅くて少ないわけですが,身の回りにある自然や物がテーマとなっているため,簡単に子どもの ...

続きを見る

スタディサプリの小学校低学年向け講座の中で,理科や社会は小3講座から始まり,小1~小2向けの講座(小学校だと生活科と呼ばれる教科になります)はありません。

小4講座からはレベルも2つに分かれて本格的な講義が行われるスタディサプリですが,小3の理社講座では調べる習慣を身に付けさせると同時に,より発展的な内容へと誘導していくことを意識してみてください

ドリルはカラフルで視覚に訴えるものではありますが,理科では例えば小学館の図鑑を与えてみたり,博物館や科学館に出かけてみることが考えられます。

社会では自然とまちがテーマなので,地図を片手に探検させたり工場見学に一緒に行ったりするのがおすすめです。

歴史という科目が登場するのは小学5年生になってからですが,歴史マンガであれば低学年からでも導入できますし,国語の勉強にもなります。

以前,スタディサプリの伊藤賀一先生が講談社のものを推薦していました。

ちなみに,最近の歴史マンガは大学受験に使える本格的な内容なので,長く使うことができますし親が読むにも最適です↓

それ以外として,トイレに小学生用のポスターを張るなども考えられますし,色々な工夫を試してみてください。

 

 

まとめ

小学生向けの歴史年表ポスター

以上,スタディサプリの小学講座から低学年向けのものを使う際の注意点についてまとめてきました。

冒頭に述べたように,適切な環境さえ整えば,満足のいく勉強はスタディサプリを使うことで簡単に行うことができます

とはいえ,小1~小3は「読み書きそろばん情報」を教え込む大切な時期でもあるため,親は子どもに積極的に干渉してはともに学んでいく姿勢が大切です。

そのため,スタディサプリはどちらかと言えば子どもより親の方のスケジュールやメンタル面に余裕がある時期を見計らって導入するのをおすすめします。

親のサポートとして,褒める・話題に出す・積極的に指導することを主に挙げました。

1点目については,子どもに求めるレベルを自分が思うよりも下の位置に設定することによって,多くの褒めポイントを生み出すことができるはずです。

特に小3の理科と社会は急いで学ばせるものではありませんので,子どもの実世界の見方が変わるよう,きっかけの1つとして利用してみてください。

スタディサプリをうまく使って勉強習慣が身に付けば,小4以降も使い続けられますし,本格的な中学受験のための塾に通うという選択も可能でしょう。

ひょっとすると,高校3年生になってもお世話になるという長い付き合いになるかもしれません。

もちろん,スタディサプリはそれだけしっかりしている教材です。

いずれにせよ,まずは以下のキャンペーンやコードを利用して,無料体験から始めてみてください↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
学校の教室

スタディサイトの管理人

通信教育の添削や採点業務に加え,塾や家庭教師を含めた指導歴は20年以上になります。東大で修士号を取得したのははるか昔のことですが,教授から数年に一度の秀才と評されたことは今でも私の心の支えです。小学生から高校生にまで通じる勉強法を考案しつつ,お気に入りのスタディサプリのユーザー歴は7年を超えました。オンライン上でのやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てれば幸いです。

-小学生向け講座