勉強法

バルミューダの子供向けデスクライトをレビュー!理想の学習環境とは?

バルミューダは2003年に東京で生まれた日本の会社ですが,従来の市場に存在しなかった「価値ある驚きの家電製品」を数多く生み出しています。

扇風機や空気清浄機,加湿器などでその名前を聞いた方もおられるでしょうが,私は調理家電のジャンルからバルミューダの製品について知りました。

似た機能を備えていて値段が安いものもありますが,やはり見た目が良いのがポイントです!

このように勧めてくる店員さんもいるようですが,機能面においてもこれまでの製品にはない独自の創意工夫が見受けられ,実用的な製品ばかりのように思います(確かに値段は高めにはなりますが)。

今回レビューするのは,そんなバルミューダが2018年に発売した意欲作,「BALMUDA The Light」です。

各種ECサイトでの取扱状況

「太陽光LEDデスクライト」に分類される本製品ですが,使用者はあくまで子どもをメインに想定。

開発のきっかけとなったのは,社長が息子の勉強を応援したい気持ちからということで,なるほど,このデスクライトには子どもの学習を助けるための工夫が随所に見られます。

そんなThe Lightですから,本レビューを通して製品について知るだけではなく,理想の学習環境の作り方についてのヒントまで一緒に学んでいくことにしましょう!

小中学生にとって理想の学習環境とは

まずは小中学生にとっての理想の学習環境について考えてみましょう。

そこでは主に,

  • 集中力を高められる環境
  • 勉強していて疲れにくい環境

という2つの条件が整っていることが必要だと言えるでしょう。

もちろん,勉強していて疲れてしまえば,そのせいで集中力も低下してしまうことになりますから,これら2つの要素はまったく関係していないものではありません。

とはいえ,すごく快適でムードのある部屋で勉強しても集中できるわけではないので,別に分けて考えて問題ないでしょう。

ここで早速,「勉強する環境に備わっているべき物は何か?」について考えてみますが,私の思いつく要素としては,

机・椅子・文房具・内装・空調

となるかと思います。

これに「本人のやる気」が加わって,勉強に理想的な環境が整ったと言えるでしょう。

人によっては音楽をかけながらの方が集中できる人もいますから,普段スマホで音楽を聴きながら勉強して捗るような人は,上の条件に加えてもいいですね(この前銀行に行きましたが,ずっとクラシックがかかっている環境下でみなさん働いておられました)。

信憑性はともかく,「モーツァルト効果」について聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

しかし,今回のレビューは光をつかさどるデスクライトについてでしたね!

光で内装の印象も変わるくらいですから,内装の一部に入れられなくもないですが,「良質な光」も理想的な学習環境を構成する要素に入るというのが今回の記事の主張となります。

それでは次章から,良い光が子どもの勉強にどのような効果を与えるのかについてみていくことにしましょう。

 

学習環境における光の役割

光と言ったらやはり,「天井にかかっている大きな照明器具」が最も大事なもののように思いませんか。

実際,私も自分の書斎をデザインするとき,とにかく明るい照明を付けるようにしたものです。

電球の色にも配慮し,「光白色・昼光色・電球色」の3つが部屋でのくつろぎ具合や仕事のパフォーマンスに影響することを自分なりに調べて解決したつもりでいました。

そのため,デスクライトの存在意義については完全に意識の外にあり,つい先日まで私の机上にそんなものは置いてありませんでした。

ですが,バルミューダのサイトを閲覧してそれが間違っていたことに気づき,実際にデスクライトを設置して学習の捗り具合を体感した今では,長時間の学習に必要不可欠なものと言えるくらいにまで考えを改めました。

結論から申し上げますと,

デスクライトは学習に最適な明るさを生み出し,子どもの集中力を高めると同時に,目の疲れや視力低下を防止する観点からも,理想の学習環境に必要なもの

です。

 

学習に最適な明るさとは

学習や読書を行うにあたって,実は「最適な明るさの基準」というものが定められており,リビングや子ども部屋の明るさでは十分ではありません↓↓

この明るさは,照射地点での明るさを指すのではなく,書籍に届いた光の明るさを指します。

つまり,光源から離れれば離れるほどに明るさは減衰してしまいますので注意してください。

まずは,理想的学習環境に必要な明るさは500~1000ルクスだということを覚えておきましょう。

私もそうでしたが,「いっそのこと部屋全体の明るさを明るくしてしまおう」,「メインの照明器具をより大きな部屋サイズ用のものにしてしまおう」と考える方が出てくることと思います。

ですが,照明事情はそれほど単純ではありませんでした。

実際は「部屋はやや暗めで,デスクライトはその5~10倍の明るさがあるときに最も集中力が高まる」と考えられています↓↓

ここでみてきた2つが,学習に役立つ照明について考える際の基本となる知識ですが,BALMUDA The Lightではこれらにもう一つ,「照らす範囲を広げる技術」を付け加えることで,学習のさらなる効率化に貢献しているのは特筆すべきことでしょう。

次章で実際の商品をレビューしながら,そのことについて詳しくみていくことにします。

 

The Light開封時の様子

機能面を中心にレビューしていくつもりでしたが,さすがのバルミューダは梱包の様子もお洒落でした。

外装の中を見ても,うまく段ボールが組んでありましたし,見た目についても少しレビューしてみましょう!

中身は5種類↓↓

  1. 本体(L01Aシリーズ)
  2. ACアダプター
  3. 取扱説明書
  4. 保証書
  5. ステッカー

本体とステッカーについては後述しますので,他のものについて説明を加えますが,ACアダプターのコードは1.8mほどで,よく見るとバルミューダの文字入りです。

電流調光を採用しているので,ちらつかないのがいいですね!

子どもにプレゼントされる方もいらっしゃるでしょう。

保証書は購入日より1年間有効ですので,故障してしまったときも安心です。

ちなみに取扱説明書には詳しい使い方や注意などの他,裏面にはなんと設計図(仕様書)が描かれていました↓↓

つまみで明るさを切り替える際など,参考にしてください。

 

本体L01Aのレビュー

このデスクライトですが,本体のカラーはブラックとホワイトの2色展開となっています(現在はアイボリーと言う限定色も存在します)。

私は周りとの色合いを考えてブラックを買いました。

ACアダプターで接続し,本体中央部にある調光ダイヤルを回せば6段階で調節できます。

このときダイヤルを回すたびにドレミファソドの音がなるのはなんとも遊び心がありますね。

手術灯で国内シェアNo.1の山田医療照明との共同開発ということで,ミラーで光を反射させる技術というのが本製品にも採用されています(光源は3つなのでさすがに手術灯とまではいきませんが)↓↓

なお,その代償として,太陽光LEDは交換が不可能で40000時間使用すると本来の70%の明るさになってしまう弱点があります。

ですが,よくよく考えてみると,一日5時間使ったとしても20年以上先のことですから,そのときはさすがに新しいデスクライトを購入していることでしょう。

白色LEDが有名ですが,それとは異なります。

太陽光LEDは物本来の色を照らし出すので正しい色感覚が養えますし,ブルーライトもより自然に近い波長のため目の疲労や集中力の妨げとなりにくい仕様です。

ちなみにバルミューダのデスクライトはペン立ても兼ねています。

お気に入りの文房具を,4つの仕切りがある「ツールボックス」と1つの浅い「ツールトレイ」に収納できますが,ツールボックスの仕切り1つには3本くらいのペンが入ります。

このような取り出し可能なプラスチックケースを装着して使うので,掃除もしやすいです↓↓

サイドに付いているイルミネーションスイッチを押すと,このように点灯させることも可能です↓↓

お気に入りの文房具をライトアップできる仕様ということですが,こういった遊び心を製品に加えてくるのがバルミューダなんでしょう。

私はワクワクしますね。

さらには付属のステッカーを好きな位置に貼ることで,デザインが真の意味で完成するというのも子ども心をくすぐる仕様です。

ステッカー同士を重ね合わせて,より凝ったデザインに変えましょう!

残念ながら,このステッカーは一度貼ってしまうときれいに剥がせないことがあるようです。

が,子どもはそこまで気にしませんね。

大人が使うときはステッカーは使用しない人が多そうですが,子どもファーストであることを考えると,貼った経験も良い思い出になるというものです。

 

特に学習効率を高めるおすすめ機能

バルミューダのデスクライトは「フォワードビームテクノロジー」を採用しています。

先ほどの手術灯のところでお話した「ミラーで光を反射させる技術」というのがこのことです。

この技術によって,離れた場所から照らすことが可能になるため,光は遮られず影を作りにくくなります。

特に意識せずとも,一般的なデスクライト同様,対角線上に設置すればペン類の影が書籍に落ちません↓↓

ここで一番最初に触れた,学習環境に最適な明るさの基準が本当にクリアできているのか,以下の図で確認してみましょう!

勉強や読書に有効な光は500~1000ルクスということでしたね。

ということは,光源から15~65cmの範囲においてその明るさは実現されることになります。

実際にメジャーを使って机の端から測っていただくと,かなり広い範囲をカバーできることがお分かりいただけると思います。

光源が直接見えてしまうと眩しいので,ヘッド部の傘は水平かやや内向きに調節しましょう。

アームも併用すると,机の広さにより合わせやすくなります↓↓

 

まとめ

以上,バルミューダのデスクライトのレビューをきっかけに,理想の学習環境と良い光の関係について考えてきました。

今回の要点をまとめると,理想的学習環境の実現は,

  • 手元に500~1000ルクスの明るさの確保
  • 周りはその1/10~1/5程度に暗くする
  • 広範囲をカバーできるフォワードビームテクノロジー
  • 太陽光LEDの採用により,自然に近づけた光

が揃うことで可能になります。

もし保護者の方で,子どもにこの先20年くらいは勉強を頑張って欲しいと思う方がいれば,今回レビューしたBALMUDA The Lightが贈り物にピッタリです。

デスクライトに数万円と聞くと,ずっと安価で買えるライトがある現代ですから多少は迷うことと思います。

ですが,最初のうちから良い物を買い与えることで,長く使ってもらえるだけでなく,子どもの勉強効率が高まり,それに見合うだけの結果まで付いてくるとしたらどうでしょうか。

私は,周りの大人は子どもにとっての理想的な勉強環境を整えてやり,その中で学生時代を過ごさせてやるべきだと思います。

子どもの勉強への意識は現段階でイマイチであっても,親の方は意識をできるだけ高く保っておくのが勉強体験を成功させるコツのような気がするのです。

今回のデスクライトは子ども用ではありますが,私は自分自身で使うために購入しました。

大変使いやすいですし,デザインも決して子どもっぽくありません。

手元まで光が伸びるので,写真を撮る際にも重宝しています。

連続で使用していても傘の部分が熱くならないのも驚きでしたね。

私が購入してから2年近く経ちましたが,周りをみると,お年寄りの方で目が疲れやすくなっている方の愛用者が増えてきたようです。

楽天のレビューをみても,意外と大人が自分用に買っている場合が少なくありません。

私はplywoodというお店で購入しましたが,特に問題なく利用できました。

各種ECサイトでの取扱状況

今回の記事内容を参考に,是非ご自身の学習環境,特に光関係について一度見直してみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-勉強法

© 2020 スタディサイト