バルミューダのデスクライトと理想の学習環境について

バルミューダは2003年に東京で生まれた日本の会社ですが,従来の市場に存在しなかった「価値ある驚きの家電製品」を数多く生み出しています。

扇風機や空気清浄機,加湿器などでその名前を聞いた方もいらっしゃるでしょうが,最近は調理家電のジャンルからバルミューダの製品について知る方が多いでしょう。

「似た機能を備えては値段が安いものもありますが,やはり見た目が良いのがポイントです!」と勧めてくる店員さんもいるようですが,機能面においてもこれまでの製品にはない独自の創意工夫が見られ,実用的な製品ばかりのように思います(確かに値段は高めになりますが)。

今回レビューするのは,そんなバルミューダが2018年に発売した「BALMUDA The Light」です。

太陽光LEDデスクライトに分類される本製品ですが,使用者はあくまで子どもがメインとして想定されています。

というのも,開発のきっかけとなったのが,バルミューダの社長が息子の勉強を応援したかったからであり,確かにこのデスクライトには子どもの学習を助けるための工夫が随所に見られます

そんなThe Lightなわけですから,ただ製品について知るだけではなく,理想の学習環境についてのヒントも一緒に学んでみることにしましょう!

理想の学習環境とは

机の上で絵を描く小学生

まずは小中学生にとっての理想の学習環境について考えてみますが,おそらく,以下2つの条件が整っているはずです↓↓

  • 勉強していて疲れにくい
  • 集中力を高められる

もちろん,勉強疲れによって集中力が低下してしまうこともあるので,これら2つの条件が全く関係していないわけではありません。

とはいえ,すごく快適でムードがある部屋で勉強しても集中できるわけではないので,別に分けて考えてしまって問題ないでしょう。

次に,勉強する環境に必要なものについて考えてみると「机,椅子,文房具,内装,空調」が挙げられます。

これらがうまく働くことで,勉強に理想的な環境が整うわけです。

人によっては音楽をかけながらの方が集中できる人もいますから,普段スマホで音楽を聴きながら勉強しているような人は,上の要素に加えてもいいでしょう(銀行や病院などの職場で,クラシックがかかっている場面によく遭遇します)。

あとあればよいと思うのは,飲み物と時計くらいでしょうか。

ところで,今回レビューするのはデスクライトでしたね。

光は部屋の印象を大きく変えられることから内装の一部とみなしますが,勉強環境にどのように影響してくるのでしょうか。

 

学習環境における光の役割

木々の間から漏れる太陽光

普通,部屋の光と言ったら,天井部分に存在する大きな照明器具が最も大きな影響を及ぼすように思われます。

実際,私も自分の勉強部屋を設計する際,とにかく明るい照明を付けるようにしたものです。

加えて電球の色にも気を配り,光白色,昼光色,電球色の3つが,部屋でのくつろぎ具合や仕事のパフォーマンスに影響するということまで調べ上げ,完璧にしたつもりでいました。

特にデスクライトの存在意義については完全に意識の外で,つい先日まで机上にその類のものは置いてなかったわけです。

ですが,バルミューダ社のサイトを閲覧しているうちに私の間違いに気づき,実際にデスクライトを設置して学習の捗り具合を比較した今では,「長時間の学習には必要不可欠なもの」と言えるくらいにまで考えを改めました。

結論から申し上げますと,デスクライトは学習に最適な明るさを作り出し,勉強の集中力を高めると同時に,目の疲れや視力低下を防止する観点からも,理想の学習環境に必要なものだということです。

 

学習に最適な明るさとは

学習や読書を行うにあたって「最適な明るさの基準」といったものが定められており,リビングや子ども部屋程度の明るさでは十分ではありません↓↓

学習に最適な明るさの目安

なお,ここで言う「明るさ」とは,照射地点の明るさではなく,書物に届いた光の明るさを指します。

つまり,光源から離れれば離れるほど明るさは減衰してしまうということを覚えておかなければなりません。

さらには,理想的学習環境に必要な明るさは500~1000ルクスだということです。

パソコンやスマホの液晶の明るさをMAXにしないと気が済まない方であれば,いっそのこと部屋全体の明るさを明るくしようと考えては,天井の照明器具を実際よりも大きな部屋用のものにしてしまうかもしれません。

ですが,照明事情はそれほど単純ではありませんでした。

どうやら正解は「部屋をやや暗めにし,デスクライトはその5~10倍の明るさがあるときに最も集中力が高まる」ということのようです↓↓

デスクライトの強さと集中力の関係について

ここまでみてきた内容が,学習環境に影響する光についての基本知識ですが,「BALMUDA The Light」ではもう一つの「照らす範囲を広げる技術」を備えていることで,学習環境をさらに向上してくれるというのは特筆すべきことでしょう。

次章では,実際の商品をレビューしながら,それについて詳しくみていくことにします。

 

BALMUDA The Lightのセット内容

BALMUDA The Lightの梱包

機能面を中心にレビューしていくつもりでしたが,バルミューダは梱包の様子もお洒落でした。

箱の中の様子も,うまく段ボールが組んであり,さすがの一言です。

セット内容は以下の5種類となります↓↓

BALMUDA The Lightのセット内容

  1. 本体(L01Aシリーズ)
  2. ACアダプター
  3. 取扱説明書
  4. 保証書
  5. ステッカー

本体とステッカーについては後述することにし,それ以外のものについて説明を加えますが,ACアダプターのコードは1.8mほどで,よく見るとバルミューダの文字入りです↓↓

BALMUDAの文字の入ったアダプター

電流調光を採用しているので,ちらつきません!

なお,保証は購入日より1年間有効とのことで,子どもにプレゼントして故障してしまったときも安心です。

ちなみに取扱説明書には詳しい使い方や注意事項の他,裏面にはなんと設計図(仕様書)が描かれていました↓↓

BALMUDA The Lightの設計図

つまみで明るさを切り替えられるのですが,その際の明るさの変化量も載っています。

 

BALMUDA The Lightのレビュー

点灯させたBALMUDAのデスクライト

BALMUDA The Lightですが,本体のカラーはブラックとホワイトの2色展開が基本となっています(アイボリーという限定色も存在します)。

私は周りの家具との調和を考慮してブラックを買いました。

前章で紹介したACアダプターで接続し,本体中央部にある調光ダイヤルを回せば6段階に調節できます。

ダイヤルを回すたびにドレミファソドの音が鳴るのですが,作り手の遊び心を感じるはずです。

手術灯で国内シェアNo.1の山田医療照明との共同開発ということで,ミラーで光を反射させる技術というのが本製品にも採用されています(光源は3つなのでさすがに手術灯ほどの明るさにはなりませんが)↓↓

手術灯

しかしその代償として,点灯部(太陽光LED)は交換が不可で,40,000時間使用すると本来の70%の明るさになってしまうという弱点があります。

ですが,よくよく考えてみると,一日5時間使ったとしても20年以上先のことですから,そのときはさすがに新しいデスクライトを購入していることでしょう。

似たような名前に「白色LED」というものがありますが,それとは異なります。

太陽光LEDは物本来の色を照らし出すので正しい色感覚が養えますし,ブルーライトよりも自然に近い波長のため目の疲労や集中力の妨げとなりにくいとの評判です。

ちなみにこのデスクライトはペン立ても兼ねています↓↓

BALMUDA The Lightのペン立て部分

お気に入りの文房具を,4つの仕切りがある「ツールボックス」と1つの浅い「ツールトレイ」に収納できますが,ツールボックスの仕切り1つに3本くらいのペンが入ります。

実際は,取り出し可能なプラスチックケースを装着して使うので掃除もしやすいです↓↓

ペン立て部分のプラスチックケース

サイドに付いているイルミネーションスイッチを押すことで,このように点灯させることが可能になります↓↓

イルミネーションスイッチを使ったBALMUDA The Light

お気に入りの文房具をライトアップできる機能になりますが,こういった遊び心を製品に足してくるのがバルミューダの社風なのでしょう。

大人でもワクワクします。

さらには付属のステッカーを好きな位置に貼ることで,真の意味でのデザインがこのとき初めて完成するというのも子ども心をくすぐる仕様です↓↓

BALMUDA The Lightに付属のステッカー

ステッカー同士を重ね合わせて,より凝ったデザインに変えてみてください!

このステッカーは一度貼ってしまうときれいに剥がせないことがあるようですが,子どもはそこまで気にしないでしょう。

大人が使うときにはステッカーを使用しない場合も多いでしょうが,あくまで子どもファーストであることを考えると,先の音が鳴る機能なども合わせて,すべてが必要なものです。

 

フォワードビームテクノロジーについて

フォワードビームテクノロジーの様子

バルミューダのデスクライトは「フォワードビームテクノロジー」という技術を採用しています。

先ほどの手術灯のところでお話した,ミラーで光を反射させる技術がこれだったのです。

この技術によって,離れた場所から照らすことが可能になるため,光は遮られずに影が作られにくくなります。

設置場所は特に意識せずとも,一般的なデスクライトのように対角線上に設置することでペンの影が書籍に落ちてきません↓↓

バルミューダのデスクライトが影を作らない仕組み

さてここで,最初に触れた「学習環境に最適な明るさの基準」が本当にクリアできているのか,以下の図で確認してみましょう↓↓

BALMUDA The Lightと明るさの分布図

勉強や読書に有効な光は500~1000ルクスということでしたね。

上の図で判断するに,光源から15~65cmの範囲はその明るさが実現されていることになります。

実際にメジャーを使って机の端から測ってみると,かなりの広範囲をカバーできることが分かりました。

光源が直接見えてしまうと眩しいので,ヘッド部の傘は水平かやや内向きに調節しましょう。

アームも併用すれば,机の広さにより合わせやすくなります↓↓

BALMUDA The Lightのアームの使い方

軽い力で直感的に動かせました。

 

まとめ

机に設置したBALMUDA The Light

以上,BALMUDA The Lightを使って,理想の学習環境と良い光の関係について考えてきました。

今回の要点をまとめると,理想的学習環境の実現は,

  • 手元に500~1000ルクスの明るさを確保する
  • 周りはその1/10~1/5程度の暗さにする
  • フォワードビームテクノロジーは広範囲をカバー可
  • 太陽光LEDの採用で,自然光に近づけた色合い

の4つが揃うことで可能になります。

もし保護者の方で,子どもにこの先20年くらいは勉強を頑張って欲しいと思う方がいれば,今回レビューしたBALMUDA The Lightはプレゼントにおすすめです。

デスクライトに数万円と聞くと,ずっと安価で買えるライトがある時代ですから,多少は迷うかもしれません。

ですが,最初のうちから良い物を買い与えた結果,長く使ってもらえるだけでなく,子どもの勉強効率が高まり,それに見合うだけの結果まで付いてくるとしたらどうでしょうか。

私は常々,周りの大人は子どもにとっての理想的な勉強環境を整えてやり,その中で学生時代を過ごさせてやるべきだと思っています。

子どもの勉強に対する意識が現段階でいまいちでも,親の教育意識はできるだけ高く保っておくことこそが勉強体験を成功させるコツのような気がするのです。

今回のデスクライトは子ども用ではありますが,私は自分自身で使うために購入しました。

大変使いやすいですし,デザインも決して子どもっぽくありません。

手元まで光が伸びるので,写真を撮る際にも重宝しています。

長時間使用していても傘の部分が熱くならないのも驚きでしたね。

私が購入してから2年近く経ちましたが,周りをみると,加齢や職業柄目が疲れやすくなっている方の愛用者が増えてきました。

ECサイトのレビューをみてみましたが,意外と大人が自分用に買っている場合も少なくありません。

今回の記事内容を参考に,ご自身の学習環境について見直してみてはいかがでしょうか↓↓

-勉強法

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイトの管理人

都内の塾運営にかかわり,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで幅広く教えています。最近の関心事は教育改革で,塾に入ってくる情報に加え,信頼のおける情報をまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです! twitterLINE

おすすめ!令和の学び

学校の校舎 1

ここでは,スタディサイトがおすすめする教育サービスをランキング形式でまとめています。 そもそも当サイトで紹介しているサービスは,どれもが何かしらの魅力を備えていることは確かです。 しかしその中でも万人におすすめしやすいも ...

スタディサプリと英検対策本 2

スタディサプリは「小学生から高校生までの授業内容を学べるもの」と,英会話やTOEIC対策に特化した「スタディサプリENGLISH」と呼ばれるサービスの2つに大きく分けられます。 ここで1つ質問ですが,もし身近に実用英語技 ...

blank 3

「ビジネスエリート」と呼ばれる人には,そう呼ばれるにふさわしい教養が備わっています。 また,そこまででなくても,外国人との英会話で日本の歴史について尋ねられたときも何か答えられる人ではありたいものです。 ちょっとした知識 ...

blank 4

Z会は自分が高校生だったときに,大変お世話になりました。 増進会出版の参考書(速読英単語や漢文道場など)はもちろん,通信教育(東大生物やセンター対策講座)から東大マスターコース(現在の東大進学教室)まで,大体のサービスは ...

プログラミング講座のコース紹介 5

今回は,キットやツールを用いたZ会プログラミング講座の口コミと料金を中心にまとめてみましょう。 LEGO,Scratch,Sonyといった有名どころを網羅し,通学する必要なしの通信教育で学べるところが大きな魅力ですが,最 ...

駿台や河合塾の模試 6

昨今,入試改革やコロナで混乱続きの教育界ですから,誰もができれば現役合格をしたいと思っていることでしょう。 ですが,大学入試においてどうしても妥協できない気持ち,負けたままで終われるものかという情熱に突き動かされては浪人 ...

コナンゼミのトップページ 7

今回は小学館集英社プロダクションの「名探偵コナンゼミ」について取り上げ,そのカリキュラムと料金についてみていくことにします。 通信教育の対象となるのは小学生ですが,中学生や大人でも楽しめるオリジナルアニメや推理ゲームとい ...

ブンブンドリムの教材一覧 8

今回は「ブンブンどりむ」という通信教育を取り上げ,評判と思われる理由について分析してみました。 誰もが感じているとは思いますが,作文をメインに扱った教材というのは非常に珍しいものです。 私自身,作文を習ったのはいつだった ...

© 2021 スタディサイト