入試改革

TEAPという英語試験の特徴と対策について

センター試験に代わる,大学受験生の英語力を測る民間テストの一つとして採用された「TEAP」ですが,英検やTOEICなどに比べると,その内容について詳しく知らない方が多いのが現実です。

にもかかわらず突然,「次のテストではみんなでTEAPを受けてみよう!」なんて学校から軽く言われたりするわけですから,対策する学生の身にもなって欲しいですよね。

実際に私の教え子もそのような目に遭ってしまったわけですが,今回の記事では,そんなTEAPの試験内容やどういった対策をすればいいかについてまとめてみることにしましょう!

TEAPとは

TEAPのトップページ

TEAPはTest of English for Academic Purposesの頭文字を取ったもので,TOEFLと目的は同じように思えますが,実施対象が日本人,それも高校生を対象としている点で,世界標準のTOEFLとは異なります。

開発したのは英検で有名な「公益財団法人 日本英語検定協会」と「上智大学」です。

特に後者については,最初聞くと「えっ」となるかもしれませんが,輩出した英語の達人は数知れず,日本の英語教育界を引っ張る教育機関ですからね。

5年という歳月を経て,TEAPは開発されました。

さて,その問題内容とレベルについて付け加えると,TEAPにおける出題は,日本の学習指導要領において求められる英語力に準拠しているところが特徴です。

そのため,難易度は英検で言うところの準2級~準1級程度となっています。

英検とTEAPのデータ比較の正確性については,実施団体がどちらも日本英語検定協会ということもあって信頼の置けるものでしょう(さらにもう一つ「IELTS」という試験もそうです)。

逆にこれを知ると,「英検を受けるのとそう変わらないのでは?」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが,文章や状況がすべて大学教育の中で遭遇するものを想定して作られているところがTEAPらしさなのだと理解してください。

その他の試験情報(CBTは除く)に関してまとめてみると以下のようになります↓↓

  • 受験人数:1.5万人程度
  • 受験回数:全3回(7月,9月,11月),申込締切は1ヶ月ほど前
  • 会場:26都道府県(北海道・宮城・秋田・福島・茨城・群馬・埼玉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・長野・静岡・愛知・大阪・兵庫・広島・香川・福岡・熊本・沖縄)
  • 受験料:税込みで15,000円(英語4技能),6,000円(L&Rの2技能)
  • 受験資格:高校1年生以上

なお,有効期間は「取得後2年度の間」とされているので,例えば2020年に受けた場合は,2021年度の入試か2022年度の入試に活用できるわけです。

受験回数については,需要が高い場合は追加されることがあります。

また,TEAPにはCBT(コンピューターで受けるもの)では,「試験日が6月・8月・10月であること,会場が13会場,2技能の受験は不可なこと」といった点が主な違いです。

試験時間や問題内容について詳しく見ていく前に,現時点でのTEAP採用状況について次章で確認させてください。

 

TEAPの採用大学について

2017年度の試験では,TEAP CBTで15校,TEAPでも70ちょっとの大学入試でスコア利用ができるに過ぎませんでした。

それが2020年度の試験では,前者が108校,後者は184校へと激増しています。

これらはいわゆる「TEAPスコア利用型入試」というやつです。

各大学ごとに定められた基準を満たすことで,入学試験が有利に進められるのが特徴で,例えば,開発元の上智大学の場合ですと,「TEAPスコア利用型」の一般選抜が登場し,あらかじめ受けたTEAPの点数と,本番の英語以外の試験の総合点で合否が決まります↓↓

もっとも,まずは良い点数が取れなければ話になりませんので,詳細は実際にTEAPを受けた後で調べてみることにしましょう。

ここでの理解としては,日東駒専やMARCHに始まり,はたまた早稲田においてもTEAPスコアの利用が可能な学部・学科が存在し,うまく使うことで合格可能性を高められるということだけ押さえておいてもらえたらOKです。

ちなみに結果については,1ヶ月以上経ってから返送されてきます(ウェブ上でも確認可能)↓↓

TEAPの成績表

上はTEAP CBTの成績表の例ですが,TEAPは400点満点(各技能20~100点),TEAP CBTは800点満点(各技能0~200)のスコアが表示され(E),それに対応するCEFRのレベル(F)とアドバイス(H)が書かれている点はTEAPのものの同様です。

なお,Iの位置に表示されているスコアは「CSEスコア」と呼ばれるもので,英検やIELTSなどと比較する際に役立つものです。

実際の大学に提出するのはEのスコアが多いですが,英検2級に合格するレベルだとTEAPで220~300点,TEAP CBTですと420~600点が見込めます(以下の表のB1レベル相当)。

ちなみに英検準1級はCEFRのB2レベルに相当しますので,難関大私大のTEAPスコアで求められることの多い「L&Rが70以上」というのはまさにその基準を指すことになるわけです↓↓

TEAPの成績表

 

TEAPの試験内容と対策

試験の構成について知ったところで,いよいよTEAPの試験内容についてみていきましょう!

まずは試験時間から。

TEAPの成績表

4技能で受験すると,午前9時から最大午後17時すぎまでの約8時間も拘束されてしまう,ほぼ1日がかりの試験です。

とはいえ,その間に昼ご飯の休憩が30分ちょっと,さらには最後のスピーキング試験は14時20分から順次開始で1人10分で終わるわけですから,試験自体は全部で約200分(3時間20分)です。

ちなみにTEAP CBTの方は,そのような待ち時間もなく,以下のような時間割で行われます↓↓

TEAP CBTの時間割

ここからは問題構成についてより詳しく見ていきますが,詳細はすべてTEAPのHP上に記載があるので,詳しくは以下で確認するようにしてください↓↓

参考

ここではTEAPのものを中心に説明していくことにします(CBTとは問題数などで多少違いがあります)。

リーディング

リーディングパートは全部で70分,問題数は60問でマークシート形式です。

Part1(20問)は語彙問題,Part2(20問)は図表やメール,短文の読み取りが主で,Part3(20問)は長文の読み取りとなります。

Part1はこのような感じで始まり↓↓

以下のような短文を読んで答える問題が続き,

長文問題のPart3へと続きます↓↓

Part3のBともなれば,共通テストを思わせる図表が出てくる長文問題が出てきたりもします。

考えられうる対策についてですが,

  • 語彙問題は教科書に出てきたものを例文ごと覚え,決まり文句もそのまま使えるようにする
  • 英文と選択肢を正確に読めるようになることが最優先
  • 段落ごとに言いたいこと,ディスコースマーカーやキーワードから文章の流れを追う練習

の3つが有効です。

これは「単語は教科書レベルをしっかり覚え,精読から始めて最終的には論理展開も追えるように学習する」ということを意味し,大学入試の勉強とも重なりますね。

リスニング

リーディングから休憩を挟まず,続けてリスニングパートが始まります。

時間にして50分,問題数は50問でこちらも形式はマークシートです。

短文パートと長文パートの2つに分かれており,Part1と2で25問ずつ。

最初のPartはこんな感じ↓↓

一方の長文Part2ではこのような英文が流れます↓↓

上の問題の場合,質問は4問ありました↓↓

なお,英語音声は1回だけしか流されないので注意してください。

対策ですが,教科書でもよいので,とにかく日頃から英語の音に慣れておくことが重要です↓↓

  • リスニング教材(学校で配布されたもの・英検の教材・ラジオ英語など)を毎日聴く

発音記号について理解が怪しい方は,以前記事にした発音の仕方も参考にしてください↓↓

リスニングはまとまって一定期間聴くだけですぐにスコアがアップします。

教材の確保と日々の習慣づけが大変ですが,それさえクリアしてしまえば後はさほど大変ではありません。

何より,声を出すことで勉強中に眠くならないのがいいですね!

ライティング

試験時間にして70分,問題数は要約とエッセイの2問,そしてこちらは記述形式となります。

要約問題は,説明文や評論文を読んでその内容を70語程度に要約するものですが,

2つ目のエッセイ問題は,論点を把握した上で自分の意見を含めて200語でまとめなければなりません↓↓

1つ目の要約問題については,リーディングのときにも述べた,論理展開を把握するための勉強が役立ちます。

また,2つ目の対策としては,

  • 問題と解答例を見て,どんな模範解答を書けばよいのか知る

だけでも,かなり見通しが明るくなるでしょう。

大学で学ぶようなアカデミックライティングになりますと,最初の段落で「序論」,2~3段落で「自分の意見とそのサポート」,4段落目で「結論」などと決めて書きますが,TEAPの場合はそれとはやや異なり,

  1. 全体のテーマや状況について書く
  2. 1つ目の文の要約
  3. 2つ目の文の意見をまとめる
  4. 自分の意見を理由付きで書く

ような流れになっています。

文法ミスも減点対象ですが,内容こそが一番大切なので,まずはしっかりと書きあげて,最後通しで読みながら文法的におかしいところはないかチェックしていく感じでよいでしょう。

問題文に何を書くべきかは細かく書かれているので,それに従って1段落ごとに答えを書いていけば模範解答に近づけられるように思います。

スピーキング

試験時間は10分で,問題数は4問。

英検と同じく面接形式です。

今のところ,聞かれる内容については以下のようになっており,試験内容は録音もされて採点に使われます↓↓

  1. 受験者自身について
  2. 試験監督にインタビューする
  3. あるテーマについてスピーチを行う
  4. Q&A

Part1の質問から質問責めになるのは辛いところですが,スピーキングとはこのようなものです。

その場の雰囲気にいち早く適応しましょう↓↓

Part2ではトピックカードが配られ,試験官を○○に見立ててインタビューするというユニークな出題がされます。

以下の例では,試験官を「高校教師」と想定して質問を考えるようです↓↓

ある程度慣れてしまうと,聞き方がわかってくると思うので,自分なりの質問パターンを練習しておいてください。

Part3はカードに書かれたトピックについてスピーチをします↓↓

最後は時事的な問題についての質問が複数飛んできますから,覚悟をしておきましょう↓↓

これらの質問に答えるためには,普段から英語を話す練習をしておくことが肝要です。

大人の私たちでも,突然外国人に道を尋ねられると何も言えなくなってしまうことがありますからね。

特にTEAPでダメなのは黙ってしまうことですので,しっかりと声を出す練習をしておきましょう!

 

まとめ

以上,TEAPとTEAP CBTについて,理解を深めていただけましたでしょうか。

試験の時間配分や問題内容,加えて普段の対策の仕方について学んでおくことだけでも,確実にスコアはアップします。

なお,市販されているTEAP対策本につきましては,2015年あたりの旺文社のものを筆頭に10数冊は確認していますが,2020年になってもいまいち新刊が発売されてこないのが気になるでしょう。

大学入試のための勉強や試験形式の近いテストの参考書で練習することになります。

最後の章で具体的な対策についてみてきましたが,TEAPの基本方針としては「バランス良く英語力を身に付ける」ことに尽きます。

英検でもそうですが,特殊な専門用語(ある業界でしか使われないような単語)は目にしませんし,文法問題も早慶で出てくるような重箱の隅をつつくようなものも出題されません。

とはいえ,普段対策しにくい「リスニング・ライティング・スピーキング」については,普段からどれだけ英語を使っているかによってスコアが大きく変わるものなので,付け焼刃的な対策を施した程度では大した結果には繋がりません。

特にスピーキングやライティングについては学習相手が必要となりますので,学校の先生やクラスメイトを練習相手に指名できるようだと最高です。

とはいえ,「何もしゃべれない」,「書く英語が全く浮かんでこない」段階では,実戦練習もなにもあったものではありません。

そんなときに有効だと思えるのは,オンライン教材相手に英語を毎日アウトプットすることです。

具体的には英検の対策について語った記事などが参考になるかと思います↓↓

TEAPの直前になってしまった場合でも,特にライティングの解答例だけは確認しておきましょう。

図表の読み取りを200語にまとめる問題では,「こんな解答でも点数になるのか」ということに気が付くだけで,大きく点数が変わります。

なんだかんだ書きましたが,普段学校の勉強に付いていけて真面目に学んでいる子だと,ほとんど対策なしでも意外に良い点が取れてしまうものです。

そこまで恐れることなく,ちょっとでも点数が上がるよう,時間の許す中で頑張ってみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-入試改革

© 2020 スタディサイト