勉強法

家庭学習には「やる気」が大切!モチベーション維持の秘訣とは?

「子どもが一番勉強する場所と言ったらどこでしょう?」と尋ねれば,多くの方は「学校」と答えると思いますが,例えば夏休みだけでみればそれは「塾」になるでしょうし,年間通して過ごす時間が一番長いのは「家」かもしれません。

特に,勉強する対象を,他人とのコミュニケーションや社会のルール的なものから,国数理社といった科目の知識を吸収することだけに限ってみれば,深く集中して学べる場所は「家庭内」だと言えるのではないでしょうか。

中には「授業中にすべてを理解して,休み時間に復習までして一日の勉強は終わり」とできる子もいますが,私のように学校だと気が散ってしまって勉強に身が入らないようだと,「家庭学習」こそが頼みの綱です。

そしてそれと同時に考えるべきは「やる気」問題で,才能があるかないか以上に重大な問題であり,例え勉強ができない子でも必死に頑張っていれば応援したくなりますし,才能があっても努力していなければ叱られてしまうこともあります。

2020年の3月にはコロナによって,多くの子どもが自宅で学習せざるを得ない状況に陥りましたが,きっとなかなかに難しいものでしょう。

そこで今回は,そんな家庭学習を成功させるためのやる気(モチベーション)を上げる秘訣について,いくつか考えてみたいと思います。

※ちなみに「自宅学習(ホームスクール)」と言えば,「学校に通わないで,家を拠点に教育を受けるhomeschool」のことを指し,親が学校に通わせることを拒否したり,色々な都合で学校に通えない子が家や私的な機関において教育を受けることを指す場合に使われます。そのためここでは「家庭学習」で統一します。

家庭学習を成功させる要因

家庭学習に限りませんが,一般的に何かを学ぶ際に大切なのは「才能・勉強法・やる気」の3つです。

このうち「才能」は,生まれ持った能力で変えることができないのでここでは考える必要はありません。

ただし1つ付け加えると,子どものうちは才能の差が出にくいとされ,例えば外国語の習得を例に挙げると,大人の場合は「音の認識・分析(文法)・暗記」の3つの才能が影響してしまうのに対し,子どもは暗記(記憶力)しか影響しないことを裏付ける研究結果もあります。

「家の子には才能がない」と諦めるのは,少なくとも高校生になるくらいまでは控えておくのがよいでしょう。

つぎに「勉強法」ですが,これは結果に影響してくる要因ですので,色々な試行錯誤によって自分の子にうまくいく方法の目星を付けておくことが大切です。

人によっては小学生のときに教わった方法を高校生,はたまた社会人になってからも踏襲する場合もあるでしょう。

私は今やノートをマインドツリー(マインドマップ)の形でしか取らなくなりましたが,ノート術に加え問題集のやり方(問題集に書き込みをしない,その日の最後にやったことを振り返る)など,どういった勉強法を身に付けるのかについては,教師となる人の責任は大きいです。

しかしこれについては1つ注意が必要で,誰かにとってうまく行った方法が自分の子に合うとは限りません

多くの人に合う方法はもちろんあるのでしょうが,ニュースなどで注目を集める奇抜な方法は,その人にしか当てはまらなかったり,その人だからこそできたもの(すごい才能や環境が整っていたなどの)場合があるのがほとんどです。

ヒントにすることはあっても,自分を卑下するきっかけには決してしないでくださいね。

そして最後の「やる気」についてが今回のテーマです。

ちょっとの期間ならなんとか「よし頑張るぞ!」でなんとかなるかもしれませんが,長期間に及ぶとなるとやはりモチベーション維持の工夫は必要だと思います。

先述した通り,特に子ども時代は才能が問われにくい時期なのですから,ずっとやる気が出ない状態で数年間を過ごすのは大変にもったいないことです。

それではいよいよ次章から,具体的なやる気の出し方について考えていくことにしましょう!

 

無理矢理やる気を出させる方法

そもそも一体どういうときにやる気は出るのでしょうか。

「何か気分で」というのはもちろんですが,その気分になるのを何もせずにずっと待っているわけではありません。

例えば,全くやる気がなくて夕飯の準備をしたくなくても,時間が経ってお腹が減ってきたら「仕方なく」買い物に出かけるでしょう。

その場合は「食欲」が,無理矢理やる気を出させたことになります。

食べなければ死んでしまうわけで,こういった命に関わる欲求であれば,ちょっとか格好が悪い形にはなりますが,やる気を出すことが可能です。

ここでは無理矢理にでも仕方なくやる気を出させる方法をいくつか紹介します。

危機感を募らせる

勉強でも危機感をあおり,「受からなければものすごい損害を自分が被ってしまう」という意識を持てるようなら,同じような形で勉強できるようになるでしょう。

例えば,「勉強で良い点を取れないと医者になれない」というのが分かった子は仕方なく勉強するようになるわけで,その子が心の底から医者になりたいと思っていればいるほど,やる気は出ることになります。

逆に,勉強することに意味を見出せなければ子どもは勉強をやりません。

将棋の藤井聡太さんも中学生のとき,

「どうして宿題をする必要があるのですか」

と食って掛かるような感じ形で尋ねたそうですが,先生から納得のいく答えを得られてからはちゃんと宿題をやってくるようになったと言います。

とはいえ私が今ここでみなさんに,「このように子どもに言えばOKです。」などと回答例のリストを挙げても実用性は皆無でしょう。

というのも,子どもは親をよく観察しているので,親本人が思ってもいないようなことを言っても,その嘘はすぐに見透かされてしまうからです。

本当に思っていることを伝えるのでなければ,むしろ逆効果になってしまいますのでご注意ください(この場合,本当に宿題の価値をわかっている教師に答えてもらうのが正解でしょう)。

罰則を設ける

若干,上記の方法と似ていますが,家庭内の罰則を設けることで,勉強のモチベーションを上げることができます

私自身,「やる気」と聞くと良いイメージで内面が高まるように思っていたのですが,どうやらそうでもなさそうなのです。

「現役で入らなかったら学費は自分で稼いでください」と親に言われ続けた子が難関大に入ったりするのをみていると,当人は落ちて浪人することを心底恐れていたようで(実際は就職を覚悟して勉強しており)罰則がかなり影響するのだと考えを入れ替えました。

流石に虐待とまでいけば間違っています。

ですが,テストの成績が悪かったときに「スマホを金庫に隠す」くらいのことは結構している家庭が多いようです。

この反対に「ご褒美をあげる」というのもありますが,これについては後述します。

勉強以外の選択肢をなくす

これも無理矢理感あふれる方法になりますが,勉強以外の選択肢をなくしてしまうことです。

例えば刑務所に入った中卒の子が,漢字検定の本しか獄内になかったので,それを読んで1級に合格したというのはその極端な例でしょう。

家庭でもっと簡単に実践できることとしては,勉強する部屋を変えることがその1例です。

「リビング学習」という言葉もあるように,自室のような遊ぶものがあるところに身を置かず,家族の目があるリビングで勉強をするのはやる気を出すための有効な方法になります。

もっともその間は家族もテレビを見たりスマホをいじったりしないことが大切なので,例えば,家族みんなが各々真面目に勉強する時間を設けてみてはいかがでしょうか。

ちなみに,誰かの目を意識するというのは,場合によっては命を投げ出す理由にもなるほどに大きな行動力へとつながります。

その典型は宗教ですが,信仰心が強い人ほど「神様がいつでも見ているから悪いことができない・善い行いをしよう」と考えているのは明らかです。

ここでは無理にでもやる気を引き出す方法について考えてきましたが,できるだけ避けてほしいというわけでもありません

例えば,勉強の意味について納得できない子が,テストまであと2週間となっていれば,もはやリビング学習などを採用する以外にないでしょう。

次章で紹介する方法とどちらが優れているというわけでもないので,必要に応じてできることをするのが一番だと思います。

 

自然にやる気を出させる方法

今度は自然とやる気を出す方法について考えてみますが,こちらは聞いたイメージだと良いものがありますね。

が,早速紹介するのは,「テストで1番になったら10万円あげる」みたいな内容ですので,そこまで期待しないでください(笑)

報酬を用意する

いわゆる「報酬と罰」と言うとネズミを使った実験みたいですが,後輩は報酬を用意する方法で親からお金をもらい続け,大学入学時にすでに講座に100万円以上の預貯金を持っていました。

この方法で彼が手にした称号は,水泳や将棋の県代表,成績学年トップを数回,そして東大合格といった輝かしいものです。

ちなみにここまで能力を高めてしまうとその先の勉強も簡単なことが多く,2週間くらい実験室にこもって公務員試験も軽々突破していましたね。

そして地元に就職し,親孝行しているのを見ると「良い子に育ったな」と思うわけです。

ちなみにもっと簡単なところでは,「1つの参考書を終えたら見たい映画を見る」でもいいですし,「1問終えたら飴を一つ食べる」でも構いません。

マイルールを作れるようになれば1人でもできるのでおすすめです!

なりたい目標を見つける

自分が将来なりたい像が決まっているなら,身近でその夢を叶えた人を見つけてしまうとモチベーションのアップには困りません

尊敬できる恩師に出会うことで,その人の考え方(多くの確率で喋り方や思想までも)を吸収してしまうのも子ども時代のあるあるです。

ですがそれ以上におすすめなのは,「この人くらいにならなれそう」と思える目標を探すことでしょう。

なんだか自分と境遇が似ていて,ちょっぴり下に見ているところがポイントです。

例えば,自分の志望している学校に入った先輩がいるなら,その人を超えるように努力するようになるので,モチベーションを維持したまま頑張れるはずです。

逆にあまりに完璧すぎて,越えるのが無理そうだと思ってしまう人を選んでしまうと,逆に打ちのめされてやる気の低下にもつながりかねません。

仲間と勉強する

自分1人では勉強できないけれど,仲間がいれば勉強できる」というのは,やる気を上げる際に役立つ秘訣です。

若干先ほどの「家族や他人の目」に近い部分もありますが,あくまで,1人では勉強のやる気が上げられない人同士が,積極的に相手を求めているところが違いでしょうか。

部活動や専属コーチをつけたオンライン教育が結果を残せるのは,この影響が多く,個人では限界があることも暗示しています。

もちろん,1人でできる人なら群れをなす必要はありませんので,誘いに乗らないことが大切です。

しかし,学校が始まる朝ちょっと前に友達と集まって勉強したり,自分で試験範囲の数学の問題を作って友達に出し合うなどといった工夫をしている子たちを見ると楽しんでやっているようですし,これは「社会ストラテジー」という名前で,立派なモチベーションアップの方法にもなっています。

 

まとめ

以上,家庭学習で実践できるやる気アップの方法についてみてきましたがいかがだったでしょうか。

今回紹介した方法のうち,すぐに家でも実践できそうな方法だけ箇条書きにしてみると,

  • 勉強をする必要性について話し合ってみる
  • 「受からなかったら○○・やらなかったら××」といった罰を設ける
  • 自分の部屋以外で勉強させる・遊び道具を片付ける
  • 頑張ったらご褒美をあげる
  • 先輩や同級生で,頑張ったら超えられそうな人を探す
  • 友達を家に呼んで,一緒に勉強する

となります。

教材に関しては,当サイトでもいくつか紹介しているので,参考にしてみてくださいね!

今回紹介した考え方自体は,子どもに限らず,大人であっても実践できるものです。

例えば,カフェや自習室で勉強するのも立派な勉強法ですし,プチ贅沢するのはご褒美作戦だと言えるでしょう。

上に挙げたのはあくまでマイルールに過ぎませんが,広くみなさまの役に立つことを願っています。

これ以外に良い案があれば,是非是非教えてください!

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-勉強法

© 2020 スタディサイト