小学生の英語教育!親は何をすべきか

子どもの教育をどうすべきかについてですが,もちろん自分なりに考えて色々やらせてみるのですが,果たしてこれで合っているかどうかは実際やらせてみないことにはわかりませんし,他の子がうまくいっているからといって,自分の子にあてはまるとは限りません。

水泳や書道といった習い事は今でも根強い人気を誇っているようですが,いよいよ小学生になると「英語」について考えることになります。

ですが,「早期から英語の音に慣れておくと良いとは聞くけれど,英語教室に通わせようにも他の習い事で手一杯だし,そもそも自分も英語できないし…」などと考えてしまえば,そこで思考は停止してしまい先に進めなくなってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は,小学生の英語教育で心に留めておきたい事柄について整理するとともに,親ができる学校外でのサポートについて,一体どんなことをすべきなのかまとめてみました。

1つでも参考になったら,と気楽に読んでいただけたらと思います。

小学校の英語教育

小学生に英語を教える先生

小学校の英語教育の目標は,学習指導要領が新しくなるたびに文面は変わっていくものですが,実は数十年前と根本的なところに変わりなく,

  • 社会に適応する
  • 自分らしさを発見する

という2点について,英語を使って実現していくことになります。

この目標は英語という教科に限らず,いつの時代においても目標に掲げられる類のものではありますが,小学生は自分の属するコミュニティー(家族や地域など)でうまく意思疎通を図り,他人と比較しながら自己実現していくことを求められているわけです。

読み書きそろばんであれば具体的な技術や知識を身に付ける必要がありますが,こと英語においては文法や読解,もしくは正しく発音することを強制されたり,無理矢理に音読させられるようなことはありません。

「中学英語の前倒しが小学英語ではない」という点が1つ大事なことで,それは子どもの発育段階にも関係しています。

実際中学に入ってからの勉強と小学生の英語では教育方針に違いがあり,例えば英語を聞かせて動作による反応を求めたりするのは小学生のときだけです。

中学生がツイスターゲームをしたり,クラス一緒になって洋楽を歌うなんてことはそこまで多くないでしょう。

逆に考えれば,小学校で英語教育が行われるようになったことで,中学でこういったことを行わなくなったと言えるかもしれません。

さて,このような英語教育はもちろん学校で行うものなのですが,令和時代の教育改革においては(実際はこれまでもそうでしたが),親や地域といった周りの大人も子どもの教育に積極的に関わることが求められています

とはいえ,具体的にどういったことが考えられるのでしょうか。

「先生の代わりになれればよいのだけど,私は英語が得意ではないから,別に習わせないといけない。」という話ではありません。

もちろんそれも1つの有力な案ですが,まずは親が自らの手でできることに目を向けてみましょう。

次章から,親がサポートできる小学生の英語教育についてまとめていきますが,まずは外に出かけて行うものから紹介し,次に家の中でできる対策について順番にみていくことにします。

 

外に出て行う小学生の英語教育

異文化の風景

小学生の子を親が外に連れ出して行う英語教育では,異文化を体験することと国際理解を深めることを意識して行うようにすることがおすすめです。

日本とは異なる海外の文化に触れることをきっかけに,英語を話す楽しさや気持ちが通じ合う喜びを見出せたなら,それが小学生のコミュニケーション能力を育むための原動力になります。

国際理解と聞くと「○○という国は人口がこのくらいで地球上でこの場所に位置し,このような文化や習慣があります。」といった内容を思い浮かべるかもしれませんが,そうではありません。

それは,外国語を使った交流を通して,異文化の人たちと協力し合って何かを達成したときにはじめて理解できるものだとされます。

「コミュニケーションを通した学び体験」とでも言えばよいでしょうか。

国際理解によって小学生は,自分を高めようとする向上心や相手文化を尊重する心を育みます。

さらにその結果,言語や世代に関係なく,周りの人と積極的にコミュニケーションを取るようになったり,ボランティアに率先して参加するようになるというわけです。

触れさせる異文化ですが,何もアメリカやイギリスと言った英語圏である必要すらありません。

世界の共通言語は英語ですから,異文化を自国の文化と比較できる体験さえできれば,あとは学校の授業に任せてしまえばよいわけです。

また,親が何かを教えようと躍起になる必要もなく,ただ子どもと一緒に楽しむだけで構いません。

異文化体験ができる場所としては,専門の施設やバスツアー,さらには米軍基地などがあります。

いくつか紹介してみましょう。

ハウステンボスに行く

ハウステンボスの園内の様子

ハウステンボス」は長崎県の佐世保にあるテーマパークで,敷地面積としては日本最大を誇ります。

その面積はディズニーリゾートの1.5倍で,オランダの文化に触れられるのがウリです。

非英語圏ではありますが,ノンネイティブの中で一番英語が上手いと言われるのが実はオランダ人で,続けてスウェーデンの北欧諸国やドイツが挙げられるかと思います。

オランダ語で「HUIS TENBOSCH」と綴りますが,それは日本語だと「森の家」という意味となり,風車やチューリップを特徴とする田園風景を思い浮かべてみるとイメージしやすいでしょう。

春以外に訪れても,バラやアジサイ,ユリにヒマワリ,そして胡蝶蘭などが出迎えてくれます。

もちろんそれだけではなく,鮮やかな旗がはためくヨーロッパらしい町並みであったり,約50種類のアトラクションもあり,800tの水を使用した「ホライゾンアドベンチャー・プラス」ではオランダ干拓の歴史を学ぶことが可能です。

最近特に注目が集まっているのは「変なホテル」で,多言語対応のロボットたちがチェックインから部屋案内までこなすホテルにおいて,先進のAI技術を感じ取ることができるでしょう↓↓

変なホテル

是非宿泊されてみることをおすすめします。

より英語教育に重きを置いた施設としては,前に記事にした東京のTGCも有名です。

はとバス

はとバスツアーの訪問先

外国人と話していると,日本にいるのに知らないことが沢山あることに気づかされます。

そこで,70年以上の歴史を持つ「はとバスツアー」に参加して日本の伝統文化を体験したり富士山方面に出向いてみてはいかがでしょうか。

英語教育の観点からだと,外国語バスツアーに参加するのがおすすめです。

これは外国人観光客向けのものなのですが,実は日本人でも利用できます

中でもおすすめは,日本文化を8時間以上かけて堪能できるコースでしょう。

全国通訳案内士の方に英語で日本文化や歴史を説明してもらえます。

日本に住んでいて背景知識があるため単語の意味はかなり推測できますし,何より乗客の多くは外国人の方ですので,雰囲気は完全に異文化です。

バスから降りて東京タワーや八芳園,皇居前広場や浅草観音を観光する際には,周りの外国人に話しかけてみてもよいですね。

片言でも十分ですし,それ以前にあちらから話しかけられるかもしれません。

客層としては,日本が好きで家族旅行で来ていたり,ビジネスで来日している方の利用が目立ちますから。

意外と昔から外国人向けのツアーに参加する日本人は多いです。

横須賀米軍基地

横須賀米軍基地のイベント例

日本の米軍基地は定期的に一般公開されています。

例えば今回紹介する神奈川県の横須賀市にある米軍基地でも,以下のようなイベントが過去に行われました↓↓

  • スプリングフェスタ
  • フレンドシップデー
  • 各種見学ツアー
  • 日米交流事業のボランティア

あくまで目的は別にあるため,頻度は1年で数回あるだけです。

ですが,開催された際には,通常入れない基地内でアメリカンな屋台やステージイベントが楽しめる他,4時間以上かけて歴史スポットを巡るツアーや海軍兵が日頃行なっているボランティア活動(基地周辺の清掃+昼食交流)に参加できるのは貴重な体験になります。

買い物や注文のやり取りは英語で行われますし,基地内の通貨はドルです(円も使えます)。

横須賀市全体が異文化交流に積極的なのも良いですね。

子どもたちが英語で魅力を案内するYouTubeも是非見てください↓↓

 

自宅でできる小学生の英語教育

勉強に使うクレヨン

子どもにとって,家にいる時間というのは小学校にいる時間よりも長いでしょう。

そういった意味で,自宅で英語教育のサポートをすることはとても大切です。

が,学校と同じことをしたり,英語の勉強をしろというわけではありません。

逆にそれだと,家がまるで学校のようになってしまい息が詰まってしまいます。

自宅ではコミュニケーション能力を高めることを第一に考えましょう!

まずは日本語で構わないので,話を聞いてあげてください。

コミュニケーション能力は国際社会で生きていくための土台になりますが,どんな言語を介してであろうと,あたりまえに意思疎通できるような環境で育つことが重要です。

それを前提に,英語教育のサポートとして英語が自然と耳に入る状況を作っていきましょう。

英語の遊びや歌,ゲームや演劇をしてみるのが定番ですが,ディズニーが好きな小学生でしたら「ディズニーデラックス」というサービスに契約してみるのもおすすめです。

ディズニーデラックスのトップページ

ディズニー公式動画(アニメや映画)を日本語と英語の音声や字幕4通りから自由に組み合わせてみることができるので,まずは日本語で内容をわからせてから英語で再度聞いて,その違いを楽しんだり,何と言っているかもすぐに確認できたりします。

なお,自宅で英語教育を行う際は,

  • 子どもが知りたい単語は難しいものでも教える
  • 点数をつけて評価しない
  • 下手&日本人的な英語などと貶さない
  • 音読を強要しない

ことに注意してください。

あくまで,「英語って楽しいな!」と思わせることが大切です。

 

まとめ

英語教室の内装

以上,小学生の英語教育をどうすべきかについて,いくつかの具体例と共にみてきましたがいかがだったでしょうか。

今回の内容をまとめると,将来社会に出た時にしっかりとコミュニケーションが取れ,外国人を含む他人を尊重できる人になるための土台を作ることが小学校の英語教育の目的でした。

そして,そのサポートとして親は異文化体験をさせたり,自宅でコミュニケーションを積極的に取ったり,英語が聞ける環境を作ってやることが大切です。

  1. 英語の楽しさに気づく
  2. もっと話したいなと思う
  3. 色々な人と交流したりボランティアに積極的に参加する
  4. 自分の意見を持ちこれからの社会を生き抜く力が生まれる

その結果,上のようなプラスの連鎖が生まれることで,その子の未来は明るいものになります。

今回紹介しませんでしたが,海外に短期留学や旅行をしたり,留学生の受け入れをするのも良いでしょう。

なお,他国の事情として,タイでは3歳から英語教育が行われ,欧米留学も多いと聞きます。

とはいえ,小学生の教育において親は教師になる必要はありません。

難しく考えず,子どもと同じ目線になって,時にはリーダー的な役割を果たしながら一緒にコミュニケーションを楽しんでいきましょう!

-英語

  • この記事を書いた人

スタディサイトの管理人

都内の塾運営にかかわり,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで幅広く教えています。最近の関心事は教育改革で,塾に入ってくる情報に加え,信頼のおける情報をまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです! twitterLINE