学習指導要領

東京都英語村(TGG)の利用法!2018年9月オープン!

東京都教育委員会は2018年9月に東京都英語村(TOKYO GLOBAL GATEWAY:TGG)を開設しますが,それはどのようなものなのでしょうか。

今回は,TGG設立の目的やコースなどの利用法について解説します。

 

 

東京都英語村とは

2020年以降に社会で活躍する人が生きるのは,グローバルな社会です。

そこでは,共通語である英語スキルが重用されることが大いに予想されますが,まだまだ日本の学生の英語力では太刀打ちできないところも多いのが現状です。

特に『英語の発信力』の育成に関しては,学校教育だけではカバーしきれない部分があるのが問題視されており,児童・生徒に「生きた英語」を話す機会を提供し,世界に目を向けるきっかけになればと作られたのが,この『東京都英語村(TGG)』であるわけです。

 

それではまず,以下のTGGの紹介動画を観てみましょう↓↓

 

今後大人にも対象範囲は拡大する予定ですが,現時点では,小学生・中学生・高校生・大学生のための,

『児童・学生向けの体験型英語学習施設』

だという位置づけです。

 

東京都教育委員会も提供側の一員なのですが,学校単位で利用する以外に,もちろん一般利用も可能な上,都内外問わず誰でも,自分の子どもに英語の楽しさを伝えたり,知的好奇心を刺激することができるわけです。

ここからは,東京都英語村を一般利用する場合の,各種プログラム内容について紹介していくことにしますが,現時点での学習プログラムは以下の4つ↓↓

  1. 英語で体験する生活シーン【小学生向け】
  2. 東京都で留学体験【中高生向け】
  3. 金融教育プログラム【高校生・大学生対象】
  4. 半日英語漬け【小中高生向け】

どのような学習プログラムなのでしょう,大変気になりますね!

 

 

小学生向けプログラム

TOKYO GLOBAL GATEWAYが小学生向けに提供するプログラムは,レストランやお土産店,または病院など,海外に行ったときに利用する舞台で,外国人相手に英語で意思疎通をとります。

とはいえ,ただ勝手気ままに話しかけて終わりではありません。

実戦の前に,必要なフレーズは学べますし,各生活シーンにミッションをクリアしていかないといけません。

しっかりとした学習段階を経て,実戦へと移るわけですね!

 

例えば,実際の施設の一例で,レストランを場面に選んだ場合をみてみましょう。

海外に行ったとき,やっぱりレストランでの接客は緊張します。

しかし,お腹はどこにいても空くものです。

英語ができないからと,ハンバーガーばっかり食べていても面白くないですからね。

小学生のうちに色々と自分の希望を伝えられるように練習をしておくのは非常に良い経験になることでしょう。

ミッションとしては,『トッピングやドレッシング,さらにはサイドオーダーなど,希望の食べ物やドリンクを注文する』といったものとなります。

”I want~”,"~,please" といったフレーズを使って,欲しいメニューを頼みましょう!

シーンは9つの中から5つを選べる上,店員側は子どもの英語力を判断し,接し方を変えてくれるので安心です。

 

中高生向け仮想留学体験

2つ目に紹介するプログラムは,中高生向けの留学体験プログラムです。

昔から中高生のうちに短期留学やホームステイをして,英語に開眼する学生も多いですからね。

ここではオーストラリアで実際に行われている授業を,現地の教員が行ってくれるというのが大きな特徴です。

全部で3時間ものレッスン時間がありますが,最初の1時間は学生サービス部や本屋,またはカフェで想定される会話を体験し,その後の2時間でみっちりと現地での授業を体験します。

東京都英語村で採用されたのは,本邦初公開となるプログラムだということで,非常に楽しみかつ有意義な経験になることでしょう。

 

 

高校生・大学生向けプログラム

3つ目に紹介するのは,ハイレベルな高校生又は大学生向けのプログラムということで,その内容も最先端をいくもの。

国際金融情勢を英語で学ぶことでグローバルな視点を磨こうというテーマで行われます。

もちろんここは英語村ですので,使える言語は英語のみです。

さらにビジネスの場面で必修ともいえるプレゼンテーションのスキルも学習することができますが,ここで用いるのは,金融機関が使っているのと同じスペックを誇る『ブルームバーグ端末』です。

専門家により,株価や売り上げ,商品群などの分析の仕方を学び,各学生が投資先をどこにするか考えます。

こちらも3時間の学習プログラムになります。

 

 

小中高生向け東京都英語村丸ごと体験

最後のプログラムでは,学校向けの英語漬けプログラムを一般の学生でも利用できます。

学生たちは1つのチームを組んで行動し,英語漬けの3.5時間を過ごせますが,この際1人のイングリッシュスピーカーがずっと寄り添ってくれるのが特徴です。

仲の良い友達たちだけで最大8人のチームを組めます。

流れをまとめると,

  1. チーム結成と準備(45分)
  2. アトラクションプログラム(60分)
  3. 休憩
  4. アクティブイマージョンプログラム(60分)
  5. 振り返り(30分)

レベルとしてはCEFRのA0~B1まで対応し,各学力別にアクティブイマージョンプログラムの内容が異なります。

具体的には,初級が『身近なものから効果音を作り出すプロジェクト』ですが,中級にもなると『ニュース番組を作るプロジェクト』となります。

チーム内で話し合い,作り上げた音について他のチームにむけて発表したり,各チームごとに撮影したニュース番組を観て振り返ったりすることになるわけです。

チーム結成や実際の詳しい内容については,次章の動画を観てください!

 

 

料金やアクセス方法

以上紹介してきたプログラムですが,料金は以下の通りです。

  • 小学生向けシーン別:150分 3500円
  • 中高生向け留学体験:180分 9800円
  • 高校生・大学生向け:180分 9800円
  • 小中高生の英語漬け:210分 40000円(8人まで一律料金)

これだけの時間とサービス内容で,料金は大体相場の半分程度。

至って健全な料金設定だと感じますね。

 

施設の大きさは7000平方メートル。

前章の画像はエントランスの写真だったわけですが,近未来的な空港の入り口(Gateway)をデザインしているそう。

1Fは一度に300名ほど受け入れられるということで,TGGの大規模さの片鱗がうかがい知れますね。

 

私は2階部分の英語村の広場を見た時,ハワイの街並みを思い出しました。

プログラムの合間の休憩や待合場所や復習の場として,多用途に使うことができるテラスです。

 

そして最上階となる3Fには,先ほどのニュース番組の制作などのスタジオがあります。

 

アクセスですが,東京都江東区青海にあり,電車の駅としては,ゆりかもめの「テレコムセンター」駅が徒歩2分の距離で,次の最寄駅である,りんかい線の「東京テレポート」駅からバスで8分です。

詳しくは,以下のTGGの公式HPの方で,ご確認ください↓↓

【公式】東京都英語村(TGG)

 

 

まとめ

以上,東京都英語村(TOKYO GLOBAL GATEWAY)のプログラム内容と料金や施設についてのまとめでした。

一般用のプログラムは,対象別に全部で4つあり,各自が自分のレベルに合ったプログラムで,普段学校では学べない体験をすることができるのが大きな魅力だと言えるでしょう。

小学生向けのプログラムでは,実際に出くわすシーンそのままで練習できることになり,臨場感たっぷりです。

投資のプログラムでは端末然り,扱うデータ自体も,金融機関が使っているのと同じものですので,リアルな投資の世界が体験できることになりそうですね。

 

気が付くと2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催もすぐそこに迫っていますし,これ以上ない英語を使うチャンスであるわけですから,今回レビューしたTGGなどの体験型英語学習施設をうまく利用し,学校で習った知識や対話技術を,より実践可能なレベルにまで引き上げておきましょう!

あまりに英会話経験が少ない方は,英検5級から準1級まで,幅広い英会話表現がいつでもどこでも学べるスタディサプリなどを使ってインプットを増やしてから参加されるのも一つの手,おすすめです↓↓

スタディサプリ【英会話コース】評判

 

今後このような形で,日本人の英語力を向上させる学習施設がどんどん登場してくることを願って,終わりの言葉に代えさせていただきます。

ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

スタディサイト管理人

都内で塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで,英数を中心に学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をまとめています。すぐに実践できる勉強法やオンライン教育サービスを利用した学習戦略も意欲的に掲載。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。

-学習指導要領

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.