おすすめの塾

スマイルゼミで小学生が英語を学ぶ魅力について!

今回は『スマイルゼミ』を使って小学生が英語を勉強する場合における魅力についてみていきたいと思います。

最近発表になったイードアワードの顧客満足度調査の「子ども英語教材部門」においても最優秀賞に輝いたスマイルゼミですが,一体どのような使い方ができるのか,これから一緒にみていきましょう!

 

 

教材は定評あり!

イードアワード受賞とスマイルゼミの魅力

スマイルゼミの小学講座の魅力の1つとしてまず挙げられるのが教材です。

古くは2013年の日経優秀製品・サービス賞から始まり,ここ3年連続でイードアワードを受賞しています。

サービスの提供元は「ジャストシステム」ですが,スマホ入力の補助として『ATOK』を使われている方なら名前に聞き覚えがあるかもしれませんね。

この会社は実際,20年以上前から全国の公立小学校において学習・授業支援ソフトなどのサービスを提供しつづけています。

そして,そんなICTに強いジャストシステムが考案した傑作が,スマイルゼミの本体とも言える,

学習専用タブレット

だというわけです。

タブレット型の通信教育サービスに分類されるスマイルゼミですが,小学校の授業で用いられることになるICTと言えば,パソコン以上にやはりタブレットでしょう。

ですから,小学生が自宅で普段からタブレットの操作に慣れておくことは現場でも役立つことですし,普通小学生の科目と言えば国語・算数・理科・社会のところ,スマイルゼミではこれらに加えて英語がデフォルトで利用できるのは大きな特徴だと思います。

オプションにはなりますが,以下の「英語プレミアム」と呼ばれるコースに申し込むことで,学習量を倍増させることも可能です↓↓

  1. 英語の音に強くなるHOP
  2. 4技能強化に役立つSTEP
  3. 英検コース

その他,漢検ドリルや計算ドリルも利用することもできますし,プログラミング講座も存在することから,スマイルゼミがこれからの新学習指導要領に対応しているのは明らかです。

電子書籍のようにたくさんの教材が詰まっているのはデジタルにしか出せない魅力でしょう。

タブレットを使った学習には紙媒体の教材では出せない魅力がありますが,これについては次章にて解説することにします。

 

 

やる気が続きやすい工夫がいっぱい!

また,学習の仕方もユニークです。

今や大人も大好きなスマホゲーム的に,画面を付けるとAIが本日の課題を提示してくれるので,難しいことを考えることなく,AIのおすすめに従って一人でどんどん進めていくことができます。

しかも特定の科目や分野に限らず最適な講座をおすすめしてきてくれるわけですから,偏った学習をせずに済むところも大きいです。

前に記事で書きましたが,わからないところが出てきて挫折感を味わってしまうと,脳はそれを苦手科目とみなすようになってしまい,特に英語ではこの苦手意識が今後の学習意欲の大きな妨げになることが知られています。

いい意味で挫折感を味わっていない小学生のやる気は限度を知りませんからね!

それにタブレット専用ペンやタブレットに内蔵されたジャイロセンサー,さらにはミニゲームやカメラ機能なども搭載されているので,とにかく長時間タブレットに触れてくれる仕掛けは多数用意されています。

うまくハマってくれればひたすら熱中して勉強してくれることでしょう。

また,文法やスペルが重視される中学英語と異なり,小学生の英語では日本語にはない英語独特の音に慣れたり,コミュニケーションする楽しさに触れる体験の方がより重視されるので,すぐに音がスピーカーから飛び出し,カラフルなイラストに訴えられるタブレットというのは,その目的にとても適したデバイスにように感じます。

 

ちなみに塾で教えている立場から言いますと,とにかく小学生は丸付けの作業を嫌う子が多いです。

宿題で「問題集のどこどこを解いて,必ず丸付けまでしてきてね」と言っても,大体が丸付けまではしてくれません。

解いたその場で丸付けして,間違えたものはその原因を考える。

これがあらゆる学習の基本姿勢であるにもかかわらず,この態度は小学生においては全く当たり前ではないということは是非覚えておいてください。

しかし,スマイルゼミのタブレットではAIが自動で丸付けしてくれるところが素晴らしい!

小学生が勉強していてもっとも心配な点はやる気がすぐに減衰してしまうことですが,丸付けのような彼らにとってハードルが高い作業をタブレットがうまく肩代わりしてくれるので,「もうやーめた」となりにくい点はスマイルゼミならではの魅力と言えるでしょう。

英語でリスニングすることを例にとってみても,紙媒体で学んでいればCDだけ別の機器で再生するなどの作業が必要で,これは大人でも面倒くさいものですからね。

それに比べて,教材をペンでタッチしたら音がすぐに流れるようなデジタル教材は,ずっと取り組みやすいと感じることでしょう。

 

 

親も状況を把握しやすい!

スマイルゼミでは進捗状況も簡単にチェックできます

子どもが小学生であれば,普段の学習状況を把握するのは親の務めでもあります。

塾に行かせていれば安心という方もいますが,実際の教室内での様子について果たしてどれくらい知っているのでしょうか。

例えば集団授業でずっと机に突っ伏していたり,一見真面目な顔で聞いているようでも,頭の中では「どんな遊びを悪友たちとして帰ろうか」などと企んでいる小学生もいるやもしれません。

そんなわけで,小学生の子を持つ親としては,なるべく会話をするように心がけ,嫌がられない範囲において積極的に学習に干渉していくことが求められています。

スマイルゼミでは,スマホからいつでも簡単に子どもの学習状況を把握できますし,間違い直しが完了していない講座がないかなども画面から確認できるのが特徴的。

スマホから学習状況のチェックが可能

どの問題を間違えたのかも突き止められるので,時間を見つけては親が特別に解説したり,たまにであっても,「これはどうして間違えちゃったの?」といった具合で,子どもに説明してもらうように促せば学習効果は大きく上昇します。

ときには英検や漢検などを受けさせれば,より自信を付けさせることもできるはずです(例えば英検であれば5級から2級まで,漢検は10級から2級まで対応しています)。

 

 

まとめ

スマイルゼミで小学生が学ぶ魅力について,

評判になるタブレット・やる気を出させる教材・親による管理のしやすさ

の3つの観点からみてきましたが,いかがだったでしょうか。

今回の記事のタイトル的に「英語」を中心に見てきた感がありますが,もちろん英語だけ学んでいればよいというわけではありません。

スマイルゼミに含まれる「5教科+α」を通して身に付けた『読み書きそろばん』的な能力こそ,今後あらゆる学習の土台となるわけで,たとえ英語の教科化がニュースで大きく報道されようとも,英文を読むときには「国語の読解力」が,そして自分の意見を述べる際は「プログラミング学習で学べる論理的な思考力」が必要とされるのは明らかです。

そして,こういった総合的な学習が月2980円から可能になる料金設定は,

家計にやさしく続けやすい

というスマイルゼミの最後の魅力につながります。

無料体験期間も2週間と長めにとってありますし,もちろん期間内であれば全額返金が可能。

さらに今なら教育改革にまつわる冊子も貰えるようなので,是非資料請求されることをおすすめします↓↓

他にも幼稚園や中学生の講座もありますので,兄弟姉妹がいらっしゃる方は,そちらのコースも検討ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

スタディサイト管理人

都内で塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで,英数を中心に学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をまとめています。すぐに実践できる勉強法やオンライン教育サービスを利用した学習戦略も意欲的に掲載。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。

-おすすめの塾

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.