スタディサプリENGLISHの料金を比較してみました

スタディサプリENGLISHは,数ある語学アプリの中でも評判が良いものの1つです。

その学習効果は多くのユーザーから支持されており,マクロミルが実施した調査によれば8項目でNo.1に輝いた実績がありますし,App StoreのTOEIC対策コースには1.4万件以上のレビューが寄せられ,星の数にして4.6個を獲得しています(2022年5月調べ)。

今回の記事では,英語力アップのためにスタディサプリENGLISHを利用した場合にかかる料金を,塾に通ったり教材を買った場合などと比較してみることにしました。

もちろん,これらが異なるサービスを提供している以上,コスパが高いか低いかを決めることはできないのですが,限られた予算内での対策を考える際の参考になると思います。

まずはスタディサプリの基本的な料金紹介から始めましょう!

スタディサプリENGLISHの料金

スタディサプリENGLISHの有料コース

詳しい内容に入っていく前に,まずはスタディサプリENGLISHの料金について簡単にまとめておくことにしましょう。

上に示したように全部で3つの有料コースが存在するのですが,1つのコースに複数のプランが用意されており,同じコースであっても料金体系が異なるのが特徴です

コース プランと月額
TOEIC対策 ベーシック:3278円
パーソナルコーチ:24933円
ビジネス英語 ベーシック:3278円
英会話セット:7128円
新日常英会話 ベーシック:2178円
英会話セット:6028円

ここでは,Webページからクレジットカード決済で申し込んだ場合を基に説明します。

なお,パーソナルコーチプランだけは1ヶ月のみの利用ができない関係上,3ヶ月プログラムの値段を3で割って実質月額の形で記載していることにご注意ください。

また,これらのサービスは別途テキストを購入したり,一括払いやキャンペーンを利用するなどで料金が変わってくるため,次章からもう少し詳しくみていくことにしましょう。

その他,スタディサプリには返金制度があるため,途中で解約することになった場合には,残った期間分の料金が戻ってくることが知られていますが,このとき手数料などは取られず,月額払いに比べて損をすることはありません(その場合の利用料金は割引なしの月額料金と同一となります)。

また,次章でカッコ内に示した料金は,スタディサプリのキャンペーンとコードのまとめで紹介している割引価格(非開催時は一番最後に行われたもの)です。

 

 

TOEIC L&R TEST対策コースの料金

ベーシックプラン




まずはTOEIC L&R TEST対策コースから「ベーシックプラン」の料金をまとめますが,以下のようになります↓

月額 パック料金
3278円 6ヶ月:18348円(17760円)
12ヶ月:32736円(29760円)

なお,本コースでは別途テキストが購入可能です。

内容としては,アプリ内のコンテンツをわかりやすく編集したものになりますが,例えば実戦問題集を模試代わりに使う場合や,講義内容をパッと見返したいときなどにテキストが役立ちます。

具体的な価格は,実戦問題集は1320円,パーフェクト講義は2冊セットで2420円が通常ですが,セットで買うと安く購入でき,例えばパーフェクト講義4冊と英文法編の2冊を合わせると6578円で購入することが可能です(バラで買うと7128円以上します)。

市販されているTOEICの公式問題集などを別に使うのでなければ,模試代わりに実戦問題集をどれか1冊購入するのが普通ですので,最低1320円は余計にかかることを覚えておきましょう。

なお,小中高生向けのスタサプと異なり,テキストをPDF形式でダウンロードすることはできません。

また,十分なトレーニングを積むためには毎日2時間の学習を3ヶ月,毎日1時間の学習だと6ヶ月は学ぶ必要があり,後者においてキャンペーンを利用したと仮定し,どちらも実戦問題集を1冊買うものとして計算しても,

3ヶ月利用:11154円(3278円×3+1320円)

6ヶ月利用:19080円(17760円+1320円)

となります。

 

パーソナルコーチプラン


blank

blank
短期間でTOEICスコアを大幅に上げたい方に人気なのが,この「パーソナルコーチプラン」です。

ベーシックプランで受けられるサービスにきめ細やかなコーチングサービスが加わったものになるため料金は割高になりますが,充実した英語学習を行うことができます。

ただし,期間は3ヶ月か6ヶ月のどちらかから選択することしかできません↓

プログラム 利用料金
3ヶ月 74800円(68800円)
6ヶ月 107800円(98800円)

なお,延長する場合も3ヶ月単位で可能なので,私のおすすめは「3ヶ月プログラム」となりますが,短期間に集中して学ぶ方がやる気も続きやすいでしょう。

支払い方法としては,一括前払いの他に,カード会社所定の分割払いも選択可能です。

ちなみに本プランでは無料で8冊のテキストが付いてきますので,上記以外に別途料金は必要ありませんし,修了後にはベーシックプランが1年分無料で使えるクーポンももらえます。

ただし,人によってはさらに練習量を増やすため,実戦問題集(1320円)やパーフェクト講義-英文法編のテキスト(2420円)であったり市販本(市場価格)をコーチから勧められることもありますが,購入する義務はありません(私は特に買うことはありませんでした)。

 

 

ビジネス英語コースの料金

ベーシックプラン


blank

blank
ビジネス英語コースの「ベーシックプラン」は月額3278円で利用できますが,一括で前払いすることで割引を受けたり,キャンペーンが利用できることもあります。

月額 パック料金
3278円 6ヶ月:18348円(17760円)
12ヶ月:32736円(29760円)

TOEICのものと異なり,こちらのコースではテキスト代がかかりません

英会話セットプラン


blank

blank
ビジネス英語コースの「英会話セットプラン」では,提携しているネイティブキャンプ社のオンライン英会話を利用することが可能です。

スタディサプリの教材を使用したレッスンになるので,講師にあれこれ説明することなく,習ったキーフレーズを使って練習が積めるのが強みでしょう。

料金は以下のようになります↓

月額 パック料金
7128円 6ヶ月:39468円(35880円)

キャンペーン中は6ヶ月パックにのみ新規入会特典が適用されてお得になりますが,とりあえずやってみるような場合でも3ヶ月間は続けてみましょう。

他のコースにも言えますが,多くの方が効果を実感するのに必要とされる期間の目安が「3ヶ月」です。

その場合の利用料金は,合計で21384円(7128円×3)となります。

テキスト代などはありませんし,オンライン英会話において追加料金を請求されることもありません。

 

 

新日常英会話コースの料金

ベーシックプラン


blank

blank
新日常英会話コースの「ベーシックプラン」の料金はスタディサプリENGLISHの全サービス内で最安です。

別途テキスト代もかからずお手軽な価格設定であるため,長く続けることで会話力の底上げが可能となります↓

月額 パック料金
2178円 6ヶ月:11748円(10560円)
12ヶ月:20856円(17760円)

純粋にリスニング力を高めたい方は,手始めにこちらのコースから始めてみるのも手です。

3ヶ月間利用した場合,料金は6534円(2178円×3)となります。

 

英会話セットプラン


blank

blank
新日常英会話コースにおいてもオンライン英会話がセットになったプランがあり,ビジネス英語コースのものより安く利用可能です↓

月額 パック料金
6028円 6ヶ月:32868円(29880円)

特に自分の英語力に自信がない場合,本プランを利用せずにベーシックの方で学習することもおすすめですが,学んだ知識を実践で試したいという方は是非使ってみてください。

英検対策としては,こちらと(旧)日常英会話コースも使うことができ,3ヶ月の料金は18084円です。

 

 

英語塾に通った場合の料金

塾の内部風景

次に,英検やTOEIC対策のための塾に通った場合の料金について考えてみましょう。

私は個人塾で講師をしているので色々業界の闇についても知っていますが,1つ注意点を申し上げますと,料金がHP上に明記されていないところは論外です。

これは自社のサービスに対して明確な価値基準が定まっていない発展途上の塾に多く,そういうところに限って,必要でもない授業を余計に取らされたり,教材を自社販売している教材を別に買わされることが多い傾向にあります。

加えて数万円の入会金がかかるのが普通ですから,当初想定していた見積もりよりも料金が割高になってしまうことがほとんどです。

英検対策講座

ネット上で料金が確認できた塾における英検対策講座としては,以下のようなものがありました↓

A塾の例

英検3級コース:約40000円

英検2級コース:約77000円

レッスン期間は3ヶ月,約20時間で終了となるコースです。

定員が2~8名の集団授業として考えるとやや高めな印象ですが,外国人講師を雇ったり,教材費や添削料を含むと考えるとそこまで高いわけではありません。

相場としては妥当かと思います。

この塾の場合ですと,教材はオリジナルのテキストとワーク,さらにはリスニングCDと予想問題に自習教材とすべてが揃っていました。

通塾する場合,ディスカッションによるスピーキングの直接指導やライティングの添削指導を受けられるというメリットがあります。

その一方で,基本的なカリキュラムがすでに組まれていることもあって,回数を少なくするなどの融通が利かないところも多いです

 

TOEIC対策講座

次にTOEIC対策を行っている塾について調べてみると,社会人を対象としていることもあって,サービス内容と料金は校舎ごとに様々でした。

B塾の例

TOEIC700点突破コース:約128000円

この予備校でも通学期間は3ヶ月でした。

授業時間は54時間とA塾の3倍になりますが,料金もちょうどそのくらい増えています。

授業時間の中に問題演習する時間が設けられ,その場で解いてその解説が行われるといった形式です。

リーディングの授業では単語テストもありました。

自習用教材としては「市販のTOEIC予想問題集+単語帳(合計3000円相当)」が無料で付いてくるようですね。

リスニングとリーディング対策の授業が週に1回ずつあり,前者ではネイティブ講師が授業を担当するとの話でした。

C塾の例

TOEIC750点コース:約45000円

こちらのレッスン時間は3ヶ月で27時間となります。

授業は日本人講師のみによるもので,問題演習後に解説がある点はB塾と同じスタイルです。

テキストと予想問題,単語帳がオリジナルのものとなっており,市販の公式問題集も使います。

この塾は通信講座も同額で提供しているようですが,その場合の授業はライブではなく,講義をあらかじめ収録したDVDを視聴することになるそうです。

その他の例として,「本格的なTOEIC対策を施し,結果を必ず出します!」などと謳った塾の場合,3ヶ月で500000円以上かかるところもありました。

誤解してほしくないのですが,目に見えないサービスにはお金がかかるものです

自分が支払うことになる料金が,提供されるサービスに見合うかどうかで決めるようにしてください。

これはつまり,同じ料金であっても人によってそれが高いかどうかの評価が変わってくることになるので,自分が置かれている状況から適切に判断するようにしてください。

いつまでに結果を必ず出さなければならない方であれば,最後の塾がベストな選択肢になることも十分考えられるのです。

本章の最後に,通塾するメリットをまとめておきましょう↓

  • かけた時間に対する学習効果が高い
  • 集中できる環境で会話や質問が可能
  • 会社から給付金が出る場合もある

逆にデメリットとしてよく耳にするのは,

  • 通学する時間を作る必要がある
  • 講師との相性が不明
  • 環境がストレスになることもある
  • 費用がかさむ

といった声になります。

 

 

市販の英語教材の料金

箱に入った複数の書籍

通塾する以外に自宅で独学することも当然考えられますが,その際,市販の英語教材を購入しない方はほとんどいないでしょう。

書籍に限らずラジオ英語や通信教育を利用することもあると思いますが,ここでは,市販されている英検の過去問とTOEIC関連の書籍,そしてアルクの教材を例に,それらの料金をまとめてみます。

英検の過去問

英検3級の過去問題集の表紙

旺文社のものですと過去問が全6回分収録されていて,5級から1級までで値段はそれぞれ異なります↓

英検○級過去6回全問題集:1320~2970円

昔は書籍とCDが別で販売されていましたが,最近は音声ダウンロードもセットでの販売になったので,値段は多少抑えられているようです(CD付のものもあり)。

他に同じ旺文社の「英検○級総合対策教本(1210~2750円)」というタイトルの本も,試験の傾向を知るのに向いているので,塾の指導でもよく使っています。

 

TOEIC公式問題集

TOEICの公式問題集

公式問題集:3080~3300円

公式のTOEIC問題集は1冊あたり練習問題を2回分(400問)収録しており,予想スコアを計算することができます。

新形式の問題集は2021年10月15日に8冊目が出ましたが,安いからと旧形式のもの(2016年以前のもの)を買わないように注意してください。

出題形式や難易度が現在と大きく異なるので役に立ちません。

なお,公式からはリスニングやリーディングに特化したトレーニング本も出ています。

 

ラジオ英語

NHKテキストの特長

テキスト冊子(1冊):450~500円程度

リスニングCD(1ヶ月分):1700円程度

ラジオ英語はある程度のまとまった期間を通してカリキュラムが組まれており,仮に1年通して全部聴くとすると,冊子だけで約6000円,CDも合わせると26000円を超えます

とはいえ,最近はストリーミングもあるため聞き逃しにくく,短期間で集中的に聞くことはできませんが,利用しやすくなりました。

 

アルクのTOEIC教材


blank

blank
ヒアリングマラソンで有名なアルクですが,TOEICコースや英会話コースが対象とする層は広く,TOEIC1つとってみても,下は超入門(31900円)から上は900点のコース(63800円)まで存在します。

標準期間は3ヶ月ですが買い切り型なので,かける時間によっては早く終わらせたり,自分のペースでゆっくり学習することが可能です。

100点刻みで多くのコースがありますが,自分の保有スコアの100点上を目標に設定するようにしてください。

安くはありませんが,アルクの教材ですから質は高いです。

 

 

英語学習にかかる料金の比較

ノートにメモを取る女性

以上,スタディサプリENGLISHの各コースの料金から始まり,塾に通う場合であったり市販教材を使う場合の料金までみてきましたが,細かな数字ばかりが並んで,なかなか読むのが大変だったかもしれません。

そこで最後に,本記事で紹介したすべての料金を対策別にまとめてみることにしましょう!

なお,基本的な勉強期間は3ヶ月として計算しています。

英検対策

スタディサプリENGLISH:6534~18084円

標準的な塾:約40000~76000円

市販の参考書:1320~2970円

TOEIC対策

スタディサプリENGLISH:11154~74800円

標準的な塾:約45000~128000円

アルク:31900~63800円

公式問題集:9240~9900円(3冊)

このように並べてみると,スタディサプリENGLISHでは料金を抑えた英語学習を行えることがわかります。

とはいえ,最初に断った通り,実際の勉強環境において各人の最適解は異なると思いますので「絶対にこれが一番!」と言うことはできません。

ただし,語学学習のポイントが「細々とでも毎日続けること」であると考えると,スキマ時間にいつでもどこでも学習できるスタディサプリENGLISHには,他のサービスにはない魅力があるのは確かでしょう。

もちろん,ずっと1つの教材を使い続ける必要もないので,例えばアプリで基本的な会話表現やリスニング力を身に付けてから通塾するといった方法も考えられます。

是非,今回の内容を参考に,自分に合った勉強方法を考えてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-スタディサプリENGLISH

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイトの管理人

某通信教育での添削や採点業務に加え,塾や家庭教師の講師歴は20年を超えました。東大で修士号を取得したのははるか昔のことですが,共通テストやTOEICの結果を見る限り,まだまだ学力は維持できています。小学生から高校生まで通じる勉強法を考案しつつ,副教材として使うスタディサプリのユーザー歴は5年以上となりました。オンライン上のやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです!