関正生先生のTEPPAN英単語が書籍になりました!

2019年3月18日,TOEICの勉強に役立つ語学アプリの筆頭であるスタディサプリENGLISHに収録されている「TEPPAN英単語」がなんと書籍になりました!

とはいえ,今や市場は戦国時代。

多くのTOEIC単語帳が出回っています。

そんな中,本単語帳はどのような特徴でもって,その世界に挑んでいくのでしょうか。

どうやらその答えは「神講師による解説+アプリとの連携」にあるようです。

もちろんそれだけに留まらない本書の魅力を,本レビューを通して学んでいくことにしましょう!

本書の3つの特徴について

TEPPAN英単語の表紙

  • 書籍名:TOEICテストTEPPAN英単語
  • 価格:1300円(税抜)
  • 発売日:2019年3月18日
  • 発行元:株式会社KADOKAWA

本書の説明の前に,スタディサプリENGLISHの「TOEIC L&R TEST対策コース」について説明させてください。

スタディサプリは本書の発売時にすでにシリーズ累計385万ダウンロードを達成している人気アプリですが,私自身,中学高校内容の復習からそれこそTOEICの学習に至るまで,大変お世話になりました。

後者は「TOEIC L&R TEST対策コース」というものになりますが,そのコンテンツにはパート別攻略法を扱うパーフェクト講義や模試として使える実戦問題集など色々揃っているわけですが,中でも毎日学習したのが「TEPPAN英単語」というオンライン単語帳だったわけです↓↓

この単語帳自体,類書とはすでに異なる機能を備えていたのですが,今回わざわざ書籍にしてきた以上,さらに何かあるはずです。

まずは収録語数を比較してみましょう!

アプリ版の1,500語に対し,書籍版は1,409語とむしろちょっと減っているくらいです

これを聞いて「なんだ,内容としては劣化版なのか」などとガックリ肩を落とさないでください。

本書の特徴は以下の3点にあるわけですから↓↓

  1. 単語の配列順
  2. 解説の特殊性
  3. オリジナルアプリ

それでは次章から,これら1つ1つについて,詳しくみていくことにしましょう!

 

独自データに基づく単語配列

TRPPAN英単語のアプリと書籍

本書の特徴の1つ目ですが,有料アプリ版のユーザーの単語正答率を計算し,その高いものから,つまり覚えやすい単語から学習できるように配列が工夫されています。

本書で例として示されている「option(529番目に出てくる単語)からdonation(533番目に出てくる単語)」までの5つの単語の正答率をみてみると,番号の若い順に,85.47%→85.46%→85.35%→85.26%→85.21%となっているそうです。

ちなみに私が初めてやったTEPPAN英単語のアプリでは,1個目の単語がdepartmentであり,それがすごく記憶に残っている自分としては,本書の最初の単語がmachineだったことにショックを受けていたのですが,配列の理由を聞いて納得しました。

このように,まずは覚えやすいものからどんどんボキャブラリーの数を増やし,気分良く学習が進められるのが本書の特徴です。

ちなみに書籍版において,departmentは結構後ろの642個目に収録されていました。

ところで,いくら多くのユーザー情報から得た正答率であっても,ただ出る順に並べただけでは面白みに欠けてしまいますよね。

現に「出る順」の単語帳はすでに市場で売られていますし。

ここで,このTEPPAN英単語の2つ目の特徴である「ユーザーの声+関正生先生の解説」が生きてくることになります。

 

関正生講師の「神」解説

TEPPAN英単語書籍版の内容

先ほどのページですが,もう少し詳しく分析してみましょう!

例えば,先ほどのdepartmentですが,左ページにはその単語の意味と文(またはコロケーション)が和訳と共に載っています。

その他,派生語が類語が収録されている単語があったり,付属の赤下敷きで意味を隠して学習できたりの工夫も見受けられますが,ここもまぁ普通です。

しかし,右ページに書かれている2列

これこそが本書2つ目の特徴となります!

それはずばり「記憶エピソード」と「カクシン」です。

前者は,アプリ版のユーザーによる覚え方のコツが書かれており,なぜ彼らがその単語を覚えにくいと感じていたのか,そしてどのように覚えたら上手くいったのかなどの様々なエピソードが書かれています。

基本的にTOEICの学習は孤独な作業ですが,そんな中で,自分と同じような学習者の境遇を知ることができると,自分も頑張ろうと思えてくるから不思議なものです。

次に後者ですが,こちらはTOEIC L&R TEST対策コースの講師である関正生先生による,スコアアップに直結する解説となっています。

文字で読んだだけでも単語のイメージが沸いてくるのは,やはり神講師足るゆえんなのでしょう。

departmentの実例ですが,「いわゆる建物のデパートのイメージが強かったので「部門」と修正するのに苦労しました(通信業・600点台)」という学習者の記憶エピソードがあります。

それに対し,「そのイメージをきっちりつなぎなおしてみましょう。デパート(department store)は『各部門に分かれた店が集まった大型店』です。」と関先生が解説するわけです。

なるほど,三越や伊勢丹といったデパートはこの単語に由来して名付けられていたのですね。

さて,このような2種類の解説があることによって,だいぶ単語に馴染みが出てきて忘れにくくなってきたように感じませんか。

関先生の教えの根本には「単語は暗記せずに済む」という思想があるのですが,有料アプリでは存在しなかった学習者の生の声と関正生講師による単語解説が入るところに本書ならではの特徴がひしひしと感じられました。

しかし,結果的にこれらの特徴は有料アプリの方にも逆輸入して搭載されることになります。

その辺の事情については次章でみていきましょう。

 

アプリが無料で使える

TEPPAN英単語の袋とじ

本書の最後のページにはこのような袋とじが!

関先生のメッセージカードでも入っているのでしょうか。

いえいえ実は,このTEPPAN英単語の書籍を購入すると本書オリジナルの単語アプリが無料で使用できるようになります。

袋とじに入っていたのは,その無料アプリを利用するのに必要なコードでした。

本家のTEPPAN英単語アプリについては,先に提示した記事の中で詳しい機能を紹介していますが,こちらの無料アプリでも同様に英単語を4択で出題してきてもらえるので,ゲーム感覚でポチポチ学ぶことができます(選択肢を消して音だけで学習することもできます)↓↓

書籍版の無料アプリ

トロフィーによる正答率表示や復習機能もありましたし,もちろん例文や記憶エピソードや解説もアプリ上で確認できます↓↓

書籍版アプリと解説エピソード

外出時にはアプリ,腰を落ち着けられる場所では書籍を利用するなど,生活スタイルに合わせた使い分けも可能です。

ただし,本家のアプリを使っている方はこの無料アプリを別に使う必要はありません。

当初,記憶エピソードやカクシンはこの書籍版のものにしか見られませんでしたが,今や本家のものにもこのような具合でまったく同じ内容を確認することができます↓↓

TEPPAN英単語の有料アプリ

もちろん,有料版は月額を払っていないと利用できなくなりますから,TEPPAN英単語だけこれからも学びたいなぁという方は,有料アプリを解約して書籍に付いてくる無料アプリを持っておくといった使い方もできるでしょう。

 

まとめ

TEPPAN英単語と書籍版アプリ

以上,スタディサプリENGLISHのTOEIC L&R TEST対策コースより,書籍版TEPPAN英単語のレビューでした。

本書の特徴としては,単語配列を出る順にしたこと以外に,記憶エピソードとカクシン,さらには無料アプリの存在が大きく目を惹きます。

スタディサプリENGLISHのユーザーから集めた膨大なデータを使って,学習者に寄り添った形で単語勉強をサポートしてくれる本書ですから,無味乾燥な単語の丸暗記から抜け出して楽しく学べるだけでなく,挫折する可能性もより低くなるでしょう。

もちろん無料アプリと本書を併用すれば,さらに楽しい単語学習が可能になります。

もちろん本書が気に入った方であれば,本家の有料版スタディサプリENGLISHも使ってみてくださいね。

実施中のキャンペーンが利用できます↓↓

blank

-スタディサプリENGLISH

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

© 2021 スタディサイト