入試改革 教育改革

大学入試にTOEICを使いたい方が知っておくべきこと

主に社会人が受けそうなTOEICという試験ですが,2020年の入試改革に伴い『大学入試英語成績提供システム』への参加が一度は決定しました。

ですが,後述するように,現在は参加申し込みを取り下げる運びとなってしまったので,受験生の方は注意してください。

ここでは,2020年度からTOEICがどのような形で大学入試に使われていくのか,最新の情報をまとめています。

TOEICで4技能をどうやって測るの?

geralt / Pixabay

2018年3月,TOEICの『大学入試英語成績提供システム』への参加が認められました。

「これまでもTOEICのスコアを利用して大学受験はできましたが,2020年度からはより大規模で用いられていくことになる」ように思われていたのですが,2019年7月,以下のようなプレスリリースが公表になります。

本システムへの社会的な要請が明らかになるにつれ,それらに対応すためには,受験申込から,実施運営,結果提供に至る処理が当初想定していたものよりかなり複雑なものになることが判明してまいりました(~中略~)これ以上意思決定時期を遅らせることで,受験者の皆様をはじめ,保護者,学校関係者の皆様にご迷惑をおかけしないように,当協会といたしましては,「TOEIC L&RおよびTOEIC S&Wの大学入試英語成績提供システムへの参加申込を取り下げる」との判断に至りました。

 

通常TOEICと聞けば,600点だとか750点などといったスコアで語られるテストを思い浮かべるかと思いますが,その試験は正確には,TOEIC Listening & Reading Test(通称:TOEIC L&R)のことであり,それだけでは「聞く」と「読む」の2技能しか測れないんです。

教育改革により,これからの入試では英語の4技能をバランス良く育成することが求められるので,大学入試の英語成績の判定に用いられるテストはL&Rだけでは不十分でした。

そのため,残りのSpeaking(話す)とWriting(書く)を計測できるTOEIC S&Wというテストを合わせた2つのテストを受験生は受けることになるはずでしたが,L&RとS&Wのテストが別々に実施される点が,大学入試センターとの協議を難航させてしまったようです。

そもそも実施予定回数が,L&Rが年10回,S&Wが年24回とバラバラで,受験地はS&Wの方が全国主要都市のみである点など気になる点も多かったのですが,まさか参加を取り下げるとは・・・。

とにかく,今後TOEICを大学入試に利用する機会は少なくなることでしょう。

より社会人向けに特化していくのでしょうね。

 

 

受験料について

stevepb / Pixabay

2019年現在,TOEIC L&Rの受験料は5725円(以下すべて税込で表示)ですが,S&Wに至っては10260円と倍近くかかります。

つまり,2つのテストを受けようとすると,15985円がかかることになり,センター試験の18000円(3教科以上)や英検の6500円(2級の場合)と比べると割高に感じる方も多いでしょう。

英検も2018年の11月に700~1000円程値上げしましたが,試験会場を押さえる費用や試験官費などのコストは年々増加傾向にあるようです。

加えて,TOEIC S&Wでは,受験者の解答音源をアメリカのETSに送り,そこで複数の試験官が採点するといった手間がかかっており,受験時にもヘッドセットやPCといった設備が必要,かつ1会場20名程度しか収容できない点などを踏まえて,このくらいの値段になっているのでしょう。

日本での運営元であるIIBC(一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会)によりますと,

「今後大学入試目的で受験する方が増えると,それに対応するための費用は増加し,厳しい状況が続く

と言っており,あまり期待できるものではありませんでした。

経済的に困難な受験者には,配慮した受験料を提示するとの発言もありましたが,結局参加取り下げの運びとなってしまいましたね。

 

 

その他TOEIC関連ニュース

最後にそれ以外のTOEICの動向について,気になったものを載せてみましょう。

2019年1月,4技能に再設計された『TOEIC Bridge TEST』が実施されるとの発表がありました。

実施日は2019年6月だそうです。

このTOEIC Bridgeというテストは,上で紹介したTOEICより試験内容は簡単で,英語初中級者の基礎的な英語能力が測定できるTOEICの妹分みたいなものですが,テーマもビジネスではなく日常生活に寄った仕様となっています。

もしかすると数年後の大学入試でBridgeの方が利用できるかもしれません(あくまで私の見解ですが)。

もっとも,大学入試英語成績提供システムへの申し込みに関しては,国内で2年以上の実績がないと申請できないので現時点でBridgeは対象外です。

 

 

まとめ

rawpixel / Pixabay

教育改革に伴い,2つのTOEICテストがどのような形で,2020年度以降の大学入試に活用される予定なのかについてまとめてきました。

最後に,今回紹介したそれぞれのテスト内容について,2020年度より実施される際の概要を箇条書きにしてみましたのでご確認ください(新しい情報が入り次第,随時更新されます)。

まずはTOEIC L&Rテストについてです↓↓

  • 年10回(2月・8月を除く毎月)
  • 全都道府県で実施
  • 受験料は5725円(税込)
  • マークシート方式(PBT)
  • 時間はリスニングが45分,リーディング75分の計120分
  • スコアはどちらも5~495の5点刻み

 

続けて,あまり馴染みがないであろうTOEIC S&Wについてですが,

  • 実施は年24回(毎月実施,午前午後)
  • 受験地は主要都市
  • 受験料は10260円(税込)
  • テスト形式はPCによるCBT(Computer Based Test)
  • スピーキングが20分,ライティング60分の計80分
  • スコアはどちらも0~200点の10点刻み

のようになります。

TOEICに関しては大学に入学した後,就活時にも受けることになるかと思いますので,大学入試の時に攻略法や勉強法について学んでおけば,その後も長く役に立ってくれそうだっただけに,入試英語成績提供システムへの参加辞退は残念なお知らせでした。

英語に関しては,他の資格・検定テストも軒並み受験料を値上げしてくることが今後予想されますが,団体割引や共通テストの受験料の値下げなどを行い,世帯収入によって有利不利の出ない料金設定になることを祈るばかりです。

あ,もちろん参加申し込みの取り下げ情報にも注目していかないといけませんね。

 

共通テストに関する記事は以下を参照してください↓↓

センター試験に代わるテストは「共通テスト」に決定!

  • この記事を書いた人

スタディサイト管理人

都内で塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで,英数を中心に学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最終学歴は東京大学。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をまとめています。すぐに実践できる勉強法やオンライン教育サービスを利用した学習戦略も意欲的に掲載。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。

-入試改革, 教育改革

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.