Z会の通信教育の方針といまどきの高校生事情

更新日:

Brida_staright / Pixabay

Z会の通信教育ですが,近年は公立高校に通う高1・2年生のコースが大きく変更されました!

今回の記事では,いまどきの高校生に見られる学習スタイルについて分析していくとともに,リニューアルしたZ会の通信教育が,どのような点で高校生のニーズに答えようとしているのか考えていきたいと思います。

 

 

多い?少ない?週に60分間の学習

geralt / Pixabay

Z会の通信添削のHPを訪れると真っ先に飛び出してくるのは『週60分に凝縮した学習法』というもの。

 

これは,学校関連の勉強時間に加えて,自宅で週60分学習することで,入試に必要な基礎力を身に付ける学習法というものです。

 

まず最初に,ここでの『週60分』というのは,あくまで1科目についてだということです。

例えば私立大の攻略のために,大体3教科は押さえておきたいという生徒であれば,週に60×3=180分の学習が必要になります。これは,1日当たりに換算すると30分弱です。

 

1日に30分の勉強時間となると,一見すると少ないように見えますが,毎日30分必ず勉強できる生徒というのは実は少ないです。

この理由について説明しましょう。

ここでいう30分というのは,あくまで学校の宿題をする時間を除いた数字であるわけですが,公立高校に通う高校生は部活をしていることが多く,家に帰ったらヘトヘトでそもそも勉強をする体力が残っていません

学校の宿題くらいはどうにかやることはできるでしょうが,基本的にそれだけで手いっぱいです。

それに,すき間時間ができたとしても,恋愛やスマホゲームなど,現代の遊びの魅力はかなりのもので,それに抗えるほどの価値が勉強にはありません(思い返せば,大人の我々だって例外ではなかったはず)。

 

といったわけで,実は学校の宿題以外の勉強に時間を割けるとしても,それは大体が土曜や日曜日の週末だけ。実質は1日ほどです。

というわけで,先に述べたように,私立大に向けて3教科の対策をZ会の通信講座を利用してやろうものならば,その貴重な1日の3時間を勉強に割かなければなりません。

ところで,自分がこれまでに教えてきた生徒のうち,トップレベルの国立に現役で入るような子はそもそも部活に入っていません。勉強に割く時間が無くなるからです。

そのため,「青春を楽しみながら充実した高校生活を送りたい」という,ごく当たり前の期待を持って高校に通う生徒は,国公立は諦め,私立大に専願するのがいいと思っています(もちろん才能があれば国公立も可能ですので絶対ではありませんし,青春を楽しむのがいけないと言いたいわけではありません)。

そのようなごく普通の高校生であれば,高校1・2年のうちから,せっかくの休みの日に3時間も勉強するというのは実質不可能な数字で,おそらく大半の高校1・2年生は主要科目のうち,文系でも理系でも必要になってくる科目,特に英語に絞って学習をすることになるでしょう。

つまり,1週間に1日勉強を60分することが,現実的に最も多くの生徒が選択する勉強量になってくるのだと思います。

週に60分

これは,いまどきの高校生の勉強事情を踏まえた,最も現実的な数字であると言えるでしょう。

 

 

Z会の通信教育が効率的であるワケ

insspirito / Pixabay

先に紹介したZ会の高1・高2コースの学習のキャッチコピーには『凝縮』という文字がありました。

これは『効率よく学習効果が得られる』という意味なのでしょうが,それは単に『良質な問題を解くことができる』というだけではありません

 

もちろんZ会の通信講座は塾業界でも圧倒的に良質といえる教材が揃っているのは確かですが,いまどきの高校生はそんなことはある意味どうでもいいと思っています。

彼らにとって重要なのは,兎にも角にも定期テストの点数です!

そのため,『学校のテスト範囲以外の学習をする』などというのは,彼らにとっては,はっきり言ってしまえば『無駄なこと』であると言えるでしょう。

しかもそのときに学習する内容が,学校で未習の範囲であれば,最初に述べた学習時間の少なさの点から考えても,すぐに忘れてしまい,まったく実力がつかないことにもつながります。

将来を見据えた優秀な対策を施しても,学校の定期テストで点数を取れなければ,やる気もなくなり,すぐにやらなくなってしまうのが普通です。

 

最近特に思うのですが,勉強が極めてできる一部の高校生を除けば,普通の高校生は打たれ弱いものだということです。

予習をして未習の範囲を学ぶことは,復習することの何倍もの忍耐力が必要になります。

さらに,「『週末』という貴重な休みの一部をわざわざ勉強に割いてやっているんだ」なんていう意識まであるものですから,予習をするなんてとんでもないことなわけです。

 

そういった事情もあり,Z会の通信講座のリニューアルで『既習が前提』になっていることは大変評価できます。

復習重視の出題になっているというわけですから,先に述べたような高校生事情をしっかり分析できているのではないでしょうか(ただし既習前提なのはあくまで『主要3科目』についてですのでご注意ください)。

 

もちろん,厳密には学校の進度とはZ会の学習範囲が多少ズレている場合もあるでしょうが,勉強は積み重ねが基本。

Z会の教材が復習になることで,これまでの学習で身に付けた基礎力がさらに確実なものになり,今後学校で新しく学ぶ範囲も,より理解できるようになるというわけです。

 

 

Z会の通信教育の質についてと今回の記事まとめ

HypnoArt / Pixabay

Z会の通信教育に関しては,長い間の実績がありますし,指導の適切さには定評があります。自分が受験生だったときも良い合格実績を誇っていましたし,今でもそれは続いています。

 

『添削指導』というものも,考えてみれば非常にユニークです。添削では,赤ペン先生(最近のベネッセは元気がありません)とZ会以外のサービスを聞いたことがありません。

それはおそらく,あまりにこれらの企業の力が強大過ぎて,他に参入しようとする企業がいないからだと思います。

 

以上まとめますと,Z会の通信教育は最近のリニューアルによって,より昨今の高校生事情をくみ取ったものに進化しました。

高3になって本格的な受験勉強が始める前に,Z会の通信教育が自分の子どもに有効かどうか,今のうちに見定めておくのがいいと思います。

教材の見本がもらえますので,資料の請求だけでもしてみることをおすすめします↓↓

>>Z会の通信教育<<

 

本日の人気記事

1

スタディサプリEnglish のキャンペーンコードですが,『無料体験期間を1週間から1か月に延長できるコード』である, TRY2016 が使用可能です。 なお,当サイトの限定ページから申し込んで頂くと ...

2

2019年2月1日から2019年3月31日までのほぼ2ヶ月にわたり,『スタディサプリの小学講座・中学講座のキャンペーンコード』を掲載していましたが,たくさんの方のお役に立てたようで大変嬉しく思います。 ...

3

前回,スタディサプリENGLISH(イングリッシュ)の「英会話コース」についての評判を分析しました↓↓ スタディサプリENGLISH【英会話コース】の評判はどう? しかし,スタディサプリイングリッシュ ...

4

今回は,App Storeの『教育カテゴリランキング』において,何度もトップセールスを記録している,今,最も勢いのある人気アプリの一つ, スタディサプリENGLISH【日常英会話コース】 の評判につい ...

5

スタディサプリENGLISHは月額980円から使用できるオンライン学習サービスです。 その学習効果については,私を含めて多くのユーザーに支持されるものであり,リクルートが実施したアンケート調査でも,約 ...

6

FirmBee / Pixabay 前回の記事で言った通り,噂の未来型学習アプリを登録してみました! 早速いくつか講座を視聴しましたが,思った以上に使い勝手の良いアプリですね。 今回は,そんなスタディ ...

-教育改革 塾
-

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.