Z会の通信教育のキャンペーン情報!資料請求の特典まとめ

Z会の通信教育では事前に資料請求することを推奨していますが,幼児や小学生向けコースに興味がある方のお目当ては,何といっても「おためし教材」でしょう。

これは各学年に対応した内容となっており,どのような教材で学習することになるのかを実際に体験できるものなので,申し込むかどうかを決めるための判断材料として事前に一度は目を通しておきたいものです。

また,資料請求するタイミングによっては,キャンペーンが併せて実施されていることがあり,その場合はプレゼントをもらうこともできます。

その内容については,季節ごとの限定品となっているだけでなく,Z会もかなり力を入れて作成していることが伝わってくるものばかりで,特に中高生コースやプログラミングシリーズにおいてその傾向が顕著なようです。

とはいえ,キャンペーンの開催頻度は決して高いとは言えません。

季節の変わり目に多いことは確かですが,実施されていないからといって,次回の開催まで数ヶ月も開始時期を遅らせるわけにはいきませんので,手に入れられたらラッキーくらいに考えておくのが良いでしょう。

いずれにせよ,今回の記事ではそんな「Z会の最新キャンペーン情報」についてまとめていますので,是非申し込みの前にチェックしてみてください!

Z会で実施中のキャンペーン

Z会の通信の入会金と利用期間について書かれたバナー

まず最初に,Z会の通信で現在実施されているキャンペーンの概要についてまとめますが,このときに参照すべきは,学年ごとの実施状況が確認できる特設ページです↓

なお,資料請求を行うことでもらえる特典は,更新時点で以下のようになっています↓

コース 特典
幼児 おためし教材・ワーク
小学生 おためし教材・プレゼント・テスト
中学生 体験見本・小冊子・ワーク
高校生 体験見本・問題集・小冊子
プログラミング 特になし

新学年を前にしてさまざまなキャンペーンが実施中です。

このうち,最短のものが終了するまでの残り日数は以下の通りとなっています↓

終了まで

--時間---1つ終了しました

上記期間を過ぎてしまうと,プレゼントの配布が終了になったり,はたまた全く別のものに変わったりするのでご注意ください。

それでは詳細について,次章以降でまとめていきましょう!

 

 

幼児コースのキャンペーン

Z会幼児コースのキャンペーン例

意外と知られていませんが,Z会は幼児を対象とした通信教育も行っています。

2010年に誕生し,リニューアルやデジタル教材の追加を続けてきました。

教材の内容は,よみかきそろばんのような単純なものから,知的好奇心を刺激するような体験型学習まで幅広く,「ことば・生活と自立・自然と環境・数と形と論理・表現と身体活動」という知識の根幹となる技能の習得を目指すのが基本方針です。

幼児教育の基本が「子どもと一緒に楽しみながら,興味を持たせるよう働きかけること」だと知ってはいても,具体的に何をやらせたらよいのか手探り状態である家庭も多いように思われます。

「ゆくゆくは中学受験で公立中学でも狙ってみるか」とぼんやり考えている親が,年長さん頃から英才教育の一環として早めに始めさせるのもよいですが,純粋にZ会を通して,親子でコミュニケーションを取るきっかけにすることもおすすめです。

おためし教材は,思考力を養成する「かんがえるちからワーク」,親子で取り組める体験型教材型の「ぺあぜっと」,そして保護者向けの情報誌である「ぺあぜっとi」を使って,通常の教材で扱う分野を幅広く体験できます(年少コースには,他に絵本型の教材が加わります)↓

Z会の幼児コースにおける3種類のお試し教材

分量的には,ワークは通常教材の6分の1,残りは半分程度であり,前者にはプログラミング的思考に繋がる問題も収録されているようです。

そんな幼児コースで現在実施されているキャンペーンですが,おためし教材以外にもらえるプレゼントは,

  • めいろワーク:シンプルな迷路からルールのある迷路まで載っていて,途中の分かれ道をどちらに進むのか,行き止まりに行くとどうなるかといった思考力を身に付けることができるもの。※キャンペーン期間は11/7(月)まで

です。

さらには,資料請求した後,実際に入会することで特典がもらえる場合もあります。

以下に,過去に行われたプレゼント内容をまとめておきましょう↓

入会特典の例

工作ブック・ステッカー作成キット・クリアファイル・迷路・うちわ・ひらがなカードセット・ひらがな大好きワーク・時計遊び絵本・マスキングテープ

どれも,楽しさを親子で共有できるものとなっていました。

興味のある方は是非チェックしてみてください↓

幼児コースはこちら

 

 

小学生コースのキャンペーン

Z会小学生コースのキャンペーン例

Z会の小学生向けコース(タブレットコース含む)のキャンペーンですが,ワークやドリル,そして情報誌のいずれかまたはその複合になることが多いです。

特に「春・夏・冬」といった長期休暇のタイミングで資料請求すると,それまでの総復習に使える教材がもらえるので役立ちます。

特徴として,集中力が続きにくい小学生が飽きないよう,問題形式を違うものにしていたりイラストを多く使うなどの工夫が見られる一方で,内容的には骨のある問題が多く,解き終わった暁には自然と賢くなっていることでしょう。

小学1~2年生用のおためし教材は,わくわくエブリスタディに収録された国語・算数・経験学習(理社的な内容)とみらい思考力ワークで,3~6年生用は,エブリスタディ(国・算・理・社・英)が基本的な構成です。

その他に,思考・表現力(小3~4)や作文(小5~6)が含まれます。

ページ数は学年で異なりますが,多くは小1~小2のものが計4冊で92~96ページ,小3~小6のものは計2~3冊で合計して50ページ以上です。

中学受験コースはこれらとはまた別の構成ですが,いずれにせよ,最近の入試では思考力を問うものや英語の出題が増えており,小学生のように頭が柔らかく時間に余裕がある時期にこういった問題に触れることで,中学でいざ受験勉強を始めたときに成績の伸びが良いように感じます。

もちろん,それは本科で学んだ場合の話ですが,資料請求でもらえるものであっても15~30ページのボリュームとなっていて,もはや,おまけレベルを超えている場合がほとんどです。

こちらも幼児コースと同様,小学生向けコースも実際の教材からの抜粋,つまり正規会員が使っているものと同等のものから抜粋しています(通常のものと比べ,3分の1から2分の1の量となります)。

最新のキャンペーンの特典内容ですが,

  • 原稿用紙の使い方下じき:原稿用紙の使い方が一目でわかる下敷きで,いつでも簡単に確認できるところが使いやすいです。※2022年11月7日まで
  • 小6重要事項チェックテスト:小6のみ。今まで小学校で習った学習内容をチェックできます。国算社理の他,英語も含まれた全10問の構成です。

です。

Z会は2019年度からタブレット型学習を導入し,2020年度の教育改革に向けた対策にいち早く乗り出しました。

データのやりとりが早くなり,共有もしやすくなったところは特に評価したいですね!

2021年度から,思考力・判断力・表現力といった能力を伸ばす講座も開始されています↓

小学生向けコースはこちら

 

 

中学生コースのキャンペーン

Z会中学生向けコースのキャンペーン例

中学生向けコースのキャンペーンでは,資料を請求すると,入会案内書や体験見本の他に,なんらかの復習ドリルや情報誌がプレゼントされる場合が多いです。

なお,キャンペーンでワークやドリルがもらえる場合,多くは,これまでの総復習ができる内容になっています。

主要3科目(英数国)の勉強の基本は「積み重ね」なので,前学期の内容を理解せずに新学期にどんなに頑張ろうとも,成績の伸びは頭打ちとなってしまうものです。

ゆえに,長期休暇の時期には,復習をとにかく頑張るようにしましょう!

ちなみに情報誌では教育改革や勉強法がテーマになっていることが多く,前者は,混乱している昨今において1つ指針となるものを提示してもらえるので特に役立ちます。

後者は,Z会の講師陣がノウハウを惜しみなく提供してくれる1冊に仕上がっていることでしょう。

高校受験される方には,入試の理解を深められる情報冊子がもらえることも多いです。

現在のキャンペーンでは,

秋の実践力強化キャンペーン(11/27まで)

  • トップをめざす中学生の学習法:Z会の人気講師が英数国の成績が伸びるための勉強方法を解説。成績トップを目指せます。
  • 英語Writingワーク:差がつきやすい英作文のための問題集です。ワークは学年別に作られていて,使うべき英文法も厳選されています。
  • 作文トレーニング:作文も苦手な中学生が多いですが,5つのスモールステップで学んでいくことが可能です。自分の意見をわかりやすく伝えることは学習要領的にも重要だとされます。

をもらうことができます。

2021年度の出来事としては,タブレットで学ぶコースにおいて「AIスマート深化学習」と称して,自宅で学習しながら最短ルートで学習内容を習得できる新たな試みが始まりました↓

中学生向けコースはこちら

 

 

高校生コースのキャンペーン

Z会高校生コースのキャンペーン例

高校に入ると,人生に大きく影響する大学受験が,いよいよ現実のものとなってきます。

とはいえ,焦っているのは親だけで,高校生自体は特に危機感もなく過ごしている場合も多いので,塾講師の立場としてはそこがなんとも悩ましいところです。

そこで,レベルの高いZ会の通信講座を通して,学生本人に「自分がいかにできないか」ということを気づかせてみるのはいかがでしょうか。

「勉強をしないとまずい」気持ちに自然と仕向けることが大切です。

さて,現在のZ会高校生向けコースにおけるキャンペーン特典は,

秋の資料請求キャンペーン(2022年9月1日~11月30日まで)

  • 英数問題集:英数の差がつく重要問題を通信教育から抜粋したもの。映像授業も視聴可能です(高1~高2生)。
  • 東大(または京大)入試徹底解剖:本年度の入試の注目となる一問を掲載しつつ,合格の道しるべとなる情報誌。

となっています。

資料請求時に希望された方のみが対象となるものがありますので,その場合はチェック欄にマークすることをお忘れなく。

最近は日東駒専~MARCHレベルの大学が大変入りづらくなっており,苦手科目があると合格は非常に厳しい状況です。

また高校受験の経験者が誤解しがちなこととして,高校範囲は中学範囲よりも膨大で1年の勉強では差は埋まらないということが挙げられます。

高1~2生向けのタブレットコースは2022年度からリニューアルし,AI学習やZ会らしい入試演習に加え,どの単元からも学び始められる「オープンカリキュラム」がスタートしました↓

高校生向けコースはこちら

 

 

プログラミングシリーズのキャンペーン

Z会プログラミングシリーズの資料

Z会のプログラミング講座には,初心者向けのものの他,ソニーやLEGOのキットを用いるもの,さらにはScratchを使う講座や中3内容にまで対応する中学技術活用力講座の5つがありますが,キャンペーンが開始になると,

  • 全講座対象のプレゼント
  • キットの割引

の2つが行われることが多いです。

キットを用いる講座では,以下の記事でレビューしたように,どうしてもテキスト教材の他にキットを購入する必要がありますが,それが割引価格で購入できるタイミングをお見逃しなく↓

Z会のプログラミング講座のワークブックとキット
Z会プログラミング講座の学び方!LEGOを自由自在に動かそう

今回はZ会プログラミング講座の教材を例に,LEGO Educationを使った学びについてまとめてみたいと思います。 その順序ですが,まずはどのような学びが可能になるのかから始めることにし,身に付く資質・能力や,上手に利 ...

続きを見る

また,より気軽に始められるその他講座においても,何かしらのプレゼントがもらえることがあり,2022年の9月は「Z会オリジナルペーパークリップ」がもらえるようです。

ところで,以上の内容は実際に入会したときのものですが,資料請求するだけでも特別な冊子がもらえることがあり,現在のところ,以下のようになっています↓

  • 特になし

保護者世代にあまり馴染みのないプログラミングなだけに,一貫性のあるカリキュラムについて理解を深めておくことは重要です。

悩んでいる方は,まずは資料請求から始めましょう↓

プログラミング講座

 

 

まとめ

Zの文字

以上,Z会の通信教育における最新のキャンペーン情報についてまとめてきました。

中高生以外に,幼児や小学生も対応するZ会ですので,人によってはこれから長く付き合っていくことになるかもしれません。

基本的にZ会の勉強法は,奇をてらった裏技的なものはほとんどなく,ひたすらに王道を行く学習法となっています。

「正しい方法で学ぶ=やれば確実に成果が出る」ということなので,安心して教材に取り組むことですね!

なお,中高生のコース選びについては,あまりこれまでにZ会の問題に触れてこなかった方であれば,悩んだら1つ下のレベルを選ぶようにして下さい。

Z会の「標準」は,一般的に言われる標準レベルではありません。

難しいものの前に,基礎的な力を固め,周りができる問題をとにかく落とさないようにすることから始めましょう!

変に難易度が高いと,今の子はすぐに落ち込んで心が折れてしまいがちなので,その危険性に配慮したアドバイスでもあります。

Z会全般の評判に関しましては,以下の記事にまとめているので宜しければどうぞ↓

blank
Z会の通信・映像・教室のメリットとデメリット

Z会は自分が高校生だったときに,大変お世話になりました。 増進会出版の参考書(速読英単語や漢文道場など)はもちろん,通信教育(東大生物やセンター対策講座)から東大マスターコース(現在の東大進学教室)まで,大体のサービスは ...

続きを見る

最後までお読みいただいた方,誠にありがとうございました!

-Z会

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイトの管理人

某通信教育での添削や採点業務に加え,塾や家庭教師の講師歴は20年を超えました。東大で修士号を取得したのははるか昔のことですが,共通テストやTOEICの結果を見る限り,まだまだ学力は維持できています。小学生から高校生まで通じる勉強法を考案しつつ,副教材として使うスタディサプリのユーザー歴は5年以上となりました。オンライン上のやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです!