教育サービス

Z会の通信教育・映像・教室のメリットとデメリット!

Z会は自分が高校生だったとき,大変お世話になりました。

増進会出版社の参考書(速読英単語など)はもちろん,通信教育(東大生物)や東大マスターコース(現東大進学教室)など,大体のサービスは利用してきています。

それから20年近い年月が流れましたが,オンラインによる映像授業が新しく加わった以外は当時とほぼ変わらぬサービスを,今でもZ会は提供し続けてくれているようです↓↓

今回は,そんなZ会に感謝を込めて,上記「通信教育・映像・教室のメリットとデメリット」についてまとめてみることにしました。

このうち自分に合うものを1つ決めてもよいですが,「英語は教室,理社は通信教育」などと使い分けることもできます。

各サービスごとにメリットとデメリットは異なりますので,以下で1つ1つみていくことにしましょう!

実際は学年ごとにも利用法は変わってくると思うのですが,なるべく学年関係なく言えることを中心に書いていきたいと思います。

Z会の通信教育

メリット

Z会の通信教育を利用するメリットですが,「取り組みやすさ・良質な教材・続けやすい料金」の3つが挙げられるでしょう。

本通信教育が始まったのは1961年ですから,すでに60年近い歴史があり,添削問題(教材)の質は安定しています。

ノウハウの蓄積もかなりの量があることでしょう。

取り組みやすさは考え抜かれており,教材には目標時間が細かく設定され,明快かつ無駄な問題がありません。

ですが,時代の変化にも敏感で,最近は高校生がより短く効率的に勉強できるようにと,大胆にレイアウトも変えてくるほどです↓↓

次に教材の質についてですが,これはある「通信教育の命」とも呼べるものでしょう。

塾講師の目線でみてみると,多くの参考書で見かける問題だけで構成されていないのが魅力です。

これはつまり,購入できる参考書では手に入れられない知識をつけられるという意味であり,もしそれが入試で問われるようなときがあった場合,他の受験生と確実に差をつけることが可能になります(実際にMARCH以上の大学でそういった出題が目立ちます)。

また,高校生向けのコース以外に,これからの教育改革を見据えた内容で,幼児や小学生向けの添削コースも充実してきました。

詳しくは資料請求キャンペーンの記事でご確認ください↓↓

なお,料金も比較的安く済み,学年ごとに異なりますが,1科目を1年間使っても2万円~5万円程度で利用できます。

最近はデジタル添削(iPadスタイル)も登場しており,コスト減に加え,返却までの時間が短縮化に貢献しているようです。

学習スタイルについては以下の動画で確認できます↓↓

対価としてのサービス内容は,

  • 添削してもらえる
  • 時代に合った学習プランがある
  • Z会の教材でしか得られない知識がある

わけですから,市販の参考書を用いた独学では体験できない独自サービスであることを鑑みると,料金的には高くありません。

デメリット

Z会の通信教育は,自分の学力のちょっと上くらいのレベル(おそらく大半の人は「標準」で十分)を締め切りを守って提出できれば,基礎力は十分に身につくように計画されています。

がその分,背伸びして受講してしまい,消化不良を起こしてしまう会員がいるのも事実です。

目安として,添削課題が2割も取れない場合はコース変更を検討してください。

また,添削問題を提出するだけで満足してしまい,復習に時間をかけないことが添削者の間では問題視されています。

幼児や小学生の場合は,保護者の方が横で一緒になって指導する必要もあるでしょう。

時間的には1科目あたり週2時間前後を割くことになります。

複数科目受講する場合は,その時間が倍々となっていきますから,あれもこれもと科目数を欲張らないことが大切です。

まずは自分が得意にしたい科目を,1つしっかりとやり通すことから始めてください。

得意科目を1つでも作れれば,それが良いモチベーションとなって,色々な教科の成績も引きずられて伸びてきます。

ちなみに,学校の定期テストが近かったり,部活や行事関係でどうしても添削課題を締め切りまでに提出できないこともあるでしょう。

その場合,休みの日か長期休暇にまとめてやることになりますが,これ以上Z会の通信教育を続けてもダメだと判断できる基準があります。

それはずばり,「夏休みにおける提出状況」です。

これほどの長期休暇においても溜まった添削課題を提出することができないようであれば,この先もずっと出せないままでしょう。

夏休みに添削課題を出せなければ,通信教育は向いていません。

このことはしっかりと肝に刻んでおきましょう!

いずれにせよ,まずは資料請求をして教材内容をやってみてください↓↓

詳しくはこちら

 

Z会の映像

映像

メリット

先の動画で観ていただいた方だとお分かりかと思いますが,通信教育の「iPadスタイル」においても映像授業が観られます。

さらに言うと,この次の章で紹介する「Z会の教室」においても,通塾した校舎で映像授業を受けることが可能です。

ですが,ここでいう「Z会の映像」とは,オンライン学習のみの受講形態を指すことにし,添削や教室での学びは除いた話になりますので,その点にはご注意ください。

それでは早速,映像授業のメリットについてみていきますが「速習できる」点に尽きます。

これはどういうことかというと,学校で習ったり参考書を使って独学するよりも圧倒的に早く学習できるということです。

膨大な範囲であっても,学校で週に数回しかない授業を待たずにどんどん学んでいけますし,他人に習うことで自分1人で学んだときよりも簡単に理解することができます。

画面越しであっても,集中さえできれば,通常の対人授業と効果はかわりません。

逆転を狙う必要があるときは,映像授業をおすすめします。

なお,料金についてですが,高校生の場合,1年分の講座が一括で14万円弱です(150時間くらいの内容です)。

ちなみに支払いを「分割」にしてしまうと教材を一気に手に入れることができないので,1年分を一括で支払って数ヶ月で全範囲を学んでしまう勉強法が良いかと思います。

個別指導の塾にかかるよりは高くないのでメリットに分類できますが,続けられるかどうかの判断は慎重に行うようにしてください。

デメリット

ですが,上の学習形態が向いているのは,自分でスケジュールを管理できる優秀な生徒のみです。

たとえ予定があらかじめ組まれていたとしても,自分に合わせたスケジュールをいずれは自分で決めてやっていく必要があります。

例えば病気で学校を休みがちであったり,能力はあるけれど勉強をこれまで全くしてこなかったような子が,一念発起して集中的に短期間で学ぼうとするのでなければ,最初は真新しさに飛びついても,すぐに意欲は低下してしまうでしょう。

勉強の遅れを取り戻す強い意志を持っていたり,授業の進度が遅い学校に在籍している子が恒常的に不満を感じるような環境でなければ,モチベーションの維持がしにくいのがデメリットです。

このスタイルで成績が上がらない例があるとすればそれは,学力が低い生徒が,ただただ受け身のまま学んでしまう場合です。

講師は動画の中にいるので,やるべき宿題をやっていなくても叱られることはありません。

そこで,どうしても怠けてしまう子は,予習した内容を理解しているかどうかを第3者に確認してもらえるディアロを検討してみるとよいかもしれません(後述)。

いずれにせよ,体験してみることは必須です↓↓

詳しくはこちら

 

Z会の教室

メリット

最後はZ会の教室についてです。

先述の通り,こちらにも映像授業のコース(対人ではなく,通った校舎で映像授業を見るもの)があり,さらに「24時間365日のフォロー」や「スマホ家庭教師」などの独自サービスが付いてきます。

他にスタッフに質問できたり自習室の利用ができますが,やはり私のおすすめは対人授業を受けることです。

そもそも料金が映像と対人の授業で同額ですし,教室で他人の存在や講師の視線を意識しながら授業を受けることには,デジタルでは得難い魅力があります

ちなみに授業の進度も学校より早く,そして扱う内容は深いので,超難関大学や医学部に合格するためにはそれ相応の才能が必要ではあるものの,少なくとも高校の1,2年あたりまで,言われたことをただこなすだけでもトップクラスの学力に到達することが可能です。

たかが1週間に数時間のやり取りであっても,塾の講師というのは生徒に大きな影響を与えることがあり,これは通塾することの明らかなメリットだと言えるでしょう。

信頼できる先生に出会えたら,ものすごい勢いで勉強にのめりこむことも珍しくありません。

問題はそういった先生に出会えるかどうかなのですが,鈴木正人先生や荒巻豊志先生がまだ現役で教えられているので大丈夫そうですね(笑)

デメリット

通塾するデメリットとしては,「時間に余裕がないとダメ」ということと「お金がかかる」ことです。

「Z会の教室」には集団授業の他に個別指導のサービスもあるようですが,指導レベルや置かれる環境面から考えても,集団授業を取ることを前提で話していきます。

こういった通塾スタイルにおいては,欠かさず通うことに加えて,予復習をしっかり続けることが必要です。

無駄のないようカリキュラムはきつめに組まれているので,一度休むと抜けてしまう分野が出たり,ついていけなくなってしまいます。

また,予復習をせずに授業の時だけ頑張ってもできるようにはなりません。

講師が厳しい先生で,授業中発言するよう指名されたり,宿題をやったかチェックされると問題にはなりませんが,最近は優しい先生も多く,ついサボってしまう生徒もいるので注意しましょう。

最後に,勉強ができるようになるコツですが,「一度習ったことを絶対に忘れないぞ!」という強い気持ちで授業に臨むことが大切です。

なお,料金は授業料以外に電車賃や参考書などもかかるので,1科目につき年間25万~30万くらいかかると思っていてください。

他の大手予備校だと,成績が良い生徒の授業料は半額やタダになったりしますが,Z会ではそういう話はありません(私は良いことだと思います)。

こちらも是非体験からどうぞ(ただし人気講師の場合,満席でできません)↓↓

詳しくはこちら

 

合わせて検討したいサービス

これまでみてきた通り,Z会で学ぶ場合,そこで学んだことをしっかりと身に付けることに専念すれば実力が付くわけですが,より日常的な問題,例えば学校のテスト対策としてみた場合に,個別対応しにくいという弱点があります。

また,自分でZ会以外の参考書で学んでみた際にわからない問題に出会ってしまったときにはどうすればよいでしょうか。

そんなときのために家庭教師を付けたり,最近では塾のフォローのための塾もあるくらいですから,いざという時のためのライフラインは用意しておくべきです。

もちろん私の塾に来ていただければお教えできますが,それでも通学の時間や月謝などを考えると現実的な選択肢とは言えません。

そこで最近注目されているのが,以下のスナップアスクのようなオンライン家庭教師のサービスです(スマホで無料で試せるので,是非使ってみてください)↓↓

回数分のチケットを購入し,分からない問題があったらその問題をスマホで撮って送るだけですぐに回答をもらえるところがZ会のサービスと相性が良く,料金も1回あたり数百円で済みます(おすすめの使い方としては,上の記事で書いたように,期間を決めて使い放題サービスを利用することです)。

続けて映像授業のところで触れた「ディアロ」ですが,こちらは映像で学んだ内容を講師にプレゼンして,理解度を確認してもらうサービスが加わっています。

その分授業料はかかりますが,映像授業のデメリットを少なくすることに成功しているのは事実です↓↓

また,映像授業で月額1,980円という安価で利用できるスタディサプリは,大きな対抗馬になりえますし,メインはZ会にした場合のフォローであったり,取っていない講座を独学するような使い方も利用できます↓↓

自分の都合に合わせて,複数のサービスを組み合わせたり,使いたい時にだけ使うという学習形態はこれからますます主流になるでしょう。

従来の学び方にとらわれず,来たるべき時のために,早めのうちから色々と試して,自分なりの答えを出しておくことが大切だと思います。

 

まとめ

今回紹介した3つのZ会のサービスのメリットとデメリットを以下に書き出してみました。

最後に確認してみてください↓↓

  • 通信教育のメリット:取り組みやすく,教材はオリジナルで値段は安め
  • 通信教育のデメリット:復習が甘くなったり,教材が溜まる,さらにはレベルが合わないことも
  • 映像のメリット:短時間で網羅的な学習が可能。逆転するのに向く
  • 映像のデメリット:受け身になり,動画に集中できないと効果は薄い
  • 教室のメリット:講師との化学反応で爆発的な伸びに期待でき,勉強の楽しさに気づける
  • 教室のデメリット:料金がかかり,教室は少ない。講師の実力差が大きい

なお,自分が考えるZ会の弱みを一言で言うと,「説明がわかりづらく,宣伝が下手」というのがあります。

良いサービスなのに仕組みがよくわからないところが少なからずありました。

とはいえ教育改革に対する動き出しは早かったですし,色々と面白い試みもしているので,すごく頑張っている会社であるのは事実です(以前はこんな動画も作ったりしていました)↓↓

blank

ちなみに,昔自分が東大マスターコースに通っていた頃に,浪人生を対象にした授業が新規開講になったのですが,わずか1年でなくなってしまいました。

現役生が来る時間帯の授業では,満席が当たり前の超人気講師のクラスに生徒が10人もいないという,ある意味生徒からすれば最高の環境ではありましたが,経営的には明らかに失敗だったのでしょうね。

話がそれましたが,高校受験や大学受験を見据えたときに「学校の授業だけではダメだ」と感じてしまうのは,残念ですがその通りです。

実際に塾で教えている身としては,学校側こそがもっと頑張って生徒を教育していただけると助かります。

しかし最近は,「成績が悪いのは学校ではなく塾のせいだ」と考える家庭も多いようです。

たかが週に数日塾に来て勉強しても,家にいる時間の方が時間的には圧倒的に長いわけで,学力に大きく影響するのも実は家庭学習であることは是非知っていただきたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-教育サービス

© 2020 スタディサイト