スタディサプリENGLISH

高校受験や英検に役立つ「スタサプ日常英会話コース」のストーリーをご紹介!

今回は,スタディサプリENGLISHの各種有料コースの特典として付いてくる「日常英会話コース」のストーリーから,高校受験や英検の面接対策に役立つ「リク編(Lv.1~Lv.3)」のあらすじと登場人物についてまとめてみたいと思います。

本コースの特徴として,学生や社会人の日常生活によくあるシーンで使える英会話を習得できるところが挙げられますが,そのストーリーは主人公別に大きく3つに分けることが可能です↓↓

  • Lv.1-3:リク編(中1・中2・中3)
  • Lv.4-6:シュン編(高校・大学・社会人)
  • Lv.7:タクヤ編(俳優)

このうち赤線を引いたものが今回記事にしたもので,主人公の名前を取って「リク編」と便宜上名付けています。

ちなみに,一般的な評判や担当講師についてはすでに記事にしましたので,ストーリーをみる前に確認したい方は以下をどうぞ↓↓

リク編のストーリーについて

3つのレベルにまたがった「リク編」ですが,壮大なストーリー全720レッスンから成ります。

簡単にあらすじを確認した後で,各レベルごとの詳細な内容についてまとめていきましょう!

詳細を避けて書くようにはしていますが,多少具体的な話に触れてしまいますので,ネタバレが気になる方はご注意ください。

あらすじ

中学1年生になったばかりのリクが成長して立派になっていくまでの様子が描かれており,Lv.2では中2,Lv.3では中3になった彼が登場します。

ちょっぴりうっかりものの母親と2人で暮らしていたリクですが(父親は海外赴任中で不在),ある日,留学生が突然4人も尋ねて来ました。

というのも,母親が留学生の受け入れ先として自宅を登録していたからなのですが,

「家も広いし,ま,いっか」

という母の一声があって,一緒に暮らし始めたのが事の始まりです。

留学生はみな大学生でお互いに顔見知りですが,出身や趣味,そして性格が大きく異なっており,リクの毎日を刺激的なものへと変えていきます。

以下でレベル別により細かい内容をみていきましょう。

Lv.1のストーリー

日常英会話Lv.1

ストーリーの内容的には,教科書のような堅苦しさは全くなく,大きな流れとしては,中1男子っぽい恋愛の行方をドキドキはらはらしながら見守る感じです。

舞台はリクの自宅を中心に,スーパーなどの施設や散歩中の何気ない会話などが楽しめます。

とはいえ,SNSのアドレスを交換したり,スマホで電話をかけて相手に勉強を教えたりと,今どきなシーンもしっかり英文に出てくるのは特筆すべきことでしょう。

ちなみに語注の単語は以下のような例もありますから,「英検5級レベル対象の教材」から我々が想像するようなものとは一味違うと感じるはず↓↓

日常会話コースレベル1の単語

スタディサプリでは,それだけリアルに迫った会話が展開されるので,自然とストーリーに引き込まれていく感じがするのでしょう。

とはいえ,自己紹介であったり,お互いの文化について説明するシーンや,重さ(オンス)や長さ(インチ)などの単位のような教育的な内容もしっかり学べるのでご安心を。

メアリーとの結末はまさかでしたね。

Lv.2のストーリーについて

日常英会話Lv.2のストーリー

すっかり五十嵐家に溶け込んだ4人。

まったりしたムードの中,とある一本の電話がきっかけで,リクは日本文化を勉強し始めます↓↓

日常英会話コースLv.2の会話

余談ですが,ここらへんに出てくる表現は,高校入試の英作文で役立つものばかりです!

覚えておいて損はありません。

レベル1になかったイベントとして,滋賀県への小旅行が企画され,史跡を巡ったり,日本のしきたり(正月・七夕・銭湯・運動会など)を比較文化的な視点で説明しながら(中国の爆竹・アメリカのプロムの話などを用いて)話が進みます。

留学生の出身地に関する知識(アメリカの人口やリオのカーニバル・ルーブル美術館など)も増えるので,スタディサプリENGLISHで学ぶ中高生であれば海外への興味も高まることでしょう(留学してみたいと思うかもしれません)。

他,外国人観光客を案内するボランティアやダンスパーティーに参加したりと,リクは周りに振り回されてばっかりですが,それを嫌だと思っていないところが良いですね。

私は,リクの誕生日に向けてこっそり会議や準備に勤しむ4人の姿にちょっと感動しました。

Lv.3のストーリーについて

日常英会話Lv.3のストーリー

Lv.3になるとリクも中3になり,高校受験を意識し始めます。

そのためストーリーの内容は,これまで以上に英検や試験に利用しやすいものとなり,実際にエマが面接官になってロールプレイをするシーンもありました(実際の面接シーンもあります)↓↓

日常英会話コースのレベル3のストーリー

良い高校に合格する生徒をみていると,面接や英作文では,要領よく簡潔な表現で3文くらい即座に答えられるようになることが大切なのだと思わされます。

是非,「会話文チェック」のトレーニングを通して,応答の方法や発想の転換について学び,「クイックレスポンス」でスピーキングの練習をしてくださいね(これは英作文の練習にもなります)。

使われる文法やイディオムもだいぶ高度なものになってきましたよ↓↓

日常英会話コースに出てくる文法

ストーリーの内容としては,父親や受験の件もあって,思春期真っ只中のリクが悩む時間が増え,誤解によって留学生とリクの仲は最悪な状態になりますが,それを必死に乗り越えていく様子をみていると,

  • 人は周りの助けなしに生きていけない
  • 良い仲間との出会いが人生に大きく影響する

ことを誰もがしみじみ感じることでしょう。

"Once we become best friends, nothing can break our friendship so easily."

とはエマの言葉です。

ストーリーの後半でリクの父親が現れ,これまでのすべての謎が明らかになりますが,最後の空港でのシーンもすっきりとしていて好きでした。

 

リク編の登場人物について

ここからは,リク編のストーリーに出てきた登場人物のうち,特に重要なメンバーに限定して紹介します。

リク

I can say one thing,"I'm always your friend."(僕が1つ言えるのは,「僕はいつでも君の友だちだ」ってことさ。)

リク

中1のリクは世の中について何も知らない子どもでしたが,色々な出会いを通してどんどん立派になっていきます。

高校入試の面接でリクが答えた内容が,それまでの中学生活の総まとめになっており,まさに自分のことのように色々と思い出しました。

エマ

Don't say, "I can't." You can do it!(「できない」なんて言わないの,できるんだから!)

エマ

エマは社会学を専攻しているアメリカ出身の大学生。

陽気な性格で,スリッパの色はピンクかつダイエットのために食事制限をするなど女子らしい面も見られますが,リクが自信を失ったときは全力で励ましてくれるなど,大変に頼れる存在です。

ハビエル

Well, Mary, what's your phone number?(えっと,メアリ,君の電話番号は何番?)

ハビエル

ハビエルはブラジル出身で,初めて会った子から電話番号を聞き出すなど,チャラい感じなのですが,それが引っ込み思案なリクを非常に助けています。

鏡を見ると「美しい俺」と呟いてしまう性格ですが,リクの様子をよく観察していて,敏感に変化を察知しては思いやった行動が取れるところは流石ですね。

アンディ

Huh, this is that fish knife。(ふぅん,これがあの刺身包丁というやつか)

アンディ

アンディは中国系のアメリカ人で,数学を専攻しています。

金色のアクセサリーが大好きで,「いい家じゃねえか」の文面から受ける印象そのままの,やや言葉に癖がある人物です。

頭の回転が速い上,色々な経験をしてきているので,リクに「大人になるってこういうことなんだぜ」と語ったときは妙な説得力がありました。

クロエ

I...I'm interested in brainwaves in that situation...(そういう時の脳波が...気になってて...)

クロエ

クロエはフランス出身のかなり内気な人物です。

映画館では映画が始まるのを恐れてトイレに行くのをはばかるほどの心配性も持ち合わせています。

趣味はゴスロリで格好はフリフリ。

大学では自然科学を専攻していますが,突然自宅で実験を始めたりするなど,一つのことが凄く気になる研究者向きの性格なんでしょうね。

風変わりなところはありますが,脇から飛び出す彼女の静かな物言いには,的確さと相手への思いやりが感じられます。

メアリ

Good. So, what's up, Riku?(それはよかった。で,どうしたの,リク?)

メアリー

メアリはリクのクラスメイトで,日本には1年前から住んでいます。

スーパーでしゃべったとき,あまり2人は親しい仲ではない感じを受けましたが,リクの方は照れていましたね。

ストーリー最後のレッスンにおける登場率は,主人公のリクを超えてNo.1です(笑)

リクと共に成長していく彼女の姿に注目してくださいね!

リクの父親

Face up to the interview in a similar way, Riku.(同じように面接にも立ち向かうんだ,リク)

リクの父親

リクの父は最後の最後(Lv.3のレッスン204)で満を持して登場します。

息子のこれまでの成長を喜ぶと同時に,最後の一押しを可能にする重要な役目を果たしますが,その結果は是非ご自身の目でご確認ください!

 

まとめ

リク編のストーリー

以上,スタディサプリENGLISHの「日常英会話コース」から「リク編」のストーリーについて見てきましたが,いかがだったでしょうか。

入試や資格検定試験にピッタリの内容で,学校の授業で不足しがちなリスニングやスピーキングの時間を補うことができます

ストーリーも面白いので,例えば普段Lv.3だけやっている人も,「オートリスニング」機能を使ってLv.1や2の内容も学んで「リク編」を全部通しで学んでみてほしいと思います。

面接で必要な発想の転換や論理の構成を始め,文法や発音の理解を深めるだけでなく,自国文化に対する理解を深めたり,友情の大切さを学べるストーリーは幅広く役立つものになるでしょう。

ビジネス英語や海外旅行に役立つ英語などを学べる有料コースに申し込んだ方は,もれなく日常英会話コースを使えるようになりますので,無料特典だと侮らず,本コースで幅広い学びを体験してみてください!

なお,スタディサプリENGLISHの各コースの料金比較や,お得になるキャンペーン情報は以下の記事にまとめていますので,興味がある方はこちらもあわせてお読みください↓↓

最後までお読みいただいた方,ありがとうございました!

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-スタディサプリENGLISH

© 2020 スタディサイト