スタディサプリENGLISH

【2019年9月】スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードはこちらから!

スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードですが,全部で3つあるコース(TOEIC・ビジネス英語・英会話コース)ごとに詳細が異なります。

当記事では,各コースのキャンペーンコードについて紹介した後,入力時に注意したいことをいくつかまとめました。

 

 

英会話コースのキャンペーンコード

日常英会話コースのキャンペーンコードについて

スタディサプリENGLISHの日常英会話コースのキャンペーンコードですが,『無料体験期間を1週間から1か月に延長できるコード』である,

TRY2016

が使用可能です(知る限り最高の条件です)。

これまで多くの方にご利用いただきましたが,以下の限定ページから申し込んで頂くことで,私の方で正常に申し込めたのかの確認を取り,翌日以降コメント欄にてお伝えすることにしています。

是非ご利用ください(1週間ほど掲載した後に削除させていただく形を取っています)↓↓

英会話コースのキャンペーン確認ページ

 

表示されたコースでのみ上記キャンペーンコードは適用されます。通常のスタディサプリと混同する方が多くいらっしゃいますのでご注意ください。

 

 

TOEICコースのキャンペーンコード

スタディサプリENGLISHのTOEICコースのキャンペーンコード

続いてTOEICL&R TEST対策コースのキャンペーンコードについてですが,通常の『ベーシックプラン(月額2980円)』のものと専属コーチが付く『パーソナルコーチプラン』は別々のページにまとめています。

ベーシックプラン(通常のTOEICコース)はこちらからどうぞ↓↓

通常のTOEICコースのキャンペーンコードまとめ

 

パーソナルコーチプランについては以下のページから↓↓

パーソナルコーチプランのキャンペーンコードまとめ

 

申請はできる限りさせていただいておりますが,これまでの状況としては年に一回程度の配布に限られてしまっているのでご了承ください。

 

 

ビジネス英語コースのキャンペーンコード

スタディサプリENGLISHビジネス英語コースのキャンペーンコード

ビジネス英語コースについては,現在のところキャンペーンコードは配布されていません。

ですが,英会話コースよりも割引額の多いキャンペーンは頻繁に実施されていますので,是非以下のページにてご確認ください↓↓

ビジネス英語コースで最新情報を確認する!

 

キャンペーンコードというのは有効期限が切れてしまうのが案外早く,「ようやく見つけられた」と思っても意外と使えなかったりするもの。

さらには,本当に申し込みできたのか,クーポンコードがちゃんと適用されたのかわからないなどの不安がいつまでも付きまとい,精神衛生上極めて良くありません。

以下では,キャンペーンコードが確実に使用できたことを知る方法正確に申し込めたのかわかる申込み手順について紹介していますが,簡単にまとめれば,

正しい申し込みページにアクセスし,有効期限内のコードを入力,正しく処理される

というステップを踏むことになります。

ほとんどの方がスマホ操作などに慣れていると思いますので,先述のリンク先から手続きすれば問題なく完了できると思いますが,心配な方は続きをご覧ください。

画像は英会話コースのものをメインに使用しており,申し込み確認用のコメント欄は,当記事の下方にあります。

 

 

スタディサプリENGLISHの申し込みページについて

キャンペーンお知らせページ

当サイトにお越しいただいた方の中には,コードについては知っていても,キャンペーンが実施中かどうかはご存じない方がいらっしゃるかもしれません。

特に英会話コースから上位のTOEICコースなどに変更される場合に多いのですが,今使っているアプリ内で手続きを進めてしまったり,古い情報を載せているサイトのリンク先などでは最新のキャンペーンが表示されないことがあります。

まずはスタディサプリENGLISHの正しい申し込みページに行くことが重要です。

そしてコードを使用する際には,実施中のキャンペーンとその内容を比較し,よりお得に使える方で申し込むようにしましょう(遷移先のページで対象期間や内容,その他注意事項をご確認ください)。

前提知識として,キャンペーン価格とコードの併用はできません(まずは試しに1ヶ月使って,気に入ったらその後,年間契約で申し込み直すという裏ワザもありますが)。

 

 

キャンペーンコードが有効か知る方法

キャンペーンコードが有効かどうか知るためには,リクルートIDを発行し,スタディサプリENGLISHのログインまで完了させる必要があります。

 

リクルートIDの取得

まずはリクルートIDを取得することから始めましょう!

リクルートのサービスを使うのが初めての方は,上記画像右側の『新規会員登録へ』を選択してください。

なお,以下のサイトをこれまでに利用したことのある方は,既にお持ちかもしれません↓↓

リクナビはもちろんのこと,タウンワークやゼクシィ,さらにはケイコとマナブもリクルートのサービスだったのですね。

ほとんどの場合,自分のメールアドレスがそっくりそのままリクルートIDになるので,思い当たる節がある方は試してください。

 

私は持っていなかったので新規登録画面に進み,メールアドレスを入力してIDを発行することにしました↓↓

メールアドレスを入力し仮登録メールを送信すると,受信ボックスに『スタディサプリ ENGLISH会員登録認証【リクルートID】』という件名でメールが届きます。

そこに記載されているURLから登録を進めましょう。

 

名前など基本情報を登録する画面になりますので,そのまま手続きを進めて…

確認画面を経て,会員情報の登録は完了となります。

 

スタディサプリENGLISHにログイン

登録が終わりスタディサプリENGLISHにログインできれば,いよいよキャンペーンコードを入力する画面の登場です

この際「ゲスト」という名前が表示されるかもしれませんが気にしないでOK。

ページを下げていくと,入力欄(画像の赤枠部分)が出てきますので,そこに当サイトで紹介している英数字を正しく入力してください↓↓

そのまま『申し込み内容を確認する』を押すと,キャンペーンコードが有効かどうか知ることができます

自分が申し込んだときは『TRY2016』が有効でしたので,その例で説明を進めますが,正しくないコードを入力すると以下のようなエラー画面が出ることがわかっています(申し込み日が2017年だったので試しに変えてみたらダメでした)↓↓

入力欄の下に「エラーが発生しました」という警告が表示されているのがおわかりでしょうか。

 

さらに次ページに進んでみても,以下のようにキャンペーンコードが正しく認識されていることがわかりますね。

「クーポンコードあり」という形です(相変わらず右上の名前は「ゲスト」のままです)↓↓

無料期間例も1ヶ月分に延びているのがわかります。

 

リクルートIDでログインをし直して,支払い方法を入力して確認をします↓↓

これで,スタディサプリENGLISHの利用登録が完了です。

 

最後に,この後スタディサプリENGLISHから送られてくるメールを確認してください↓↓

このメールに記載されている赤い色を塗った部分が申し込みの完了日時となりますが,当サイトで紹介している限定ページから申し込んでいただくと,この時間の方を私の方でお調べし,コメント欄にてお伝えすることができます(日時以外の情報は一切私にはわかりませんのでご安心を)。

正しい処理がされたかどうかは,この方法で確認できます。

 

 

まとめ

以上,最新のキャンペーンコードの配布と申し込み手順についてまとめてきました。

正しいページへのたどり着き方からコードが適用されたか確認する方法まで紹介してきましたが,ご不明な点等ございませんでしたでしょうか。

キャンペーン価格の適用にはウェブでのカード決済が必要であったりするので,うまくいかない場合はご連絡ください!

 

この後,いよいよスタディサプリENGLISHの勉強が始まります。

英会話コースの例ですが,パソコンでログインしたら,いきなりボサノバ調の音楽が流れ出してビックリしました(笑)

早速『レベルチェックテスト』というものを受けてみたのですが,英検2級レベルと判定されてしまいました(私は遠い昔に準1級を取得しているのでちょっとショック)。

とはいえ,英語力を上げたいから勉強しようと思ったわけで,そもそも英語ができるならスタディサプリENGLISHは必要ないですよね!

なお,対応している英語レベルですが,

  • 英会話コース:英検5級から準1級レベル
  • TOEICコース:初心者~860点まで
  • ビジネス英語コース:400点~どなたでも

といった具合に細かく分かれています。

 

通常のスタディサプリ(小学生から大人まで利用可)についてもキャンペーンコードの方まとめていますので,興味がある方はそちらもチェックしてみてください!

スタディサプリのキャンペーンコードまとめ(小学,中学,高校講座)

 

この度は当サイトの記事をお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

スタディサイト管理人

都内で塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで,英数を中心に学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最終学歴は東京大学。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をまとめています。すぐに実践できる勉強法やオンライン教育サービスを利用した学習戦略も意欲的に掲載。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。

-スタディサプリENGLISH

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.