GTECと大学入試!どんな問題が出題されるの?

2020年度の入試改革の一環で,センター試験に代わる「大学入学共通テスト」が始まり,英語においては,民間団体による資格・検定試験の見直しが行われました。

特にスピーキングやライティングの能力は共通テストで測ることは難しいので,いずれは共通テストの英語試験は,民間の資格・検定試験に取って代わられることが予想されています。

とはいえ,その実施にあたっては不安材料が多く,今のところは実現に至っていませんが,高校生が民間試験に向けて勉強することが無駄に終わることはありません。

私立入試や国公立の2次試験などで,共通テストで測れない能力を問うことは自然な流れですし,現に文科省にもそのような出題をするように推奨されています。

民間試験としては7つの実施団体によるものが有名ですが,当記事では「GTEC」に焦点を当て,大学入試との関係や問題内容についてみていくことにしましょう。

GTECと大学入試の関係

GTECのイメージ

GTECとは「Global Test of English Communication」の略で,ベネッセとアメリカのテスト会社が共同開発したテストです↓

公式サイト

その歴史は1997年まで遡ることができ,1999年のリリース以降,2017年には102万人,2018年には126万が受検するテストになりました。

「使える英語力を測る」という標語を掲げ,英語4技能の運用能力すべてを測定できるテストになっています。

入試改革に関連する中高生向けのGTECとしては,難易度別に「Core・Basic・Advanced・CBT」の4タイプがあり,学年を問わずどの試験を選択しても構いません

とはいえ,対象学年の目安は存在しており,各タイプごとに上限のスコアが異なることに注意してください↓

GTECの4つの問題タイプと学年の関係

問題タイプとスコア・学年の関係

Core=上限840点,中2~中3レベル(A2),92分

Basic=上限1080点,中3~高2レベル(B1),110分

Advanced=上限1280点,高1~高3レベル(B2),110分

CBT=上限1400点,高2後半~高3レベル(C1),150分

上の数字の補足ですが,一番左の点数は,技能ごとの上限値を合わせたものです。

例えばCoreを例に説明すると「リーディング210点・リスニング210点・ライティング210点・スピーキング210点」の計840点満点となり,CEFRでいうところのA1~A2レベルに当たるスコアが出てくることを意味します。

中学2・3年生におすすめできるレベルであり,一番右は実施時間の目安です。

学校で受ける場合,日時があらかじめ伝えられるので問題ないでしょう。

そこで,ここでは全国の公開会場で受検することになるCBTの受験日について紹介するにとどめますが,2022年度の場合は以下の通りとなっております↓

  • 第1回2022年7月10日(5月15日~6月3日申込)
  • 第2回2022年11月13日(9月18日~10月7日申込)
  • 第3回2023年3月19日(1月22日~2月10日申込)

基本的に年3回の実施ですが,年間2回までしか受検できない他,コロナの影響で受検地には影響が出ており,47都道府県で受けられるわけではありません。

結果は5週間後に発送となるので,やや時間はかかります。

受験料は9900円です。

 

 

GTECの活用状況

GTECを利用できる大学を検索できる画面

GTECのHPから,大学入試における活用校が検索できます。

ここでは,GTECスコアの活用状況についていくつかみてみましょう!

一般選抜から学校推薦型選抜まで幅広く使えますが,主に以下のような使われ方をします↓

  • 出願する際に必要
  • 試験科目が減らせる
  • 加点または得点がもらえる

具体的な文言としては,

  • ○点以上を出願基準とする
  • ○点以上は個別試験(英語)の代替とする
  • ○点以上は共通テストや個別試験の英語を満点にする

などがあり,点数としては880点以上であったり1190点以上だったりと,各大学・学部により幅があるので,自分の実力に合わせて,適切な入試種別を選ぶようにしてください↓

GTEC基準スコアの例

なお,英語が得意な人が対象となるので,求められるレベルは基本的に高めです。

 

 

GTECの問題内容

ここでは高2後半~高3レベルとされる,CBTの問題構成についてみていくことにしましょう。

Listening

GTEC listeningの問題内容

場面設定は,大学で経験することになるであろう教室での講義や学生生活となり,出題数は約35 問,時間は約25~35分となっています。

1回しか流れない英文を聞き,質問されたこと(要点や概要,論点や情報,話し手の意図など)に正しく答えるのですが,これは実際の場面と同じものです。

例えば以下のような英文が流れます(1つの質問を答えるのに必要な放送内容のみ抜粋しています)↓

CBTリスニングのスクリプト

この英文に対し,以下のような出題がされるわけです↓

CBTのリスニングの質問内容

実際はこの後も数問続きますし,読まれる英文も上の4倍程度の長さになるでしょうか。

内容は完全に大学の講義ですが,話の論点を意識して聞き取る必要がありました。

後で紹介するサンプルで,実際の読み上げ速度について確認してもらいたいのですが,普通のスピードですが丁寧に話してくれている様子が伝わってきます。

 

Reading

GTEC Readingの問題内容

リーディングもリスニングと同じ場面設定です。

出題数は約32問で,それを40分ほどかけて解きます。

海外の大学に入ると,分厚い本を読むように指示されては,その概要や要点に加え,筆者の言いたいことを素早く理解しないといけません。

読むべき課題の量が多すぎるので,辞書をゆっくり引いて読み進めるでは時間が足りなくなることがほとんどです。

そして,GTECではまさにそういった場面を想定しての出題になっています。

とはいえ,講義での配布物から必要な情報を取り出すような問題(A2レベル)もあるので,今回は以下の文章で確認してみましょう↓

CBTのリーディング問題例

これに対して,質問はどうかというと,以下のようなものです↓

CBTのリーディングの質問例

上の問題では,書き上げたものを出す日と,書く前の面談について正確に読み取ることができれば正解できます。

入学後に,締切日や提出のルールについてしっかり確認しなければ,評価は大幅に下がってしまい大変な目にあってしまいますから,こちらも大学の試験前の状況そのままだと言えるでしょう。

 

Writing

GTEC writingの問題内容

これまでの聴くと読むの2技能と打って変わって,ライティングでは出題内容は細分化され,出題内容がより明確に示されています。

全部で問題は9問,それを計65分で解きましょう。

アンケートからエッセイまで,書く内容素材は多岐にわたりますが,後ろの方に出てくる問題ほど難しいものになっていくことは明らかです。

とはいえ,書くべき内容が指示されているので,ポイントを押さえればあとは文法力・語彙力の勝負となります↓

CBTライティングの問題例

「グラフの要点を述べること」と「自分の経験と比較すること」の2つが指示されているので,指定された文字数の平均を求めて(150語),その半分の75語程度で述べていきましょう。

要点をそんなに書けないと思われるかもしれませんが,グラフを見て,ただ「増えている」と書くのではありません。

より具体的なデータを用いるようにして,「1960年には800億kgだったものが,2010年で約3倍の2270憶kgになっている」などと詳しく述べることができるため,実際やってみると,字数的にはさほど困らないと感じるはずです。

 

Speaking

CBTのスピーキング概要

スピーキングもライティング同様,細かくパートごとに詳細がわかっているので,意外と対策は立てやすいのではないでしょうか。

最初は簡単な質問に返答するだけですが,相手に説明したり,最終的にはスピーチ的なものを行うなどと難易度はどんどん上がっていきます。

以下の問題は,パート3に出てくる意見展開問題の例です↓

CBTスピーキングの問題例

「発音至上主義か否か」について自分の意見を述べることになるわけですが,最初にどちらの立場であるかを告げ,その理由を2つ言えればOKとなります。

このとき,「自分の知っていることや経験を交えること」という指示がありますので,話すべきことは明確です。

もしも「発音が大事だ」という立場に立つのであれば,

  1. 正しく発音しなければ相手に伝わらない
  2. 辞書で発音記号を確認するだけで,聴いたことがない単語でも読める

などと理由を話せばよいでしょう。

そして,それぞれに,

  1. 外国の方と話をしていてwaterという単語すら聞き取れずに恥ずかしい思いをした
  2. 無限にも思える発音記号も全部で50弱しかなかったので,ぜひ覚えたい

などと,自身の体験を交えた内容を1つ加えてサポートすれば良いわけです。

以上,CBTについて1問ずつ取り上げてみてきましたが,「論より証拠」ですので,ぜひサンプル問題を解いてみてください↓

CBT以外のテストについてもサンプルがあります。

 

 

まとめ

GTECと大学入試成績提供システム

以上,GTECと大学入試の関係や問題内容について具体的にみてきました。

やるべきことは明確なので,焦らず落ち着いて,こなすべきことを1つ1つやっていけば,それほど恐れるべき内容ではないことがわかっていただけたかと思います。

英語の民間試験のどれを受ける時もそうなのですが,ただ高いスコアを取得することだけを目標とせず,こういった問題が解けて良い結果が出た先に何があるのかを想像してみることが大切です。

GTECであれば,テストの性質上,例えば次のようにイメージできるのではないでしょうか↓

  • 留学して現地の授業を聞くときに役立つ
  • 将来,英語関係の仕事に就く際に役立つ
  • 海外との取引の際に役立つ

「このような目標のためにGTECを勉強しているのだ」と考えられるだけで,やる気も結果も大きく変わってくるはずです。

あとは偏った学習にならないよう,英語4技能をバランスよく鍛えるように注意しましょう。

特に,リスニングやスピーキングは日ごろからアプリなどを使って習慣づけをしておくことが重要です。

わずか数分でも,それを毎日続けると,後で大きな差となります。

頑張ってください!

-入試改革

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイトの管理人

某通信教育での添削や採点業務に加え,塾や家庭教師の講師歴は20年を超えました。東大で修士号を取得したのははるか昔のことですが,共通テストやTOEICの結果を見る限り,まだまだ学力は維持できています。小学生から高校生まで通じる勉強法を考案しつつ,副教材として使うスタディサプリのユーザー歴は5年以上となりました。オンライン上のやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです!