CEFRとは?英語試験や大学入試との関係について

これからの大学入試では,英語の4技能をバランス良く伸ばすことができた受験生ほど,他より有利な条件で本番に臨むことができるようになります。

そして,自分の英語力を客観的に測定してもらい,さらにそれを大学側に証明するために,英検準1級やTOEIC800点といった個別具体的な枠組みを超えた指標が1つ用いられることとなりました。

表題からもお分かりの通り,その指標は「CEFR」に他ならないのですが,今回の記事では,既存の英語資格・検定を見比べながら,CEFRについての理解を深めることを目的としています。

また,実際の大学入試において,この指標がどのように用いられているかについて,いくつかの大学の例を元に考えてみることにしましょう!

CEFRと英語試験の関係

複数の技術を持つ人のイメージ

2020年度から開始された大学入学共通テストですが,当初の予定としては,英語の4技能(読む・聴く・書く・話す)を民間の英語試験(英検やTEAPなど)を利用するはずでした↓

しかし,直前になって様々な問題が指摘され,入試改革の目玉とされていた英語成績提供システムを導入するには至らなかったわけですが,そういった試験すべてに通じる共通の物差しとして「CEFR(セファール)」が大きく注目されるようになったことは確かです。

CEFRとは「Common European Framework of Reference」の頭文字を取ったもので,内容についてまとめると「言語能力を評価する国際指標」なります。

直訳すると「ヨーロッパ共通参照枠」となり,何とも欧州を意識してしまいますが,もはや全世界に通じる指標とされているので気にしないでください。

さて,このCEFRを用いることで一体何がどうなるかと言えば,各種英語試験のスコアを,CEFRの定める6つのレベルのいずれかに置き換えることが可能になります

例えば,以下の対照表を見ると,「英検準1級」や「TOEIC L&Rの800点」というのは,CEFRで言うところの「B2レベル」に相当することがわかるはずです↓

CEFRと各種英語試験の対照表

ちなみに,新学習指導要領では,英語4技能の1つ1つにおいて「Can-do」と呼ばれる到達目標が設定されているのですが,学年別にCEFRを使ってまとめてみると,以下のようになります↓

学年別の到達目標

  • 中学2年生までにA1レベル
  • 高校2年生までにA2レベル
  • 高校卒業までにB1レベル

上の3つ目については厳密には,英語を専門としない大学2年生までにB1レベルが目標となっているのですが,大学入試の英語で求められるレベルは年々高くなっているので,上のように考えているくらいがちょうど良いです。

「中学生ならば英検3級を,高校生は準2級または2級に合格せよ」と昔,先生に酸っぱく言われた保護者の方もいらっしゃるでしょうが,今ではCEFRを使って「中学生でA2,高校生でB1に達せよ」というのが新しい目標となっています。

なお,大学入学共通テストのリスニング問題でも,実際にA1からB1レベルまでの問題が出題されました。

もちろん,B1レベルの問題に全員が答えられることはないのですが,CEFRを意識して問題が作成されているという事実を認識しておきましょう。

ここで悲しい現状に目を向けてみると,国公立の高校に通う高校3年生の7割以上が,CEFR基準でいうところのA1レベルに相当するという結果も出ています(2014年度に実施された調査)↓

高3生とのCEFRスコア分布

上のデータの見方ですが,青い色が最も濃くなっているところほど多くの高3生が集中していると理解してください。

英語の授業に結構な時間数をかけているように思うのですが,到達レベルが国の教育目標の最低基準だとすると,抜本的な改革が必要になるのは当たり前なのかもしれません(ちなみに,80%の日本人はA1~A2レベルに入るとされます)。

もちろん,「英語なんて今後の人生に必要ない」と予想する方も多くいらっしゃるかと思いますが,教育改革の流れ的には,「来たる世界のグローバル化に備え,ツールとしての英語を扱える人材を増やしたい」という国家レベルの戦略が優先されるわけです。

そういった人材の養成所ともみなせるのが大学ですから,そこで学ぶ以上,英語の習得は避けて通れません。

なお,CEFRのC2レベルともなると,もはやそれは,英検やTOEICでは測れないレベルになるわけで,何ともリアルな指標に感じられます。

 

 

CEFRと大学入試の関係

大学の校舎

大学入学共通テストが導入されてからは,CEFRで高いレベルに到達することで大学合格のチャンスが高まったことは明らかです。

とはいえ,共通テストが実施される以前から,英語の4技能が測定可能な試験会場には,高校生と思しき子の姿が数多く見受けられました。

というのも,個別入試では,とっくの昔に英語の4技能の入試への活用が始まっていたからです。

ちなみに,文科省が公表しているページにある「2022年度の国公立大学入学者選抜の概要」をみると,総合型選抜(かつてのAO入試)を実施する大学の数は年々上昇傾向にあります↓

令和4年度までの総合型選抜入試採用状況

全国公立に対して総合型選抜を実施している学校の割合は58.0%と半数を超えており,学校推薦型選抜においては96.6%と,軒並み高水準を維持していました。

そして,これらの書類審査の中に英語4技能を評価に含める大学は多く,その数は年々増えてきているというわけです。

このように最近は入試制度も多様化してきているものの,CEFRでB2レベル以上に達している高校生であれば,推薦型選抜に限らず一般選抜においても有利に受験を進めることができます

例えば,以前私が受け持っていた立教大学志望の高3生で,英語が得意ではないけれど,国語と数学は得意だという生徒がいたのですが,彼女は英検2級を持っていたために,「グローバル方式による2教科受験(英語以外の国数で勝負できる試験方式)」を視野に入れた勉強計画が選択可能となりました。

例えば同年の早稲田大学においても,英語4技能テストを利用する方が一般で受けるよりも有利な倍率で受験することが可能でした↓

早稲田大学の入試形式と合格倍率の例

その他,英語力がある一定のレベルに達していることが証明できれば,入試での英語が満点扱いになるなど良いこと尽くしです。

今年度の詳細については,受験予定がある大学のHPをみて個別に調べていただくことになりますが,「もっと自分に合った受験方法はないか」という視点で眺めてみることによって,より多くの注意が向かうようになると思います。

穴場となる大学も意外と見つかるもので,今年から制度が変わるような大学は特に狙い目です。

 

 

まとめ

大学生のイメージ

以上,CEFRの説明と各種英語試験との関係性に加え,英語4技能をバランス良く伸ばしたことにより大学入試でプラスに働く例をいくつか紹介してきましたが,いかがだったでしょうか。

繰り返しにはなりますが,大学共通テストでは,CEFRで言うところのB2レベルに達していると,受験を有利に進めることができます。

また,その先にある就職や昇進を見据えた場合においても,英語ができると優遇されることに疑いの余地はありません。

社会人になってから,貴重な休日を好きでもない英語の勉強に費やすことは苦行でしかないでしょうから,英語を勉強できる環境が整った学生時代に,何とかある程度の基準に達しておきたいものです。

一度取った資格は永続的に有効なものもありますし,一度英語力を高めてしまえば,落ちてしまった後になって戻すことになってもそれほど難しくはありません。

逆に,これまでに取ったことがない成績を後になってから目指すというのは,よほどの意思がない限りは大変な苦行となってしまいます。

ところで,これまでの大学受験制度を見直してみると,「入試で問われるものしか勉強しない」というのが受験生の基本となる態度であり,学校の英語授業において,例えば外国人教師による英会話の授業や発音の授業は,悲しくも無駄な時間の一つとみなされていました。

質が悪いことに,実際に受験で勝利してしまう子というのは,そういう無駄な勉強を極力排斥し,自分の受験に関係ない教科はすべて内職にあて,学校に頼らず塾の勉強に徹した受験生であることが多かったように思います。

その結果,英語4技能のうち文法や和訳の能力だけが異様に高く,「聞く」と「話す」能力が低い大学生が誕生してしまう運びとなりました。

これが「受験英語は使えない」などと言われる理由に繋がってくるわけですが,最近の教育改革により,従来のCan-Doリストが見直されたりCEFRが採用されたりと,ようやく4技能が評価される時代になってきたのは喜ばしいことです。

特にグローバル化の対応に力を入れている大学であれば,入学前だけでなく入学後においても,英語の資格・検定試験は評価対象になりますし,将来英語力が問われる仕事に就きたい人にとってみれば,この時代の流れは大いに歓迎されるものではないでしょうか。

なお,英語教育は小学校から導入されるようになり,高校での到達レベルもより上がることが予測されています↓

教育改革以降の英語教育での到達レベル

高校でB2が当たり前となると,もはや教員はC1(英検1級のTOEIC945点)が当たり前とされる時代が来るのかもしれません。

最後に,英語はコミュニケーションのツールでもあるわけですから,やはり実際に英語で他人と意思疎通を図ることは重要です。

そのコミュニケーション能力が受験で問われるというのであれば,より一層,「聞く」や「話す」能力の必要性は増すわけで,学校の会話の授業も意味のあるものとされ,授業に耳を傾ける生徒が増えることにつながるのではないでしょうか。

もちろん,アウトプットはインプットよりも面白い体験となりがちですから,相乗効果で読み書きの能力も上がりやすくなるかもしれません。

とはいえ,「従来の日本の詰め込み教育の良い部分が失われてしまう」という意見もありますので,その問題も考慮に入れて,しっかり話し合って意見を出していかなければいけない問題でもあります↓

いずれにせよ,切り替わり時期というのは色々と後手後手に回ってしまうものですので,世の中の流れに動揺することなく,普段から英語の4技能全てを高める勉強をするように心がけましょう!

-入試改革

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイトの管理人

某通信教育での添削や採点業務に加え,塾や家庭教師の講師歴は20年を超えました。東大で修士号を取得したのははるか昔のことですが,共通テストやTOEICの結果を見る限り,まだまだ学力は維持できています。小学生から高校生まで通じる勉強法を考案しつつ,副教材として使うスタディサプリのユーザー歴は5年以上となりました。オンライン上のやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです!