教育サービス

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室の評判について!

2020年度から,小学校3年生以上はプログラミング授業を必ず受けなければならなくなりました

とはいえ,それが悪いことかというとそうではなく,そもそも,プログラミング授業を行う意味は,「子供たちの論理的思考や創造力を高め,今後のAIに使われるのではなく,使う側の人間になるために必要な能力を育成すること」でしたね↓↓

これは文部科学省が教育改革で実現したい目標であり,大変期待できるものだと思います。

しかし,教育現場ではまだまだプログラミングに不慣れな教員も多く,必死にスキル習得に励んでいる真っ最中です(特にPC文化で育っていない高齢の教員やスマホ中心でPCに慣れていない教員はキツそうです)。

最近は「学校の授業開始をただ待つのではなく,こちらから率先して我が子の近未来的能力を上げる機会を設けよう」と思い立つ,意識の高い保護者の方もちらほら見かけます。

そこで,今回は,小学生向けのプログラミング教室を大々的に始めた評判の「ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室」を取り上げ,他のスクールと違う魅力についてまとめていくことにしましょう。

ヒューマンアカデミーについて

ヒューマンアカデミー株式会社の組織図

「ヒューマンアカデミー」とは,教育を中心に,保育やスポーツ,ITなどの事業を複数展開するヒューマングループの1つです。

さらにヒューマンアカデミー内には以下のようなサービスが存在します↓↓

  • ヒューマンアカデミー(資格取得)
  • 総合学園ヒューマンアカデミー(専門学校)
  • たのまな(通信講座)
  • ヒューマンキャンパス高等学校
  • ヒューマンアカデミーロボット教室
  • ヒューマンアカデミーキッズサイエンス理科実験教室
  • ヒューマンアカデミーランゲージスクール(子ども英語)

これらは一例にすぎず,幼児教室やカルチャースクール,さらにはダンススクール,日本語学校やオンライン英会話,はたまた旅行やスポーツまでと多岐にわたります。

こうして多く手を広げることは一見まとまりがないように見えますが,ある分野で培ったノウハウを他分野に役立てられるといった相乗効果もあるわけです。

1985年に誕生し,これまでに数多くの卒業生や修了者を輩出してきたヒューマンアカデミーですから,多くの方の支持を受けていることがわかりますし,知名度も高く,みなさんもどこかしらでその名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

さてここで表題のテーマに話を移しますが,そもそもプログラミング思考が学べる場としては,「ヒューマンアカデミーロボット教室」が2009年の段階からすでに存在していました。

しかし,そちらのメインはロボット制作であったため,2020年のプログラミング教育必修化に向けて,より特化する形の「こどもプログラミング教室」が2017年の6月に開始となったわけです↓↓

後者については,2015年頃から「ロボット教室でプログラミングも教えて欲しい」という要望が出てきており,さらに教育改革の話題が世の中に浸透するにつれてさらに問い合わせが増えたとのこと。

ちなみにロボット教室の方は1,400教室以上がありますが,このプログラミング教室もすでに200教室以上が全国に存在し,世間の関心度の高さが伺い知れます。

それでは次章から,こどもプログラミング教室の魅力について述べていきたいと思いますが,大きくみて以下の3つに分けられるようです↓↓

  1. カリキュラムの質
  2. 教材の信頼性
  3. 学習環境

次章から1つ1つみていくことにしましょう!

 

こどもプログラミング教室のカリキュラム

Scratchと対応コース

「プログラミング教室」と聞くと,パソコンに向かってひたすら小難しいプログラミングコードを入力していくように考えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが,それは大きな間違いです。

というのも,2020年のプログラミング必須化で学ぶべき内容として「簡単なプログラミング技術の習得」の他に「プログラミング的思考の育成」が掲げられているからです。

さらには,プログラミングにおける授業テーマを子供たちの興味が持てるもの(例えば動画づくりであったり,ゲーム作りであったり)にしたり,もちろん数学や国語の授業内容の一環として,プログラミングの授業が行われるので,まったく独立した教科でもありません。

しかし学校では1人1人が深く学べる時間が取れないことでしょうし,教員もほとんどがその道の専門家ではないわけですから,習い事としてプログラミング教室を利用する方も多いです。

ヒューマンアカデミーのこどもプログラミング教室の実際のカリキュラムについてみていきますが,学習期間としては3年間が予定されており,教育改革をしっかりと意識した能力(アクティブラーニングや思考力・判断力・表現力)の育成が掲げられています

1年目のカリキュラムですが,

PC操作の理解→プログラム作成→プログラムの改変→発表

といったように段階的に学んでいきます。

PC操作は入社するときにも役立ちますし(スマホやタブレットばかりでPCを操作したことのない大学生が多いそうですし),発表することでコミュニケーションスキルも習得可能。

上の4つを1つのサイクルだとしますが,それを3ヶ月かけて学習したら,次の3ヶ月は違う題材を通し,2サイクル目に突入・・・といった具合で,全部で4サイクルを繰り返します↓↓

こどもプログラミング教室のカリキュラム

学校だと,ここまでの綿密さで授業は行えませんよね。

ちなみに2年目は,1年目で培った基礎力を応用して,より自分たちで考える機会が多くなりますし,3年目ではPCの機能を生かしたプログラミングを学べるということで,さらに高度な知識・技能が身につきます。

 

こどもプログラミング教室の教材

こどもプログラミング教室のオリジナル教材

こどもプログラミング教室の教材を監修しているのは鳥井雪さんという方ですが,どこかで耳にした名前だと思ったら,「ルビィのぼうけん」シリーズの翻訳者の方だったんですね。

なお,この本は「プログラマー的な思考方法」について子どもに教えるための知育絵本であり,プログラミング教育のバイブル的な本となっています↓↓

そんな名著の翻訳を担当した方ですから,もちろんプログラマー界で名の通った信頼の置ける方だということは言うまでもありません。

なお,ヒューマンアカデミーで使うプログラミング学習ソフトは,小学校で使われることが確実視されているScratchとなっているのも汎用性があります↓↓

ヒューマンアカデミーの教材内容

このScratchは中学生以降も使える本格的かつ奥の深いソフトですので,夢中になればドップリ浸かれるだけの深みを備えた教材ですし,得たスキルは他のソフトを扱うときにも応用できるでしょう↓↓

扱う題材はもちろん,オリジナル教材なわけですから,市販のテキストと比べて問題が意図的に多く含まれていたり,先生側もテキスト内容を習熟しているので色々な使い方ができてしまうのも魅力です。

PCをあまり使ったことのない子でも,まるでゲームをする前のチュートリアルモードのように,必要なPC操作が身に付くようにテキストが工夫されているので心配は要りません(「謎解き」と呼ばれるもの)。

ちなみに私の身の回りにロボットで日本一になった生徒がいますが,小学生のときはScratchで動画作成に明け暮れていたと言います。

いったん好きになると子どもはとことん熱中しますので,思った以上の結果が得られるかもしれない期待感が得られるところも,新しい習い事をさせる魅力です。

 

こどもプログラミング教室の環境

神奈川県にあるこどもプログラミング教室の様子

最初の方で,サービス内容が多岐に渡ることによる相乗効果について触れましたが,ヒューマンアカデミ―のプログラミング教室ではそういった「理科実験教室」や「ロボット教室」のノウハウが生きています

例えば,「1クラスに最大で8名」であることは,少人数制にすることで目が行き届きやすくなりますし,「講義時間を短くし実践の時間を多くする」ことで,小学生が飽きないように工夫しているとのことです。

1回の授業時間は90分で,月に2回の受講が基本となっていますが,小学生の集中力など30分も持たないわけですから,余裕を持たせた時間設定だと思われます(私も小学4年生に塾で教える際は,2時間の授業時間のうち1時間は,一緒に遊んで信頼感を築いたり,一瞬の集中を引き出すための時間にしています)。

その他,気に留まったのは教室の外観でしょうか。

一般的にパソコン教室といえば,少し入りづらくて,操作や用語についての予備知識を持っておかないとならなさそうな印象を受けますが,こどもプログラミング教室の対象者は小学生で初心者がほとんどで,保護者もITやプログラミングについて知らないとのことです。

知識がないことを気にすることなく学んでいけるという点でも,気が楽になります。

ヒューマンアカデミーのロボット教室が最近近所に2件ほどできましたが,見た目が大変フレンドリーな佇まいをしていて,誰でも気軽に入っていける雰囲気がありました。

もちろん,外は堅苦しくても,実際中に入ると良い意味で思っていたのと全然違う場合もあるので入ってみないことには詳しいことはわかりませんが。

何にせよ,2020年以降,世の中のプログラミングへの意識はより高まり,ますます多くの子どもたちでこういった教室は賑わってくることでしょう。

 

まとめ

以上,ヒューマンアカデミーのこどもプログラミング教室の評判についてみてきました。

今後の社会に役立つスキルが身に付けられるプログラミング教育ですが,楽しいと子供が認識すれば,その子の一生を左右することになりうる体験にもなります。

ヒューマンアカデミーのこども教室の評判をまとめると,

  • 信頼できる講師と監修者によるしっかりとしたカリキュラム
  • 汎用性があり,飽きのこない工夫が施されたテキスト
  • 少人数制で,学校ではあまり育たないスキルが高められる

ことを中心に,かけがえのない楽しい時間を過ごしてくれる可能性があります。

最後になりましたが,料金についてまとめておくと,入会金と授業料(月額)ともに1万円程度です。

もちろん,テキスト代以外含めた料金の総額や教室の雰囲気などは校舎ごとに変わるので,体験授業は必ず受けるようにしてください。

オリジナルテキストによるカリキュラムがしっかりしているので,どこか特定の校舎がおすすめというわけではありません。

通いやすさを第一に,身近なところでプログラミングが受講できる教室を探してみてください↓↓

申し込みはこちら

 

探し方ですが,ページ上部の「体験授業受付中」をクリックし,教室の詳細をみてみましょう。

このようなページが出てくる校舎であれば,体験授業や個別相談の申し込みができます↓↓

こどもプログラミング教室の開講日程例

上記校舎のように,体験授業で1,000円~2,000円程度の参加費がかかる教室も中にはありますが,入会金と相殺されるなどの配慮がされています。

結局のところ,年を重ねた人間が選択基準として利用できるのは,経験に裏付けされた「論理力」しかないように思います(逆に「直感」などを持ち出す人は危なっかしくて見ていられません)。

プログラミングを通して生きるための論理力を身に付けた子どもというのは将来安泰だなぁとしみじみ思うこの頃です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-教育サービス

© 2020 スタディサイト