英語ノートの作り方!授業・テスト・入試用の3つを紹介

小学校から高等学校にいたるまでの英語教育ですが,「聞く」を中心としたコミュニケーションから始まり,中学の前半では「書き」に重きを置いた学習が,そして中学後半から高校全般にかけて「読む」がメインとなるように変わっていきます。

最近の教育改革では,「英語4技能(聞く・読む・話す・書く)がすべて大切だ」とは言われるものの,聞けて書ければ話せますし,読めれば聞けるといった具合に,すべての技能を同じタイミングで均等に勉強するという結論にはなりません。

そもそも,学校の授業は集団を相手にするため,得意とすることと苦手なことがありますし,それは自宅学習する場合においても気にしておきたいところです。

今回の記事ですが,学校の授業・テスト・入試対策用にどのような英語ノートを作ればよいかについて,その方法をまとめてみました。

学校の授業やワークといった問題集に取り組む際,ここでの内容を上手く実力アップに繋げていただけたら幸いです。

英語の授業と自宅学習における目的の違い

小学校の生徒たち

具体的なノート術の話に入る前に,授業で英語を習う場合と自宅学習する場合とで,目的が違うことを理解するところから始めましょう!

学校での授業は基礎力の養成を得意とするため,汎用性のある英文法を学習することで,読んだり書いたりする力に働きかけたり,ネイティブによる授業や友達とのコミュニケーションを通して,英語を聞いたり話したりする技能を伸ばすことができます。

特に教科書の出来は素晴らしいもので,一流のスタッフや新しい教育理論が盛り込まれているので,予習から復習まで使うことが可能です。

その一方で,英文をたくさん読んでは速読力を身に付けたり,どのように問題を解くのかといった実戦力を鍛えたりすることは,学校の授業が対応できる範囲外となっています。

というのも,授業時間に限りがあるからで,学ぶべき教科は英語だけではありません。

加えて,最近はICTを使った個別最適化学習も増えてきているとはいえ,これまでの学習内容を理解していることが前提になって授業が進むため,理解できなかったことを放置したままでいると,わからないところにさらにわからない授業が行われ,すぐに置いてけぼりにされてしまうでしょう。

学校の先生は,スケジュールに遅れそうだとあり得ないスピードで授業をしたり,特定の単元を個人の判断で端折ったりするものなので,生徒は「自分の頭が悪いから理解できないのだ」などとは決して思わず,とはいえ,早急な対応を施す必要があります。

そのためには,自宅学習(授業外の勉強も含む)が重要です。

理解力が周りより遅くとも,自分のペースを守って学ぶことができるわけですから,まずは授業が理解できているかを確認し,忘れずにワークや問題集をやって,問題が実際に解けることまでを確認するようにしてください。

そして,人より記憶力が悪い方は気持ち多めに復習をすることで,英語力を高いレベルで維持するように努めます。

そのときに,以下で紹介するようなノート術が役立つことになるわけですが,まずは学校用のものからみていきましょう!

 

 

学校の授業用の英語ノートの作り方

授業用の英語ノート

英語の授業では,「教科書」という唯一無二の教材を使うことで,幅広い技能を身に付けることができるようになっています。

例えば,中学校であれば英文法の理解が中心になりますが,教科書の本文中に,目標となる文法項目が登場し,文章内容に関連した問題を使って,リスニングを行ったりディスカッションしたりする点が特徴です。

コミュニケーションが別の授業として独立していることが多いですが,ノート作りを頑張るのであればリーディングの授業が中心になるように思います。

上に例を示しましたが,ノートは見開きで使うことが基本です。

予習段階では緑で示した①~④の部分の作業を行うようにし,授業を受けてから③~⑤を完成させますが,以下でそれぞれの方法について詳しく説明しましょう。

①タイトルや出典を書く

英語ノートの上部には,教科書のページ数やタイトルを書くようにします。

これは,後から見直した際に,どこをやっているのかを探す手間を省くための工夫で,英語に限らず全教科共通です。

なお,問題集を同様の方法でやるときもあるため,それと区別するために「教科書」などと明確に書き加えておいても構いません。

 

②本文を写し取る

教科書の文は手書きで書き写しても構いませんが,内容を理解できていない文章を写すだけでは学力がアップしないことは覚えておきましょう。

ただし,ある程度長い文章になってくると,書き写すのは大変です。

そのような場合は,本文をコピーして貼りつけてしまうことをおすすめします。

書き込みがしやすいよう,行間のスペースを広くしたり,あまり多くの英文を詰め込んで書かないようにすることにも注意してください。

予習段階においては,辞書で調べた単語の意味をメモしたり,構文が不明な点に印を付けておくなどの工夫をすると良いです。

上で示したノートでは,授業で板書されたところがわかるよう,番号や行数を振っています。

 

③単語をピックアップする

本文中で難しかった単語をピックアップしますが,縦に揃えて書くようにしましょう。

このように揃えて書くことで,紙や本で片側を隠しながら,簡単な理解チェックテストを行うことができます

これを,

「renovation(再新),head toward(頭を~の方に向ける),draw(人を引き寄せるもの),attractive(魅力的な)」

などと,横につらつら書き連ねてしまった場合と比べてみてください。

学習効果の違いは一目瞭然でしょう。

実は見開きでノートを使っていることで,左の英文(②)と右の和訳(④)が明確に分かれることにもなっています。

これにより,右ページを隠しながら日本語訳を考える練習や,和訳を見て英文を暗唱するといった勉強法も可能になるわけです。

ちなみに,板書が多い先生の授業である場合,単語は後述する単語ノートにまとめ,③の部分を丸々板書ノート(⑤)に変えてしまっても構いません。

 

④和訳を書く

予習時点では自分の訳を書くようにしますが,すべての意味が完璧にわかる英文を訳すことには,通常ならないはずです。

ゆえに,授業を受けたら,必ず1つはわからない部分が出てくることを想定しておかなければなりません。

そのためにも,事前に1行ずつ空けて書くことによって,後で直せる余白部分をあらかじめ取っておくところがポイントです(上の画像では,赤ペンで書いた部分が修正訳となります)。

また,もう1つのポイントとして,うまく訳せない部分があった際にも,空欄のままにしておくのではなく,適当にでも訳を書くようにしてください。

そういった,過去のできない自分(明らかな誤訳であるほど効果的)をいつまでもノートに残しておくことで,後で振り返った際に自分の成長に気がつくことができるのです。

 

⑤板書を写す

英語ノートの右ページ下部は板書用に使います。

本文との対応がわかるように番号を振ることの他,復習する際には,ノートを読み返してわからないところがないかチェックすることが大切です。

「私は,本文のこの部分をこういった具合に理解しましたが,その解釈は正しいでしょうか」的な質問は,授業が終わってノートを見返してから初めてできるようになります。

授業中にすべてがわかってしまう才能を持った人もいるでしょうが,多くの中高生は,たとえ授業後の休み時間を費やして復習したとしてもすっきり理解できた状態には至りません。

ところで,復習する際には,自分の訳が間違っていた原因を必ず書くようにしましょう。

先に示したノートは,授業を受けたものの,まだ復習をしていない段階のものになりますが,「And yet=しかし」や「to不定詞以下を主語にして文が成り立たないとき,それは名詞的用法ではなく,原因や条件を表す副詞的用法と解釈する」などと書き込むことが予想されます。

先生に後日質問するような内容は見つからなくても,間違いの原因を書くことくらいならできるはずです。

ここまでは,その日のうちにやっておきましょう。

 

 

試験前の英語ノートの作り方

定期テストの結果は内申点に関係してくる他,普段の勉強のモチベーションにも大きく影響するものです。

なので,日ごろの努力がしっかり報われるように,それ専用のノートを作って対策しましょう!

演習ノートを作る

演習は,ワークや問題集に答えを書き込まずにやることが鉄則です。

学校に提出する必要がある場合も,ギリギリまでノートに何回かやって,最後に仕上げとして書き込むようにするか,あらかじめコピーを取っておいてください。

実際のノートの作り方ですが,以下のように答えを書くだけでは,ノート使う意味はほとんどありません↓

英語の演習ノートの悪い例

丸付けをしている点は褒められますが,記号問題の解答を「ア」だの「イ」だの書かれても,一体,何を間違えたのか,後からうかがい知ることはできません。

ワークの使用を前提とせずとも復習できてしまうのが演習ノートの魅力です。

演習を行う際は,このように英文をすべて書き取るようにしましょう↓

英語の演習ノートの好例

先のものと同じ問題をやったノートですが,英文が書かれているので何をどう間違えたのかが非常にわかりやすいです。

上のノートでは,自分なりに覚えておくべきポイントを,青ペンでさらに書き込むという工夫を施しています。

なお,私が塾で指導する際,ワークをやる回数は5回を標準としていますが,その内訳は以下の通りです↓

  1. 授業後すぐに行う
  2. テスト2週間前から行う
  3. テスト1週間前に間違えた問題を見直す
  4. 提出する場合に備えて書き込む
  5. 直前に間違えたものがあればチェック

5回やるといっても,間違えた問題のみを解くことも含まれているので,1回目から5回目まで毎回同じだけの時間がかかることにはなりません。

それこそ,4回目に全問解く際には,ほとんどの問題が「あー,あれね!」とわかるレベルになっているはずで,驚くべき速さで総復習が終了してしまうはずです。

このとき,忘れてはならないポイントは,チェックボックスを利用することでしょう。

問題にあらかじめ用意されている場合もありますが,ない問題には自分で四角形を書き加えます。

これは,以下のルールで行うようにしてください↓

チェックボックスの利用法

  • 1回目に解くときには何も書かない
  • 2回目では間違えた問題にチェックボックスを書く
  • 3回目に正解したら全部塗るが,間違えたら斜線を引く
  • 4回目で正解したら,斜線の半分を塗る
  • 5回目に正解したら,斜線の残り半分を塗る

例えば,以下の赤矢印で示した部分は,3回目に正解してすべて塗ったもの(上)と,4回目に初めて正解できた問題(下)をそれぞれ示しています↓

チェックボックスの書き方

緑の枠内に,おおよその順番についても示しておきましたので,参考にしてください。

 

単語ノートを作る

ただ単に語彙力を付けたいのであれば,単語帳を使用するのが効率的ですが,定期テストの前となれば,教科書に載っている単語をもれなく暗記したいものです。

もちろん,ワークにも単語の意味を問う問題はあるのですが,英語から日本語に直すのか,それともそ日本語から英語を書くのかのいずれか片方しかないことが多いため,どちらの方式で聞かれるのかわからないテストでは不安が残ります。

余談ですが,英語を見て日本語を書く方が,その逆よりも簡単だとされているため,テストまでの残り時間が短い場合は前者に集中して,とりあえず日本語に直せるように詰め込みましょう。

とはいえ,ここで紹介するのは,日本語から英語に直せるようになる完璧な覚え方であり,そのために単語ノートを作ることにします

そのやり方ですが,まず,ワークや教科書に出ている単語の日本語訳をノートに書き取りますが,このときノートを4分割するのが基本です。

線を引いて分ければよいのですが,折り曲げて作っても構いません。

いずれにせよ,そうしてできた2列目と4列目をまずは使います↓

確認テスト用の単語ノート

この状態でコピーを数枚取っておくのが塾的な技なのですが,これは後で,日本語から英語に直す確認テストとして使うことができるからです。

次に,日本語を見ながら,英語を書いていきましょう!

ここであえて何も見ないで書くことで,早速英単語を書いて覚える練習ができます↓

単語ノートの完成形

さて,この次はどうしたらよいでしょうか。

もちろん,作り上げたばかりの状態ですから,いきなり単語を正確なつづりで書くのは難しいはずです。

そこで,上の質問への正解としては,和訳が書かれた列を手や紙で隠しながら,日本語が言えるかどうかのチェックを1単語ごとに行っていくこととなります。

その後,今度は英単語の書かれた列を隠しながら,何回も単語を書いて覚えましょう!

そして最後に,先ほどコピーしておいた用紙を使って,仕上げのチェックテストを行うといった流れです。

ちなみに,最初に紹介した,普段の英語ノートも定期テスト対策に利用できます。

その際は,左上の教科書本文だけを読み,最初からすべて訳していけるかどうか確認してみてください。

授業から時間が経ってしまうと,書き残した板書内容を読んでもわからないことがあるのが普通ですが,当時復習する際に自分の言葉で書き込みをしているほど,後でその効果をより実感できるものです。

加えて,一度隅々まで理解できたものは,時間が経って忘れてしまっても,思い出すのにそれほど苦労しません。

これこそが,試験前しか勉強しない生徒と普段から頑張っている生徒の違いであるのだと,個人的には思っています。

 

 

入試用の英語ノートの作り方

模試や入試と比べれば,学校の定期テストというのは,短期間でも集中すれば何とかなってしまうものです。

しかし,そうした数週間程度の勉強ではなく,「数ヶ月」といった長いスパンで役立つ英語ノートを作るためには,これまでに紹介した方法とはまた違った目的でノートを作らなければなりません

以前紹介したディクテーションのやり方!英語力を総合的に伸ばそうにおいても,ノートに書き取る際のポイントについてまとめたわけですが,そちらも入試対策に使えるノート術の1つです。

上の記事の内容をざっくりと言えば,リスニング的かつ文法的な内容を含むノートを作ることを目的としていたのですが,今回紹介するのは文法と読解に特化したノートとなり,前者には「例文暗記ノート」を,後者には「苦手分析ノート」をそれぞれ作っていきます。

例文暗記ノートを作る

文法を覚えて自由自在に使いこなせるようにするためには,いつでも例文がパッと頭に浮かぶ状態になっていないといけません。

いわゆる「クジラの公式」と呼ばれるものに,「A whale is no more a fish than a horse is.」という文がありますが,これを細かい文法的な説明から入るのは経験上,良い結果に繋がりにくいです。

導入時は,とりあえず例文を覚えてしまってから,構文の持つ意味について教える方がずっと頭に入っていきやすいのだろうと感じています。

文法問題を解く際,こういった元となる例文を頭に浮かべながら解くようにすると,思いのほか簡単にできてしまった経験は誰にでもあるように思いますが,例文暗記ノートを作ると,まさにこれと同じ体験ができてしまうわけです。

暗記すべき例文の候補は,ワークで間違えた問題であったり,数百からなる暗唱用例文の参考書を手に入れて,それらの中から選んでも構いません。

このときの注意点として,同じ文法項目を問う問題は選ばないことと,学び終えた単元から選択することの2つを挙げておきます。

この理由ですが,例文暗記ノートは問題集ではありませんので,狭い範囲を形を変えて何度も練習し直すというよりかは,最小限の努力で広範囲を復習できるようにしたいからです。

さらには,大事な例文はその単元を学び終えたときにようやく見えてくることも理由になります。

もしも複数の文法事項が混ざっているようなものを選べば,1つの例文から多くを学び取ることができますし,一番最初の授業ノートに示したような,長くて難しい文(実際,東大で出題されました)を覚えてしまってもOKです。

たまにそういった例文が出てくると,単調な勉強にならずメリハリを付けることができます。

とはいえ,まずは学校の1つの文法単元(またはレッスン)から「10文」を選ぶことを目標にやってみましょう!

学校のワークを使って行う場合,基本例文や一度間違えた問題の例文が候補となりますが,普段からチェックボックスを付けて学習する癖がついていれば,探すのも簡単です↓

チェックボックスを付けた学校のワーク

使うことにした例文には線を引いておくことで,後に書き加える際も重複することなく選ぶことができます。

選んだ例文はノートに和訳とともに書き出しますが,やり方としては,1度に1文ずつ暗記するよりかは,3文くらいをひとまとめに覚えて,書いてチェックしてみて,できたらまた次の3文に進むといった具合に,複数のまとまりごとに覚えていくとスピード感が出るのでおすすめです↓

英語の例文暗記ノート

もちろん,先の単語と同様,写すときも勉強になるよう,英文を音読してから見ないで写し取る他,右に和訳を書いてから,再度英語が言えるかをチェックしてみてください。

なお,日本語から英語を書くことを主な目的とするため,左の列に日本語を書いています。

また,このとき,情報カードを使っても構いません↓

英語例文暗記用の情報カード

職業柄,こうした教材を授業で使うことが多いという理由もあるのですが,こちらは1つのカードに1文なので,文法項目ごとにストックしておき,復習する際に使ったり,全部のカードをシャッフルしてランダムに解けば,総合的な文法力,ひいてはスピーキング力まで身に付けることができます。

このときできなかった文法問題を,文法項目別に分類してみてください。

もしも特定の項目のものだけができないようであれば,それがあなたの弱点です。

その範囲だけを持ち歩いたり,問題集で別に演習することも検討しましょう。

なお,私は生徒の学年に合わせてサイズの違うものを使い分けていますが,悩んだら大き目のものにすれば間違いありません。

 

英文の苦手分析ノートを作る

長文の演習は学校ではできないことが多いので,自宅でやることになります。

その場合,テストで理解度をチェックしてもらうことがないので,雑な勉強になりがちです。

そこで,入試対策として使っている長文問題集を使って,自分が苦手とする文を探しましょう。

やり方は簡単で,読んでいて意味がわからない文章に線を引いておくだけです。

その後,普通に問題の丸付けをしてから,全訳や解説を読みながら,できなかった原因をノートにまとめてください。

自分1人でできなければ,先生や周りの大人に聞いて解決するようにします。

なお,完成形は,最初に示した学校の授業用ノートと似たような構成です↓

英語長文の弱点分析ノート

先述したように,左ページにコピーを貼っている他,単語は縦に揃えて書くようにしていますが,右ページは板書や全訳の代わりに,わからなかった文の訳と解説を書くように工夫しています。

こうしたノートを続けて何枚も書いていると,自分の弱点が自然とわかってくるもので,例えば上のノートだけみても,省略のある文や前置詞について,より注意しながら読む必要があると分析できました。

発展形としては,判明した弱点ごとに色を決めて塗り分けの作業をしてみましょう。

「前置詞=青,省略がある=赤,代名詞や指示語=緑」と決めてやったものが以下のノートですが,前置詞の練習をしたければ,青色の部分だけをすべて日本語に訳してみればよいことになります↓

弱点別英文読解ノート

夏休みなどに長文問題集を1冊仕上げる際は,是非やってみてください!

なお,ここで学んだ内容はマインドマップにまとめてみるのもおすすめです↓

折角,色分けしたわけですし,枝の色は同じ赤・青・緑に対応するように作ってみてください。

 

 

まとめ

英語のノートとワーク

以上,英語の普段の授業に使えるノートから,定期テスト用のノート,そして入試にも対応できるノートについて実際の例を使って紹介してきました。

ノート作り自体を楽しめると,勉強も苦になりません

もちろん,ノートはきれいに取れるようになりますし,定期テストや授業中にやる小テストの点数も良くなるので,良い成績が出てくるはずです。

これが,また頑張ろうというモチベーションに変わり,ますます勉強するようになるといった好循環が生まれれば,大学受験までもう何の心配も要りません。

今回紹介したものの中では,縦に揃えて書くことを意識したり,チェックボックスの書き方やワークブックに書き込まないことを知って実践するだけでも,だいぶ勉強の質は変わってくるように思います。

できれば,的確な分析の目を持った大人に弱点を分析してもらったり,ノートを評価してもらえると最高なのですが,今は自宅学習の機会も多くなっていますし,気になったことだけは学校の先生に聞くなどしますが,基本的には1人で勉強するようにしてください。

これらの方法は,塾では当たり前のように指導しているものですが,初めて体験授業に来る生徒のほとんどはこういった方法について習うことはないようです。

実際,今回の記事で悪い例として紹介した「解答を記号でしか書いていないノート」であってもAの評価が付いていることを見ることがあります。

おそらく,評価した先生もしっかりしたノートを書けないのでしょう。

かといって,私自身が実践している方法が絶対的に正しいなどという保証もありませんから,文句を言うつもりは毛頭ありません。

あくまでも,判断するのはみなさん自身であるということを前提に,何か1つでも実践してもらえたら,わざわざ記事にした甲斐があるというものです。

ノートをうまく活用し,英語勉強の方,ぜひとも頑張っていきましょう!

最後になりましたが,高校生ともなれば学習計画を上手く立てることも重要になってきます。

その際は,以下で紹介したような参考書を使うことも忘れないでください↓

-英語

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイトの管理人

某通信教育での添削や採点業務に加え,塾や家庭教師の講師歴は20年を超えました。東大で修士号を取得したのははるか昔のことですが,共通テストやTOEICの結果を見る限り,まだまだ学力は維持できています。小学生から高校生まで通じる勉強法を考案しつつ,副教材として使うスタディサプリのユーザー歴は5年以上となりました。オンライン上のやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです!