スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISHの実戦問題集の内容紹介!

前回のパーフェクト講義に続きまして,今回もスタディサプリENGLISHの【TOEIC®L&Rテスト対策コース】から充実したコンテンツを紹介をしていきます。

本記事で扱うのは,公開テストの模試代わりにも使える『実戦問題集』です。

TOEICの高スコア取得の戦術は,ある意味情報戦。

解き方や出題パターンを知ることで,スコアに直結する即効性のある知識を身に付けていきましょう!

 

 

実戦問題集とは

今回紹介する『実戦問題集』ですが,TOEICの予想問題をアプリまたはPC上で解くことができる学習コンテンツです。

2017年8月のリリース時には1冊しかありませんでしたが,9月にVol.2,10月にVol.3…といった具合に毎月1冊ずつ追加され続けてきました。

その結果,実戦問題集+実戦問題集NEXTを合わせて計20冊が現在用意されております↓↓

※NEXTと普通の実戦問題集の間に大きな違いはありません。

TOEIC学習をされる方の中には,「英語の勘を維持しておきたい」という目的の方もいらっしゃるわけで,20冊ものTOEIC模試が解けることになると考えれば,週に1冊ずつやっても5カ月近く学べるコンテンツになります。

これだけの量の模試で,しかも新形式に対応しているものというのは他に類をみないでしょう。

もちろん『TOEIC対策アプリ』を名乗るサービスはいくつもありますが,スタディサプリENGLISHのように,Part1~Part7まで完全に公開テストと同じ形式の問題が揃っているものは見たことがありません。

後述しますが,スマホやPCを使った学習コンテンツでは復習トレーニングや解答解説が挟まっているため,学び方はとてもユニークである一方,一気に通してやる使い方には向きません。

ちなみに実際の模試代わりとして2時間休みなく一気に解きたい方は,テキスト冊子を別途購入することをおすすめします↓↓

実戦問題集のテキストは最安の公式問題集?!

 

この問題集,もはや『公式問題集』であると言ってしまってもいいわけですが,それには以下の理由があります。

1つ目の理由ですが,Part1からPart7まで,実際のTOEICと全く同じ形式の問題が掲載されているということ。

先述しましたが,2016年からの新形式に対応している教材は貴重です(特に文法以外のリーディングパートを扱う教材で解説,さらには動画まで観られるものなど皆無に等しいです)。

また2つ目の理由として,この実戦問題集を作成しているスタッフが,実際のTOEICの公式問題集を作っているメンバーと同じということです。

こちらに関しては2019年現在その記述はなくなっているので,今はそうではないのかもしれませんが,過去に「5年間TOEICを受け続けたスタッフが集結して,新形式に対応したオリジナル演習問題を作成した」というのは確かに記述がありましたし,是非実戦問題集のVol.1を解いてみてください!

難易度はTOEIC模試として見事な出来栄えで,本番に近い予想スコアが出るはずです。

これからその中身についてより詳しく見ていきますが,かなりの長文です(苦笑)

「論より証拠,もうここまでで十分わかったから使ってみる」という方は,以下のバナーから無料体験してみてください↓↓

 

トレーニング内容について

それでは実戦問題集を使って,パート別にそのトレーニング内容についてみていきたいと思います。

 

Part1対策

Part1では全部で6題の問題を解くことになりますが,解きっぱなしにならないよう,復習トレーニング(ディクテーションとシャドーイング)が加えられている形式です↓↓

PART1は写真を見て問題を解く形式ですが,モニター越しに写真が見にくいようなこともなく,解答にはしっかりとした解説が表示されます。

音声を何度も聴きなおしたり,再生速度を変えて聞くことができるのはアプリならではの強みです↓↓

しかもこれだけで終了とはなりません。

解いた問題をたたき台にして,『ディクテーション』と『シャドーイング』という2種類の復習を行うことで,すみずみまで聞き取れているかどうかの確認まで可能にするのが,スタディサプリENGLISHのTOEIC対策講座なのです↓↓

このようにアルファベットを打ち込むことで,スペルミスだとか前置詞を聞きとれていなかったなどの弱点が浮き彫りになります。

「ディクテーションのトレーニングでは,学ぶものが多いなぁ。」

とやるたびに実感しますね。

演習問題が結構な量あるので辛いときもありますが,こういった思いをして初めて英語の実力はつくのでしょう。

とはいえ1つの演習はものの数分で終わります。

それでも辛いと感じてしまうのは,精神的な面倒くささから来ているのでしょうね…。

 

ディクテーションをパソコンでやる場合,スペースキーを押すと発音を何度も読み上げ直してくれます。

『 ’ 』やスペースの入力は自動でしてくれるので,こちらは気にせずアルファベットだけ打てばよいので楽です。

操作もすぐに慣れますし,スマホの場合はもっと楽に入力できますよ。

Questionによっては,講義動画まで用意されているものも↓↓

特に受講者が間違えやすい問題から随時,動画講義が追加されています。

これまでは解説を読むだけだった実戦問題集の学習も,このような動画が入ることでますます独学しやすくなりました!

こういった講義動画は,以下のPart2~7においてもいくつか用意されています。

 

Part2対策

Part2は全部で25問。

いくつかのまとまりごとに,Part1と同様のトレーニングが用意されています↓↓

TOEICのPart2ではやや演習量が増えるので,利用者の使い勝手を考慮したのでしょう,ディクテーショントレーニングが2つに分けられていますが,それ以外の構成はPart1のものと変わりません。

実戦問題に取り組む前に,多くの方はすでにパーフェクト講義をやり終えているのがスタディサプリの基本カリキュラム。

Part2ではどういった点に気を付けて解けばいいのかわかっているのは心強いですね。

そこで学んだ「何の断りもなくいきなり問題が始まる」という知識を1つ持っておくだけでも,これほどまでに落ち着いて解けるものなんですね,驚きました。

そして関講師がしきりにおっしゃっていたように,疑問詞の後の助動詞の聞き取りが難しいですね。

時制でミスしてしまうところもありました。

 

次のシャドーイングトレーニングでは,自分の声を録音できます。

写真はパソコンの場合ですが,その場合はマイクが別途必要です。

マイクが用意できない場合はスマホを使用しましょう。

特に何の準備もなしで録音できます(イヤホンは必要)

 

速度を早くしたり遅くしたり,字幕をONにしてスクリプトを見ながら音読することもできます↓↓

 

すべて終えると,自分の発音内容を,実際のお手本と聴き比べることだってできます↓↓

自分の声が流れてくるのは結構面白いですよ。

 

Part3対策

Part3は全部で39問あります。

これまでのリスニング問題と同じように,大体3問ずつのまとまりごとに,6つほどのトレーニングが用意されています↓↓

 

Part3では長い会話文を聞くことになるので,解く際はちょっと緊張しますね・・・。

 

とはいえ,しっかりと解説がありますし,集中力が持たないことを危惧してか,1問解くごとに休憩が入るので,こういった配慮は嬉しいですね↓↓

細かく区切りがあるので,5分ほどのスキマ時間ができた時も学習しやすいですね。

Part1のレビューでも書いた通り,動画による講義もトレーニングに加わったため,黒板で関先生の授業を観ることがいい意味での気分転換につながります!

問題演習が終えたら『単語・イディオムチェックトレーニング』に進みましょう↓↓

この機能は2017年11月に追加された機能ですが,これにより問題演習中の単語やイディオムをクイズ形式で答えることができるようになりました。

実装されているのはPart3,4,6,7の4つです。

立て続けに10~20問ほど単語やイディオムに関する4択問題が出題され,制限時間5秒の中で一気に答えていきます。

すべてやり終えたら,以下のように一覧形式で意味と発音などを確認しましょう↓↓

 

最近は,例文表示機能や復習トレーニング機能も実装されました。

単語の学習の前に既に問題演習の解説を読んでいるわけですから,簡単にできるかと思いきや「短い制限時間がある中で,即座に答えないといけない。」となると,違った難しさがあることに気づくはずです。

このとき間違えたものがあるようなら,それは確実に弱点と呼べるものなので復習トレーニングに加えておきましょう。

他にも,Part3などの長文を扱う問題には『会話文(本文)チェック』という特別なトレーニングが用意されており,会話すべての訳や単語をチェックしたり,音声を通しで聞いたり,一部だけ何度も聞きなおすこともできます↓↓

 

Part4対策

Part4は全30問。

アナウンスやナレーションに関する英文が流れ,3つの設問が用意されています。

こちらもトレーニングのやり方はPart3と同じですので省略しますが,会話でなく文章が長いのでディクテーションも集中しないといけませんね。

とはいえここまででリスニングセクションは終了ですから,最後まで頑張りましょう!

 

Part5対策

ここからはリーディングパートになります。

Part5では文法問題が全部で30問用意されています。

トレーニング数は一つしかありませんが問題数は10問あります↓↓

 

出題画面はこのような感じですが,

 

一つ一つ解説をしっかり読んでいくと,10分くらいすぐに経ってしまいます↓↓

 

間違えやすい問題に問題においては,講義動画も併せてみるようにすると,理解が深まります↓↓

AI技術の恩恵といいますか,スタディサプリ側で受講生の正答率のデータを分析し,間違いやすい問題から順番に講義動画の方を追加してくれているのは近未来的サービスですよね!

 

Part6対策

Part6は全部で16問ありますが,トレーニング内容としては,本文チェックとスピード音読が追加され全部で4つになりました(講義動画がある場合は5つになります)↓↓

 

Part6は文法問題だけでなく,文章の論理展開も考えて解かないといけないので大変です。

 

Part5の文法要素とPart7の長文要素を含むハイブリッドがこのPart6なので,解答ページには解説以外に『問題文を確認する』ボタンがあります↓↓

 

そこをクリックすることで,以下のように和訳も確認できるというわけです。

和訳の他,語句の注釈がついており,タブを切り替えて完全な英文も確認することができます。

本文チェックやスピード音読についてはPart7で説明することにしましょう。

 

Part7対策

Part7は54問。

1つの文章に2つの質問がありますが,各文章ごとに「単語・イディオム」,「本文チェック」と「スピード音読」というトレーニングが用意されています。

 

問題は広告に関するもので,かつてのセンター試験第4問を思わせる内容です。

制限時間は2分ですが,早く解くに越したことはありません。

もちろんここで間違えてしまったらいけませんが…

 

こちらのPart7においてもPart6と同様に『問題文を確認する』ボタンがあり,和訳や語句を確認することができます。

ただし,こちらにはPart3や4で出てきた『本文チェック』が独立したトレーニングとして用意されているので,一気にまとめてやれるような人であれば省いてしまって構わないでしょう。

 

英文読解ですが,発音も聴くことができます。

 

ここで発音の練習をしっかりやるのには理由があり,次のトレーニングが『スピード音読』だからです。

やり方はシャドーイングと大体同じですが,音は流れません。

自分の読むスピードで発音していきます。

詳しいやり方は,スタディサプリ内に表示される『スピード音読のやり方動画』をご覧ください。

 

最後に確認ができるのもこれまでと同じ仕様ですね。

 

問題によっては,以下のように講義動画が追加されているものもあるのも同様です↓↓

以上をもちまして,実戦問題集のすべてのPartについてトレーニング内容をレビューしてきたことになりますが,最終確認として修了チェックテストもやりましょう!

 

修了チェックテスト

一回通して問題を全て解いても,理解ができていない部分については何度も復習する必要があります。

この修了チェックは,これまでの学習内容を完璧に理解できたのかを確認するためのもので,下記で示すように質問内容は簡単なものです。

なお,「A.はい」を選んだ場合,次のページで復習状況を振り返るための詳しい解説を確認することになります↓↓

とにかく,学習した範囲はノーミスになるまで繰り返さないといけないというわけです!

 

 

まとめ

スタディサプリENGLISHの『TOEIC®L&R TEST対策コース』は有料のサービスだということもあり,使い勝手はもちろん,トレーニング機能はかなり凝った作りになっています。

TOEICの学習に必要な機能は大体揃っていると納得できるのではないでしょうか。

トレーニングの中には,人によっては不要と感じるものももちろんあるかと思います。

ですが,これくらいくどい説明の方がTOEIC初心者の勉強には合っているわけで,そもそも上記のように感じる方はおそらく,解説などなくても,どんどん自分自身で学んでいける上級者の方でしょう。

最初の方で触れましたが,アプリで実戦問題集のトレーニングをすると,実際のTOEICと大きく異なり解説などが間にちょいちょい入ってきます。

つまり,この実戦問題集は,あくまでTOEIC素材を使って英語の実力を養成するための教材であり,時間内に全問解いてスコアを計算するといった使い方をしたい場合は,テキスト冊子の方をお求めください。

 

まとめますと,TOEICに慣れていない学習者にとって,この実戦問題集は,毎日少しずつやれる点や,自分で丸付けをしたり調べたりせずに済む点で,

時間効率と学習効果に優れたTOEIC教材の一つ

だと言えるでしょう。

万人におすすめできる良い教材だと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

実際に実戦問題集を試してみたい方は,以下のページから無料でお使いいただけます(キャンペーンが実施されている場合もあります)↓↓

TOEIC対策コース【無料体験ページ】

 

スタディサプリENGLISHのその他のコンテンツにつきましては,以下のまとめページをご覧ください↓↓

スタディサプリENGLISHの全知識

  • この記事を書いた人

スタディサイト管理人

都内で塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで,英数を中心に学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をまとめています。すぐに実践できる勉強法やオンライン教育サービスを利用した学習戦略も意欲的に掲載。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。

-スタディサプリENGLISH

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.