スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISHの実戦問題集の内容紹介!

前回に引き続き,今回もスタディサプリENGLISHのTOEIC L&R TEST対策コースを対象に,充実したコンテンツを紹介していきます。

本記事で扱うのは,TOEICの模試にあたる「実戦問題集」です。

前回の記事をみていただくとわかりますが,TOEICで高スコアを取得するためのベストな方法は,ある意味情報戦のところがありました↓↓

ですが,その情報を本番で生かせるかどうかは,フルサイズの模試を何回解いたかにかかっています。

ここで実戦問題集のトレーニング内容について確認し,後は実践あるのみの精神で頑張っていきましょう!

スタディサプリENGLISHの実戦問題集とは

実践問題集の概要

今回紹介するスタディサプリENGLISHの「実戦問題集」ですが,TOEICの模擬試験をスマホやPC上で解くことができる学習コンテンツです。

2017年8月のリリース時にはVol.1だけしかありませんでしたが,同年の9月にVol.2,10月にVol.3といった具合に毎月1冊ずつ追加されてきました。

その後,10冊に到達したのを境に今度は「実戦問題集NEXT」という名前の10冊が追加され,今では計20冊の模試が用意されています。

NEXTと普通の実戦問題集の間に大きな違いはありませんが,NEXTの方は,後述するテキストの購入ができません。

1冊あたり1回分の模試が収録されているので,1冊に2回分の模試が収録されている公式問題集で考えると10冊分に相当します。

しかし,これだけの量の模試が揃っていて,しかもすべてが最近の形式に対応しているわけですから,実戦問題集だけで1つのコンテンツとして売り出せそうなくらいです。

ただし,スマホやPCを使って学ぶ場合,復習トレーニングや解答解説が問題の合間に登場してきてしまうため,学び方はとてもユニークである反面,2時間時間を測って一気に200問を解くような使い方はできません

実際の模試代わりに使いたい方はテキスト冊子を別途購入し,そちらを使って学ぶようにしてください。

ちなみにこの問題集,もはや「公式問題集」であると言ってしまっても過言ではないわけですが,それには2つの理由があります。

1つ目の理由は,Part1からPart7まで,実際のTOEICと全く同じ形式の問題が収録されているということです。

先述した通り,2016年からの新形式に対応していますし,解説や表記に問題があると判明すると次のアップデートで修正されます。

また2つ目の理由として,この実戦問題集を作成しているスタッフに,実際のTOEICの公式問題集を作成したメンバーが含まれていたからです。

こちらに関しては2019年以降その記述を見かけなくなったので,新しく追加されたものはそうではないのかもしれませんが,数年間TOEICを受け続けたスタッフが集結して,新形式に対応したオリジナル演習問題を作成しているのは確かでしょう。

実戦問題集の実力を知るためには,真っ先に「Vol.1」を解いて,その予想得点と本番のスコアを比べてみていただけたらと思います。

難易度はTOEIC模試として見事な出来栄えで,本番に近い予想スコアが出てくるはずです。

さて,これからその中身について詳しくみていきますが,「論よりも証拠。もうここまでで十分わかったから使ってみるよ。」という方は,以下でキャンペーンコードや特典内容を確認してから始めてみてください↓↓

 

実戦問題集に含まれるトレーニング

実戦問題集のレッスン一覧

実戦問題集はTOEICと同じように7つのパートに分かれているので,1つ1つのパートごとに,そこで扱うトレーニングについて紹介していきましょう!

Part1対策

本パートで行うトレーニング

問題演習,ディクテーション,シャドーイング

Part1対策では本番同様,全6題を解くことになります。

PART1は写真が出てくる問題ですが,アプリの画面越しに写真が見にくいようなことはないですし,それどころか,音声を何度も聴き直したり,再生速度を変えて聴くような使い方ができるのは,アプリならではの強みでしょう↓↓

実戦問題集PART1の問題演習

全ての問題や選択肢に全訳が用意されている他,受講者の誤答率が高かった問題には,講義動画も別に追加されるほどです。

さて,通常であればこのPART1,丸付けをして解説を読んだら,これで終わりにしてしまいますよね。

ですがそこはさすがのスタディサプリENGLISH。

これだけで終了とはなるはずがありません!

解いた問題を今度は別の教材に作り替え,具体的には「ディクテーション」と「シャドーイング」という2種類のトレーニングを行うことで,一字一句正確に聞き取れているかどうかの確認までをも可能にしています↓↓

実戦問題集からPart1のディクテーション

このようにアルファベットを打ち込むことで,スペルがわからないとか前置詞を聞き取れなかったなどの弱点部分が浮き彫りとなります。

しかもこれ,不正解だった選択肢についてまで行わなければいけないので結構な量です。

ですが,こういった思いをして初めて英語の実力は付くのでしょう。

すべてをやり終えると,「ディクテーションのトレーニングでは,学ぶものが多いなぁ。」と多くの方が実感すると思います。

Part2対策

本パートで行うトレーニング

問題演習,ディクテーション,シャドーイング

Part2は全部で25問。

いくつかのまとまりごとに,Part1と同様のトレーニングが用意されています。

ただし,TOEICのPart2ではやや演習量が増えるので,利用者の使い勝手を考慮したのでしょう。

Part1では1つだったはずのディクテーションが2つに分けられています↓↓

実戦問題集パート1と2のディクテーションの違い

各トレーニングごとに休憩が入ることになりますから,これも集中力が続きやすくするための工夫なのでしょう。

1つのトレーニングが長時間にわたることを避けることで,スタディサプリENGLISHでは,スキマ時間を使った学習を可能にしています。

実戦問題に取り組む前に,多くの方はすでにパーフェクト講義をやり終えているはずですから,Part2ではどういった点に気を付けて解けばいいのかわかっているのは心強いですね。

実戦問題集パート2の問題演習

例えば上の問題を解く時,「何の断りもなくいきなり問題が始まる」という知識を1つ持っておくだけでも,だいぶ落ち着いて解けるのではないでしょうか。

関先生がパーフェクト講義などでしきりにおっしゃっていたように,疑問詞の後の助動詞の聞き取りが難しいですね。

時制でミスしたところもありました。

次のシャドーイングではパーフェクト講義の時と同様,自分の声を録音して,お手本と聞き比べることになります↓↓

PART2のシャドーイングと録音

パソコン用のマイクがない方はスマホで行うようにしてください。

自分の声が流れてくるのは結構面白い体験になるはずです。

Part3対策

本パートで行うトレーニング

問題演習,単語・イディオムチェック,ディクテーション,本文チェック,シャドーイング

Part3は全部で39問です。

これまでのリスニング問題と同じように,大体3問ずつのまとまりごとに,5つほどのトレーニングが用意されています。

Part3では長い会話文を聞くことになるのですが,先読みがポイントでしたね。

パーフェクト講義では,あらかじめ問題を先読みするための時間も与えられて,時間を意識することによる良い意味の緊張感を生み出してくれますし,もちろん解説も詳しいです↓↓

PART3の先読みと解説

問題演習を終えたら,今度は「単語・イディオムチェック」が待っています。

このトレーニングは2017年11月に追加されたもので,問題演習中に出てきた単語やイディオムをクイズ形式で答えることが可能になりました。

立て続けに10~20問ほどの4択問題が一気に出題され,制限時間は5秒で答えていきますが,出題形式は変更可能です。

すべてやり終えたら,意味や発音,そして例文を一覧で確認することができます↓↓

PART3の単語イディオムチェック問題

本トレーニングの前に問題演習の解説をすでに読んでいるわけですから,簡単にできると思うでしょう。

ですが,短い制限時間がある中で即座に答えないといけないというプレッシャーがかかると,また違った難しさがあることに気づくはずです。

このとき間違えたものがあればそれは確実に弱点ですので,復習トレーニング(後でまとめて間違えたものを復習できる機能)に加えておきましょう。

Part3のような長文を扱うパートでは「本文チェック(表記はなぜか会話文チェック)」という特別なトレーニングの用意があり,流れた文章の訳や単語を音声とともに確認することができます↓↓

パート3の本文チェック

Part4対策

本パートで行うトレーニング

問題演習,単語・イディオムチェック,ディクテーション,本文チェック,シャドーイング

Part4は全30問。

アナウンスやナレーションに関する英文が流れ,3つの設問が用意されています。

トレーニングのやり方はPart3と同じですが,会話から長い文章形式に変わるため,ディクテーションではより集中しないといけません↓↓

実戦問題集パート4のディクテーション

もっとも,カンマやピリオド,そしてスペースなどの面倒な入力は機械側が自動でしてくれるので,こちらは気にせずアルファベットだけ打てばよいので楽です。

操作もすぐに慣れますし,スマホの場合はもっと楽に入力できます。

Part5対策

本パートで行うトレーニング

問題演習

Part5の文法問題からリーディングパートが開始です。

本番同様の形式で,全30問を解きましょう!

なお,ここでは問題演習のトレーニングのみしかありません。

解答だけでも理解は深まりますが,問題によっては講義動画が用意されているものもあります↓↓

PART5の講義動画

スタディサプリENGLISH側で受講生の正答率のデータを分析し,間違いやすい問題から順番に講義動画の方を追加しているわけですから,地味に見えて,実はICT技術を活用したサービスです。

Part6対策

本パートで行うトレーニング

問題演習,単語・イディオムチェック,本文チェック,スピード音読

Part6は全部で16問ありますが,トレーニング内容としては,問題演習はもちろん,Part3対策のところで紹介した単語・イディオムチェックや本文チェックの他に,「スピード音読」というトレーニングが新しく加わります。

とはいえ,このトレーニングについてはPart7対策のところで説明することにしましょう。

本パートは文法問題だけでなく,文章の論理展開も考えて解かないといけないので大変ではありますが,解答や解説の他,全訳や語注も利用できるので,ゆっくり丁寧に行えば内容の理解自体はそれほど難しくありません↓↓

実戦問題集Part6の問題と全訳

Part7対策

本パートで行うトレーニング

問題演習,単語・イディオムチェック,本文チェック,スピード音読

TOEICで最も難しいPart7は全部で54問です。

とはいえ,問題演習での質問の数が2~5つに増えること以外は,PART6で紹介したものと同様のトレーニングが用意されています。

制限時間は問題数によって変わりますが,2~6分で解かなければなりません。

アプリでの操作は確かにTOEIC本番とは異なりますが,実際会場で冊子に書き込みすることもできなければ,文章のどこに何の情報があったかはある程度頭に入れておく必要があるので,そこまで違う環境にはなっていないでしょう。

こちらのPart7においても,和訳や語句を確認することができます。

本文チェックのトレーニングでは特に念入りに発音を聴くようにしてください。

というのも,次に行うことになるのが「スピード音読」だからです。

やり方自体はシャドーイングと大体同じですが,音声は流れません。

その代わり,読む英文の長さに応じて制限時間が変わるのですが,これがなかなかに厳しい制限時間です。

もたついた文があったら,自分の発音をお手本と比べてみてください。

発音もきちんとできていなかったのではないでしょうか↓↓

スピード音読の様子

最後に確認ができるところはシャドーイングのときと同じ仕様ですね。

以上をもちまして,実戦問題集のすべてのPartについてトレーニング内容をレビューしてきたことになりますが,最終確認として修了チェックテストもやりましょう!

修了チェック

修了チェックの概要

実戦問題集を一通り解いたとしても,理解し切れていない部分については何度か復習する必要があります。

この修了チェックは,これまでの学習内容を完璧に理解できたのかを最後に確認するためのもので,質問自体は実に簡単なものです。

「Part2のディクテーションは全問正解できるようになりましたか」と聞かれるので,はいと答えて先に進むと,★3つの金メダルが表示されることを目指すようにと指示されました↓↓

実際は★2つの金メダルで限界という問題もありましたので,私の場合,メダルはあくまで目安の1つと考えていました。

それよりも復習トレーニングの中に放り込んだ問題をなくすことを最優先に勉強してみてください↓↓

実戦問題集の復習トレーニング

いずれにせよ,ノーミスを目指して繰り返すことが大切です。

 

まとめ

実戦問題集の総合結果

スタディサプリENGLISHのTOEIC L&R TEST対策コースは有料のサービスということもあり,使い勝手はもちろん,トレーニング内容もかなり凝った作りになっています。

そして今回紹介した実戦問題集は,復習に重きを置いた,他には類をみないTOEICの模試に仕上がっていました。

ディクテーションやシャドーイングはスマホでも行えるように工夫されていましたし,難しい問題に解説動画が後から追加されたり,他にも数多くのトレーニングで学ぶことができます。

実行するのに必要な教材を持ち歩かずに済むのも,アプリだからこそ成し得たことでしょう。

もちろん上記トレーニングの中には,人によっては不要と感じるものもあるかと思います。

ですが,これくらいしつこくトレーニングさせてもらえる方が,TOEICの特に初心者には合っているわけで,そもそも上のように感じる方はおそらく,解説などなくても,どんどん自分自身で学んでいける上級者の方でしょう。

実戦問題集のテキストも購入して,完璧な体制でTOEIC攻略に取り掛かることをおすすめします↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-スタディサプリENGLISH

© 2020 スタディサイト