巣鴨中学高校の教育方針に学ぶ,2020年に必要な能力と資質

投稿日:

中高一貫校の巣鴨中学・高等学校は,御三家に次ぐ名門男子校の1つですが,『硬教育』という教育理念の元で,生徒を育てているようです。

今回はそんな巣鴨の建学の理念について学びながら,2020年に生きる中学生・高校生が学生時代に身に付けるべき資質・能力のヒントを掴んでいくことにしましょう。

 

 

中高一貫校の巣鴨,基本情報

学校名:巣鴨中学校・高等学校

場所:東京都豊島区

創立者:遠藤隆吉

創設年:1910年(巣園学舎)→1922年(巣鴨中学校)

偏差値:73(みんなの高校情報),53(四谷大塚)

『硬教育』の名の下で,流行に流されず,伝統や規律を重んじた教育(例:剣道)に加え,時代の流れに合わせた最先端教育(例:イートン校サマースクール)の両方を実践している男子校。

最近は医学部志望の子が塾にも来ていますね。

 

 

巣鴨の硬教育と軟教育

MabelAmber / Pixabay

どうしても「硬い」という言葉からは良いイメージが持てないのですが,頑固さも,ぶれない強い意志の下,正確な知識や論理を持った人が自らの考えを貫けば尊敬されるように,巣鴨の言う『硬教育』においても,当たり前のことを流行に流されずにやることが基本の考え方のようです。

しかし,巣鴨の建学の精神である「硬教育」の目的とするところが,

努力することが報われて,何かを成し遂げる体験をしてほしい

という願いであることは,意外と世間に知られていないのかも知れません。

 

さて,『硬教育』の反意語として,明治時代にアメリカから入って来た,『軟教育』というものが知られています。

これは,現在多くの塾や予備校でみられるような,

物事を,手取り足取り,かみ砕いてわかりやすく教えること

という意味です。

 

 

一見,何でも聞いたことを教えてもらえると,とても良いことのように思えますが,他人の手を借りず,自分1人の力だけで何とかして理解に至ったときには特別な価値が生まれます。

例えば,お坊さんが悟りを開くときのことを考えてみてください。

師匠に何を言われようとも,結局は自分の力で師匠の言葉の意味を理解しなければ悟りには至れませんし,そもそも,初めて何かを学ぶという体験は,実は一度しか経験できないことです。

そんな貴重なチャンスを,他人に与えてしまってはもったいなくないでしょうか。

 

「中学と高校時代の6年間は,人の土台を作る大切な時期だ。」

というのは,多くの人が納得している意見です。

この時期特有の吸収力の高さや記憶力・体力を活かして,どんな困難も一人で乗り越えられるという自信を,成功体験を糧に身に付けられたら,きっと将来生きる上で大きな武器になります。

次章では,そんな成功体験を生徒に感じさせる,巣鴨伝統の行事について説明していきましょう!

 

 

成功体験を与える重要性

strecosa / Pixabay

巣鴨では大体5月頃に「大菩薩峠越え強歩大会」が行われます。

これはもうすでに50年以上の歴史があり,校長によると,「生徒に苦労や努力の後に感激が得られることを知って欲しい。」という思惑があります。

自らの力で,何かに成功するという体験を,中1から高3までが全員参加で学ぶというわけですね。

距離は圧巻で,

  • 中1:20.9km
  • 中2・3:26.0km
  • 高1:27.0km
  • 高2:33.9km
  • 高3:34.5km

となっています。

しおりにはとにかく注意事項は多く,スマホなどは持っていけませんが,安全面には極めて配慮されている印象。

  • 行きは,21時に上野公園集合→…→中央高速→勝沼インター→塩山北中(0時)
  • 帰りは,翌日の11時に青梅出発→圏央道→…→大塚(16時)

といったコースをバスが行きます。

実際歩くのは,真夜中の1時30分から約9時間ですが,最初聞いたときは,「正気か」と思うはずです(笑)。

全員懐中電灯を持っていきます。

万歳三唱はさておき,途中の小屋でカップラーメンを食べるのは毎年恒例です。

この行事で,身体が強くなることはないし,ケガをしたりする生徒もいるのは当然ですが,達成感が確実に得られ,それが感激につながるというわけです。

その他,遠泳や寒稽古もありますが,そちらは強制ではないし(中1の遠泳は必修),時間にしても短いです。

やはりこの強歩大会が,一番の行事だと思います。

 

 

 

 

 

まとめ

inseng0 / Pixabay

以上のことをまとめると,巣鴨の教育方針からみえる,中高生のときに経験しておくべきことは,

受け身的にただ教わるだけで満足せず,自ら努力し,試行錯誤を繰り返しては,自分の可能性に気づくこと

実行するのに骨折るものを経験し,達成感のような何かを確実に得て,感激すること

だと言えますが,これは巣鴨生に限らず,2020年以降に生きる中高生も大いに参考にすべき考え方ではないでしょうか。

前者からは,まさにアクティブラーニングで,積極的で深い学びにつながりますし,共感や思いやり,さらには母校愛などの,社会で特に必要とされるものは後者から学び取ることができます。

 

その他,大学入試改革について,「英語をうまく使える」という,高い4技能を持つ生徒よりも,「どんな内容を話せるか」の方が評価されるはずだというのが,巣鴨の校長先生の意見です。

ふとここで,中高のときに能や狂言を観に行かせられたり,修学旅行で歴史的な街に行ったことを思い出しましたが,あれは実は,日本の伝統や文化について多感な時期に実体験させられてたんですね。

 

最後にもう一つ。

自らが努力し,試行錯誤という失敗体験を反省につなげては,潜在能力が開花するまで努力し続けるのは,とにかく時間がかかるのがネックです。

とはいえ学生時代を過ぎて大人になってしまえば,もうそういう経験を積むことは難しいでしょうから,考える時間を無駄だとみなさず,とことん真面目に勉強することで,自ずと2020年に必要な資質や能力が身に付くということで,記事終わりとさせていただきます。

 

その他の資質能力に関しては,以下のページをご覧ください↓↓

教育改革と入試改革が目指す,2020年の資質と能力

最後までお読みいただきありがとうございました。

-教育改革, 教育改革 能力
-,

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.