大学入試で利用できるTOEFLテストの概要と対策

今回は,入試改革において英語4技能の学力を測る民間資格・検定試験にも認定されたことのある「TOEFL」の試験概要と対策方法について,簡単にまとめてみることにします。

大学入試で利用予定がある方はもちろん,TOEFLのテスト形式や受験料,一般的な勉強法がどのようなものになるのか知りたい方も,ぜひ一度目を通していただけたら幸いです。

なお,TOEFLの種類として,8歳や11歳くらいの子どもに向けたPrimary TestsやJunior Testsもありますが,これらは大学入試に使えないので省略します。

TOEFLとは

ETSの提供するテスト

TOEFLを主催しているのは,アメリカにあるETS(Educational Testing Service)です。

教育関連のテストや評価を実施する組織として世界最大ともいわれるETSは,今回紹介するTOEFL以外にもTOEICやGREといったテストに深く関わっています。

なお,日本ではCIEE Japanが窓口です。

TOEFLは「Test of English as a Foreign Language」のことですから,英語圏の大学(アメリカ,カナダ,ヨーロッパ,オーストラリアなど)に入学を希望する際,実際の授業についていけるかといった能力を判定するのが目的です。

一般的に,問題を見るとその試験がどのような受検者を想定しているのかわかってくるものですが,例えばTOEICであればビジネスシーンでのやりとり(取引だったりオフィスでの会話など)であったり,英検では小中高生を取り巻く環境での出来事が中心となっています。

それらに対して,TOEFLはよりアカデミック(学問的)な内容に富んでいるといえるでしょう。

実際に問題を解くとわかりますが,大学の講義のようなものを聞いたり,エッセイ(自分の意見を論理的にまとめる)形式のものが目立つことにすぐ気付くはずです。

2022年の情報によれば,160を超える国で11500以上の大学やその他機関が,TOEFLを入学時の参考にしています(スコアには有効期間が設定されており,TOEFL iBTの場合は2年間です)。

テストセンターで受けられる他,Home EditionやPaper Editionもあります。

ただし,Paper Editionは日本では受けられないので除外して考えて良いでしょう。

結果は6日(Home Editionは10日)後に分かります。

日本の大学に入ってから海外に出ていく方もいるでしょうから,国内の大学入試で本テストが利用されていることにも驚きませんし,国内の受検者数は今後も増えていくはずです。

なお,日本の大学院の入試においても,英語試験の代わりに使われているところがあります。

大学入試と比べるとはるかに数が少ない受験生のために,わざわざ英語の試験を作るというのは教授たちも割に合わないのでしょう(専門科目はさすがに毎年作っていますが)。

もちろん,海外から日本に来る留学生も同じTOEFLを受けることができるので,日本語があまりできない外国人は助かりますし,同じ試験で留学生と一般受験生の成績を比べられる点も魅力に感じるはずです。

TOEFLには現在,iBTとEssetialsの2つの形式があります。

前者は「internet Based Test」の略でインターネット上で行われるテストを指し,日本では2006年から運用が始まりました(この時点でCBT形式が廃止)。

後者はテスト時間や料金がiBTの約半分になっている簡易版で,アカデミックな英語が半分で一般的な英語が残りを占めます。

さらに,私が大学や院生時代に受けさせられたのは「TOEFL ITP」でしたが,こちらは実力判定が主な目的で,英語プログラムの導入の効果を測るか,クラス分けをする時などに用いられるもので,大学入試ではiBTが基本となることに注意してください。

ゆえに次章ではiBTを中心にみていくことにします。

 

 

TOEFL iBTの試験内容

スコアは120点満点(各セクション30点満点)で採点されます。

なお試験全体としては1日で完結する都合上,途中リスニングとスピーキングの間に唯一10分間の休みが入る以外に大きな休みはなく,試験時間にして3時間程度かかる過酷なテストです↓

当日のスケジュール

リーディング:54~72分

リスニング:41~57分

休み:10分

スピーキング:17分

ライティング:50分

精神的にも肉体的にもかなりの体力を要することは覚悟しておきましょう。

リーディング

TOEFLのリーディングセクションの問題例

リーディングセクションでは3~4つの英文を読み,1文につき10個の質問に答えます。

質問は4択問題かつ英文の長さは700語程度で,アカデミックな内容です。

大学のテキストにあるような内容で,専門用語も出てきますが,難しいものについては定義が書かれていますし,問題を解くのに必要な情報はすべて英文にあるので心配は要りません。

とはいえ,2000語以上の英文を読むことになるので,初っ端からハードな内容に感じるかと思います。

気力を振り絞って頑張りましょう!

時間としては英文1つにつき18分と定められているので,パッセージの数により計54~72分かかることになります。

 

リスニング

TOEFL iBTのリスニングセクションの出題例

リスニングセクション以降は,ヘッドセットを装着して受検することになります。

形式は2つあり,1つは3~4個の講義をそれぞれ3~5分で聴き,それぞれに6問ずつの質問が用意されているものです。

そしてもう1つが会話形式(2人)の出題で,2~3個の会話例を3分で聴き,各5問ずつとなります。

聴きながらノートを取ることができますが,解き終えた前の問題に戻ることはできません。

講義数や会話例の数によって時間は異なり,41~57分かかります。

とはいえ,リーディングが長めだった場合,リスニングは短い問題セットとなり,逆も同じですので,ここまでのリーディングとリスニングを合わせた時間は,結局111~113分の間に収まるというわけです。

 

スピーキング

TOEFL iBTのスピーキング出題例

全4問ですが,1問と残り3問で問われるスピーキング能力が異なります。

最初の1問は自分の意見や考え,そして経験をもとに語るもので,答えは受検者の数だけあるのが特徴です。

逆に残りの3問は,スピーキング能力だけでなく他の2技能(リスニング・リーディング)も使って総合的に答える問題となっています。

15~30秒が準備時間として与えられ,その後45~60秒間話し続けなければなりません。

会話内容は録音され,ETSに送られて採点されます。

はっきり話すのはもちろん,内容に一貫性を持たせるように意識しましょう。

かかる時間は全部で17分です。

 

ライティング

TOEFL iBTのライティングの出題例

形式は2つで問題数は2問です。

1つは短めの英文を読んで講義を聴き(リーディングとリスニングを行い),それらの内容について制限時間20分で書くことになります。

先のスピーキング同様,ライティングにおいても複数の技能が問われると考えておきましょう。

もう1つの形式は,ある意見に関して自分の意見を明確にしながら300語ほどのエッセイを書きます。

時間にして30分なので,かなりタイトなスケジュールになっていますが,問われる技能は純粋にライティングスキルのみです。

どちらの形式であってもパソコンにタイピングするところところは共通で,こちらもETSに送信されて採点されます。

ライティングにかかる時間は計50分です。

 

 

TOEFLの申し込み

TOEFLの申し込み画面

次に申込手順についてまとめますと,ETSの公式サイトでアカウントページを作成し,その先のMy TOEFL Homeというページで申し込むことになります。

右上にある言語設定を「Japanese」に設定すれば,それなりに読みやすくなるでしょう。

ちなみに受験票の発行はないので,登録番号(Registration Number)とテスト日時などの確認事項(Confirmation)をしっかり保存しておくことが必要です。

気になる受験料ですが,これは他の資格検定試験と比べると高額で,245ドルとなります↓

TOEFLの受験料と会場例

テストセンターで受ける場合,毎月どこかで受けられるでしょうが,特に受験料がネックですね。

とはいえ,TOEFL iBTが必要な場合,受ける以外に選択肢はありませんので,その分,念入りに準備しておきましょう。

 

 

TOEFL iBTの対策

TOEFL iBTの無料模擬テスト

TOEFL iBTの対策ですが,試験がインターネット形式であるだけになかなか対策が難しいです。

英検対策や学校の定期テストのように,わかりやすい参考書があるとは思わないようにしてください。

具体的な対策として,まずは「テストの準備リソース」というのが公式サイトで公表されているので,そちらを使って出題内容の形式や構成を把握することから始めましょう↓↓

TOEFLテストの準備ができる教材

利用できるものには無料のものと有料のものがいくつかありますが,まずは無料でできる対策から使ってみることにします。

まず使いたいのは「模擬テスト」でしょう。

こちらはインターネット上でまさに本番と同じ形式のテストをフルサイズで利用できるので,大変役に立ちます。

やり終えて見えてきた弱点については,模擬テストを復習するだけでなく,「Practice Sets」というものを利用して,セクションごとに練習することも可能です。

こちらは音源がなかったりしますが,「大体このような内容になるのか」と知っておくだけでも,かなりの練習になります。

もちろん答えまでしっかり作って練習しましょう。

とはいえ,実際に流れる音声についても,しっかり練習を積んでおきたいものです。

そこで,締めとして「TOEFL Go!アプリ」を使ってリスニングやスピーキングセクションの練習をしましょう。

制限時間も表示されますし,スピーキングでは自分の声も録音できて,採点がしやすかったです↓

TOEFL Go!アプリの利用例

以上の対策を終えて,まだ対策としたいと感じるようでしたら,有料のものを利用することになりますが,インターネットを使った教材は利用しにくいので,紙媒体のもので練習を積むことになります。

真っ先に浮かぶのは,公式が出している問題集を買うことでしょう。

「The Official Guide to the TOEFL iBT TEST」のようなタイトルになっていると思いますが,値段は5000円ほどです(日本語版は値段がより高いです)。

その他,他社から出ている各種技能別の対策本も存在し,2000円台から購入できるでしょう。

TOEFLではリーディングに限らず,文系や理系の内容の文章である程度の基礎知識を持っておくと解きやすくなります

苦手なジャンルをなくすためにも,各分野別(社会学・経済学・人類学・医学など)の英文を集めた問題集を使って学ぶのがおすすめです(総合対策ができる参考書を使うでも構いません)。

 

 

まとめ

テーブルに置かれたパソコン

以上,TOEFLの試験内容とiBTの対策を中心にまとめてきましたが,いかがだったでしょうか。

各種入試に利用される方は,時間に余裕をもって申し込むことと,できる限りの対策をすることが大切だと思います。

それでは最後に,今回の要点をまとめておきましょう!

申し込みについてのポイントは,

  • ETSの公式サイトでアカウントを作成して申し込む
  • 受検料は245ドル(30000円超)
  • 英語圏で大学の授業を受けられるかどうかを問う出題
  • iBTは3時間にわたるテスト。4技能が問われて120点満点

でした。

また,勉強方法についてまとめると,

  1. まずは無料のもので最新のテスト形式に沿った問題に慣れる
  2. リスニングとスピーキングはアプリなどを利用し練習を積む
  3. それでも苦手が残ったら,有料のものを使って補強する

といった流れで試験に臨むのがおすすめです。

対策ももちろん大事ですが,普段の勉強で培った英語の実力がものをいうことはお忘れなく!

最後までお読みいただきありがとうございました。

-入試改革

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイトの管理人

某通信教育での添削や採点業務に加え,塾や家庭教師の講師歴は20年を超えました。東大で修士号を取得したのははるか昔のことですが,共通テストやTOEICの結果を見る限り,まだまだ学力は維持できています。小学生から高校生まで通じる勉強法を考案しつつ,副教材として使うスタディサプリのユーザー歴は5年以上となりました。オンライン上のやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです!