入試改革

ケンブリッジ英検と大学入試改革

ケンブリッジ英検(Cambridge English)は,2020年度入試改革で採用される民間試験の1つです。

英検やTEAPなど,いくつかメジャーな候補がある中で,この試験はIELTSと並んで最も高いレベルまで判別することができますが,周りで受けている人は滅多にいないマイナーな試験でもあります。

そもそもの対策の難しさもありますが,おそらくは他の試験で事足りてしまうのが一番の原因でしょう。

とはいえ,今後脚光を浴びることも増えるでしょうし,ケンブリッジ英検に向けて勉強することは,英語4技能をバランスよく育成することにもつながるわけですから,全く無駄にはなりません。

いずれにせよ,民間試験に選定されている以上,受けるか受けないかはさておき,どういったテストなのかくらいは知っておくことは大切です。

今回の記事では,その試験内容や大学入試との関連性についてまとめておくので参考にしてください!

ケンブリッジ英検とは

ケンブリッジ英検とはケンブリッジ英検は,英国にあるケンブリッジ大学の一部門である『ケンブリッジ大学英語検定機構』が開発し提供するテストです(上記画像参照)。

受検者は世界130か国で年間250万人ほどとされ,世界的に見れば人気の高い試験の1つだとされています。

そして実はこの機構,すでに記事にしたIELTSの問題作成者でもあるのはご存知でしょうか。

参考:IELTS(アイエルツ)とは?2020年の入試改革に向けた対策を紹介!

両者の違いは,ケンブリッジ英検は学生や社会人の英語力を測定しつつ,向上するための道のりを示すためのものであるのに対し,IELTSは海外に移住したり留学のための英語検定であるという認識でOKです。

 

とにかく,「ケンブリッジ大学」という世界に名だたる教育機関が組織する試験ですので,試験の質が世界トップレベルであることに疑いはありません。

ただただ日本では人気がなく,実用英語技能検定(いわゆる普通の英検)と混同している人すらいるのが現状だということです。

とはいえ,今後ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)という枠組みで小中高生の英語力は測られるわけですから,その本場ともいえるケンブリッジ英検により注目が集まっていくことになってもおかしくはないでしょう。

参考:CEFRとは?英語4技能のレベル比較と教育改革におけるメリット

とりわけA2レベルを測るための試験(KET)は,日本の高校生の4技能を測るために日本で作られた試験であり,特にスピーキング能力の測定に関してはいち早く対応した試験であることは忘れてはいけません。

もう少し試験について詳しく説明しましょう。

このケンブリッジ英検はいくつかの試験からなっており,

A1~C2レベルまで8つの試験が用意されている試験です。

どの試験を受けるかについては各自の目的に応じて選ぶことになりますが,例えば高校3年生でしたらB1のPETが,中学3年生でしたらA2のKETを受けるのがレベルとしては適当です。

日本の英検でいうところの2級が前者で,後者が準2級にあたると言えばわかりやすいでしょうか。

なお,結果は『Cambridge English スケール』という数字(80~230)で表示され,各種試験やCEFR・IELTSとの比較も簡単にできます。

スケールについて詳しく知りたければ,この動画を観てください。

 

 

大学入試改革に利用する場合

F1Digitals / Pixabay

ここでは,ケンブリッジ英検を大学入試に利用する場合に特化して解説していきたいと思いますが,試験の難易度としては,KET・PET・FCEのいずれかを受けることになるでしょう。

CEFRと日本の英検との対応関係ですが,

  • KET:A2レベル,準2級
  • PET:B1レベル,2級
  • FCE:B2レベル,準1級

となっています。

高校3年生だと実力的にはPETが良さそうですが,英語が得意で試験に利用するのであれば,背伸びしてFCEを受けることになるでしょう。

実際の例として,早稲田大学の文化構想学部を取り上げてみますが,2020年度の英語4技能テストでは以下のような基準スコアが提示されました↓↓

2020年度早稲田大学文化構想学部の基準スコア

右から2つ目の列がケンブリッジ英検のスコアで,利用可能な試験はFCE/CAE/CPEの3種類のみでした。

それより下のレベルに位置するPETは利用できないので注意が必要です。

ちなみに,FCEの試験で測定できるスケールは,以下の表のように140~190となっており,

合格すれば最低160のスケールが保証されます。

実際,早稲田のこの学部では,2019年度の入試において初めてケンブリッジ英検が加わりました

このような具合ですので,今後は本試験に対応する大学も増えてくることと思われます。

 

受検会場についても同様で,現在個人で受けようと思うと,少ない中から選ばざるを得ませんが,

ケンブリッジ英検の試験会場

これからは,増えてくることでしょう。

 

 

B2 First(FCE)と対策について

さて,最後に,B2 First(FCE)の試験内容についてまとめておきましょう!

リーディング&文法・語彙

試験時間は1時間15分で,7つのパートからなります。

  1. 空所補充問題8問
  2. 穴埋め問題8問
  3. 空所補充8問(語幹を変化させる)
  4. 空所補充6問(同じ意味に書き換える)
  5. 読解問題6問(4択問題)
  6. 読解問題6問(文を元の位置に戻す)
  7. 多重マッチング問題10問

文法力や語彙力に加え,論理構成や要旨の把握が必要です。

 

ライティング

1時間20分かかり2つのパートがあります。

  1. 与えられたアイデアと自分のアイデアを用いてエッセイを書く
  2. 記事・手紙・書評・物語などから1つ選び書く

どちらも140~190語で,採点法はおおむね英作文のものと同じです。

参考:英作文の得点を上げるためのポイント!学習法のまとめ!

 

リスニング

40分程度で,4パートから構成されます。

  1. 会話文8題
  2. モノローグを聞き10文を完成させる
  3. 5つのモノローグを聞き,正しい内容を選ぶ(5題)
  4. インタビューや会話を聞き,正しい内容を選ぶ(7題)

実生活で使える「英語を聞く力」が幅広く問われます。

 

スピーキング

14分。受検者が2名ずつペアになって受ける対面式のテストです。

全4パートあり,

  1. 自己紹介など
  2. 2枚の写真について1分間説明し,内容について答える
  3. もう1人の受検者とディスカッションする
  4. 上記に関連したトピックについて再度2人で議論する

発音や文法・語彙以外に,自分の意見をまとめたり,議論にうまく参加できているかなどが問われます。

 

詳しくは実際の問題を見て学んでほしいと思いますが,以下の公式サイトではサンプル問題などが見られます↓↓

B2 FIrstのサンプル問題

FCEの対策本は日本語で販売されているものはなく(PETまではいくつかありますが),洋書のペーパーバックを利用するのが普通です↓↓

FCEの対策本

 

 

まとめ

Free-Photos / Pixabay

以上,ケンブリッジ英検についての基礎知識と,入試改革における利用の例,そして試験の中からFCEを特に選んで,その試験内容についてまとめてみました。

拙い記事でしたが,スケールという名の点数やCEFRとの関係性,入試利用に関する理解が少しでも深まったのでしたら嬉しいです。

他の英語資格検定試験に比べて,現状はなかなか難しいところが多いですが,その状況は今後改善されることと思われますので,是非頭の中に,このケンブリッジ英検も留めておいてほしいと思います。

最初に言いましたが,問題自体は良質なものであり,試験に向けて勉強することは学習者の4技能を総合的に伸ばすことに役立ちますから。

 

それでは最後に,現状の学力がどの程度のものなのか測ってみましょう!

中高生対象のレベルチェックテスト

上記25問のうち,何問正解できたかで,現状の実力で受けられそうな試験が判定されます↓↓

例えば,21問正解できた場合は,

先ほどのFCEが実力的にはまさにピッタリということになります。

選択問題だけで,読んで答えるだけの簡単なものですが,なかなかに精度は高いですよ!

 

以上,最後までお読みいただきありがとうございました。

ケンブリッジ英検も含まれる,入試改革に利用できる民間試験につきましては,詳しくまとめた以下の記事をご覧ください。

大学入試英語成績提供システムについてまとめました!

  • この記事を書いた人

スタディサイト管理人

都内で塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで,英数を中心に学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をまとめています。すぐに実践できる勉強法やオンライン教育サービスを利用した学習戦略も意欲的に掲載。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。

-入試改革

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.