スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISHからビジネス英語コースの評判について

スタディサプリENGLISHの新コースである「ビジネス英語コース」が満を持して開講されました!

ビジネスパーソンが職場で出会う機会の多い場面を選び,その中でよく使われる実践的な英会話を学ぶというのがこのコースの目標です。

これまでにどのようなところが評価されてきているのでしょうか。

コンテンツ面はもちろん,他の英会話スクールと比べて見えてくる評判についても考えてみましょう!

ビジネス英語コースのコンテンツの評判

ビジネス英語コースのコンテンツの特徴

スタディサプリENGLISH「ビジネス英語コース」のコンテンツに関する評判は,主に以下の4つに分けられます。

それはずばり,

  1. スキマ時間での学習が可能な点
  2. 最新のICTによる近未来的なトレーニング
  3. 飽きがこない凝ったストーリー
  4. ネイティブによる動画解説がある

です。

以下で1つ1つみていきましょう!

スキマ時間で学習可能

1つ目の評判は,スキマ時間での学習が可能である点です。

英会話を身に付ける際,「毎日継続的に学習することこそ,最も効率の良い勉強法である」という意見に異を唱える方はほとんどいないでしょう。

ですが,多忙な社会人にとって,まとまった数時間を毎日確保するというのは大変困難です。

そのため,採用すべき学習スタイルとしては,「ちょっとした空き時間に数分程度の学習時間を捻出しては,英会話の勉強をちょこちょこ積み重ねていくこと」となります。

同じ30分間の学習時間であっても,1度に30分やるのではなく,「5分+15分+10分」といった具合にスキマ時間を積み重ねていくのが現実的だというわけですね↓↓

社会人の場合ですと,最もありそうな通勤中の車内での学習を基本とし,昼休みなどの休憩時間であったり,はたまたエレベーターを待つ間すら学習時間に変えてしまう方も中にはいらっしゃるとのこと。

こういった時間をうまく活用して,スマホのアプリをパッと開いて学習できる点が,スタディサプリENGLISHの全コースに共通して寄せられている評判の1つでもあります。

もちろんそれは偶然ではありません。

もし仮に1つのレッスンがぶっ通しで30分の集中を学習者に強いるようなものでしたら,学習を開始する段階においてもかなりの覚悟が必要です。

ですが,スタディサプリENGLISHは3分もあれば大体1つのトレーニングが終えられるので,上手く考えて設計されています。

ICTを使った類を見ないトレーニング

続けて2つ目の評判に移りますが,それは最新のICTを利用したこれまでにない新しいトレーニングを体験できるところです。

ICTとはInformation-communication technologyの略で「情報通信技術」のことを指します。

ビジネス英語コースでは,リスニングする際,スマホ画面に例文がリアルタイムに表示される他,音声を流したまま日本語訳や単語の意味が確認できたりしますが,これらはすべて最新のICT技術があってのことです。

紙と鉛筆を使わず,指一本でディクテーションが簡単にできてしまうことは,1つ目の評判(スキマ時間の学習)にも役立っています。

さらにシャドーイングでは自分の声を録音でき,模範解答と聞き比べられることができるわけですから,こんな近未来的トレーニングが評判になるのは当たり前でしょう↓↓

ディクテーションとシャドーイングのイメージ

ホーム画面に戻ると,それまでの学習時間が表示されており,モチベーションの維持に役立ちます。

学習時間は短くても,各種トレーニングはズルができないように工夫されているので,思った以上にしっかりと英会話の練習をすることができるはずです。

さらにはアプリを使ってパッと学んでいける単語帳も,ビジネス英語用のものがしっかり付いてくるので,幅広いトレーニングで効率良く学習できます↓↓

飽きのこない凝ったストーリー

ビジネス英語コースで主な学習素材となるのはスキッドですが,もしそれが退屈なものであればやる気もなくなってしまいます。

しかしその点においてもご心配なく!

本コースのストーリーにはプロの脚本家が関わっているため,実際のビジネスシーンを想定しつつ飽きのこない楽しい展開が期待できます。

「ぼくらの七日間戦争2」,ドラマ「交渉人」,「下町ロケット」・・・。

どこかで聞いたことがあるこれらの作品を手掛けた「稲葉一広」という方が,ストーリーの作成を手掛けています。

同様の例は,スタディサプリENGLISHの「日常英会話コース」においても確認できますが,そちらのメインはあくまで学生生活でした。

職場や出張先で英語で話さなければならない機会が多い方にとってみれば,より現実の状況に近いビジネスシーンで役立つ英会話を学べるというのは,本コースにしかない魅力だと感じているのではないでしょうか(なお,本コースに申し込むと日常英会話コースも無料で使えるようになります)。

是非「瞬間発話プラクティス」というトレーニングをやって,その効果を体感してみてください!

ビジネス英語コースのストーリーとキャラクター紹介はこちら↓↓

ネイティブによる動画解説

4つ目の評判は,ネイティブによる動画解説があることです。

これまでにマークピーターセンの著書を読んだ経験があったり,最近ではラジオ英会話を聴いたことがある方ならピンときていただけるかと思いますが,ネイティブ目線での解説というのは,日本人講師とは一味違った面白みや独特の説得力があります。

このビジネス英語コースを担当するのはベルリッツ・ジャパン(英会話大手スクール)で講師経験があり,現在は独立して企業研修を行うMatthew Nisseliusさん。

1回1分の動画ではありますが,全レベル合わせるとなんと800回も登場する計算になりますので,普段聞けない解説がたっぷり聞けてとてもお得な気分になりますし,メリハリがついて良い気分転換になるのではないでしょうか。

「ネイティブの方がこちらに向けて何か話しかけてきてくれるだけで幸せな気持ちになれる」と,私の中では最も評価の高いトレーニングです。

オプションにはなりますが,スタディサプリの教材を使ってオンライン英会話も利用できます。

 

ビジネス英語コースVS英会話スクール

ビジネス英語コースのサービス内容を,他の英会話スクールと比べることで初めて見えてくる評判があります。

その多くは「費用が安く済むこと」ですが,試しに通学型の英会話スクールに通ったときのことを考えてみましょう。

通学型の英会話スクールに通ったとすると,なんだかんだで入会金やテキストCD代,そして何より先生やクラスメイトとの人間関係が生まれてしまって退会しづらいことが多々あります。

入会金は20,000円程度かかりますし,月謝は30,000円程度するのが相場です。

比較的安いと言われるオンライン英会話であっても,1ヶ月続ければ6,000円~10,000円くらいにはなってしまいます。

加えて,日常英会話コースの評判の記事でも語ったように,初心者がいきなり英会話スクールに通うのは精神的にも敷居が高いものです。

これに比べると,ビジネス英語コースでは入会金や教材費はかかりませんし,いつでもスマホを使って学習できます。

さらに月額2,980円(以下すべて税抜表示)の毎月払いで契約すれば,月ごとにやったりやらなかったりを繰り返したり,出張前に短期間だけ集中するような使い方もできるので,財布にもやさしいです。

ビジネス英会話を学びたいという方の中には,すでに高い英語力を保有している方も多いと聞きます。

そういった方は当コースでどんどん独学して,使える表現を増やしていきましょう!

 

まとめ

スタディサプリENGLISHのビジネス英語コースの評判まとめ

以上,スタディサプリENGLISHからビジネス英語コースの評判についてまとめてきました。

その人気の理由は,教材内容的に以下の4つに集約されますが,

  • スキマ時間での学習が可能な点
  • 真新しいICTトレーニング
  • 飽きのこないストーリー
  • ネイティブによる動画解説

英会話学校に通った経験のある方からすれば,以下の2点も魅力的に映るでしょう↓↓

  • 安い料金設定
  • 気楽にできる

そしてこれらの評判に,私が最後に1つ付け加えたいものが「スマホだけで英語学習が完結してしまう点」です。

私が大学生だった頃は,長期休暇を海外で過ごすような際,重い書籍をたくさんスーツケースに詰めていかなければなりませんでした。

そんな当時,もしスタディサプリENGLISHのようなサービスがあったらどれだけ楽ができたでしょうか。

本当に便利な世の中になりましたね。

話をまとめますと,まとまった時間を確保したり,決まった日時に英会話教室に通うことが困難なビジネスパーソンが本コースで学ぶとすると,スマホ1つで毎日がキャリアアップにつながる成長の場に変わるわけですから,興味を持たれた方は是非ともやってみてください↓↓

無料体験はこちら

 

最後までお読みいただき,ありがとうございました!

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-スタディサプリENGLISH

© 2020 スタディサイト