勉強法

高校入試のための参考書と問題集の使い方【科目別・学年別】

今回の記事では,高校受験する予定がある中学生がどのように勉強をしていけばよいのか,特に参考書や問題集の使い方を中心に解説してみたいと思います。

高大接続改革が進行中の今,家庭学習の重要性が増してきていますが,部活や習い事で忙しい最近の中学生の現状を踏まえた上で,効率良く学習を進めていただけたら幸いです。

管理人より

以下でおすすめ教材として,具体的な書名を挙げていくつか紹介していますが,手に入らないものもあると思います。その場合,同じ種類の書籍であれば何でも構いません。唯一無二の書籍はありませんので。

英語の参考書と問題集の使い方

中学1年生

用意すべき参考書と問題集は以下の3種類です。

①文法の参考書と問題集

②基礎的な読解問題集

③英検4~5級の問題集

日常的には①を用いて勉強しましょう。おすすめの教材としては「新中学問題集(新中問)」が1番やりやすいかと思います(私立だとこれが学校の教材に指定されているところもあります)。

とはいえこの問題集は市販されていないので,塾に頼んで買ってもらうくらいしか正規のルートはありません。

難易度は「標準編」でいいので,その分,速さを重視しましょう。

①で市販されている他の参考書としては,例えば「くもんの中学英文法」が優れていますが,問題数が少ないので,別に何か演習用に問題集を用意する必要があります。

②についてですが,これは夏休みや冬休みといった長期休暇を利用して一気にやってしまうのが良いでしょう。

③ですが,CDもちゃんと聴いてリスニング能力も鍛えてください。

その際はディクテーションすることをおすすめします↓↓

中1の2学期には英検の5級に挑戦しましょう。

まとめますと,中学1年生においては文法をしっかり学習し,そこで培った基礎力を読解へと生かしていくことになります。

文法用語がわからないと,参考書に書かれている説明が理解できないので,①を使うときは「形容詞」・「副詞」といった用語にも気を配りましょう。

単語の書き取りは苦手な生徒が多いですが,何度も書く以外に,家では発音もして覚えるようにしましょう。

スピーキングは今後高校入試でもテストされますし,共通入学テストに向けた有効な取り組みにもなるはずです。

参考までに,私立に通う子だと,夏休みの間だけで中学1年生の全文法範囲を独学で1通り終えることができます(新中学問題集を用いた場合)。

中学2年生

中学2年生になっても1年生のときとやることはほぼ変わりません。

ただし,ある程度文法知識も増えてきたと思いますので,④の総復習的なものを最後に1冊仕上げます。

①文法の参考書と問題集

②基礎的な読解問題集 or 長文の問題集

③英検3~4級の問題集

④中学1,2年の文法まとめの問題集

2年生で文法の壁となるのは不定詞と動名詞でしょう。

学校の授業を受ける前に予習しておくことで,授業内容がスッと入ってきやすくなります。

①は引き続き,「新中問」などでやります。

③も旺文社の「英検問題集」などを使いましょう。

最後の④に関しては学研や旺文社などから参考書が出ていますので,書店で見てやれそうなものをチョイスしましょう(どれも7~10日間で終わる内容です)。

④をやる時期は冬休みが目安です。

②は夏休みなどの長期休暇に集中的に行ってください。

普段部活で忙しくて勉強時間が満足に確保できない生徒にこそやってほしいと思います。

中学3年生

いよいよ受験の年です。

部活なども引退前で忙しくなりますが,しっかりと勉強も続けていきましょう。

①文法の参考書と問題集

②長文の読解問題集と演習用の問題集

③中学3年間の文法まとめ問題集

④志望校の過去問

1学期は文法に専念しましょう。

単語をいったいどのくらいまで学べばよいかの目安としては,学校の教科書に出てきた単語を全部覚えてください。

6月に英検がありますが,そこで3級~準2級に受かれば,学力としては順調に育ってきています(最近は中学生の英語力の伸びがすさまじく,中3で2級はざらにいて,ついに準1級の合格者も出ました)。

中学最後の夏休みにおいては,長文の精読をします。

「精読」というのは「時間をあまり気にせず,ひたすらわかるまで考え,丁寧に1文1文読むこと」です。

この際,構造分析のトレーニングをすることになりますが,東進の「レベル別問題集レベル1」などを使うことが多いです。

くもんの「中学英文読解」も,しっかり全訳しながら読み進めていくとかなりの力が付きます。

そして2学期ですが,過去問を2年分やり(残りは直前用にやらずに取っておきます),志望校の傾向を掴みましょう。

あとはひたすら実践的な演習を行うのみです。

「高校入試 英語」といった検索結果に表示されてくる書籍が,この時期に使う参考書に該当します。

2学期から直前期までは,本番と同様,問題を時間内に解き終わることに重点を置きましょう。

以上が,中学3年間における英語参考書の使い方でした。

大学入試では特に顕著ですが,英語が得意でないとスタート地点にさえ立てない場合が多くなっています。

中学3年間に限らず,今後の人生に関わる1大イベントとして,英語の習得は本気になって目指すべきものです。

 

数学の参考書と問題集の使い方

次は数学です。

しっかりと数学が得点源になるための参考書と問題集を紹介していきます。

中学1年生

①問題集

数学においては,教科書内容を理解したのち,とにかく演習量を増やすことが大切です。

中学から文字を扱う式が入ってきますが,ここがうまく理解できないと,以降数学の勉強についていけなくなる可能性があります

文字を使った足し算・引き算といった四則計算から,代入や移項といった問題にも慣れてください。

小学校で扱った分数なども,とにかく早く正確にできるようにしておくことが今後の数学の点数に大きく影響します。

演習量を積むために,先の英語で紹介した「新中学問題集」を勧めますが,他にも「体系数学問題集」や「高校への数学スタートダッシュ」が良いです。

新中問が手に入らず,市販品で参考書的な説明が必要という方には「チャート式体系数学」がいいでしょう。

中学2年生

①問題集

中学2年生の数学でつまづくところは,2学期に登場する1次関数です。

これが理解できるかできないかで,数学が得意になるか苦手になるか決まるといっても過言ではありません。

特に注意し,気合を入れて乗り切りましょう。

なお,図形では証明問題が登場します。

これも書き方をノートにしっかりと書き,練習を積みましょう。

参考書ですが,中1で紹介したものを継続していくことを基本に,「物足りない!」というお子さんには「1対1の図形(数式)演習」,さらには「高校への数学」をやらせてみると完璧です。

中学3年生

①問題集

②分野別強化演習

③過去問

中学3年生においては,夏までに志望校の問題を1回は解いておくことが大切です(直近3年分の過去問は直前期に取っておきます)。

数学では出題範囲が学校によって大体決まっているので,過去に出題された問題の中から得意分野を作ってしまいましょう。

そのために,夏休みを用いて得意分野を厳選し,その単元の演習を積むために時間を割きます。

具体的な参考書としては,これまでに使ってきた①の問題集をやり直しても良いですし,②のような,まさにそれを目的とした問題集も出ています。

有名どころとしては「全国高校入試問題正解 分野別過去問」があります。

一転,秋からは苦手分野をなくすことに専念しましょう。

得点を周りと競う受験においては,この考えが極めて重要です。

難しい問題は避けても構わないので,教科書章末レベルの問題は何が何でもできるようになっておきましょう。

 

国語の参考書と問題集の使い方

中学1,2年生

①読解問題集

小学校までの国語に自信がない場合は語彙力を増やしましょう。

「小学校 語彙」で検索すれば,いくつか問題集も出ています。

それ以外に中1は,学校の勉強をしておけば基本大丈夫ですが,「さらに沢山演習を積んでおきたい」という生徒に「新中学問題集」をやらせたり,逆に国語がどうしても苦手な子でしたら「くもんの中学基礎固め」などをやっておくのもありです。

しかし中学2年生になったら,後期までに読解の基本的な問題集を2冊程度は仕上げておきたいところ。

私的には,解説がしっかりしている「システム中学国語(論理入門編・論理完成編)」の2冊をすすめます。

出口氏の書かれる問題集は解説がとにかく充実しているので,そこで学んだ解き方の手順を別の問題を解く際に生かしていくことを心がけたいところです。

中学3年生

読解の正しい解き方を習得し,その後問題演習へと進むのが,中学3年生の国語の手順です。

①読解の基礎問題集

②古文・漢文の参考書

③過去問

出口の問題集を使ってきた生徒には,そのまま「システム中学国語(公立高校編)」へと進ませます。

②においても,「システム中学国語(古文・漢文編)を使っても構いませんが,長期休みを利用して,トレーニングノート(10日ほどで終わる薄い問題集)の「国文法・古文・漢文」をそれぞれ使ってみるのもいいです。

なお,難関校を受験する生徒には「出口の国語レベル別問題集0」をすすめており,難易度は極めて高いです。

秋以降は問題演習を積んでください。

一般的に国語は,同じ問題を何度もやり直すことはせず,毎日違う問題を解くことで学力が伸びていきます(漢字や文法は繰り返しが必要ですが)。

 

理社の参考書と問題集の使い方

中学1年生

①定期テスト用問題集

②参考書

理社というのは,教科書を読んでは問題集で理解を深めることの繰り返しが大事になってくる科目たちです。

どちらも暗記科目なので,中学3年生になったらもう一度同じ範囲をやり直すことになります。

その際,一度完璧に理解した内容であれば,仮に忘れてしまっても思い出すまでの時間が短く済むので,中1のうちからしっかりと勉強しておきましょう。

「ニューコース問題集」が有名ですが,教科書に沿った内容を扱う問題集であればなんでも構いません。

なお,「さらにレベルの高い勉強をしたい,詳しく知りたい」という生徒には,「中学総合的研究」をすすめています。

かなり詳しく書いてありますよ。

中学2年生

①問題集

②参考書

中学2年生の勉強で一つやってみてほしいのは,歴史と地理の範囲における「まとめノート作り」です。

テスト勉強時に作っておいた「まとめノート」は,中3になって必ず役に立ちます。

また,中2の理科では電流でつまづく生徒が極めて多いので,予習を中心に復習もしっかりやっておいたいところです。

冬休みには,中学1,2年で学んだ内容を,これまでやった問題集を使って復習します。

中学3年生

①問題集

②参考書

③入試演習

中1,中2のときとやることに違いはありません。

理科では,運動天体が要注意の単元です。

また夏休みには,先に出てきた中2の電流の範囲も含めてよく復習しておきましょう。

高校入試における理社の問題は,主要3科目(英語・数学・国語)に比べて難解なものはなく,苦手なジャンルをなくしておくことができれば,特に問題になりません。

逆に言えば,定期テストで点が取れない子は毎回非常に苦しむことになる範囲でもあるので,油断はせず,復習をこまめにやりたいところです。

「ニューコース」をしっかりやっておけば,定期テストで8割を切ることはほとんどありません。

 

まとめ

高校入試に役立つ参考書と問題集の使い方について説明してきましたが,いかがだったでしょうか。

中学での勉強は積み重ねがものをいいますので,普段から真面目に取り組んできた子と,中3になってから慌てて勉強を始めた子の差は歴然です。

だからといって,「部活や習い事の時間を削ってまで塾に行け」とは言いません。

最近の中学生はまとまった時間が,週末以外に取れないこともよく知っています。

そのため効率的かつ計画的に勉強を進めてください。

最近は「スタディサプリ」のようなオンライン学習のサービスも出てきているわけですから,そういったものを利用するのも大いにありだと思います↓↓

参考書代わりに,該当する学年の講座を動画で視聴し,演習量を市販の問題集を用いて補足する使い方は非常に強力です。

内申点は中学3年生になってから気にすればよいと思われているかもしれませんが,中学2年時において内申が2とか3だった生徒が,中3になって突然5を取れるようになることはありません

そのため,何が自分の子のライフスタイルに向いている勉強法なのか,早め早めに色々と試しておきたいところです。

頑張ってください!

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-勉強法

© 2020 スタディサイト