パーソナルコーチプランの担当コーチの質について

スタディサプリENGLISHの「パーソナルコーチプラン」ですが,修了者の体験談を読めば読むほど,コーチ陣の素顔というものにだんだんと興味が湧いてくるものです。

一体どのような方が,自分を担当してくれるのでしょうか。

本記事では,彼女たちの採用に関する話から,絶え間ない努力の姿勢,さらには経歴までを参考にしながら,パーソナルコーチ自身の魅力に迫っていきたいと思います。

スタディサプリのパーソナルコーチの能力と資質

ビジネスシーンでのやり取り

スタディサプリENGLISHのパーソナルコーチプランに在籍しているコーチというのは,受講者の望みである,目標とするTOEICスコアを実現させるための存在です。

そして,一番最初に提出した申し込み内容によって割り当てられることになる講師は,以下で紹介するような能力と資質を備えています。

TOEICのハイスコアホルダーである

まず第一に挙げられるのは,TOEICの保有スコアが高いことでしょう。

やはり,客観的かつ絶対的なスコアというのは,生徒との信頼関係を築く上でも欠かせない要素の1つです。

スタディサプリのパーソナルコーチに採用されるためには,高いTOEICスコアが求められます。

誰だって,自分より低いスコアの人に習いたくはないでしょう。

ちなみにですが,大学受験の予備校にいる学歴が低い講師は,自分の出身大学を隠すよう命じられますが,これも,担当する生徒が目指す大学よりも教師の学歴が低いことを知られないための処置です。

実際,スーツを着るなどして,できるふうに見せながら高卒の講師が教えていたりします(誤解はしないでいただきたいのですが,高卒であろうと低学歴であろうと講師として優秀な人はいます)。

もちろん,本当の実力がある講師にとってみれば,資格は大したものではないわけですが,それでも,英検4級しか持っていない先生に英語を習うのは,中学生のときの自分は嫌でした。

 

豊富な知識と経験がある

しかし,パーソナルコーチの資質・能力として,TOEICの保有スコアが高いだけでは不十分で,「名選手名監督にあらず」という格言もあるように,コーチ自身がTOEICに精通しているだけでなく,教え方も上手くなければなりません。

TOEICに関する最新知識をアップデートしていく努力を続け,これまでの学習過程でつまづいた経験が多ければ多いほど,生徒の悩みにも共感できるものです。

こういった,プラスアルファの知識や経験がどれだけあるのかが,パーソナルコーチの真の評価に関係してきます。

もちろんサポート役として,学習者のやる気を引き出したり,その時々で適切なアドバイスができることも大切な資質・能力でしょう。

パーソナルコーチプランの特徴について述べた記事で触れたように,コーチの主な業務内容としては以下の3つがあります↓

  1. 学習者との電話面談
  2. 学習プランに基づく,適切な課題の提示
  3. 学習者の悩みや疑問を解決する

こういったやりとりを介して,少しずつ,学習者との信頼関係を築いていくことになるわけです。

このときのアドバイスは,どこかで耳にするような一般論ではなく,生きたアドバイスとでも言うのでしょうか,コーチ自身の経験から語られたものとすることで,その人にしかできない貴重なものになります↓

パーソナルコーチの経験談が書かれたチャット

同じサービスを受けているのに,指導内容が十人十色である点も,パーソナルコーチプランの面白いところでしょう。

 

飽くなき向上心がある

とはいえ,これまでに学んできた貴重な経験を,各コーチが自由気ままに教えていくのであれば,グループ(スタディサプリENGLISH)としての統一性はなくなってしまいます。

それこそ,コーチ間の格差につながり,コーチのランク付けや争奪戦が行われることにも繋がりかねません。

それを避けるためにも,コーチたちは業務開始前の1ヶ月間,研修を受けることになるわけです。

そこでは,基本的な技術を学ぶことはもちろん,以下のような勉強会を開いたり,交流会を通して事例を共有しあったりすることで,共通理解を増やすとともにグループ全体のスキルに磨きをかけています

スタディサプリのパーソナルコーチが参加する勉強会の様子

そもそも選考を突破して優秀な方が,さらに自己研鑽に取り組むという,まさに見習うべきプロの姿勢ではありませんか!

私が教わった先生もこの中にいるのかと思うと,なんだか胸が熱くなります↓

パーソナルコーチの交流会の様子

 

 

超一流がコーチのコーチであるという事実

採用されたコーチが,実際の勤務を開始する前に研修を受けるという話をしましたが,コーチのコーチにあたる存在は,英語教育界において「超一流」と呼ばれる面々です。

例えばその1人である愛場吉子コーチについては,以下の記事で紹介しました↓

blank
日常英会話コース講師陣の魅力を紹介します

スタディサプリENGLISHの講師陣ですが,受講生の評判も上々です。 オンライン学習では,簡単にトップ講師による貴重な講義が受けられるところが魅力の一つですが,どのコースを受講してもしっかりその恩恵が受けられると思います ...

続きを見る

その他,愛場コーチと同じ会社に勤める浅場眞紀子氏もコーチのコーチです↓

浅場眞規紀子のプロフィール

経歴をみるだけで超一流であることがすぐに分かりますが,実際,浅場コーチのS&W対策本は,公式のものと比べると圧倒的に実践的で,どちらか1つを買うなら,彼女の本を勧めます。

そして,もう1人のMark Rendeコーチですが,ベルリッツやロゼッタストーン社など,英語学習者が一度は耳にしたことのある会社で経験を積み,30年間も英語学習に携わってきた方です↓

Mark Rendeのプロフィール

そんな方々が,TOEIC900点以上のコーチの卵たちに,

  • 最新の正しいTOEIC知識
  • 第2言語習得に対する方法論
  • 接客やコーチングスキル

を身に付けさせ,そこでようやくパーソナルコーチプランの担当コーチが誕生することとなります。

 

 

パーソナルコーチプランのコーチの経歴について

最後に,パーソナルコーチプランの担当コーチの中から,数人の経歴を紹介していくことにしましょう。

一番初めの章で触れたのは,担当コーチが備えるべき能力や資質でしたが,それらを測るための「TOEICの保有スコア+教える能力」については,スタディサプリENGLISHのHP上の経歴を見れば,すぐに調べられます。

例えばSHIHOコーチの場合だと,TOEIC980点と英検1級に加え,オーストラリアの大学院でTESOL(英語教授法)の修士号を取得された,まさに日本人に英語を教えるプロのような方です。

英語学習アプリの開発やオンライン英会話にも強いというのも,スタディサプリENGLISH向きの経歴でしょう↓

SHIHOコーチのプロフィール

2人目のYUMIコーチの場合ですと,TOEICスコアについての具体的数値は記載されていないものの,海外経験なしに独学で300点のスコアアップを達成された経験を持つわけですから,受講者としては,その秘訣を知りたくなることが必至です。

小学生から社会人までの幅広い年代を指導してきたことで,受講者のレベルに合わせて,いくつかの指導法を使い分けられるという発言には,数多くの受講者を担当できる有力な資質・能力があることが見て取れます↓

YUMIコーチのプロフィール

そして,最後は男性コーチの紹介になりますが,これ以上ないTOEICスコアと英検資格をお持ちのOSAMUコーチです↓

blank

彼は,学校現場だけでなく語学学校や企業で英語を教えた経験があり,第二言語習得論に基づいた指導にも精通しています

もはや研修の必要はないのではないかと思えるくらい頼もしく映るのは,自信に満ちた彼の笑顔のせいでしょうか。

ちなみに,彼は後に,スタディサプリENGLISHの基礎講座にある「基礎英文法」という学習コンテンツを担当する運びとなりました↓

しかし,そのニュースを聞いても私がそれほど驚かなかったのは,実力者であることをすでに知っていたからでしょう。

とはいえ,高校時代の苦手科目が英語だったという話ですから,担当コーチになっていただいた暁には,どうやって得意になったのかを尋ねてみたいところです。

 

 

まとめ

blank

以上,パーソナルコーチプランのコーチ陣の能力や資質の話から始まり,研修や勉強会,そしてコーチのコーチの存在と個々の経歴までみてきましたが,いかがだったでしょうか。

私もパーソナルコーチプランを受講したことがあるのですが,誰かの夢を成し遂げる手伝いができることをコーチ自身が喜びと感じていることが伝わってきて,大変に有意義な時間が過ごせたように感じています

いくら仕事とはいえ,そういったものにやりがいを感じられる方でなければ,パーソナルコーチとしての大役は務まらないでしょう。

数ヶ月にわたって成績を管理しつつ,チャットでのやり取りを続けるのは大変なことです。

TOEICの場合だと,自分の指導の成果は確かなスコアとなってわかってしまうわけですから,上手くいけばお互いに喜びを分かち合いやすいところが特に良かったと思います(TOEICのスコアは初回とパーソナルコーチプランの受講後の2回,コーチに伝えることになります)。

先ほど紹介したSHIHOコーチがパーソナルコーチプランを担当されたときの感想について,貴重なコーチ目線での体験談を述べていましたので,結びの言葉に代えまして,以下に引用させていただきます↓

受講者であるYさんは,全ての知識がバランスよく欠けている状態でした。「あれこれ手をつけず,TOEIC対策コースを進めれば,バランス良く満遍なく学べる」とアドバイスしました。すごく前向きで,英語学習にあたって気持ちの部分で欠けているものは何もない方だなという印象で,あとは着実にステップを踏んで理解していけば,点数は確実に上がるなと思いました。積極性ってやっぱり大事じゃないですか。「会社で英語を使う訳じゃない。だけど頑張りたい」と意思をはっきりと伝えてくれて,致し方なくTOEIC対策をしているわけじゃないなと。日々の学習も楽しく取り組んでいただいている雰囲気がありました(SHIHOコーチ談)。

このような優れた分析力を持ち,親身になって伴走してくれるパーソナルコーチプランの担当コーチと学べる日々は,受講生にとってみればTOEICで良い点が取れるようになる以上の価値を持つものだと思います(もっとも,上のケースでは,3ヶ月で185点アップという見事な結果も出ていますが)。

後になって当時を振り返ったときに,「1人のコーチとの出会いが,自分の人生を大きく変えるきっかけになった」なんてカッコいいセリフが言える時が来るかもしれません。

スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードの記事も参考に,早速初めてみてください!

みなさんがコーチとの良い出会いを通して,大きなスコアアップを実現されることを祈っております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-スタディサプリENGLISH

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイトの管理人

都内の塾運営にかかわり,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで幅広く教えています。最近の関心事は教育改革で,塾に入ってくる情報に加え,信頼度の高いものをまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです!