スタディサプリの基礎講座は文法・単語・音を中学レベルから

今回は,スタディサプリENGLISHに用意されている「基礎講座」を取り上げ,そこに含まれる学習コンテンツの概要や使い勝手についてまとめてみましょう。

英会話であろうとビジネス英語であろうとTOEICであろうと,英語力の土台となるのは,やはり中学レベルの英文法と英単語です。

逆に言えば,基礎的な内容に不安があるうちは,どれだけ難しいことを学んだとしても英語ができるようにはなりません

文法としては「Ken likes Hanako.」から,そして英単語は「nice」のレベルから,さらに音についても基礎レベルから学び直してみませんか。

スタディサプリENGLISHの基礎講座とは

基礎講座に含まれるコンテンツ

スタディサプリENGLISHの基礎講座には「基礎英文法」と「基礎英単語」,さらには「基礎リスニング」という3つの学習コンテンツが存在します。

この基礎講座は,スタディサプリENGLISHにおけるすべての有料コースで利用可能です↓

当初は一部コースに限られていたのですが,今では全コースで利用できるようになりました。

他には,「1分クイズ」が全コースで利用できるコンテンツとなっていますが,あちらは無料会員でも使えてしまう点が異なります↓

時計の短針と長針
スタディサプリから1分クイズの使い方!旬の英語表現を覚えよう

スタディサプリENGLISHの有料コースの中に「1分クイズ」という学習コンテンツがみられますが,これは無料会員であっても利用できるものです。 普通,無料会員だと最初の数レッスンだけしか利用できないものですが,こちらに制限 ...

続きを見る

こちらは有料会員しか使えない分,内容もよりしっかりしていると言えるでしょう。

各コンテンツの難易度についてですが,どれも中学レベルの内容を扱っていて,英会話やTOEICに必要な部分だけを高速で学習できるのが特徴です。

なお,構成は以下の通りとなっていますが,これについては次章以降で詳しく説明します↓

  • 基礎英文法:全30レッスンで「チェック問題+解説動画+問題演習」の3部構成
  • 基礎英単語:全14レッスンで1回あたり100語を4択形式で解く
  • 基礎リスニング:全11レッスン。実際に発声して録音します

なお,普段,スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースで学んでいる方であれば,同じような目的のコンテンツで「パーフェクト講義-英文法編」が別に存在することを知っているかもしれません↓

パーフェクト講義-英文法編の気になる内容をレビュー!

前回スタディサプリENGLISHのパーフェクト講義についての記事を書きましたが,その内容はあくまでTOEICのパートごとの傾向や対策さらには心構えといった具合に,本番の公開テストを解くための実戦的な内容に限られていました ...

続きを見る

ですが,上の記事内でも指摘したように,その解説においては文法用語が頻繁に飛び交うこともあって,「内容に付いていけない」と感じる方も少なくありませんでした。

そんなときは,この基礎英文法をやり遂げることから是非始めてみてください。

スムーズにステップアップしていけることと思います。

また単語に関しても,TOEIC対策コースのTEPPAN英単語やビジネス英語コースのビジネス英単語に繋ぐことが可能です。

音声はリスニング全般の理解に役立ちます。

無料特典の日常英会話コースにあるリスニングPLUSの内容をやっていない方には,特におすすめです↓

スタディサプリのリスニングPLUSは音を覚える単語帳

今回は,スタディサプリENGLISHの日常英会話コースにある「リスニングPLUS」という学習コンテンツについて,その内容をみていきたいと思います。 メインコンテンツであるデイリーレッスンに比べると,あくまでサポート的な位 ...

続きを見る

それでは,1つ目の基礎英文法から詳しくみていきましょう!

 

基礎英文法とは

基礎英文法のアイコンと説明

基礎英文法は,2019年の7月に実装された学習コンテンツとなります。

監修は高橋恭子,解説動画には山田治を迎え,中学英文法を速習できるのが特徴です。

山田講師についてはパーソナルコーチプランの講師紹介にも載っていましたね↓

スタディサプリ「パーソナルコーチプラン」における担当コーチの魅力について

スタディサプリENGLISHのパーソナルコーチプランですが,修了者の体験談を読めば読むほど,コーチ陣の素顔というものにだんだんと興味が湧いてくるものです。 公式サイト パーソナルコーチプラン 一体どのような方が担当につい ...

続きを見る

レッスンの数は,先述の通り全部で30個。

内容は中学英語~高校初級レベルに設定されていて,扱う文法項目は以下の通りです↓

文の成り立ち,名詞,形容詞,副詞,前置詞,接続詞,動詞,時制,助動詞,能動態と受動態,不定詞,動名詞,分詞,代名詞,比較,関係詞,仮定法,文型

よくみると,すべての文法内容を漏れなく説明しているわけではありません。

しかし,体系的に理解する目的であれば,中学講座や高校講座の方が向いているはずです↓

高3英語文法編の紹介動画の様子
スタディサプリの高3英語は文法編から!関正生先生の授業を受けよう!

今回はスタディサプリの高3生向けの英語授業から「文法編」を取り上げ,レビューしていきたいと思います。 講座を担当するのは,スタディサプリの中でも人気No.1の関正生先生ですが,「神講師」とも呼ばれる彼の実力は一体いかがな ...

続きを見る

ですが,上のものだと時間がかかってしまってしょうがないですし,会話やTOEICでは重箱の隅をつつくような文法問題まで解けるようになる必要はないとも考えられます。

もっとも,本コンテンツにも,学んだ内容を理解させるための確認テストが合間に出てきますし,やり終えた後で,さらに学ぶべきか判断すると良いかもしれません。

これから,基礎英文法の特徴と使い方についてみていきましょう!

特徴について

基礎英文法の特徴

本コンテンツの特徴は3つあります。

まずは先述の通り,英文法の全範囲から要点だけに絞って解説していることで,学習者に負担がない量に調整されているわけです。

文法は大切ですが苦手な方も多く,できれば避けて通りたいところなので,最小限の負担でできるようであれば助かります。

さらに,理解を助けるイラストや例文が豊富にあるため,やさしい印象を受けるのはそのおかげでしょう。

学生時代に文法の授業が退屈すぎて,すぐに眠たくなってしまった方も安心して受講してください。

3つ目の特徴は,解説講義の時間は5分程度に調節されているということで,スキマ時間における学習がウリのスタディサプリENGLISHなわけですから,こちらも「らしい」特徴でしょう。

使い方について

基礎英文法の使い方

次は基礎英文法の使い方について説明しますが,トレーニング内容は「簡単な問題を解いてから動画を観て,再度類問に挑戦する」といった3ステップを踏みます。

スタディサプリ側が想定している学習時間としては,1レッスンあたり20分といったところでしょう。

もし1日に2レッスン勉強したとしても40分しかかかりません。

これが全部で30レッスンあるわけですから,この基礎英文法を全部終えるのに必要な期間は2週間~1ヶ月です。

短期間に集中して英文法の基礎を固められることになるので,精神的にも無理なく,程よい達成感が味わえるでしょう。

 

基礎英文法のレビュー

名詞のトレーニング内容

ここでは実際のレッスンを1つ取り上げて,基礎英文法の使い勝手について詳しくレビューしていきましょう!

今回は,上記画像にある「名詞」をやってみることにします。

チェック問題

トレーニング1つ目のチェック問題では,いきなり問題を数問解くことになりますが,これはパーフェクト講義などと同じ仕様です↓

名詞のチェック問題

とはいえ,あくまで小手調べの段階ですので,ここでの選択肢は2つだけ。

答えを決めると,次のページですぐに正誤がわかります↓

名詞のチェック問題の解答解説

このように丁寧な解説もあるのですが,この後に動画を使って学び直すので,理解できない部分があっても気にせず飛ばしてしまってOKです。

たとえ全問正解できた場合であっても,正しい考え方で根拠に達することができたのかを確認して欲しいので,是非この解説は読んでいただきたいのですが,次の動画については飛ばしてしまい,3つ目の問題演習に移ってしまって構いません。

あくまで動画は,上の解説を理解できない方向けのものだと考えておきましょう。

とはいえ,みなさん,文法が苦手だからこそこのコンテンツを使っているわけで,できないのがむしろ普通です。

解説講義

ここまでの内容には,特に真新しさはありませんでした。

しかし,基礎英文法で特徴的なのは,やはりこの解説講義だと思います↓

名詞の解説講義

最初私は,講師が黒板を使って講義を行うスタイルを想像していたので,そういったものが一切出てこないことにまず驚きました。

アニメーションをふんだんに使っているので視覚的に面白い&カラフルでわかりやすく,各文法事項の理解を深めることができます。

先ほど解いたチェック問題からも一問取り上げて,より詳しい説明が追加されていました↓

チェック問題の説明

わずか5分の動画ではありますが,最後にそれまでに語られた内容をしっかりとまとめているあたり,よく考えられた構成です↓

名詞のまとめと解説動画

まとめの時間を設けることで,設けない場合に比べてより忘れにくくなることがわかっているので,私も塾で生徒に教える際,講義終わりに振り返りの時間を必ず入れるようにしています。

問題演習

レッスンの最後に問題演習をやって,今回習った文法知識をおさらいしましょう!

全部で10題からなり,前半は2択ですが,後半の5問は4択となり難度も増しています↓

基礎英文法の問題演習の画面

以上3つのトレーニングで1つのレッスンは終了となりますが,ここまで飛ばさずにやってもわずか20分しかかかっていません。

これほどの短時間であっても,なんだかんだで問題数は13問解くことになりましたし,何度も繰り返し説明してもらえたので,その日習ったことが頭の中にしっかり記憶されたように感じました。

確認テスト

基礎英文法の確認テスト1

これまでは名詞のレッスンについてみてきましたが,その後,副詞や接続詞などのレッスンを続けてこなしていくと,上のような確認テストが出てきます。

ここまでに学んだ文法事項を振り返ることが目的で,問題数は10問。

内容はこれまでの問題演習でやったことのあるものばかりです。

もちろん,1問でも間違えたものがあれば,該当箇所の文法に戻って完璧にしてください

1つの文法項目につき2問が出題されてきますが,確認テストを使ってこのように少し経ってからもう一度復習することで,より学習効果が高まります

 

基礎英単語のレビュー

基礎英単語の概要

「基礎英単語」という学習コンテンツについては,特に特徴や使い方について説明する動画は用意されていません。

そこで早速レビューに入っていきますが,基本となる使い方としては,アプリ上でクイズを解いては間違えたものにチェックを入れたり,例文や発音を確認したりすることが可能です↓

基礎英単語の例文表示の例

10語ずつまとまったセットごとに,それまでの正解率や学習時間が表示されてきては一息つけるので,数分のスキマ時間を見つけるたびにちょこちょこと学んでいくようにすると,1日100語をノルマにしても,朝昼晩かけて簡単に学ぶことができます↓

基礎英単語の正解率

ちなみに,基礎英単語で扱うレベルとしては以下のような10語が一度に出てきます。

みなさんはどのくらい正解できるでしょうか↓

please(どうぞ),dinner(夕食),wash(洗う),week(週),go(行く),father(父),play(遊ぶ),parent(両親),drink(飲む),all(すべての)

「これくらい簡単だよ!」と言われる方に是非試していただきたいのですが,スタディサプリENGLISHの単語問題では,選択肢を無くしたり,出題順をランダムにしたり,解答モードをリスニングにするといった出題設定の変更が可能です

そうすることで,同じ問題セットを解くことになっても,もはや別物になります。

左は通常の出題のされ方ですが,その設定を変更し,「選択肢無し」かつ解答モードを「リスニング」にした例が右です↓

基礎英単語と設定変更

useは文字として見てしまえば簡単ですが,音だけを頼りに意味を答えようとすると,youやyouthなどと混乱してしまうかもしれません。

また,これら単語の学び方について決まりはありませんが,スタディサプリENGLISHでは3秒以内に英単語の意味が答えられることを目標としています

たとえすべての問題に正解できたとしても,意味を言うまでに時間がかかってしまうようでは,瞬発力を高めるために何度かやり直す必要があることをお忘れなく。

 

基礎リスニング

サマー先生の写真

全11レッスンという短さで,リスニングの基礎を固められてしまう本講座は,2021年の9月に新しく登場となりました。

1レッスン10分ちょっとで終了できるので2時間弱の講座です。

担当講師のサマー・レイン先生は,YouTubeで見かけた方もいるかもしれません。

扱う内容は,英語の音声変化に関するものがほとんどですが,アメリカ英語とイギリス英語の違いについての言及もあります。

無料特典の日常英会話コースにあるイムラン先生の動画を観ていなければ,目から鱗の内容かもしれません。

レッスンの流れは,すでに紹介した基礎英文法のもの(問題を解いて動画で解説,最後に演習する)とほぼ同じですが,問題演習する際,「リピーティング」という練習が入るのが特徴です。

チェック問題は,焦点となっている部分が虫食いになっています↓

基礎リスニングのチェック問題

簡単に2問で,難しさを実感してください。

次に,その部分の動画を観ますが,ネイティブのレイン先生が約5分で詳しく教えてくれます。

発音記号を使わずにカタカナで解説しているところに,親しみやすさを感じるでしょう。

ボリューム的に,上で触れたイムラン先生の講座よりだいぶ詳しいです↓

基礎リスニング講座の動画

これはいわゆる「連結」に当たるものの説明ですが,聞き取りのポイントをいくつかに分けて説明しています。

最初は子音と母音の連結例でしたが,中学校において「Am I」は「アムアイ」だと教えられた方は,ネイティブが発音すると「エマイ」のように聞こえて驚くでしょう。

問題演習では,チェック問題と同じ形式で再度ディクテーションを行ったあと,自分で実際に発音したものを録音し,お手本と聞き比べることができます↓

基礎リスニングのリピーティングトレーニング

シンプルな解説ですが,ポイントを確認するだけであればこれで十分です。

量はチェック問題のときよりも増え,全6問となります。

レッスンの合間に確認テストもあり,全体を通してレッスン数自体は少ないものの,しっかりと問題を解くことで,基礎的なリスニング能力を養成することができるでしょう。

 

まとめ

基本的な図形

以上,スタディサプリENGLISHから「基礎講座」の学習コンテンツについてみてきましたが,いかがだったでしょうか。

TOEICコースに存在する解説系の学習コンテンツにおいては,「パーフェクト講義>パーフェクト講義-英文法編>基礎講座」のように,難易度的にもっとも簡単な部類に位置しており,解説講義の取っつきやすさは群を抜いていました

また,ビジネス英語や新日常英会話コースを受講されている方にとっては,「中学英語だけで英会話の7割以上が理解できる」と言われていることもあり,この講座を受講することで,会話内容の理解がより深まることと思います。

今回の新コンテンツ追加で,ますますそのオールインワンの性質を強めたスタディサプリENGLISH。

すべての対策がこのアプリ1つで可能になるので,思った以上に使い勝手が良いです。

文法が苦手という方は多いですが,できるようになればなるほど英文を正しく読める精度は高まりますし,自分で英語を話したり書く際に文法理解がしっかりできているとその後の成長の伸びが変わってきます。

単語やリスニングも然りで,知っていると知らないとで学びの質が変わるのは確かでしょう。

是非,積極的に使ってみてください!

なお,スタディサプリENGLISHに含まれる学習コンテンツを以下の記事にまとめています↓

iPhoneでスタディサプリENGLISHを勉強している様子
スタディサプリENGLISHの学習コンテンツについてまとめました

スタディサプリENGLISHの学習コンテンツもだいぶ出揃ってきた感があるので,ここで一回まとめておくことにしました。 具体的には, TOEIC L&R TEST対策コース ビジネス英語コース 新日常英会話コース 日常英会 ...

続きを見る

宜しければ,合わせてお読みください。

最後までお目を通していただき,誠にありがとうございました!

-スタディサプリENGLISH

  • この記事を書いた人

スタディサイトの管理人

都内の塾運営にかかわり,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで幅広く教えています。最近の関心事は教育改革で,塾に入ってくる情報に加え,信頼のおける情報をまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです! twitterLINE