スタディサプリ小中高 中学生向け講座

スタディサプリの中学英語講座を教科書ガイドと比較しました!

今回の記事では,スタディサプリの中学講座から「中3英語」をピックアップし,定期試験対策でおなじみの「教科書ガイド(教科書トレーニング)」とその学習内容を比較してみました。

中間期末で内申点アップを狙う中学生で,スタディサプリの導入を検討している方は是非参考にしてください!

中学英語の教科書の構成について

中学英語の教科書だけしっかり勉強し,定期テストで満点近く取れるようなら万事解決するはずですが,一体どうしてそうならないのでしょう。

スタディサプリと教科書ガイドを比較する前に,まずは教科書内容についてみていきたいと思います。

今回検証に使うのは「東京書籍のNEW HORIZON」という英語の教科書で,公立中学で普通に使われているものです。

学年としては高校受験を意識して,中学3年生のものを選びましたが,中学1年生や2年生の教科書はこれよりもっと単純な構成になっているので,今回の内容が理解できれば問題なく対応できるでしょう。

本教科書の構成ですが,いくつかの「ユニット」と呼ばれるまとまりからなります。

大体2つのユニットが,中間であれ期末であれ,1回分のテスト範囲になる程度だとお考え下さい。

そして,1つのユニットはさらに5つのサブユニットに細かく分けられ,以下はその1例になります↓↓

ユニット1は「Pop Culture Then and Now」というタイトルですが(厳密にはこれにDaily SceneとPresentationが1つずつ加わりますが),「1-1 Starting Out」というのがサブユニットの1つ目になります。

サブユニットの構成についてみてみると,

  • 語句のまとめ
  • 英文
  • 文法の解説と練習
  • 発展課題

といった主に4つの内容からなっていました。

「語句のまとめ」はその英文にある難しめの語句が取り上げられています。

各ユニットごとに,テーマとなる文法が決まっており,「文法の解説と練習」では例文と複数の例題を解いて理解させる様子。

ユニット1で扱う文法は以下の4つです↓↓

  • 受け身の文の作り方
  • 受け身の疑問文
  • 第4文型SVOOの受け身
  • 第5文型SVOCの受け身

次章以降の説明で使いますので,少しの時間,頭に入れておいてください。

各サブユニットの最後には「発展課題」的なものがあり,ここで取り組む内容には,リスニングやライティングなどがあります。

今回のユニットには5つのサブユニットがあり,最後のサブユニット(今回は1-5 Activity)のみ,毛色がやや異なっていました。

すべてが問題演習となっていて,これまでのサブユニットで学んだ内容の復習や,さらに表現力を磨くための総まとめ的な構成です↓↓

さすが教科書といった構成で,メリハリをつけてうまく作られていますね。

ですが,教科書はあくまで「理解するための教材」であって,「類題を解いたり応用できる状態」になるにはもっと演習が必要です(教科書で「わかり」,ワークなどで「できる」状態にするのが基本的な考え方です)。

学校の授業では,丸付けも含めて先生と生徒が一緒なって解くわけですから,例題の答えもわかってしまいます。

下手したら書き込みしてしまうかもしれませんね。

もちろん,それで構いません。

教科書には必要な情報をどんどん書き込んで,最高の解説書みたいに作りこんでしまえば,ワークなどをする際に何かわからないものが出てきたときに参考書として使えるでしょう。

それでは続けて,同じユニット1を教科書ガイドで学ぶとどうなるのかについてみてみましょう!

 

教科書ガイドの構成とワークについて

「教科書ガイド」と書きましたが,教科書の準拠教材的なもの全般を指します。

今回は市販本の中から,「新興出版社の教科書トレーニング」を例にみていきますが,他には「あすとろ出版の中学教科書ガイド」などが有名です↓↓

私も昔はこういったものを買って勉強していましたのでなんだか懐かしいですね。

その内容についてみていくと,構成としましては,「スタートアップ」と3つの「トレーニング」が基本となります↓↓

  • スタートアップ:基礎知識の確認と語句のまとめ
  • トレーニング1:教科書の要点や重要事項を確認する
  • トレーニング2:応用力を身に付けるための問題演習
  • トレーニング3:本番を見据えたテスト形式での出題

もう少し具体的に見ていきましょう!

「スタートアップ」では,その理解を深めるための解説や問題の他,教科書の語句についてもトレーニングできる内容になっています↓↓

平叙文と全ユニットにわたる語句が2ページに収められています。

サブユニットごとに学ぶのではなく,1つのユニットを通してみたときに基礎となる内容,そして英文に出てきた語句すべてを「スタートアップ」で学ぶようです。

続けて「トレーニング1」ですが,左ページで受け身の疑問文についての解説,右に基本的な問題がまとめられており,右下にある教科書内容の理解を問う問題(完全オリジナルの問題)を含めると,15問弱のボリュームになっています↓↓

次の「トレーニング2」では,トレーニング1で学んだ内容をより深く総合的に問題演習することができます↓↓

例えば左下の問題をみると,ユニット1で学んだ「受動態の肯定文・その疑問文・そして第5文型の受動態」が「英作文」という高度な問題形式で出題されていました。

さらには右下でオリジナルの英文も登場し,受動態についての出題がなされます。

最後に,よりテスト本番に近い形式の「トレーニング3」を行うことで,ひとまず学習は終了です↓↓

このままテストに出てもおかしくない内容に仕上がっており,最後には条件英作文も出題されていましたね(受動態を使った文を,7語・6語・5語で書けという内容)。

この他,教科書トレーニングには特典として,以下のようなコンテンツがあります↓↓

  1. スマホアプリ
  2. 別冊付録(重要文の確認とリスニング練習が可能)
  3. 単語カード
  4. CD(2と3の音声を収録したもの)
  5. 定期テスト予想問題
  6. 入試問題にチャレンジ

1つ目の「スマホアプリ」は年間1万円弱かかるサービスなので利用する人は少ないでしょうが,2の「別冊付録」や3の「単語カード」,さらには5の「定期テスト予想問題」は定期試験に役立ちます。

予想問題は大体ユニット2つごとに1つ用意されているので,是非とも試験前に解きたいですね↓↓

ところで中学生は,教科書以外に「学校が配布したワーク」を家庭学習用に使わされていますね。

そのワーク内容は教科書ガイドと似ているようですが,構成はだいぶ違います。

ワークは基本,サブユニットごと,つまりその日習ったことを復習する際に使えますが,教科書ガイドは,例えば1-1を習って「スタートアップ」を解くなんてことはできません。

というのも,1-3や1-4で学んだ内容も出てきてしまっているからです。

学校のワークは自力でこなし,さらにテスト前にもうちょっと練習したいなと思ったときに使うのが教科書ガイドになります。

なお,ワークに関しては,書き込んで宿題として提出してしまう学校がほとんどで,試験前には問題としての機能を果たさないことになりますから(答えがもう全部に書き込んであるわけですから),そういった学校に通う中学生の子には特におすすめです。

 

スタディサプリの中学英語講座について

スタディサプリ中学講座英語一覧

スタディサプリ中学講座を使ってユニット1を学習する場合,「中3英語(東京書籍NEW HORIZON)講座」の第2講~第5講を受講することになります。

公立で使用している教科書であれば,対応した名前の講座が用意されているのが特徴です。

動画について

そしてその講座で魅力なのが,1講義あたり30分前後の動画による説明があるところでしょう。

教科書ガイドやワークではあくまで文字を読むだけですが,人が教える動画というのはやはり特別な何かがあります。

担当するのは竹内健先生です。

リクルートに引き抜かれるくらいですから,教える実力的には問題ありません。

ただ答えを覚えるのではなく,ちゃんと理解して正解を導けるようになると評判です。

「この問題は,確かこっちが答えだった」のように選択肢の場所で答えを覚えてしまったり,ただなんとなく答えを決めているようでは,応用力は身に付きません。

というのも実際のテストでは同じ問題は出題されないからです。

それに気づかないでいると,「あれだけ努力したのに成績が伸びない」とむしろ自信を喪失してしまうことになってしまうのが,頑張った子が特に陥りやすい罠でしょう。

しかし動画で説明してもらうと,難しそうな問題も簡単に思えてくるから不思議ですね。

文字で読んだだけではわからなくても,誰かに習うと意外と簡単だと気づいた経験はありませんか。

まさにそれと同じことをスタディサプリの中学講座を通して感じてもらえるかと思います。

早速使ってみてください↓↓

無料体験はこちら

「ただ画面を見ているだけじゃ,本人がやらないのでは?」

と心配する方もいらっしゃるかと思います。

が,そもそも普段勉強をあまりしない子にとっては,動画を観ようとするだけでも大きな前進ですし,スタディサプリの講師陣は優秀ですから,引き込む会話術とメリハリのある授業展開で飽きることなく授業にスッと参加できます。

動画の途中で,このように演習時間が設けられていることも↓↓

この動画は復習する際に役立つだけでなく,授業を受けられなかった場合や予習段階で利用するのもおすすめです。

テキストについて

さらにスタディサプリ中学講座の評判を支持するのは,圧倒的な量と質を誇るテキストです!

今回のユニット1だけでも50ページ以上にもなるボリュームで,余白はたっぷり取ってあるので書き込みしやすく,ところどころに以下のような単語テストが登場してくることで,充実した参考書へと作り変えていくことができます↓↓

ユニット1に出てくる重要表現のまとめや文法問題も当然収録されていますが,講義の終わりには以下のような確認テストが用意されており,その日やったところを総確認することも容易にできてしまいます↓↓

上記はテキストに収録されているものですが,同じものをアプリ上でも利用することができます↓↓

丸付けを自動でやってくれますし,スマホで確認できるので楽です。

全ての英文に和訳が付いているのも親切だなと感じますね。

授業を受けて,気づいたことはすべて書き残すのがスタディサプリの学習スタイルになるわけですが,「書き込んでしまったら復習はどうするんだ」と言われるかもしれません。

しかし,安心してください。

PDF形式で何度もダウンロードできるので,書き込みのない状態で再印刷することもできます。

さらにスタディサプリには,これまで紹介してきた「通常講座」の他に,「定期テスト対策講座」というものまであります。

こちらは学校のワークと似た構成のテキストとなりますが,テスト前はこちらを解くようにすればOKです。

「通常講座」は普段の予復習に,そして「定期テスト対策講座」は試験前の総復習に使いましょう。

詳しくは以下の記事まとめているのでチェックしてみてください!

 

スタディサプリと教科書ガイドの比較

最後に,今回みてきた「スタディサプリ」と「教科書ガイド」の内容と料金について比較してみたいと思います。

まずは内容の比較ですが,

スタディサプリ:優秀な講師による動画とボリュームがあるテキストが魅力。予復習に幅広く使える上,学校のワーク代わりにも教科書ガイド的な使い方もできる。

教科書ガイド:テスト2週間前などの総復習するタイミングで利用する。オリジナル問題もあり,問題の難易度はスタディサプリよりも高め。

となります。

次に,これまで触れていなかった料金についてですが,すべて税抜きで

  • 教科書トレーニング:1220円
  • 教科書ガイド:2200円
  • スタディサプリ:月額1980円

となっています。

スタディサプリは利用期間で料金が変わるので,同じ条件での比較はできませんが,最もコスパの良い使い方としては,試験前の1ヶ月や長期休暇を利用した予習のような短期集中受講となるでしょう。

例えば試験前の1ヶ月だけ利用すると考えて,1学期の中間試験~学期末試験の間で5回(5ヶ月)契約すると,「年額1万円」となります。

一方の教科書ガイドは科目が増えてくると,2倍3倍と料金がかかってくるのに対し,スタディサプリは追加料金なしで全科目使い放題になります。

英語に限らず,国語や数学も教科書に適用しているので,同じ方法で使っていけるのも魅力です。

そのように考えると,より多くの方に役立つのは「スタディサプリ」の方で,普段の学校の授業についていけない場合も,もっと前の段階に戻る(例えば中3が中2範囲をやり直す)ことができますし,より難しい内容は「応用」講座が対応します。

さらにこの先,高校受験の対策講座や英検の資格講座を受けることもあるかもしれませんが,そちらも講座が揃っています↓↓

教育改革が進み,学校でコミュニケーション重視の授業が増えるにつれ,従来の知識の詰め込みは自宅学習で行うことになっていくわけですから,独学できる教材は1つ決めておきたいものです。

スタディサプリに関しては,以下のページから2週間の無料体験ができます↓↓

無料体験はこちら

申し込む際に使えるキャンペーンコード情報や,スタディサプリの主な使い方もまとめています。

興味のある方は,以下の記事も参考にしてください↓↓

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-スタディサプリ小中高, 中学生向け講座

© 2020 スタディサイト