スタディサプリ

スタディサプリの中学英語を教科書ガイドと比較しました!

今回の記事では,スタディサプリの中学講座における通常講座の中から『中3英語』をピックアップし,定期試験対策でおなじみの教科書ガイド(教科書トレーニング)とその学習内容を比較してみました。

中間期末で内申点アップを狙う中学生で,スタディサプリの導入を検討している方は是非参考にしてください!

 

 

英語の教科書とその構成について

今回検証に使うのは『東京書籍のNew Horizon』という教科書です(学年としては高校受験を意識する中学3年生のものを選びました)。

まずはこの教科書の中身について知っておきましょう。

中3の子たちは授業でどういうふうに習うのかについても興味があるところです。

 

構成から見ていきますが,いくつかの「ユニット」と呼ばれるまとまりからなります。

大体2つのユニットが1回のテスト範囲になる程度の分量です。

そして,1つのユニット自体はさらに5つのサブユニットに細かく分けられ,以下はその1例↓↓

ユニット1のさらに最初のサブユニットで学ぶ範囲なので,左上には『1-1』と記されています。

各サブユニットの構成についてみてみると,

  • 語句のまとめ
  • 本文
  • 文法解説
  • 演習問題

のように4つの内容からできています。

各サブユニットごとの演習問題で取り組む内容には,リスニングだったりリーディングだったりと違いがある上,最後のまとめとなる1-5は,理解力や表現力を磨くためのActivityといった問題だけから構成されていました↓↓

さすが教科書といった構成で,メリハリをつけてうまく作られています。

これまでの内容を要約すると,

教科書は複数のサブユニットからなるユニットを持ち,通常のサブユニットで語句や表現について学び,最後のサブユニットでは総合的な観点からユニットごとの目標(例えばユニット1では「ある作品について適切な視点から紹介できる」)を達成するための構成になっている

と言えるでしょうか。

ちなみに今回紹介した「ユニット1」における文法テーマですが,

  • 1-1:受け身の文の作り方
  • 1-2:受け身の疑問文
  • 1-3:第4文型の受け身
  • 1-4:第5文型の受け身

となっていました。

次章では,定期試験対策本の1つである『教科書トレーニング』を用いた場合に,このユニット1の範囲をどのように学習していくことになるのか詳しく見ていくことにしましょう!

 

 

教科書ガイドの学習内容

今回は市販本の中から,新興出版社の『教科書トレーニング』を代表として紹介させていただきますが,他にはあすとろ出版の『中学教科書ガイド』なども有名ですね↓↓

学校内容に沿った準拠教材と言うのでしょうか,私も昔はこういったものを買って勉強していましたので懐かしいですね。

その中身についてみていきますが,構成としましては,

スタートアップで基礎知識の確認と語句の紹介があり,トレーニング1で教科書の要点や重要事項を基本問題基本問題を通して確認します。

トレーニング2ではさらなる応用力を身に付けるための問題演習をし,トレーニング3で本番さながらのテスト形式での学習をするといった流れが基本です↓↓

 

もう少し具体的に見ていきましょう。

今回見ていくユニット1のスタートアップでは,SVOOやSVOCについての理解が欠かせません(受動態の受け身で,give と call を使った英文が出てきます)。

そういった基礎知識の他,教科書の語句も予めしっかり書きこんでトレーニングできる内容になっています↓↓

 

続けてトレーニング1では,左に文法事項の解説,右に基本問題がまとめられており,右下にある教科書内容の理解を問う問題を含めると15問弱のボリュームになっています↓↓

こういったトレーニングがユニットごとに用意されているわけですが,例えば1-5のような,まとめにあたるサブユニットもしっかりと練習できるのが良いですね。

 

そして,次のトレーニング2は,トレーニング1で学んだ内容をより深く総合的に問題演習することができます↓↓

例えば左下の問題をみると,ユニット1-1~1-5で学んだ「受動態の肯定文・その疑問文・そして第5文型の受動態」が英作文という高度な問題形式で出題されていました。

 

さらにこの後,よりテスト本番に近い形式のトレーニング3をやることで,教科書トレーニングによる基本的な学習は終了となります↓↓

このままテストに出てもおかしくない内容です。

上の写真ではわかりずらいですが,最後には条件英作文も出題されていましたね(受動態を使った文を,7語・6語・5語で書けという内容)。

 

この他,教科書トレーニングには特典として,役立つコンテンツがいくつかあります。

それが,

  1. スマホアプリ
  2. 別冊付録(重要文のチェックとリスニングの練習ができる)
  3. 単語カード
  4. CD(別冊付録と単語カードの音声を収録)
  5. 定期テスト予想問題
  6. 入試問題にチャレンジ

の6つ。

1つ目のスマホアプリは,年間1万円弱かかるサービスなので利用する人は少ないですが,2つ目の別冊付録の重要英文の暗記であったり,3つ目の単語カード,さらには5つ目の定期テスト予想問題は定期試験に役立ちます。

予想問題は大体ユニット2つごとに1つ用意されているので,是非とも試験前に解きたいですね↓↓

 

ところで中学生は,教科書以外に『学校が配布したワーク』を普段の学習から使わされています。

そのワーク内容と,今回の市販本で見てきた内容はだいぶ被っていることを考えると,教科書トレーニングのような市販本は,学校のワークだけでは演習量が足りないと感じる生徒に特に有効です。

ワークに関しては,書き込んで宿題として提出してしまう学校がほとんどで,試験前には問題としての機能を果たさないことになりますから(答えがもう全部に書き込んであるわけですから),そういった学校に通う中学生の子には必須級とも言えるでしょう。

 

それでは次に表題の「スタディサプリ」を取り上げ,こういった市販本にないどのような魅力を提供してくれるのか調べてみましょう!

 

 

スタディサプリの魅力

スタディサプリで今回のユニット1の範囲を学習する場合,『中3英語(東京書籍NEW HORIZON)講座の第2講~第5講』を受講することになります。

公立で使用している教科書であれば,対応した名前の講座が用意されているのが特徴です。

そして何より魅力的なのが,1講義あたり30分前後の動画による説明があるところでしょう。

ガイドやワークではあくまで文字とイラストを読むだけですが,人による動画というのはやはり特別な何かが伝わってきます。

リクルートに引き抜かれるくらいですから,講師の実力は問題ありません。

ただ問題を解くのではなく,理解して正解を導けるようになると評判です。

「この問題は,確かこっちが答えだ」

のように選択肢の場所で答えを覚えてしまったり,ただなんとなく答えを決めているようでは,応用力は身に付きません。

というのも実際のテストでは同じ問題は出題されないわけですから,深く理解しないと,

「努力した割に点数に結びつかない」

むしろ自信を喪失してしまうのが,頑張った子が特に陥りやすい罠でしょう。

しかし動画であれば,難しそうな学習内容も簡単に思えてくるから不思議ですね。

文字で読んだだけではわからない内容であっても,誰かに習うことで意外にできてしまって「あれ?」と感じた経験はありませんか。

まさにそれと同じことをスタディサプリの通常講座を通して感じてもらえるかと思います。

堅苦しい文章を読むだけだと,独習するのが大変な生徒も多いですから。

 

「ただ実際に画面(動画)を見ているだけじゃ,本人がやらないのでは?」

と思う方もいらっしゃるかと思います。

が,そもそも普段勉強をあまりしない子にとっては,動画を観ようとするだけでも大きな進歩ですし,スタディサプリの講師陣は優秀ですから,引き込む会話術とメリハリのある授業展開で飽きることなく授業にスッと参加できます。

途中でこのように演習時間が設けられていることも↓↓

 

そしてこういった動画内容を支えるのが,圧倒的な量と質を誇るテキスト!

今回のユニット範囲だけでも全50ページ以上になるボリュームで,余白はたっぷり取ってあるので書き込みがしやすく,ところどころに以下のような単語テストが登場してくることで,自分だけのテキストに仕上げていくことが可能です↓↓

 

ユニットに出てくる重要表現のまとめや,もちろん英文法の演習問題もいくつもありますが,講義終わりには以下のような確認テストが用意され,その日やったところを総確認することも容易にできてしまいます↓↓

上記はテキストの例ですが,この確認問題をアプリ上でも行うことができます↓↓

全ての英文に和訳が付いているのも親切だなと感じます。

 

さて,基本的に書き込んでいくのがスタディサプリの通常講座では中心の学習スタイルになるかと思いますが,「書き込んでしまったら復習はどうやるんだ」と言われるかもしれません。

しかし,安心してください。

スタディサプリには,今回紹介している通常講座の他に,定期テスト対策講座が別にあるわけですから,それをテスト前に何度も解けばOKです(この場合は書き込みしないでください)。

 

 

内容と費用を比較すると

sunawang / Pixabay

最後のまとめとして,上記で見てきた教科書ガイドと,スタディサプリの内容と料金について比較してみたいと思います。

教科書トレーニングの方ですが,

どちらかと言えば授業の復習向きで,印刷された文字を読んで学んでいく学習スタイルになる一方で,単語カードなどの特典が充実

していました。

一方,スタディサプリの中学講座では,優秀な講師陣による動画で,内容の理解に重きが置かれていたので習った内容を忘れてしまったり予習に向いた性格も備えていて,テキストも書き込み重視でボリュームがある

ものだったと言えるでしょう。

なお,各種値段についてですが,税抜きで

  • 教科書トレーニング:1220円
  • 教科書ガイド:2200円
  • スタディサプリ:月額980円

となっています。

市販本は買い切りで2000円強。

スタディサプリは期間にもよりますが,試験前の1ヶ月にだけ利用すると考えても,1学期中間~学期末までの5回で5ヵ月分は契約することになるので,5000円弱はかかりそうですね(スタディサプリは,テキストも別途1200円~で買うこともできますが,最もコスパの良い使い方としては,試験前の1ヶ月や長期休暇での予習用途といった短期間での集中受講をおすすめします)。

いずれにせよ,特にこれから学校でコミュニケーション重視の授業が増えるにつれ,ますます従来の知識の獲得は自宅学習に任されることになっていくわけですから,自分一人で勉強しようと思った際に使えるパートナー的な教材はしっかりと決めておきたいですね。

スタディサプリに関しては,とりあえず次回の定期テストに1ヶ月だけ使ってみてはいかがでしょう。

 

無料体験はこちら

 

その他科目についての進め方については以下の記事を,

お得なキャンペーンコード情報については以下を参考にしてください。

  • この記事を書いた人

スタディサイト管理人

都内で塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで,英数を中心に学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をまとめています。すぐに実践できる勉強法やオンライン教育サービスを利用した学習戦略も意欲的に掲載。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。

-スタディサプリ

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.