大学入試英語成績提供システムについてまとめました!

更新日:

今回は『大学入試英語成績提供システム』についてまとめてみたいと思います。

いわゆる2020年度から始まる共通テストの枠組みの中で,英語だけが民間の資格検定試験を活用することになりますが,どのような試験がどのようなルールで活用されるのか,ここでしっかりと理解しておきましょう!

成績提供システムとは

正確に言うと『大学入学英語成績提供システム』ですが,長いので単純に『成績提供システム』と呼ばれますが,大学入試センターが設けた,大学入学者選抜における資格・検定試験の活用を支援するシステムのことを指します。

詳しく言うと本システムは,英語成績データ確認システム・成績受理システム・成績提供システムの3つからなるのですが,ようは受験生は共通IDと指名・住所が紐づけされた状態で管理され,試験実施主体・入試センター・大学が彼らの成績情報をやりとり(上記画像の矢印で表したもの)を可能にするシステムだと理解すれば良いでしょう。

もちろんこんな面倒なことをせず,入試センター1つで英語の試験まで実施してくれればいいのですが,やはり4技能を適切に評価するのは難しいようです。

また,もうすでにその成績提供システムで採用する試験は複数決まっていますが,受験生が入試センターに成績送付を依頼すると,それらの結果(スコアだったりCEFRのレベルや合否)を大学などに提供してくれることになります。

成績をまとめて管理してくれるので,便利といっちゃあ便利ですね(教員側も自分の生徒がどの試験を受検したのかわかるというメリットもあります)。

その他,目に留まったルールをいくつか抜粋しますと,

  • 共通ID発行のため,在学者は在学証明書,既卒者は住民票などが必要
  • 申込は在学者は学校で,既卒者は直接入試センターに申し込む(費用は無料)
  • 試験は4月から12月までの間に2回まで受けられる

などでしょうか。

最後に挙げた『2回まで受けられる』というのは,同一の試験であっても異なる試験であろうと期間内に受けた最初の2回分しか成績として使えないということで,もし仮に3回受けた場合は最後の1回の結果は無視されてしまうのでご注意ください。

上記内容について詳しく知りたい方は,大学入試センターが2018年12月に発表した概要を参照してください↓↓

「大学入試英語成績提供システム」の概要

それでは次章で,参加が決まっている試験をまとめてみましょう。

 

 

成績提供システムの参加が決まった試験

rawpixel / Pixabay

ここでは話を簡易にするため,成績提供システムで活用される資格・検定試験の種類についてのみ記述しますが,以下のような要件をパスできた試験のみが採用されました。

  • 日本で2年以上の実績がある
  • 4技能全てを偏りなく評価できる
  • 4~12月に複数回試験が実施される
  • 適切な検定料である

その他CEFRとの対応関係や学習指導要領に整合しているか,採点の質や情報の機密性に関する配慮などが求められる他,先述したように入試センターが発行するIDで受験生が紐づけられ,速やかにデータ提供が行えることも要件に入っています。

そして,本記事の更新日時において決まっている試験は以下の通り↓↓

  1. IELTS
  2. TOEIC
  3. GTEC
  4. TEAP
  5. 英検
  6. ケンブリッジ英語検定
  7. TOEFL iBT

これらの試験ですが,例えば,英検では従来型のように,筆記試験と面接試験が別の日に分かれていたり,1次の筆記試験の合格者のみ2次試験が受けられるような内容では,4技能を測定できたことになりませんし,TOEICもL&R(聞く・読む)だけでは問題です。

そのため,上記試験は入試改革用にアレンジされた試験になっています(例えば英検は一日完結型)。

新しい試験形式については上記リンク先の記事にまとめていますので,そちらをご参照ください。

 

 

どの試験を受ければよいか

ijmaki / Pixabay

どの試験もそうですが,高校の学習指導要領に準じた出題になりますので,特に余計な範囲を学習する必要はありませんが,大学によって使える資格・検定試験が異なる可能性があるので,自分が受ける大学に広く使える試験を受けるのがまず一つ(もちろんほぼ全てが使えるのでしょうけれど)。

そして,試験によって対策が立てやすい立てにくいが出てくるでしょう。

対応している問題集の数で言っても,やはり受験者の多い試験は安心できますし,欲を言えば高校2年生までに試し受検して相性をチェックしておくのがおすすめです。

英検がおそらく一番人気でしょうが,TOEICのS&Wのテストにも多くの高校生が来ていました。

これから,試験内容も少しずつ大学入試に合った内容になってくるかもしれませんし,しばらく目を光らせておきますね。

なお僻地の方ですと,試験会場が遠すぎるなんてことも問題になってくるかもしれません(全都道府県で受験可能になりますが,やはり会場自体が遠いと大変です)。

 

 

まとめ

以上,2020年度より開始される大学入試英語成績提供システムについて,その概要と活用される実際の試験の種類について紹介するとともに,どのような点に気を付けて受ける試験を決めればよいのかについて考察してきました。

IDの発行などに関しては,高校の方でみんなやってくれるので特に問題はありませんが,触れなかった検定料であったり,実際に大学がどのような募集要項を提示してくるのか実際に見てみないとわからないものもあります。

焦る必要は全くありませんが,それらの情報について意識を高く持っておくことと,普段から上記試験に向けた勉強(これは大学受験のための勉強にもなります)をしておくことが大切です。

共通テストに関しては,以下の記事にまとめてありますので,宜しかったらどうぞ↓↓

センター試験に代わるテストは「共通テスト」に決定!

最後までお読みいただきありがとうございました。

本日の人気記事

1

スタディサプリEnglish のキャンペーンコードですが,『無料体験期間を1週間から1か月に延長できるコード』である, TRY2016 が使用可能です。 なお,当サイトの限定ページから申し込んで頂くと ...

2

2019年2月1日から2019年3月31日までのほぼ2ヶ月にわたり,『スタディサプリの小学講座・中学講座のキャンペーンコード』を掲載していましたが,たくさんの方のお役に立てたようで大変嬉しく思います。 ...

3

前回,スタディサプリENGLISH(イングリッシュ)の「英会話コース」についての評判を分析しました↓↓ スタディサプリENGLISH【英会話コース】の評判はどう? しかし,スタディサプリイングリッシュ ...

4

今回は,App Storeの『教育カテゴリランキング』において,何度もトップセールスを記録している,今,最も勢いのある人気アプリの一つ, スタディサプリENGLISH【日常英会話コース】 の評判につい ...

5

スタディサプリENGLISHは月額980円から使用できるオンライン学習サービスです。 その学習効果については,私を含めて多くのユーザーに支持されるものであり,リクルートが実施したアンケート調査でも,約 ...

6

FirmBee / Pixabay 前回の記事で言った通り,噂の未来型学習アプリを登録してみました! 早速いくつか講座を視聴しましたが,思った以上に使い勝手の良いアプリですね。 今回は,そんなスタディ ...

-教育改革
-

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.