勉強法

英作文の得点を上げるためのポイント!学習法のまとめ!

教育改革により,今後英語4技能が重視されていきますが,今回はそのうち「書く」にあたる英作文の得点力を高める方法について学んでいきます。

そのためには『敵について知る』,つまりそもそも英作文がどのように採点されるのかについて知識を入れておくのが一番わかりやすいでしょう。

特にこれからの新学習指導要領の下,勉強していくことになる中高生の方は,今回の記事を読んで,『英作文で注意すべきポイント』について学んでいただきたいと思います。

その他,英作文の勉強の仕方についてもまとめていますので,参考にしてみてください。

英作文の採点方法

そもそもどのように英作文は採点されるのでしょうか。

基本的にみられるポイントとしては,

内容・構成・文法・語彙

の4つです。

教育改革前の採点では,「内容」面と「文法」面の2つから採点されることが多かったように思われますが,これからは,上の4項目すべてについて別々に重きをおいて考えていた方がいいでしょう。

ちなみに点数は1点刻みではなく,大まかな評価(ABCDの4つか,Eを加えた5つが一般的)で決まるのが普通で,採点者によって得点にバラつきが出ないよう,各種判定基準は細かく定められています。

それでは1つ1つの項目ごとに,注意すべきポイントを解説していきます。

内容

「内容」は英作文において最も重要な採点項目です。

ずばり,「質問された内容や指示にしっかり答えられているか」という点で得点が決まりますが,例えば英作文が100点満点だとしたら40点,下手したら50点以上の配点を占めると思っていて構いません。

というのも,もし仮に質問内容を勘違いしてしまって的外れな英語を書いてしまうと,たとえ文法が正確で完璧であっても,評価は低くされてしまうからです。

といった意味で,まずは書いた英作文が以下のポイントをしっかりと含められているのか確認して下さい。

  • 質問内容に答え,指示を守っている
  • 説得力がある内容である
  • 内容が乏しかったり逸脱していない

細かい文法や語彙はともかく,通して一回読んでみて内容がわかりやすかったかどうかが,この項目での一番注意すべきポイントだと言えるでしょう。

 

構成

英作文2つ目の採点項目である「構成」は,「内容」と異なり,どちらかと言えば技術的でどうにかなるものです。

その最たるものが,『論理展開を示す語句』に関するもので,論理の流れが適切だと判定されれば,「構成」の項目は高得点になりますし,そういった語句自体,正しく使うだけで評価は良くなります。

逆に,字数を増す目的での無意味な繰り返しはマイナスポイントです。

まとめると,

  • 論理の流れはしっかりしているか
  • 論理展開を示す語句は使えているか
  • 不要な繰り返しはないか

などが,この項目に含まれます。

なお,「内容」以外の項目の配点は100点中20点となり,この「構成」と「文法」,「語彙」は20点ほどのウエイトです。

 

文法

3つ目は「文法」です。

英作文でよく聞くのが,「自分の知っている文法や語彙だけ使って書くこと」ですが,それではおそらく簡単な中学英語しか書けません。

それでは最高評価のAは取れませんし,同じ文法の繰り返しばかり続けてしまうようなことになると,むしろマイナス評価となってしまいます。

例えば,I know that~や I think that~で始まる文ばかりであったり,I went to~. Then I went to~などが続く単調な文では,文法が正確でも減点されるのは明らかでしょう(that節の中身が複雑であればOK)。

もちろん文法的に間違えてしまえば減点ですが,先述したように英作文は1点刻みの採点ではないことがほとんどなので,いろいろな文法事項に挑戦することを心がけてください。

例えば,I recommend that you should go there.

とこれまでは書いていたところを,

Why don't you go there?

と書くだけでも変化がでますよね。

  • 単純な文法ミスはないか
  • 使用されている文法にバリエーションはあるか
  • 難しい文法を使っているか

に注意してみてください。

 

語彙

英作文で意識すべき最後のポイントは「語彙」です。

ボキャブラリーの豊富さが評価されますが,CEFRレベルの高い語彙を意識的に含めることで,評価が高くなります(中学ではA2レベル,高校生はB2レベルの到達が目標です)。

もちろん文意を妨げるような間違いは減点ですが,ちょっと意識するだけでこの項目の点数が上がるので,「文法」に引き続き,本項目においても積極的に難しい語句を含めていきましょう

難しいといっても,例えばパフェ(parfait)とか菓子類(confectionery)などを使うだけでも,印象は全然変わってきます。

英語で日記を書いていると,こういった単語なども覚えられるので,役立ちますよ!

  • スペルミスがない
  • 文意に合わない語彙は使われていないか
  • 難易度の高い語彙が含められている

このような点に注意してみてください。

 

最後に1つ,そもそもの前提として,指定語数に対して実際の文字数が少なすぎる場合(5割以下)は大きく減点になります(DやE)のでご注意を。

さてさて,ここまで英作文の採点基準になりうる4つの項目についてその概要を語ってきましたが,次章からは,簡単に英作文の点数を上げる方法や具体的な勉強方法についてみていくことにしましょう。

 

 

良い英作文を簡単に書けるようになるためのヒント

ここでは,良い英作文を書くために意識すれば簡単に得点が上がるポイントについて考えてみたいと思います。

まず「内容」の項目についてですが,ここでは国語力や発想力などの総合的な対策が必要になるので,あまり即効性のあるものはないのですが,

主張を書き,そのサポート(理由や例)を続ける

という流れを意識してください。

 

次に「論理」項目ですが,高い評価を得るために,

接続詞を意識的に使う

ようにしましょう。

andやbut,soやbecause以外に,「一方で」というニュアンスを出せるwhileやon the other handの使用や,firstlyやsecondといった順番を示すつなぎ言葉は簡単に含められます。

 

3つ目の「文法」項目では,

難しい文法を学んで使う

ことを心がけてください。

関係副詞や非制限用法,分詞構文や仮定法の使用はなかなか難しいですが,付加疑問文やBe動詞で始める命令文,so…that~構文や比較表現などは簡単に使えるのではないでしょうか。

 

最後の「語彙」ですが,

CEFRレベルの高い語彙を含めること

を心がけましょう。

このような形で,CEFRのレベル別に単語をまとめてくれているサイトもあります↓↓

CEFRのB2レベルの語彙リストの例

熟語に関しては今のところは特に難易度は意識せず,単語にだけ意識を向けてください。

 

 

英作文の勉強法

Free-Photos / Pixabay

最後に簡単に英作文の勉強法についてまとめておきましょう。

中学生のうちは,文法を学ぶ時に出てきた基本例文を丸暗記するだけでよかったですが,高校の自由英作文においては以下の2つの学習が有効です。

それは,

  1. 練習問題を解いて書き方について学ぶ
  2. 他人に添削してもらう

ことの2つとなります。

1つ目についてですが,問題集を選ぶ場合,字数的には,普段の練習では最初は50語程度,最終的には100語程度を目安に始めてみてください。

内容面ですが,最終的な目標としては,文章の要約を英語で書いたり,自分の意見を論理的に述べられるレベルに達したいものですが,まずは自己紹介や場面の記述,メールで用件を伝えるあたりから始めていきましょう。

一方で2つ目の環境を整えるのは難しいものですが,英作文ができるようになるために是非取り入れてください。

中学や高校で仲の良い先生であったり周りの英語ができる大人に頼むか,見当たらない場合は塾や通信講座などを利用するのが定石です。

実力を試す場としては,GTECや英検といった資格検定に向けて勉強するのが取り組みやすいと思います。

例えばTOEICのS&Wでは最初は1文から始まり,最後の英作文問題では300語程度が要求されます。

 

以前記事にした共通テストにおける英語の出題範囲をみると,今後は「実際にコミュニケーションが行われる状況」を題材にした英作文が多く出題されるようです。

自分の好きなテーマに関して難しい英単語を学んでおくのは思わぬ形で役に立ちますので,英語で日記を書いたり,SNSなどに呟いてみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

athree23 / Pixabay

以上,英作文での評価基準となる4つの項目と,良い英作文を書くためのポイントや勉強法についてまとめてきましたが,いかがだったでしょうか。

「内容」面はともかく,それ以外の項目で最高評価を得るためには,より難しいことへの挑戦なしでは実現できないことは忘れないでくださいね。

逆に,上で述べたポイントをちょっと意識するだけでも,良い英作文を書くことができますので。

 

最後に今回の要点をまとめましたので,英作文を書いた後には是非確認してみるようにしてください↓↓

  • 質問にしっかり答え,論理の流れが明確か
  • 問題の指示(字数や指定された文法など)は守っているか
  • 論理展開を示す語句を使用している
  • 幼稚な繰り返しをせず,高度な文法が使えている
  • 語彙はCEFRレベルが高いものを意識的に含める

 

最後の章で述べたように,英作文を勉強する際は,練習問題を解くだけでなく添削してもらえる環境があることが必要ですし,そもそも文法や語彙力を増やすには,根本的な英語力を底上げするのが重要です。

特に中学・高校生が文法を学ぶ場合はスタディサプリなどのオンライン教育を利用して速習してしまいましょう。

また,通信講座で添削を受ける場合は,老舗のZ会がおすすめです(CEFR基準にも対応しています)。

どちらもキャンペーンなど実施していることがありますので,興味がある方は下記ページで最新情報を確認してみてください。

スタディサプリのキャンペーンコードまとめ

Z会の通信講座のキャンペーン実施中です!

 

最後までお読みいただき,ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

スタディサイト管理人

都内で塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで,英数を中心に学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をまとめています。すぐに実践できる勉強法やオンライン教育サービスを利用した学習戦略も意欲的に掲載。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。

-勉強法

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.