国語の勉強ノートの作り方!授業を上手く活用しよう

今回は国語の勉強ノートについてまとめてみようと思います。

国語は主に現代文(評論や小説)と古典(古文と漢文)に2分され,一般的に時間をかければ伸びるのが後者だと言われていますが,かといって現代文を最初から諦めてしまう道理もないでしょう。

もちろん,あれもこれもできないからまずは古文に集中するという戦略はありですが,時間がある中学生や定期試験のための勉強では是非,満遍なく取り組んでみてください。

現代文の勉強ノート

受験における現代文では主に

  • 読解力
  • 解答力
  • 記述力

の3つが求められますが,学校の授業では主に読解力を伸ばすことしかできないので,後者2つに関しては授業時間外を利用しては,能力アップを図る必要があります。

読解力

とはいえ,まずは読解力がなければそれ以外の能力を高めることはできないので,学校の授業をしっかり受けるところから始めますが,一般的な授業の流れは「文章を読む→全体の内容を掴む→重要な箇所を引用→説明を加える」という段階を経て進むことがほとんどです。

というのも,実はこの流れ,入試問題を解くときに行うものと同じですので,授業はいわば本番のための訓練の場とみなすことができます。

さて,このときの勉強ノートですが,タイトルや日付の他,引用した箇所のページ数や行が後でわかるようにしっかり書き写しましょう。

実際,読むべき文章が数ページにまたがっているようなものからポイントを抜き出して解説されることも多く,一体どこから引用したのか見つけるのに時間がかかってしまうことも結構あります。

なお,ノート術で大切な余白を,現代文においてももちろん取っていきますが,そのためには引用したものの間は数行空けるようにし,さらに以下のノートにおいては板書(黒字)部分と教師のしゃべり(赤字)部分の間も1行空けるように工夫しましょう↓

現代文のノートと余白

このとき,ノートの真ん中に線を引いて,板書としゃべりを2段に分けて書いても構いません。

さてさて,結局のところ,現代文では傍線部をわかりやすく言い換えて説明できれば満点が取れてしまうわけです。

そして,わかりにくい箇所については学校の授業で教師が板書して説明してくれるわけですから,試験前に,ノートにあるそれら引用部分全てに線を引くことで,簡単に予想問題集が作れてしまいます

現代文の教科書に傍線を引いたもの

これらを見ながら,ノートに書いた板書やしゃべりを再現できればよいことになりますが,学校の試験では,問題を作成する教師によっては解説されていない箇所があったりするので,万全を期すためには他クラスのノートも手に入れて,漏れがないかチェックすることも重要です。

解答力

さて,今度は問題を解く際の注意点を述べますが,問題用紙にまったく線を引かずに解くようでは,いつまで経っても現代文を勘で解く癖から抜けだせず,成績も安定しません↓

書き込みのない現代文のワーク

テストを受けた後,なんとなくできたとかできなかったとか感じている人は,文に線を引くところから始めましょう。

結局文中に書かれていることのみを根拠に解き,逆に誰が解いても同じ答えを導き出せないといけないわけですから,それはそれは厳密かつ論理的に問題は作られています

文全体に登場するキーワード,構成に影響する論理展開を示す語句(逆接・並列・同義)をチェックしつつ,具体例は全体の構成に含めずに済むように囲っておき,何度も登場する似た表現(主張)にも線を引きましょう。

もちろん,線を引くのは本文だけに限りません。

質問や選択肢についても,重要な部分(「不適当なものを選べ」や「なぜか」など)であったり,誤りだと判断した根拠にバツや三角印を付けておきます↓

傍線を引いた質問文と選択肢

なお,国語という教科においては,問題を解くよりも,その解き方を理解することが重要です。

どの問題にも通ずるような解き方を身に付けることを目標に勉強します。

そのためにも,全問正解した問題であっても解説部分を読んで,正しい根拠立てでもって正解にたどり着けたのかどうかを検証しなければなりません。

私は国語の問題集の選び方のポイントの1つに「解説が分厚いこと」を挙げるようにしていますが,それは上記のような理由からです↓

現代文の問題集の解説

役立ちそうな部分を見つけては線を引いて強調しておきます。

記述力

記述問題は面倒だからとやらない生徒が一定数いますが,たとえ本番の試験で選択問題しか出題されないからといって解かない理由にはなりません。

というのも,文章の内容と構成を理解するために役立つからであり,必ず手を動かしては記述練習を行うようにしましょう。

なお,題材としては学校ですでに扱った文章を使うで構いません。

文章の要約をすることが最終目標ですが,まずは問題集の傍線部分を使って,それを具体的に言い換える練習から始めるのがおすすめです。

やり方は簡単で,傍線部を見つけたら意味ごとのまとまりに分け,それぞれを本文中にある言葉を使って言い換えていきます↓

傍線部を言い換える練習

記述に関しては,第3者が評価しないといけないので,周りの教師に頼みましょう。

次に要約の練習ですが,評論では各段落ごとの要旨を,小説ならば登場人物の心情の変化を追ったものになります。

具体的な方法としてよく挙げられる方法が,

  • 文章を削る
  • キーワードから始める

の2つですが,ほとんどの方は前者で行っていると思うので,ここでは段落を一言で要約する練習を後者の例でやってみましょう。

キーワードを見つけますが,以下のようになったとします↓

キーワード:てつがく者

これを充実させるのですが,まずは主語と述語を中心に加えてみたのがこちらです↓

人は花屋の店先を通りかかる時,「てつがく者」になる。

本文から取った言葉で作っていきますが,最後に修飾語や節を足してさらに加筆して完成させます↓

人は花屋の店先を通りかかる時,命の誕生と譲渡に思いをはせる「てつがく者」になる。

このような要約文を1段落から順々に続けて読んでみて,全体の内容がわかることが大切です。

 

古典の勉強ノート

古典のノートを取る生徒

古典は時間をかければ伸びる教科で,古文→漢文の順番で学ぶと無駄がありません。

古文の文法を暗記し,その知識を生かしつつ漢文の句法を暗記するのが王道とされます。

英語の長文と同様,古典は予習をしたいところで,テスト前には,

  • 古文→品詞分解できる
  • 漢文→書き下し文が作れる

ことを目標にしましょう。

暗唱も行うようにすれば,自然と現代訳も書けるようになりますし,忘れた記憶も戻ります。

さて,古典の勉強ノートですが,上の目的をいずれ行うことを前提にしたものを作るべきでしょう。

具体的には,見開きの2ページを1つとして使い,本文を上ページに貼り付けては,その訳を下ページの上半分に書き,それ以外の部分に板書やしゃべり,文法や語彙のまとめ(上ページ左)を作るようにしたのが以下のものです↓

古文のノート

現代語訳を,古文や漢文のすぐ横に書いてしまうようでは読みにくくなってしまいますし,訳のチェックも行いにくくなってしまいます。

本文は拡大コピーして貼ることで行間も取りやすくなりますが,中学の内容であまり写す量がないような場合は手書きしても構いません。

ただし,その場合は1行空けて書くように心がけましょう。

なお,漢文のノートも古文のものと同じように書けると思います。

 

まとめ

国語の教科書とワークとドリル

以上,国語の勉強ノートの作り方についてでした。

現代文は学校の勉強を基本として,線引きをしたり,傍線部の言い換えや要約を書くことで,解答力や記述力を高めましょう

古典に関しては,学校の授業で最低限の文法・句法の知識を暗記しておけば,特に高校生は受験生になってからも焦らずに済みます。

古典の勉強が遅れてしまっている人は,すぐにでもドリルを授業と併用するようにして,出てきた知識をその場で確認しましょう。

頑張ってください!

-勉強法

  • この記事を書いた人

スタディサイトの管理人

都内の塾運営にかかわり,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで幅広く教えています。最近の関心事は教育改革で,塾に入ってくる情報に加え,信頼のおける情報をまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです! twitterLINE