スタディサプリENGLISHのオートリスニングをレビュー

今回ですが,スタディサプリENGLISHにある「オートリスニング」をレビューしていきましょう!

この学習コンテンツを使って一体何ができるかについては次章以降で詳しくみていきますが,ごく簡単に言うと,普段使っているスマホを音楽プレイヤーのように使って延々とリスニングをすることができます。

スタディサプリENGLISHはスマホに限らずPCでも利用できるのが普通ですが,オートリスニングはPC上で利用することができない点に注意してください。

PCでしか学習しない人で,オートリスニングの存在を知らずに終えてしまう人もいます。

オートリスニングとは

オートリスニングの概要

まずはオートリスニングの概要について説明しましょう。

スタディサプリENGLISHにおいては,

の3つに本コンテンツは存在します。

スタディサプリENGLISHでは普段デイリーレッスンのようなメインコンテンツで学習しますが,そこで出てくるスキットを好きなだけリスニングできるものが,このオートリスニングなのです。

ここでは有料コースの無料特典となっている「日常英会話コース」のものを例にみていきますが,ストーリー中の登場人物の会話がそのまま出てきます↓↓

日常英会話コースのオートリスニング風景

このトレーニングを利用することにより,スマホで音楽を聴くような感じで,歩きながらであってもリスニングをすることが可能になるわけで,そういった点ではタブレットよりもスマートフォン向きの機能かも知れません。

ちなみにこういったリスニングアプリの中には,聴きながら別のページ(例えばヤフーニュースやLINEなど)を閲覧した途端,音声が止まってしまうものもありますが,オートリスニングは大丈夫です。

それこそ,数十分単位での「聞き流し」もできてしまいます。

 

オートリスニングの使い方

オートリスニングのある位置

スタディサプリENGLISHを開くと,上のような画面が開きますので,赤矢印の先にある「オートリスニング」を選択しましょう(右は新日常英会話コースのものです)。

範囲を選択する

すると以下のような画面が開きます↓↓

レッスンの選択画面

デフォルトのままの状態ですと,レッスン1から最後に学習した範囲までが選択されていたりもしますが,自分の聴きたいレッスンを選択しましょう!

あとは「再生する」のボタンを押すだけで普通に聴き始めることができます。

ちなみに,オートリスニングで流しっぱなしにできる範囲は未習範囲もOKですし,律儀にレッスン1から始める必要もありません。

再生する

もう少し詳しく使用方法について説明しますが,レッスンを選択できる状態にしたら,開始レッスンを選択しましょう↓↓

開始レッスンの選択画面

ここではレッスン3から聴いてみることにしますが,続けて,終了レッスンの番号を選択します↓↓

レッスンの終了部分を選択する画面

選択し終わったら,再生ボタンを押しましょう!

選んだ範囲のスキッドだけが再生されていることを確認してください。

オートリスニングの開始画面

 

設定を変更する

続いて,再生中の操作についてですが,英文を読むスピードやリピート方法が選択可能です。

速度調整画面は,画面右下の「速度」をクリックすると表れ,メインレッスンと同様,「速い・普通・遅い」の3つから選ぶことができました(ただし,レベルによっては「遅い」が設定されていないものもあります)↓↓

発話スピードは3段階から選択できる

なお,左下に見えているのが「リピート設定」のボタンで,こちらも3つから選択可能です↓↓

リピート設定

選択した範囲全部を大きくまとめて繰り返す設定か,現在再生している1つのレッスンのみを何度も繰り返す設定が選べます。

 

オートリスニング使用時の注意点

バツのマークを押さない

オートリスニングを終了する際は「トレーニングを終了する」というボタンを押すことに気を付けましょう。

「×」のマークを押して止めてしまうと,学習時間の記録は行われません。

オートリスニングの学習時間

ダウンロードは計画的に

また,音源をあらかじめダウンロードしておくことで,より安定して再生することができます↓↓

オートリスニングのダウンロード

その場合,結構な量のダウンロードが行われるので,Wi-fi環境のあるところで行いましょう。

なお,1から全てのレッスンを一気に全部ダウンロードしようとすれば,時間にして数分程度かかってしまう場合もあるのでご注意ください。

参考までに私のWi-fi環境では,全レッスン240個分のデータをダウンロードするのに4分程度かかりました。

飛ばし飛ばしでは聴けない

次に注意したい点として,オートリスニングで聴ける範囲を飛ばし飛ばしにできないということが挙げられます。

レッスン3~7のような連続した範囲では問題ありませんが,レッスン1・4・10のように飛ばし飛ばしで聴くことは不可能です。

さらに,再生中の画面において一つ前のレッスンに戻ることや音量調節はできるものの,レッスン内で少しだけ戻す(例えば5秒前の発言に戻る)などの細かな調節はできません↓↓

iPadの再生画面

細かな学習をしたい場合,メインレッスンに入っている「会話文チェック」というトレーニングを使いましょう↓↓

スタディサプリENGISHの会話文チェック

これだと話者ごとに話を1つ1つ聞いたり,解説を読むことができます↓↓

デイリーレッスンのコース内容
日常英会話コースのデイリーレッスンの内容と使い方

今回は,スタディサプリENGLISHの日常英会話コースから「デイリーレッスン」についてレビューしていきたいと思います。 各種有料コースの無料特典ではありますが,わざわざ使うほどの価値があるのでしょうか。 もちろんその答え ...

続きを見る

聞き流しでは理解できるものを

最後,勉強法についてのアドバイスですが,オートリスニングではまだ受講していない範囲もリスニングすることができるわけです。

いわゆる「聞き流し」になりますが,自分が現在受講しているレベル以上の講座の未習範囲に手を出すのはおすすめしません

集中できる環境であればよいのかもしれませんが,絵もスキットも見ない状態で全くわからないレベルの英語をただ聞くだけではリスニング力は向上しないとされます。

逆に,自分の実力的に余裕をもって聞き取れる範囲(例えば現在受講しているレベルより数個下のもの)を聞き流すのであれば,それなりの効果が期待できるでしょう。

そして,最も良いのは既習内容の聞き流しです。

一度完璧になるまで理解した内容であれば,耳が勝手に反応して内容が入ってくることになります。

 

まとめ

スタディサプリENGLISHとリスニング力について

以上,スタディサプリENGLISHで利用できるオートリスニングの操作方法と使用上の注意点についてまとめてきました。

今回の記事の要点をまとめると,

  • PCではオートリスニングは使用できない
  • スマホ画面を閉じても再生可能
  • 範囲を選択して開始するだけ
  • 正しく終了すると学習時間が記録される
  • 音声ダウンロードはWi-fi下で行う
  • 聞き流しは既習範囲を中心に
  • レッスンを飛ばし飛ばしで選択するのは不可
  • 発話速度やリピート方式が設定可能

となります。

聞き流しについてはおすすめの使い方を述べさせていただきましたが,楽しく学ぶのがスタディサプリENGLISHの良いところですので,あまり難しく考えない方が良いのかもしれません。

リスニング力の向上には,毎日少しずつでも聴くことがとにかく重要です。

私は電車の中では大体オートリスニングを使っていますが,1レッスンあたりにかかる時間は普通の速度で再生しても約1分ぐらいですので,結構なレッスンを一気に聴けています(ダウンロードして聴くと,電波の状況に左右されずに学習できます)。

また,新日常英会話コースで学ぶ際,1日30分は勉強時間を捻出することをノルマとしているので,メインレッスンが早く終わったときはオートリスニングで不足分を補うのがマイルールです。

みなさんも,自分なりの付き合い方を探してみてください!

学習コンテンツに興味のある方は以下の記事もどうぞ↓↓

iPhoneでスタディサプリENGLISHを勉強している様子
スタディサプリENGLISHの学習コンテンツについてまとめました

スタディサプリENGLISHの学習コンテンツもだいぶ出揃ってきた感があるので,ここで一回まとめておくことにしました。 具体的には, TOEIC L&R TEST対策コース ビジネス英語コース 新日常英会話コース 日常英会 ...

続きを見る

-スタディサプリENGLISH

  • この記事を書いた人

スタディサイトの管理人

都内の塾運営にかかわり,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで幅広く教えています。最近の関心事は教育改革で,塾に入ってくる情報に加え,信頼のおける情報をまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです! twitterLINE