英会話

スタディサプリENGLISHのリスニングPLUSは耳で覚える単語帳?

今回は,スタディサプリENGLISHの日常英会話コースにある『リスニングPLUS』という機能について,解説の方していきたいと思います。

あくまでメインコンテンツであるデイリーレッスンのサポート的な位置づけではありますが,弱点部分を集中的に学習できるので,会話力のアップにはこれまた有効でしょう。

今回の記事を通して,リスニングPLUSの魅力が伝われば幸いです。

 

 

リスニングPLUSとは

リスニングPLUSとは

リスニングPLUSは,スタディサプリENGLISHの有料コースの無料特典になっている「日常英会話コース」で利用できる機能の1つで,コンピュータ技術を生かしたオンライン学習の強みを体感できるトレーニングが可能です。

初めてアプリを使った際,リスニングPLUSについての言及があり,『まずはデイリーレッスンをいくつか受けてみましょう。聞き取りを難しくしている原因が自動で発見されます』という文面が画面上に表示されたのですが,

「コンピュータでの学習は,ここまで進歩したのか」

と大変に心が躍ったことを覚えています。

とはいえデイリーレッスンを1つもこなしていない状態で『リスニングPLUS』のページを開いても,はてなマークばかりで何から手を付けたらよいのかわかりません↓↓

ですがそれもそのはず。

ユーザーが問題を解いて間違えたときに初めて,AIはユーザーの弱点について把握することができるからです。

そのため,まずはデイリーレッスンにあるトレーニングをどんどん進めていきましょう。

 

しばらく取り組んだ後,リスニングPLUSを再度開いてみると・・・

あっ,自分のリスニング力が評価されている↓↓

学習が進めば進むほど,リスニングにおいて自分がどういったところが得意でどこが苦手なのかが,より正確に分析されていくこととなります。

そしてここで明らかになった弱点をなくすためのトレーニング,つまり自分専用のトレーニングというものをメインコンテンツにPLUSしてやっていくというのが,本機能の名称にこめられた意味でしょう。

ここでは私のトレーニング例を元に,その内容について詳しくみていくことにしましょう。

 

 

リスニングPLUSのトレーニング機能

リスニングPLUSのトレーニング機能は,大きく分けて2つあります。

1つは単語の聞き取り力を強化するためのクイックワードクイズ,もう一つは音の変化を理解するための音声変化ディクテーションです。

前者は単語一つ一つの音について慣れることを目的にしており,後者は英文全体で見たときの音の変化について幅広く学んでいくためのトレーニングとなります。

以下で1つ1つ見ていきましょう!

 

クイックワードクイズとは

クイックワードクイズとは

「クイックワードクイズ」とは,単語の聞き取り力を強化するトレーニングです。

リスニングでは,耳で聞いた音はその瞬間から消えてなくなるため,読解のように,後から前に戻って意味を確認することができません。

そしてこのときのリスニング理解で大きな妨げとなっているのが,

耳で聞いても,即座に意味がわからない単語

です。

特に『即座に』という部分が大切なところで,発音を間違えて覚えてしまっていた単語や,スペルを見たらわかるのに音で聞くとわからない簡単な(はずの)単語については,英語学習者の誰もが苦い経験をしていて,常日頃からなんとかしたいと思っているのではないでしょうか。

「クイックワードクイズ」では,会話での利用頻度が多く,多くのユーザーが聞き取れないであろう単語を中心に出題されます。

そのため,短時間でのリスニング力向上が見込まれるというわけです。

AIが進化した恩恵を大いに受けてください。

 

次に実際のトレーニング風景ですが,単語の音声のみをスペル表記なしで聴き,素早く日本語で正しい意味を答えましょう!

制限時間は各単語10秒で,答えを4択から選びます↓↓

 

答えると,以下のように正解の意味と発音記号が表れます。

レベルが低い単語であっても油断することなかれ。

例えば,hotとhat,walkとwork,glassとgrassの違いなど,パッと聞いても迷ってしまう単語は意外と多いものです。

また,トレーニングの練習量ですが,

  • Lv.1:全6セクション
  • Lv.2:全6セクション
  • Lv.3:全9セクション
  • Lv.4:全11セクション
  • Lv.5:全11セクション
  • Lv.6:全2セクション

のようになっており,各セクションはさらに5つのサブセクションに分かれ,各20問ずつの計100問が待ち受けています。

これを単純にまとめれば,上記レッスン全てで問われる単語数が,

驚愕の4500問

に達するということです。

この問題量の充実っぷり,すごくないですか。

これだけ多くの単語の意味が,音を聞いただけで浮かんでくるようになれば,リスニングの理解力は大きく変わってくるはずです。

 

音声変化ディクテーションとは

音声変化ディクテーションとは

上記で紹介したトレーニングは単語レベルの話でしたが,ここからは文章レベルでリスニング力を鍛える方法についてです。

リスニングPLUSにある「音声変化ディクテーション」は,人との会話の中で,音声が変化したときの対応力を養成するトレーニングだと理解してください。

発音記号通り単語を覚えているだけでは不十分です。

実際の会話では,消える音や弱まる音に代表される音の変化が起こります

そしてこれこそ,すべて知っている単語で英文が構成されているはずなのに,話された英文を正確に聞き取れない理由です。

「音声変化ディクテーション」では,以下の6つのトレーニングを通して,この弱点を埋めていきます。

  1. つながる音
  2. 落ちる音
  3. 変わる音
  4. 短くなる音
  5. 弱くなる音
  6. やわらかくなる音

ちょっとこれだけだと抽象的で何を学ぶのかわかりにくいですね・・・

例えば,最初の『つながる音の聞き取り』においては,『連結』と呼ばれる音声変化に慣れるためのトレーニングをすることになります。

上記トレーニングすべてにおいて,先の「クイックワードクイズ」と同様,大量の問題演習が用意されている上,解説動画付きです。

流れとしては,まず動画を観て音声変化にはどのような種類があるのか理解し,沢山の演習問題を解いてその音に触れ,動画における説明が真の意味で理解できているのかを確認していくことになります。

動画の解説は,デイリーレッスンでも評判のイムラン先生によるもの↓↓

彼は,数多くの日本人に長年英会話を教えてきたベテラン講師です(もちろん実力派)。

動画を観れば,学校では習わなかった,ネイティブが発音するとき半ば無意識で行っていることを,しっかりと分析して教えてくれていることに気づくでしょう。

こういった説明はネイティブ講師の誰もができるわけではありません。

これは例えば,日本人の私たちが外国人に日本語を説明するときに苦労するのと同じことです。

英会話初心者の目線に立って英語をわかりやすく解説するためには,イムラン先生のような経験豊富なバイリンガルの先生が適任であると思います。

 

続けて,動画で学んだ内容をより具体的な問題を通してチェックしていくことになるわけですが,こちらも問題数をまとめてみましょう。

例えば先に紹介した『連結』に関するトレーニングですが,

  • Lv.1:6セクション
  • Lv.2:6セクション
  • Lv.3:6セクション
  • Lv.4:6セクション
  • Lv.5:6セクション
  • Lv.6:6セクション

のようにレベルごとに用意され,これまた,それぞれが5つのサブセクションを含んでいます。

各サブセクションの問題数が5問ですので,上の問題量を単純に合算すると,

これまた驚愕の900問

のディクテーション課題が用意されていることになるわけです。

具体的には,スタディサプリENGLISHがウリにする学習効果の高いディクテーション問題を,制限時間1分という短時間で解いていきます↓↓

 

答えると,正解と訳が表示されるだけでなく,注意すべき音声変化についての解説が付いてくるところに注目です。

「テイクオン」ではなく「テイコン」が実際の会話での聞こえ方だと説明されています。

何度も聴きなおして耳に刷り込んでいきましょう!

管理人より

余談ですが,発音記号を理解しきれていない初心者の場合,カタカナで読みを表記するのも許容されています。もちろん英語の音は厳密にはカタカナでは表せないものですが,いきなりすべてを拒絶せず,素直に学びましょう。

当サイトでも発音記号について解説していますが,この際,1から学び直してみてもいいと思います↓↓

音声変化ディクテーションで学ぶ音の法則については,中学や高校の授業の中で力説されることがあまりないことです。

だからこそ,これまでそういう事実を知らないで英語を聞いてきた人にとってみれば,スタディサプリENGLISHがきっかけとなって,リスニングに対する意識が大きく変わるきっかけになるというのも納得できるでしょう。

 

 

まとめ

リスニングPLUSのまとめ

以上が,スタディサプリENGLISHの『リスニングPLUS』についてのレビューでした。

「クイックワードクイズ」では,目だけでなく耳でも学ぶ単語帳として全4500問,カタカナ表記が印象的で,発音記号も意識するようになりましたね。

加えて「音声変化ディクテーション」では,学校で習わなかった音の法則を学ぶことができ,音への意識がより強まったように思います(問題数にしては900問)。

とにかくリスニングを得意にするための知識と余りある量の演習問題が,わずかな投資で手に入るようになったことは,大いに歓迎すべき時代の流れでしょう。

今や大学受験においてもタブレットで推薦試験が行われ,受験生の正解・不正解がその場で自動的に分析され,問題の出来に合わせて次の出題内容が変わるような試験も実際行われるようになってきています(例:2018年の佐賀大学の推薦試験)。

 

スタディサプリの「日常英会話コース」で,コンピューターの最新技術に驚かされながらも,楽しくそして効率的に英語耳の育成に励んでみてはいかがでしょうか。

残念ながら本コース単独での利用はできませんが,スタディサプリENGLISHの各種有料コースを利用した場合の無料特典として使うことができます。

中でも一番月額が安いものが以下の「新日常英会話コース」です。

 

詳しくはこちら

 

その他有料コースも含めたお得情報についても以下の記事にてまとめています↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-英会話

© 2020 スタディサイト