学習指導要領

都立高校入試でスピーキングテスト!気になる実施内容まとめ!

2020年の高大接続改革として,これまでのセンター入試に変わる大学入学共通テストが注目されていますが,大学受験の前段階である高校入試においても,改革の準備は同様に進行中であることを忘れてはいけません。

その例として今回取り上げる「都立高校入試」では,英語試験にスピーキングテストが導入されることが決まっており,2021年4月以降の中3生から導入される予定です。

今回はそのスピーキングテストの内容や導入スケジュール,さらにはどのような出題となるかについて,試験的に実施されたテスト例をもとにみていくことにしましょう。

基本データ

まずはスピーキングテストの基本知識をまとめてみます。

  • 対象は中学3年生
  • 都の教育委員会が監修し,民間の団体が実施
  • 日程は11月第4土曜~12月第2日曜の週休日か祝日
  • 受験可能回数は1回
  • 会場は大学など
  • 受験料は都内公立生は免除
  • タブレット端末+ヘッドセットで出題,音声は録音される

いわゆるスピーキングだけのためにテストが行われるというわけで,英検の2次試験の面接みたいなものを想像される方もいらっしゃるかと思います。

ですが,その実施方法は対人による面接形式ではなく,タブレット型端末とヘッドセットを使った出題です。

質問に対する本人の返答は端末に録音され,後日それが採点されるというものなので,どちらかといえばTOEIC(R)のスピーキングテストに近いでしょう。

実施日程は中3の3学期で,本来ならば学年末テスト付近がいいのでしょうが,いろいろ忙しい時期ですので,11月後半~12月前半にかけて,土日または祝日のどこかで行われます。

有利不利が出ないよう1度しか試験は実施されませんが,インフルエンザなどで試験を受けられなくなった生徒のために予備日も設けられる予定です。

スピーキングテストは手間がかかるのでその分費用も高くなるのが普通ですが,都内の公立に通う中3生は都が負担するため,受験料が免除となります(私立生についてはおそらく自己負担になりますが,なるべく安くなるよう努力していただけるとのこと)。

中学の指導要領にある「話すこと」が純粋に身についているかを問うのがもちろん第一の目標ですが,出題内容は基本的な知識や技能を問うだけではなく,思考力・判断力・表現力といった教育改革らしさも加わったものになる見込みです。

それに加えて,受験生のデータから,中学生の「話すこと」における授業成果を把握し,課題点を発見したり,これはなるほどと思ったのですが,高校入学以降のクラス分けにも利用するとのこと。

大学に入ると学生はTOEFLなどを受けさせられますが,それに似たものを高校入試においてもやってしまおうということであり,しかもスピーキングテストがそれを兼ねていて,高校入学前に入学者の実力が把握できてしまうというのは確かに効率的です。

あとは,テストの完成度がどの程度のものなのか,どれほどの難易度で,再現性や信頼度はあるのか試すだけですね。

なお,実施団体についてこれまでわかっているのは,

  • フィージビリティ調査:日本英語検定協会(英検)
  • プレテスト:ベネッセコーポレーション(GTEC)

です。

公平性や納得性を期すためにも,活用する試験は一つに定めることが望ましいとされているので,どこに決まるのかで各社の明暗は分かれることとなるでしょう。

次章では,テストを導入するまでの日程について解説し,さらにその次の章でこれまでに実施された試作段階のテスト内容を分析することで,実際の試験内容のイメージをある程度明確にしてみたいと思います。

 

導入スケジュール

スピーキングテストを導入するまでの道のりは上記の通りです。

○○年度という言い方や,今は亡き「平成」という単語に混乱させられてしまいますが,要するに,

  • 2018年4月~2019年3月にフィージビリティ調査
  • 2019年4月~2020年3月にプレテスト
  • 2020年4月~2021年3月に確認プレテスト
  • 2021年11月~12月にスピーキングテスト(本番)

が行われるということを示しています。

各種用語についてですが,「プレテスト」の結果を踏まえ,一部の中学生に実施されるスピーキングテストが「確認プレテスト」で,2021年11月頃の本番前の最終調整になるとお考え下さい。

2021年のスピーキングテスト結果は実際に入試に活用されるということで,2019年の4月に中1になった人から後は,みなさんこの試験を受けることになります。

ちなみに,このスピーキングテスト概要についての公表があったのは2019年2月14日のことですので,もうすでにフィージビリティ調査は終わっています(聞きなれない調査名かもしれませんが,スピーキングテストの実現可能性や実施の意義や妥当性について調査・検討するために行われたもので,出題された問題については後述します)。

次章では,このときの出題範囲について確認しましょう!

 

出題範囲について

中学校学習指導要領解説外国語編

スピーキングテストの出題範囲についてですが,「中学校学習指導要領外国語編(平成20年9月)」に書かれている内容がもとになっています。

以下に必要なところだけまとめると,

  1. 強勢,イントネーション,区切りという音声の特徴をとらえ,正しく発音する
  2. 自分の考えや気持ち,事実などを聞き手に正しく伝える
  3. 聞いたり読んだりしたことについて問答したり意見を述べ合う
  4. つなぎ言葉を用いるなどの工夫をして話を続ける
  5. 与えられたテーマについて簡単なスピーチをする

この5点となります。

正しい発音については以下の記事で発音記号の読み方をまとめていますが,それだけでは不十分で,強勢(アクセントではないようです)やイントネーション(声の調子の上げ下げ),そして区切り(文のまとまり)ごとに話すことも大切です。

2つ目ですが,自身の考えを伝えるために「声量」も重視されており,大切なところは強調し,また,聞き手にとって分かりにくいと思われるところは繰り返したり言いかえを行う必要があります。

3つ目は,テスト問題における場面設定に関わってくる内容です。

スピーチ・視聴覚教材・メール・ポスターや図表から情報を読み取って,教師や生徒と話し合うことが想定されています。

このとき,ただ内容を理解するのではなく,自分の感想や考えを伝えることを重視しましょう!

4つ目の工夫ですが,つなぎ言葉以外にも,「あいづち」や「相手へ質問する」などが含まれます。

最後のスピーチについては,自分の意見や主張をわかりやすく述べることです。

テーマの設定も重要とされているので,自分が体験したことや夢,興味関心に合わせたテーマにすると話しやすいでしょう。

 

スピーキングテストの出題例

スピーキングテストのひな型となるフィージビリティ調査は2018年8~9月にかけて,都内公立8校に在籍中の第3学年の全生徒1000人ほどを対象に行なわれました。

6校においてはタブレット端末やPCを用いて録音する形式で,残り2校は比較検討のためでしょう,面接形式で行なわれています。

実施時間は20分程度,全部で50分以内に終わるテストでした。

実施結果が良好だったため,このような出題になることが予想されます

英検の面接のようにセットAとセットBがありましたが,ここでは前者の出題内容をみていくことにしましょう。

質問は全部で6問となり,前半で以下のような英文が流れました(受験者は以下の印刷文を確認することはもちろんできません)。

簡単な質問に短文で答えます(解答例は1文)が,第3問で,端末のボタンでどちらを押すかによって出題が変わるあたりは,「まさに機械」という感じですね。

そして,第4問からいよいよ本格的な内容になっていきます。

学校が場面に設定されているのは,先で見た出題範囲通り。

機械を用いたスピーキングテストは,私自身TOEICで受けたことがありますが,対人形式で行なえることは機械でもほぼ変わりなくできそうです。

原稿を黙読し,音読するのが第4問です↓↓

ここでは書かれた英文をただ音読するだけで,そのあとに質問が続くわけではありません。

発音やイントネーションなどを評価する問題です。

実に入試問題らしい出題は,第5問と第6問で行なわれました。

第5問はイラストを見て,ある日の班行動を振り返ります。

いわゆる3コマ漫画を作る感じですね。

そして第6問がこれ↓↓

完全にスピーチですが,「話すことの例」があるので難易度はだいぶ下げられています。

ちなみに上記6問についての解答例がこちらになっており,どの程度の答えが話せればいいかの目安にしてください↓↓

第一問の答えを見ただけで分かりますが,難易度としては簡単めに作られていて,実際の平均点は8割となり,高得点層が多いという結果になってしまいました。

試験では,より得点分布が広範囲に及び,平均点も60点くらいが理想とされていますので,難易度調整は今後の課題に挙げられています。

一方で,出題内容については適切で,テストの信頼性も高く,機能を果たしているという結果になりました。

機器の使用についてですが,現代の小中学生はタブレット端末の扱いにもなれていますからね。

特に操作に困難を感じた受験者は少なかったようです。

なお,現在における進捗状況につきましては,報道発表資料を見てください。

 

まとめ

以上,都立高校入試に活用されるスピーキングテストについてのまとめでした。

試験回数やタブレット型端末などの使用,さらには採点官を複数にすることで公平性や客観性に優れるテストになっていたように思います。

コンピューターを用いた解答でしたが,オンライン学習に慣れていれば扱いに困ることはありません。

加えて出題された内容も,中学生の関心に応じたもの(活動報告&自分の意見を発表するもの)となっており実用的であるとも言えるでしょう。

あとはより難易度を調整して,普段の頑張りがテスト結果にしっかりとつながって差を生むテストにうまく変わることを期待したいですね。

なお,現時点でどのような対策を施せるかについてですが,このスピーキングテストは,英検とGTECの実施団体が採用されています。

特に英検であれば,2次試験に向けての勉強が直接スピーキングテスト対策になるのでわかりやすいです(参考までに中学生の到達目標は3級~準2級)。

もうすでに英検の級取得者は高校入試の際に加点が受けられますからね(以下は入学者選抜の実施要項にあったものです)↓↓

大学入試でも英検取得者(こちらは2級~準1級)は英語試験が免除になったりと良いこと尽くしですし,スピーキング試験対策となる2次試験以外に,1次試験自体が英語力を底上げするのに役立ちます

特にやることが決まっていない方であれば,今のうちから「英検対策をしておくのがおすすめ」というのが私の結論です。

また,今回の記事はあくまで「都立高校における入試」におけるスピーキングテストの実施内容についてまとめたものです,将来的には,他都道府県においても同等の試験が実施されることでしょう。

英検の攻略法については,「スタディサプリ」というオンライン教材を用いた対策法を以下の記事にまとめていますので,より具体的な対策について知りたい方は是非続けてお読みいただけたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

将来を決める足掛かりとなる高校受験,早めの対策で乗り切っていきましょう!

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-学習指導要領

© 2020 スタディサイト