学習指導要領 教育改革

都立高校入試でスピーキングテスト!気になる実施内容まとめ!

2020年の高大接続改革として,センター入試に変わる大学入学共通テストが注目されていますが,大学受験の前段階である高校入試においても,改革の準備は同様に進行中です。

その例として,今回取り上げる都立高校入試では,英語試験にスピーキングテストが導入されることになり,2022年度の入試で実際に活用される予定です。

今回はそのスピーキングテストの内容や導入スケジュール,さらにはどのような出題になるのかについて,試験的に実施されたテスト例をもとにみていくことにしましょう。

基本データ

まずはスピーキングテストの基本データについてまとめてみます。

  • 対象は中学3年生
  • 都の教育委員会が監修,民間の団体が実施
  • 日程は11月第4土曜~12月の第2日曜の週休日か祝日
  • 受験可能回数は1回
  • 会場は大学など
  • 受験料は都内公立生は免除
  • タブレット端末+ヘッドセットで出題,解答音声は録音される

 

いわゆるスピーキングだけのためにテストが行われるというわけで,英検の2次試験を想像される方もいらっしゃるかと思います。

ですが,その実施方法は対人による面接形式ではなく,タブレット型端末とヘッドセットを使った出題です。

質問に対する本人の返答は端末に録音され,後日それが採点されるというものなので,どちらかといえばTOEICのスピーキングテストに近いでしょう。

実施日程は中3の終わり頃で,本当は学年末付近がいいのでしょうがいろいろ忙しい時期ですので,11月後半~12月前半にかけて,土日か祝日のどこかで行われます。

有利不利が出ないように1度しか試験は実施されませんが,インフルエンザなどで試験を受けられなくなった生徒のために予備日も設けられる予定です。

スピーキングテストは手間がかかるのでその分費用も高くなるものですが,都内の公立に通う中3生は都が負担するため,受験料が免除となります(私立生についてはおそらく自己負担になりますが,なるべく安くなるよう努力はしていただけるとのこと)。

 

中学の指導要領にある「話すこと」が純粋に身についているかを問うのがもちろん第一の目標ですが,出題内容は基本的な知識や技能を問うだけではなく,思考力・判断力・表現力といった教育改革らしさも入ったものになる見込みです。

それに加えて,受験生のデータから,中学生の「話すこと」における授業成果を把握し,課題点を発見したり,これはなるほどと思ったのですが,高校入学以降のクラス分けに使用するとのこと。

大学に入ると学生はTOEFLなどを受けさせられますが,それに似たものを高校入試においてもやってしまおうというもので,しかもスピーキングテストがそれを兼ねていて,高校入学前に入学者の実力が把握できるというのは確かに効率的です。

あとは,テストの完成度がどの程度のものなのか,どれほどの難易度で,再現性や信頼度はあるのか,試すだけですね。

次章では,テストを導入するまでの日程について解説し,さらにその次の章でこれまでに実施された試作段階のテスト内容を分析することで,実際の試験内容のイメージをある程度明確にしてみたいと思います。

 

 

導入スケジュール

スピーキングテストの導入までの道のりは上記の通りです。

○○年度という言い方や変わることになっている『平成』という単語に混乱させられますが,要するに,

  • 2018年4月~2019年3月にフィージビリティ調査
  • 2019年4月~2020年3月にプレテスト
  • 2020年4月~2021年3月に確認プレテスト
  • 2021年11月~12月にスピーキングテスト

が行われるということを示しています。

用語についてですが,『プレテスト』の結果を踏まえ,一部の中学生に実施されるスピーキングテストが『確認プレテスト』で,2021年11月頃の本番前の最終調整とお考え下さい。

2021年のスピーキングテスト結果は実際に入試に活用されるということで,2019年の4月に中1になる人から後は,みなさんこの試験を受けることになります。

ちなみに,このスピーキングテスト概要についての公表があったのは2019年2月14日のことですので,もうすでにフィージビリティ調査は終わっています(聞きなれない調査名かもしれませんが,スピーキングテストの実現可能性や実施の意義や妥当性について調査・検討するために行われるものです)。

次の章で,このときの出題内容を確認&分析し,どのような実施内容になるか,イメージを持っておきましょう。

 

 

スピーキングテストの実際内容について

スピーキングテストのひな型となる調査は2017年8~9月にかけて,都内公立8校に在籍中の第3学年の全生徒1000人ほどを対象に行なわれました(6校においてはタブレット端末やPCを用いて録音する形式で,残り2校は比較検討のためでしょう,面接形式で行なわれています)。

実施時間は20分程度,全部で50分以内に終わるテストでした。

英検の面接のようにセットAとセットBがありましたが,ここでは前者をもとに,実際の出題内容をみてみましょう。

 

質問は全部で6問となり,最初の半分では以下のような英文が流れました(受験者は以下の印刷文を確認することはできません)。

簡単な質問に短文で答えます(解答例は1文)。

第3問で,端末のボタンでどちらを押すかによって出題が変わるあたりは,『まさに機械』という感じがしますね。

 

そして,第4問からいよいよ本格的な内容になっていきます。

このように見てくると,対人形式で行なうことは機械でもほぼ変わりなくできそうですね。

原稿を黙読し,音読するのが第4問です↓↓

ここでは書かれた英文をただ音読するだけで,そのあとに質問が続くわけではありません。

発音やイントネーションなどを評価する問題です。

 

実にスピーキングらしい出題は第5問と第6問で行なわれました。

第5問はイラストを見て,ある日の班行動を振り返ります。

いわゆる3コマ漫画を作る感じですね。

 

そして第6問がこれ↓↓

完全にスピーチですが,「話すことの例」があるので難易度は下げられています。

 

ちなみに上記6問についての解答例がこちらになっており,どの程度の答えが話せればいいのかの目安にしてください。

第一問の答えなど見てもお分かりかと思いますが,難易度としては簡単めで,実際の平均点は8割となり,高得点層が多いという結果になってしまいました。

試験では,より得点分布が広範囲に及び,平均点も60点くらいが理想とされていますので,難易度調整は今後の課題に挙げられています。

一方で,出題内容については適切で,テストの信頼性も高く,機能を果たしているという結果になりました。

機器の使用についてですが,現代の小中学生はタブレット端末の扱いにもなれていますからね。

特に操作に困難を感じた受験者は少なかったようです。

なお,上記の詳しい内容につきましては,報道発表資料を見てください(報告書の「資料編」内に以下の問題はあります)。

 

 

まとめ

gmail643 / Pixabay

以上,2021年の年末に第1回が実施される都立高校入試に活用されるスピーキングテストについてのまとめでした。

試験回数やタブレット型端末などの使用,さらには採点官を複数にすることで公平性や客観性に優れるテストになっていたように思います。

内容も,中学生が話せるようになりたいもの(活動報告&自分の意見を発表するもの)となっており実用的であるとも言えるでしょう。

あとはより難易度を調整して,普段の頑張りがテスト結果にしっかりとつながって差を生むテストにうまく変わることを期待したいですね。

 

なお,実際どのような対策を施すかについてですが,このスピーキングテストは,何度かこれまでに書いたように,英検(実用英語技能検定)の面接で問われる内容に近いものを感じました。

中学生の到達目標は3級~準2級ですので,その2次試験の勉強が直接スピーキングテスト対策にもなるように考えられます。

現時点においてもすでに英検の級取得者は高校入試の際に加点が受けられますからね(以下は入学者選抜の実施要項にあったものです)↓↓

大学入試でも英検取得者(こちらは2級~準1級)は英語試験が免除になったりと良いこと尽くしですし,スピーキング試験対策となる2次試験以外に,1次試験自体が英語力を底上げするのに役立ちますので,

英検対策をしておくのがおすすめ

というのが現時点での私の結論です。

 

このスピーキング試験の実施団体についてはまだ決まっていませんが,もしかすると英検を実施する日本英語検定協会がそれに選ばれるかもしれません。

また,今回の記事はあくまで「東京都の都立高校における入試」におけるスピーキングテストの実施内容についてまとめたものですが,他の都道府県においても同等の試験が実施されることでしょう。

英検の攻略法については,スタディサプリというオンライン教材(月額980円)を用いた対策法を以下の記事にまとめていますので,より具体的な対策について知りたい方は是非続けてお読みいただけたら幸いです。

スタディサプリで英検対策!意外と知らない使い方

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

将来を決める足掛かりともなりうる高校受験,是非早めの対策で乗り切っていきましょう!

-学習指導要領, 教育改革
-

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.