スタディサプリ

小学生の理科はスタディサプリで完璧に!

「小学生が理科の成績をどう効果的に上げるか」について今回は語っていきたいと思いますが,学ぶ場所が与える影響はとにかく大きいです。

例えば,学校の先生の専門性は授業の実験内容にも影響してきますし,周りで塾に行っている子が多いような学校であれば,理科はやればやっただけ伸びる科目ですので,大きな成績差となって表れてくるでしょう。

加えて入学試験のない公立の小学校であれば様々な学力の子全員を対象に授業をする関係上,やる気があったり能力がある子であっても往々にして物足りなさを感じるもの

つまり,人よりできてもできなくても悩みの種になりがちなのが「小学校における理科」という科目なわけで、家庭では積極的に対策を施す必要があります。

スタディサプリ』は塾に通わず気楽に使えるオンラインサービスですが,今回はこの小学講座を使った理科の成績の上げ方について考えてみることにしましょう!

 

 

スタディサプリの理科講座について

スタディサプリの理科講座について

スタディサプリの理科講座ですが、小学4年生~6年生までのものが各学年2講座ずつ用意されており,難易度別にさらに「基礎」と「応用」の2つに分かれるので,まとめると以下のようになります↓↓

  • 小学4年生:基礎24講義,応用30講義
  • 小学5年生:基礎24講義,応用30講義
  • 小学6年生:基礎24講義,応用30講義

特定の教科書に対応したものではないですが,扱う内容は教科書に準じたものですので,あとの疑問は基礎と応用の違いについてでしょう。

以下では小4の講座を例に取り上げ,説明の方を加えていきましょう。

 

基礎レベル

基礎レベルの講義数は、応用より6講義だけ少ないので,より早くやり終えることができます。

白衣に身を包み,フレンドリーな言葉づかいで語りかけてくる冨山篤先生の授業になりますが,

  • 予習が不要で、ただ動画を観るだけでよい

のが大きな特徴です。

横になりながらでもよいので,先生の説明を聞いてふんふん納得していきましょう。

内容としては,いわゆる良質な学校の理科の授業が受けられると理解してください↓↓

 

もちろん黒板を用いた講義だけではありません。

動画には編集できる強みがあります。

ところどころに出てくる実験を観れば見た目にも楽しく,ほどよく好奇心が刺激されるのがわかるはず↓↓

視覚的に印象に残るので忘れにくく、実際に問題を解くときにも役立ちます。

講義を受けたら復習代わりにテキストを読み、最後に付いてくる確認問題を解いて終わりです↓↓

こういった内容を知るだけでも、小学生の春の通学路は違った風景へと変化することでしょう。

例えば上のような鳥を目にしたときは、「あ、ツバメだ!」としっかり認識できるようになりますし、「冬に南国の温かいところにいて、春になったから海を渡って日本にやってきたんだね。」などと思いを馳せながら眺められるようになった子どもは、まさに学びが人生を豊かにすることを体現しているのではないでしょうか。

 

応用レベル

応用レベルでは講座数を増して、基礎よりも発展的な内容を扱いますが、担当講師が相馬英明先生に変わるとともに,テキストのまとめ方や授業スタイルも大きく異なります

解説中心ではなく問題を通して,理科に必要な思考回路を形成していく感じといえばわかるでしょうか。

ある程度勉強習慣が身に付いて,しっかり考えながら学べるようになった小学生に向いた授業内容ですね。

好奇心を刺激する問題、「どうしてだろう、なぜだろう?」と立ち止まって考えさせられる問題が多めのように感じます↓↓

「どれかな?」という物言いからは柔らかい印象を受けますが,問題自体は受験に出てもおかしくないものです。

中高一貫校への進学を希望する場合は中学受験が必要となりますが,特に公立は私立よりも準備期間が短くて済み、何より学費が安いので気軽に受けられて人気があります。

受験する可能性のある小学生がいたとして,なるべく早い段階から以下のような問題に触れ,自分の言葉で論述する練習を積んでおくとどうでしょう↓↓

知らず知らずに考察問題への苦手意識がなくなっていくのではないでしょうか。

もし仮に今は進路が決まっていなくても、こういった問題を通して科学的な物の考え方を学んでおくことは今後の人生にも役立ちますし,純粋に地頭が良くなります

 

 

小学理科の講座選び

小学講座の基礎レベルについて

以上、基礎と応用レベルの違いについてざっと内容を紹介してきたわけですが、どちらを視聴すればよいかと聞かれればやはり応用レベルが良さそうです。

ですが、勉強することに慣れていない子どもにはややハードルが高すぎて、「もう勉強やーめた。」となりかねない危険も併せ持っていることは忘れてはいけません。

特に勉強始めの小学4年生~5年生は、1時間もしっかり座って先生の話を聞くことすら難しいと感じるはずです。

苦手な子はもちろん,勉強習慣のない子はまず基本レベルをとにかく見ることに全力を注いでください。

「折角だから学校では受けられない難しい講義を受けてほしい!」

「思考力を問うテキストでわが子の才能が目覚めるきっかけになれば」

という親の期待感は二の次です。

小学生はわからないと基本落ち込んでしまうものですので,勉強が嫌いにならないよう、多くを求めない姿勢が重要です。

内容よりも担当講師との相性を重視して決めてみるのもおすすめです。

小学講座の応用レベルについて

とりあえず冨山先生(基礎)と相馬先生(応用)の授業を両方とも受けてみて、以下の点をチェックしてみてください。

チェックポイント①

どちらかの講師の方がわかりやすかった!

好きな先生が見つかったら、もうそれだけで頑張ってくれますので、気に入った先生の講座をやるようにしましょう。

チェックポイント②

考えるのが楽しい!

どちらも良い先生だった場合は、応用レベルの問題を苦痛なくこなせたかどうかチェックしましょう。

「あーなんだか、テキスト開くのめんどくさいなぁ」と感じてしまったら、勉強は続きません。

細々とでも長く続けることが大事です。

また,時間に余裕がある場合はまずは基礎を一通りみて,さらに応用講座をみて復習代わりにする方法もあります。

毎日1時間でもみられれば1ヶ月で全部終わりますので,「基礎がちゃんと最後まで続くようなら応用も」という姿勢でもよいのではないでしょうか。

 

 

まとめ

スタディサプリで小学校の理科を勉強する必要性はどういう場合に生じるのか考えると、

  1. 学校の授業についていけない
  2. 中学受験を考えている
  3. 地頭を良くして中学生活を一歩リードしたい

といった場合が考えられますが,このいずれにおいてもスタディサプリの理科講座はおすすめです。

1の場合ですが、理科は積み重ねを必要としないので、学校の授業範囲に対応した講座で学習するだけですぐに成績が上がります

また、今後の授業で学ぶ範囲の動画を予めスタディサプリで観ておくことで、学校の授業が復習代わりになり、人より理解に時間がかかる子であっても学校の授業についていけるようになるはずです。

中学受験を考えている場合、早めにスタートを切るほど有利ですし、残り時間が少なくても一気に見られる点は速習するのに向いています。

「理科に積み重ねは要らない」と先に言いましたが,小学校の理科知識は中学でも登場しますし、先のツバメの例のように知識が増えることは何かを判断する際の基準になり、新しいことを創造する際の見えない力に変わっていくことでしょう。

頭が柔らかい小学生のうちに吸収できるだけ知識を吸収し、しかもそれが丸暗記でなければないほど、今後の人生に役立っていくのは本当です。

是非,スタディサプリの小学講座をうまく使って,効果的な理科学習を実現してください!

 

無料体験はこちら

 

他の科目の進め方については以下の記事から,

小学講座をお得に申し込めるキャンペーンコードも確認するのをお忘れなく!

最後までお読みいただきありがとうございました!

  • この記事を書いた人

スタディサイト管理人

都内で塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで,英数を中心に学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をまとめています。すぐに実践できる勉強法やオンライン教育サービスを利用した学習戦略も意欲的に掲載。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。

-スタディサプリ

Copyright© スタディサイト , 2019 All Rights Reserved.