勉強法

小学生の家庭学習について考える!2020年の教育改革にどう適応するか?

2020年度の教育改革により,小学校での学習内容は大きく変わろうとしています。

加えて,コロナの影響もあり,より現場は混乱することでしょう。

ですが,それに合わせて自分たちまであたふたするわけにはいきません。

親は,自分の子どもに何をしてやれるのかについて,ぶれない方針を1つ決めておく必要があります。

今回は,2020年の教育改革で重要とされている資質能力をふまえ,「小学生の家庭学習」について考えてみることにしましょう!

「読むこと」で得られる資質能力がすべて

まず最初に結論から申し上げると,小学生のうちに身に付けさせたい資質能力はすべて「読むこと」を通して得られます。

もちろん,何をどのくらい読むのかであったり,読んだ後に何をさせるのかといった細かい方法においては,複数のバリエーションが考えられるものの,家庭学習の基本は「読むことを習慣化させること」においてください。

色々なものを読むことで,教養が身に付きます。

この教養は,クイズ王が備えているようなオタク的な知識でも構いませんし,本人の考え方の土台となる「判断基準・正義・愛・優しさなどを形成する物差し」のような仰々しいものまで何でもOKです。

もちろん名著とされるものには,それなりの理由があるのですが,それしか読まないというのであれば,俗人が書いた新聞記事などは全く読む価値がないことになってしまいます。

栄養を気にして良い食べ物ばかり選んでいても,たまにはお菓子だって食べたいですし,クラシックだけが至高でポップスは無価値などと言われてしまっては,自分の青春を共に歩いたあの曲はどうなってしまうんだという話です。

ゆえに「読む以上,どんなものでも許す」の精神でいきましょう(とはいえ,短文では読んだことにならないので,ネット記事やSNSはなしです)。

さて,そんな読む行為を通じて得られる「教養」は,創造的な考えを生む際の土壌になると同時に,豊かな感受性を育むことに繋がるとも言われます。

後述するように,読書量がもっとも多いのは小学校時代なわけですから,本人の魅力に関わるあらゆる要素が,実は小学校時代の読む行為に起因していると言っても構わないほどです。

もちろん,スポーツを始めとする社会活動からは協調性のようなものが得られますし,自然の中で遊ぶことで感動を得るので,読む以外しなくてよいという意味では決してないのでご注意ください。

とはいえ,物事を考える際の基本となるのはやはり「言語」であり,備えている教養が当人の世界の広さを決めていることなどを鑑みると,

読むことで得られたものがすべての根源である

というのは確かでしょう。

欲を言えば,「読み書きそろばん」の3つの能力を備えておきたいところです。

とはいえ「読みと書き」は学習のやり方一つで両者並行して実践できますし,それらと比べるとそろばんの重要性は低いのでここでは省略します。

参考までに,世界大百科事典で定義されている「読み書きそろばん」は,

文字や文章を読むこと,内容を理解して文章を書くこと,計算することの3つを可能にする能力を備えていること。初等教育における基本的な教育内容とされ,基礎的な能力や学力を指す。英語ではReading, Writing, Arithmeticの3語なので「3R's」という。

であり,英語でも共通の概念が存在するようですね。

その他,読むことを通して,読解力のようなものも身に付きますが,これは「書かれている内容を正しく理解できる力」のことであり,最近ですと,同じ文章を読んでも人によって理解度が異なることもわかってきました↓↓

それでは次章から,読む方法についてみていくことにします。

 

平均よりも多くの本を読む

上記の教養を身に付ける黄金期はまさに「小学生時代」なわけですから,読書を家庭学習の中心に据えるのは最もわかりやすい方法でしょう。

脅しではありませんが,逆にその時期を逃してしまうと手遅れになってしまいます。

情報化が進むこれからの社会では,あらゆる流れが速いです。

やるべきことがやり終わらないくらいに用意されてしまっているため,適した時期に取り組まなければ,後でそれをやる時間の余裕は残されていません

まさに,読書は小学生の家庭学習だと思います。

ここで,1989年~2019年における学生の読書量の推移を見てみましょう↓↓

学年別の読書量(65回)

これは,全国学校図書館協議会というところが実施した「第63回学校読書調査」の結果ですが,これによると,小学生のひと月あたりの読書量は11.3冊となっており,中学生の4.7冊や高校生の1.4冊に比べて特に多くなっています。

ちなみに,中学受験で女子学院や慶応中等部に合格した芦田愛菜さんは,平均して「25冊/月」の読書量で,月によっては60冊読むときもあったそうです↓↓

本の厚さもありますし,別に早さや量を競うわけではありませんが,毎日1冊読むくらいでも全然普通なくらいだということは一つ覚えておきたいところですね。

一方で,まったく本を読まない生徒の数は以下のグラフのように推移しており,

本を読まない生徒の割合

小学生は6.8%,中学生では12.5%,そして高校生では55.3%の生徒がまったく本を読まないとの結果になりました。

高校生は大学受験があるため,本より参考書を読むことの方が多いのはわかりますが,時間に余裕が生まれると思われがちな大学生はどうでしょう。

大学生協が実施した調査によると,約半数の大学生はまったく本を読まないことがわかりました。

このことからも,学年が上がるにつれて読書はしなくなる傾向にあり,小学生という時期の大切さが際立ちます。

 

読書以外に家庭学習する方法

読書以外にできる小学生の家庭学習として,オンライン教育や通信教育の利用があります。

読書と比べると短いですが,文章を読むだけにとどまらず,関連した問題を解くことや,内容について要約したり,自分の意見を述べることができるところが魅力でしょう。

これにより,学習指導要領で重視されている「考える力」や「書く力」が高まります。

ところで,2020年度の教育改革において,小学校での英語が教科化されたりプログラミング教育が必修になるわけですが,そこで問われるのは,論理的思考力や自分の意見を相手に伝える能力です。

私立中学の受験において,これらが試験科目になる日もそう遠くないのかもしれません。

とはいえ,「本を読む暇があれば英語の勉強をしなさい」などと小学生が言われた日には,その教育は間違っています。

話す主体の対話的授業ではありますが,中身のない話を続けるより,何を話すのかの方が圧倒的に大事だということは忘れてはいけないことでしょう。

いずれにせよ,これらについては読むことを通して獲得できる力でもあるので,家庭学習でわざわざ別に取り上げなくてもよいかと思います。

話を戻しますが,オンライン教育で取り上げられる文章というのは名文であることが多いですし,問題を解く際の論理的な考え方について,「できる大人」から学べるところが非常に大きいかと思います。

以下はスタディサプリの小学国語の例ですが,人物の心情の読み取りや因果関係についてわかりやすく(それも動画で)解説してもらえます↓↓

また,通信教育は添削サービスが義務付けられているところも多く,実際に文字で書いてみることで,自分の考えが明確になります。

小学国語の問題例

特に私のおすすめは「ブンブンどりむ」という作文を専門に扱う通信講座で,毎日10分間の勉強習慣が身に付くほか,語彙力も増えるため,国語力を総合的に伸ばすことができます。

 

まとめ

以上,読むことの重要性についてと2020年の教育改革に向けた小学生の家庭学習についてみてきましたがいかがだったでしょうか。

最後に本記事の結論をまとめます↓↓

  • 読むだけで必要な資質能力は全て身に付く
  • 小学生は最も読書ができる時期
  • 1ヶ月の平均読書数は11冊だが,毎日1冊でも多くない
  • オンライン教育では講師の論理的思考を動画で確認できる
  • 問題を解くことで,書く力だけでなく考える力も育つ
  • 作文の通信教育も存在し,添削もしてもらえる

受験に限らず,社会生活の中で活躍できる人というのは魅力的な人が多いです。

そして,その人をその人たらしめているのは,読むことを通して身に付けた教養があるからこそなわけで,大人になってももちろん学べますが,やはり,読書しやすい環境にあるときにやっておくのがベストでしょう。

是非,小学生の家庭学習は「読むこと」を主軸に,これからの時代の要請に適応していってください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
blank

スタディサイト管理人

都内の塾運営にかかわってから,講師歴も15年以上になりました。小学生から高校生まで学校の定期テストから大学入試まで幅広く教えています。最近の関心事は「教育改革」で,塾に入ってくる情報に加え,セミナーや書籍,信頼のおける教育機関より得た情報をWebにまとめてみました。ネットを介したやり取りにはなりますが,少しでもみなさまのお役に立てたらと思います。
twitterLINE

-勉強法

© 2020 スタディサイト